膝 に 水 が たまる 理由。 膝に水がたまる原因は?治療法や予防法を紹介!

膝に水がたまるあなたへ】注射器で抜かずに自然に引かせる方法|箕面・整体院リプレ

膝 に 水 が たまる 理由

膝に水がたまる原因は膝の炎症 膝に水がたまる原因は、簡単に言うと膝の炎症のせいです。 そうなると膝のまわりがふくらんで、結果的に、「膝に水がたまる」という現象が起こってしまうわけです。 膝が炎症を起こしてしまう原因 膝に水がたまる症状を正式にいうと、「関節水症」または「関節水腫」といいます。 関節水症は、 変形性膝関節症の症状のひとつとしてよく現れます。 変形性膝関節症は、膝の痛みの主な原因で、初期・中期・末期と3段階に分かれているのですが、関節水症はこの内の中期で起こることが多いです。 変形性膝関節症では、すり切れた関節軟骨からでる摩耗物質や、コラーゲンなどが壊れたものが、関節の内側に張り付いている滑膜を刺激して炎症を引き起こしてしまいます。 また、 加齢によるものや、膝の酷使、ケガ、リウマチなどの関節の疾患なども原因としてあげられます。 膝に水がたまると、痛みや不快感が生じる 膝の水が溜まってしまう部分である、関節包には痛みを感じる受容体があるので、水がたまると痛みを感じます。 強い痛みではありませんが、膝に重苦しさや不快感が生じて、病気への恐怖感や不安感を感じる原因となります。 身体的な症状では、患部が熱をもったり、炎症で腫れたり、むくんだりします。 膝を手で抑えて、 膝のお皿の上から軽く押した時になにか入っているような異物感があれば関節水症の可能性があります。 膝に水が溜まったらすぐに抜こう 関節水症を放っておくとどんどん進行して、自然に治ることはないので、違和感や異常を感じたらすぐに病院で診てもらいましょう。 膝に水が溜まっていることがわかったら、すぐに抜いてもらいます。 その場合は、膝に注射針を刺して溜まった水を抜くことで痛みを解消します。 その後、薬物療法としてステロイド剤やヒアルロン酸、コラーゲンなどの関節内注射をしてもらうことが一般的です。 ただし、 水を抜いたりヒアルロン酸を注射してもらっても、効果は一時的なもので、しばらくするとまた水が溜まったり痛みが生じてしまいます。 「膝の水を抜くとくせになる」は本当? 「膝の水を抜くと、また水がたまりやすくなる」 と聞いたことがある人もいるかもしれません。 実際にそう感じる人がいるのも事実です。 確かに、水を抜いてもまた一週間程度でたまってしまいます。 しかし、本当のところは、水を抜いたからまた水がたまるわけではなく、 炎症が治っていないから水がたまるのです。 つまり、炎症の原因を取り除かないかぎりは水を何度抜こうとたまります。 放っておくと痛みがさらに増して、関節を圧迫し、可動域が狭くなってしまいます。 より症状が深刻になると水さえたまらなくなってくるので、それで治ったと勘違いする人もいるので注意が必要です。 ですので、水を抜いた後の運動療法や減量などを継続的に行うことが、水の溜まりにくい膝をつくり、痛みの軽減につながります。 まとめ:水の溜まらない膝にする根本的な改善が必要 病院での対処療法では、一時的に痛みは引くもののしばらくするとまた再発してしまいます。 その理由は、膝関節の根本的な治療にはなっていないからです。 炎症の原因である軟骨のすり減りを止めて、軟骨をなめらかに保たなければなりません。 そのためにグルコサミンサプリや温熱療法を用いて、関節をサポートしていくことが大切です。 年齢とともに減るグルコサミンなどを上手に補っていくことが、膝の健康の第一歩です。 いつまでも元気にいるために、今できることをしておきましょう。 というわけで、まとめです。 関節に水がたまる原因は関節の炎症が原因• 炎症の原因は変形性膝関節症や膝の酷使、ケガなどによるもの• 異常や違和感を感じたらすぐに病院で診てもらい、治療を受ける• 再発しないように、膝の根本的な改善を心がける 膝を健康に保って、元気な生活を送りましょう。

次の

整形外科医が言わない~膝に水が溜まる本当の原因とは~

膝 に 水 が たまる 理由

膝に起こる異変の一つとして、水が溜まるという現象があります。 膝の水が溜まってしまう原因は様々で、膝の水を検査することでどんな病態が隠れているのか知ることもできます。 決して年齢が高いから膝に水が溜まるわけではなく、若年層でも膝に水が溜まるケースは考えられます。 今回は、膝に水が溜まる原因と、完治までどのような経過をたどっていくのかご紹介していきます。 膝に水が溜まる原因 膝に水が溜まる原因は、関節内の炎症です。 靭帯損傷や半月板損傷といった外傷で膝に水が溜まることもありますし、変形性膝関節症などの慢性的な症状によって膝に水が溜まることもあります。 また、膝関節内に溜まっているのは純粋な水分というわけではなく、場合によっては血液が混じったり、化膿して発生した物質が混ざったりしていることもあります。 注射によって膝に溜まっている水を抜き、どんな成分なのか検査をすることで、膝関節で起こっている病変を特定することにも役立ちます。 炎症成分であれば、関節炎が起きていることがわかりますし、血液であれば靭帯損傷などの軟部組織損傷であることがわかります。 膝の水は抜かない方がいい? よく、膝に水がたまると、水を抜くと癖になるという話です。 膝に溜まった水を抜くと、何度も繰り返すようになってしまうという噂ですが、これは正しい情報ではありません。 実際に、一度膝に溜まった水を抜き、その後も何度も処置をしなければならないケースはありますが、抜いたことで癖になっているのではありません。 単純に、膝関節内での炎症が治まっていないから腫れが引かないだけなのです。 ですから、癖になるからと言って膝関節の水を抜くことをためらっている方もいらっしゃいますが、我慢する必要は全くないのです。 むしろ、膝の水を放置しておくことで、悪影響が出ることもあります。 膝の水を放置しておくとどうなる? 膝の水を放置しておくと、膝関節にズレが出やすく悪影響になります。 通常であれば関節包内で関節軟骨がスムーズな動作や衝撃吸収のシステムを作り出していますが、関節内に水が充満しているとそれらの機構が上手く機能しなくなります。 その結果、膝の可動域を制限したり、かばった動作で余計に負担をかけてしまったりすることになるのです。 そこから膝周辺の筋肉で異常な緊張が生まれ、膝関節の安定性をさらに低下させます。 膝の動作でズレが出るので、膝の水が引いたあとも再び関節炎を起こしやすくなり、膝で水が溜まる現象を繰り返すことになります。 また、可動域制限がかかった膝をかばうことで、股関節や足関節の負担が増加します。 最初は膝だけの問題だったのが、膝の水を放置することで二次的に他の関節でも痛みを生じることになるのです。 膝の水は原因が完治するまで無くならない ここまでご紹介してきたように、膝の水は抜いても癖になりません。 むしろ放置しておくことは逆効果で、炎症が治まっていない限りは膝の水は発生し続けます。 膝の水を完治させるためには、水が無くなるまで注射で抜き続けることではなく、膝で炎症を起こしている根本的な原因を改善しなければなりません。 その原因が解決されない限りは、膝の水が溜まる現象は完治することは無いのです。 膝で水が溜まる病態とは 膝に水が溜まるという現象が起こり得る病態とは、どのようなものがあるでしょうか。 変形性膝関節症 打撲や捻挫をしたわけでもないのに、慢性的な症状で膝に水を溜める大きな原因が変形性膝関節症です。 特に50代以降で、外傷の可能性が無いのに膝に水が溜まってきている場合、高い確率で変形性膝関節症だと思ってください。 変形性膝関節症は関節軟骨の摩耗により、大腿骨と脛骨の関節面が直接擦れ合うようになり、関節内で炎症を起こす病態です。 膝関節に負担を蓄積することで、少しずつ関節が変形していきます。 一度変形が起きた骨は元に戻ることはなく、炎症を抑えるためには体の使い方を見直す必要があります。 股関節の動かし方や膝関節の動かし方、さらには背骨のゆがみや骨盤のゆがみなど、全身のバランスから改善することが必要な場合もあります。 変形性膝関節症による炎症が落ち着けば、膝の水も無くなっていくので、必ずしも水を抜く処置を受ける必要はありません。 関節リウマチ 関節リウマチは、全身のどこの関節でも起こり得る炎症です。 免疫機能の異常であり、健康な骨や筋肉を構成している細胞を攻撃してしまう病態で、関節内での炎症と変形が主な症状です。 痛みもあるので可動域も狭くなり、変形が起きればさらに関節は動かしにくくなります。 そこから慢性的な膝関節炎を起こし、膝全体が腫れあがったような水のたまり方をすることもあります。 薬物療法や運動療法などで炎症が軽減されれば、膝の水は自然と吸収されていきます。 靭帯損傷 特に膝の腫れを起こしやすいのが、前十字靭帯の損傷です。 前十字靭帯では、他の膝関節の靭帯である後十字靭帯や内側と外側の側副靭帯に比べて、血流量が多いという特徴があります。 そのため、損傷することで関節内出血を起こしやすく、血腫が溜まるので外から見ると膝に水が溜まったように見えるかもしれません。 関節内に存在しているという構造上、保存療法だけではしっかり靭帯が治癒しないことも多いです。 そのため、膝の腫れに対して対処するというよりは、前十字靭帯の再建術など外科的処置を受けることによって、膝の水も治まっていくという過程をたどります。 しかし、前十字靭帯損傷後の後遺症として、膝関節の負担が大きくなり慢性的な膝関節炎に移行するということは考えられます。 この場合、再び膝に水が溜まることになるので、運動療法などで膝に負担をかけない動かし方を獲得していく必要があります。 半月板損傷 膝の半月板を損傷するのは、外傷など強力な一回の外力によって起こるものと、変形性膝関節症などゆっくりと時間をかけて少しずつ損傷していくものとがあります。 どちらにせよ、膝関節にかかる荷重の衝撃を吸収するクッション作用が弱まるので、膝関節内で炎症を起こすことになります。 そこから膝に水が溜まるようになるため、膝の水を抜くことが根本的な改善策になるわけではありません。 結局膝の負担が変わっていなければ、すぐに膝の水は再度溜まっていきます。 また、外傷によって半月板損傷を起こしている場合、半月板だけの単独損傷である場合は少なく、周辺の靭帯や軟部組織損傷を伴っていることがほとんどです。 膝に水が溜まったときにやってはいけないこと 膝に水がたまった場合、早く完治させるために気を付けなければならないポイントをご紹介していきます。 我慢しすぎない 前述のように、膝に溜まった水を抜くことで癖になることはありません。 必ず外科的な処置によって抜かなければならないわけではありませんが、放置しておくことで膝関節の安定性は低下してしまいます。 屈曲角度が著しく制限されている場合や、日常生活に大きく支障が出ている場合は、我慢せずに早めに整形外科などに相談してください。 放置しすぎることによって、かばった体の使い方が定着してしまい、腰痛など二次的な不調を引き起こす可能性も高まります。 痛みを無理して動かす 膝に水が溜まっているということは、少なくとも何か膝に負担をかける要因があるわけです。 炎症かもしれませんし、軟部組織損傷かもしれません。 いずれにせよ、痛みがありながら無理して動かすことで、プラスに働くことは無いと思ってください。 むしろ、痛みを我慢しながら動かすことで、炎症を悪化させて関節の内圧をさらに高めてしまうこともあります。 安静にすることもとても大切なケアなので、膝に水が溜まってきたら出来る限り安静にしてみてください。 それでも膝の水が完治しなければ、医療機関を早めに受診してください。 過剰に冷やす よく、炎症が起きた時にはアイシングをすると良いという話を聞くことがあると思います。 しかし、過剰に冷やすことは、かえって膝の炎症が完治するのを遅らせてしまうこともあります。 確かに冷やすことで感覚が鈍って、痛みを感じにくくなるかもしれません。 しかし、常に冷やしていると血流も悪くなり、代謝が下がって膝の水が吸収されにくくなります。 結局のところ、組織を早期に治癒させるためには、豊富な血流が必要なので基本的には温めるべきです。 例外としては、前十字靭帯損傷後に、血腫が大量に溜まっている場合くらいです。 急性期の大きな外傷の場合は温めることはせず、安静にしてください。 膝に水が溜まったらどのような対処をすればいい? 膝に水が溜まった場合、完治させるためにはどのような対処法を行うべきでしょうか。 ストレッチをする 出来る限りでいいので、ストレッチなどで膝関節周辺にある筋肉の緊張を緩和させることが大切です。 筋肉の緊張が緩和すれば、膝関節の動きもスムーズになって腫れも早く引きます。 膝の水は、抜かなくても自然と吸収されるので、その機能を最大限引き出すつもりでゆっくりストレッチをしてみてください。 大腿部や下腿部のストレッチが有効です。 安静にして荷重を避ける 膝が炎症を起こしてしまうのは、荷重による異常がほとんどです。 荷重の角度が悪かったり、荷重の頻度が高すぎたり、荷重が重すぎたりすることでダメージを蓄積していきます。 膝に水が溜まるくらいまで炎症が進んでいるようなら、安静にして荷重を避けるだけでも完治を早めることに繋がります。 サポーターなどの装具を使う 膝関節を保護するために、ただ巻くだけの簡易的なサポーターでも良いです。 荷重を分散させてくれるような高価なサポーターももちろん良いですが、一時的な対処法であることは自覚しておいた方が良いでしょう。 サポーターを付けることで慢性的な症状に対して、冷えを防ぎ安定性を高めてくれます。 実際に装着してみて、少しでも楽に過ごせるようなら使い続けてみてください。 その際には、四六時中サポーターを装着して生活するのではなく、寝るときは外すなどメリハリをつけることも大切です。 特に慢性的な症状が原因で出ている膝の水であれば、根本的な体の使い方を見直さない限り完治には至りません。 整形外科で水を抜いてもらう 膝関節の水を抜けるのは、整形外科です。 関節に針を刺して抜く方法で、対処してもらえます。 膝に水が溜まっているから即座に抜くというわけではなく、生活への支障度合いなどを考慮して選択されます。 水を抜いて検査をしてみれば、実際に何が炎症の原因になっているか判断できるので、長期間続いている場合は早めに抜いてもらってみてください。 接骨院や整骨院にいく 接骨院や整骨院では、外科的処置ができないので、水を直接的に抜くことは出来ません。 しかし、周りの筋肉の緊張を緩和させたり、運動療法を行うことによって膝のダメージを軽減させたりすることは出来ます。 その結果、自然と膝の水は吸収されていくので、可動域の制限度合いによっては真っ先に受診するのも良いでしょう。 膝の水は吸収されていく 膝に水が溜まるという現象は、あくまで関節内で炎症が起きていることのサインです。 炎症が治まれば、周辺の組織に吸収されて無くなっていきます。 膝の水を完治させるためには、なぜ炎症を起こしているのか原因を突き止め、根本を改善することが大切です。 お近くに再生医療やスポーツ医療についての専門医がいない方へ さかもとクリニックは、第二種・第三種再生医療提供計画を厚生労働省に提出し受理された厚生労働大臣許可医療機関です。 当院では来院前でも「メール相談」を受付けています。 どうぞ事前にご相談ください。 膝の痛みに関連する記事はこちら 再生医療による膝の治療に関連する記事はこちら 太ももの痛みに関連する記事はこちら 足の付け根の痛みに関連する記事はこちら 足の裏の痛みに関連する記事はこちら 人工股関節、人工関節に関連する記事はこちら 当院の治療についての考え方や再生医療についての内容もお読みください.

次の

膝に水がたまる原因は?治療法や予防法を紹介!

膝 に 水 が たまる 理由

膝に水がたまる症状の原因は現在医学的に完全に解明されているわけではありません。 しかし、統計的データからある程度の法則性については既に確認されており、その治療方法も確立しつつあります。 膝がぽっこりふくれてしまった場合、この関節液が大量に膝の関節に発生している事になります。 しかし、様々な症状の傾向から、その原因として考えるものを大きく3つに大別する事ができます。 その為、関節液内の成分分析を行い障害の発症原因である病名を探る事が「膝に水が溜まる症状」についての根本 的な治療の第1歩となります。 但し、ここで注意したい点は、関節内の症状を改善しない限り関節液は再度、大量に発生しはじめる傾向にあるという点です。 関節内に異物が存在していたりすると炎症は慢性的に続きます。 ですから、まずは炎症を抑制させる事を先決に行い、それでも溜まってしまった関節液だけは取り除きながら治療を行っていく事が根本的な治療法法となります。 膝に水がたまる際、その膝の内部の水の正体は関節液です。 この関節液の主成分はヒアルロン酸で構成されております。 ですから、この主成分を直接関節内に注射をする事で正常な関節液を確保する事がヒアルロン酸注射の目的と言えます。 しかし、ヒアルロン酸注射は確かに効果は高いものの万能ではありません。 障害が発症しているケースでは関節内に炎症を起こしているケースが大半です。 そして軟骨が磨り減ることによって骨と骨が直接ぶつかり痛みが激痛が生じるようになります。 以前は、この対策として強力な抗炎症作用と鎮痛の働きをもつステロイド剤が利用されておりました。 しかし、ステロイド剤は効果は絶大ながら、副作用として感染症をおこす事があり、この副作用が課題点とされておりました。 このような経過を辿る中、近年ヒアルロン酸の関節内注射が注目を集めるようになりました。 このヒアルロン酸とは「関節内にある関節液」そのものの主成分です。 加齢と共に減少してしまう関節液を、その主成分であるヒアルロン酸を直接補充する事によって悪化を防止する。 この目的で注目を集めるようになったのです。 しかし、このヒアルロン酸の関節内注射は、股関節に関しての関節注射の場合は保険が適用となりません。 ただし変形性膝関節症や肩関節の他の関節障害の場合は保険適用の対象となります。 これは非常におかしな話です。 尚、最近では、服用タイプのヒアルロン酸も数多く登場しております。 これらサプリメントタイプでもヒアルロン酸の効果は十分期待できます。 尚、サプリメントタイプを選ぶ際のポイントは分量に対する価格、そしてサプリメントの体内への吸収率です。

次の