マグネット ウォリアー。 【電磁石の戦士デッキ】大会優勝デッキレシピまとめ

新規カードで生まれ変わった!?【磁石の戦士】デッキ考察

マグネット ウォリアー

アダマシア(魔救)と相性の良いテーマ(カテゴリ) マグネット・ウォリアー 地属性・岩石族で構成されたテーマ。 同じ岩石族であるため、岩石族サポートを共有することが出来、多くがレベル4以下で構成されておりチューナーもいないため、アダマシアチューナーの共通効果である 「自分メインフェイズに発動できる。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 」 にも対応しています。 他にも多くのアダマシアモンスターの効果に対応しているため、組み合わせるのも良いでしょう。 主に相性の良いマグネット・ウォリアーカード マグネット・フィールド フィールド魔法 「マグネット・フィールド」の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分フィールドにレベル4以下の岩石族・地属性モンスターが存在する場合、 自分の墓地のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 2 :1ターンに1度、自分の岩石族・地属性モンスターの戦闘で 相手モンスターが破壊されなかったダメージステップ終了時に発動できる。 その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。 アダマシアチューナーは全て地属性であるため、1の効果の条件を満たすことが出来ます。 コアキメイル(岩石族のみ) 強力な効果を持つことが多い一方、フィールドに維持することに何らかのコストが必要なモンスターが多いテーマです。 コアキメイルは色々な種族がいますが、岩石族に多く存在しており、フィールド維持に必要なコストである内の1つ「自分のエンドフェイズ時に手札の岩石族を1枚見せる」という条件も岩石族で固められたアダマシアなら容易に満たすことが出来ます。 また岩石族コアキメイルは全てレベル4で構成されているためアダマシアチューナーの共通効果に対応しており、展開も比較的容易です。 または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。 1 :相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に、 このカードをリリースして発動できる。 それを無効にし、そのモンスターを破壊する。 または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。 また、効果モンスターの効果が発動した時、このカードをリリースして発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。 相手の魔法カードが発動した時、 このカードをリリースする事でその発動を無効にし破壊する。 1 :手札の岩石族モンスター1体を捨てて発動できる。 そのモンスターと元々の属性・レベルが同じ岩石族モンスター1体を、 デッキから表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。 癖のある岩石族リクルートカード。 捨てたカードの属性とレベルが同じ岩石族をリクルートできるため、捨てたカードと同名のカードをリクルートできます。 また怒気土器はレベル2・地属性であるため、怒気土器捨てることで同じレベル・属性であるレベル2アダマシアチューナーをリクルートすることが可能です。 1 :このカードのX素材を1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。 岩石族万能サーチカード。 レベル4が多いアダマシアにおいても容易に特殊召喚できるため、容易に採用できます。 岩石族が召喚したときに手札から特殊召喚できるカード。 緩い条件で特殊召喚でき、アダマシアにはいないレベル3であるため、シンクロデッキであるアダマシアでは重宝しそうです。 2 :相手ターンに1度、自分フィールドの 「トラミッド」フィールド魔法カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを墓地へ送り、デッキからそのカードとカード名が異なる 「トラミッド」フィールド魔法カード1枚を発動する。 フィールド魔法がある際岩石族の召喚権を増加させるカード。 アダマシアにはフィールド魔法があるため、容易に条件を満たしやすいです。 アダマシアチューナーの共通効果である特殊召喚に条件にも対応しているため、場合によっては一気に展開できます。 自分の手札・墓地から地属性モンスター3体を除外した場合のみ 手札・墓地から特殊召喚できる。 「ブロックドラゴン」の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分フィールドの岩石族モンスターは戦闘以外では破壊されない。 2 :このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 レベルの合計が8になるように、 デッキから岩石族モンスターを3体まで選んで手札に加える。 地属性が多いアダマシアであればブロックドラゴンを特殊召喚することも難しくないです。 またアダマシアチューナは緩い条件で手札から特殊召喚出来るので2の効果でアダマシアチューナーをサーチすればそこから更なる展開が出来ます。 1 :このカードが墓地に存在し、 自分フィールドのモンスターが岩石族モンスターのみの場合に発動できる。 このカードを特殊召喚する。 場が岩石族のみの必要がありますが、緩い条件で自己蘇生できる岩石族モンスター。 墓地から自己蘇生できるモンスターとしては、珍しくフィールドから離れても除外されないため、ターンを跨げば繰り返し自己蘇生が利用できます。 岩投げエリア フィールド魔法 1 :このカードがフィールドゾーンに存在する限り、 自分のモンスターが戦闘で破壊される場合、 代わりに自分のデッキから岩石族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。 この効果は1ターンに1度しか適用できない。 1ターン1度のみ墓地から岩石族モンスターを送ることで岩石族モンスターの戦闘破壊を無視することが出来るカード。 これだけも相性が良いですが、岩石族モンスターを何でも墓地送りできます。 アダマシアには墓地のアダマシアカードや岩石族をデッキトップに戻せる効果を持つカードがあります。 そのため岩投げエリアとそれらカードを組み合わせることで好きなアダマシアカードや岩石族をデッキトップに持っていくことが出来、アダマシアチューナの共通効果で安易に特殊召喚を狙うことが出来ます。 デーモンの宣告 永続魔法 1 :1ターンに1度、500LPを払い、 カード名を1つ宣言して発動できる。 自分のデッキの一番上のカードをめくり、 宣言したカードだった場合、そのカードを手札に加える。 違った場合、めくったカードを墓地へ送る。 デッキトップ操作が容易なアダマシアであれば、アダマシアカードであればデーモンの宣告と組み合わせて、簡単に手札に持ってくることが出来ます。 またデーモンの宣告は宣言したカード名が違う場合、めくったカードを墓地送りにするので場合によってはわざと宣言を間違え、墓地送りにする選択肢も可能です。 真実の名 通常魔法 「真実の名」は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :カード名を1つ宣言して発動できる。 自分のデッキの一番上のカードをめくり、 宣言したカードだった場合、そのカードを手札に加える。 さらに、デッキから神属性モンスター1体を手札に加えるか特殊召喚できる。 違った場合、めくったカードを墓地へ送る。 デーモンの宣告と同じでこちらも相性が良いです。 こちらは神のカードを手札に引っ張るか、特殊召喚できます。 なのでアダマシアに神のカードを無理なく投入することも出来ます。 自分のデッキの上から5枚めくってデッキに戻す。 このターンこのカードはめくった中のチューナーの数まで攻撃できる。 2 :1ターンに1度、フィールドのカードを破壊する効果の発動時に発動できる。 その効果を無効にし破壊する。 3 :1ターンに1度、相手の攻撃宣言時に攻撃モンスターを対象として発動できる。 フィールドのこのカードを除外し、その攻撃を無効にする。 4 :この 3 の効果で除外されたターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを特殊召喚する。 こちらのカードは相性が良いというよりも、ロマン枠的カードです。 アダマシアのフィールド魔法、アダマシア・ラピュタイトはデッキからアダマシアカードを5枚まで選びデッキトップに置くことが出来ます。 なのでアダマシアチューナーのみを選べば必然的に5回攻撃可能です。 アダマシアモンスターのみではシューティン・グスター・ドラゴンは出しづらいですが狙う価値は十分にあります。

次の

遊戯王OCGカード考察:電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー)α、電磁石の戦士β、電磁石の戦士γ

マグネット ウォリアー

《磁石の戦士 マグネット・バルキリオン》1• 《電磁石の戦士 マグネット・ベルセリオン》2• 《ブロック・ドラゴン》1• 《怒気土器》3• 《フォッシルダイナ・パキケファロ》1• 《ジェムナイト・オプシディア》2• 《灰流うらら》3• 《マグネットフィールド》3• 《ブリリアント・フュージョン》3• 《戦線復帰》3 【エクストラデッキ】 15枚• 《ジェムナイト・ジルコニア》1• 《ブラック・ローズ・ドラゴン》1• 《SNo. 39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》1• 《No. 39 希望皇ホープ》1• 《深淵に潜む者》1• 《No. 41 泥酔魔獣バグースカ》1• 《ゴルゴニック・ガーディアン》1• 《ヴァレルロード・ドラゴン》1• 《鎖蛇龍ースカルデットー》1• 《ファイアウォール・ドラゴン》2• 《デコード・トーカー》1• 《アカシック・マジシャン》1• 《コード・トーカー》1• 《ミセス・レディエント》1 【サイドデッキ】 15枚• 《ドロール&ロックバード》3• 《禁止令》3• 《虚無空間》1• 《王宮の勅命》1• 《神の警告》1• 《神の宣告》1• 《神の通告》1• 《拮抗勝負》3 本日の遊戯王店舗大会 優勝者はグレイシャーさんでした! — カードプレイス 鶴崎店 kdopure 【電磁石の戦士】デッキ:大会優勝デッキレシピ・回し方を解説 さっそく、大会優勝した【電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー)】デッキレシピを解説・考察していきます。 《ブリリアントフュージョン》が採用されているのことと、モンスターが30枚とかなり多くなっているのが特徴的です。 それでは、どのように展開していくのか詳しく見ていきましょう。 「電磁石」モンスターの効果まとめ まずは、各「電磁石」モンスターの効果を簡単にまとめておきます。 召喚・特殊召喚でタイミングを逃さず発動でき、サーチに墓地肥やしに展開と、かなり優秀な効果を持ちます。 能動的に墓地に送れるのもポイントです。 このカードが墓地へ送られた場合、自身以外のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター3体を自分の墓地から除外して、手札・デッキから《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》を召喚条件を無視して特殊召喚 《電磁石の戦士 マグネット・ベルセリオン》の特殊召喚を狙う 「電磁石の戦士」モンスターは、召喚・特殊召喚時に効果を発動でき、かつ相手ターンにリリースすることで「マグネット・ウォリアー」モンスターをリクルートできます。 この効果で次の《電磁石の戦士 マグネット・ベルセリオン》の特殊召喚を狙うか、エクシーズ召喚を狙うか、リンク召喚を狙うか、戦略の幅はかなり広いです。 優秀な岩石族モンスター 大会優勝した【電磁石の戦士】デッキでは、岩石族の優秀なサポート効果を持つ2体のモンスターが採用されています。 《怒気土器》は、手札の岩石族モンスターを捨て、同じ属性・レベルの岩石族モンスターをデッキから特殊召喚できます。 属性・レベルが統一されている岩石族テーマデッキでは使いやすいカードになります。 手札に来てしまったバニラの「磁石の戦士」モンスターをコストにするのも良いでしょう。 《ブロック・ドラゴン》は、手札・墓地から岩石族モンスターを3体除外することで、手札か墓地から特殊召喚できるモンスターです。 岩石族モンスターが戦闘以外では破壊されなくなる効果と、フィールドから墓地へ送られた場合にレベルの合計が8になるように、デッキから岩石族モンスターを3体まで選んで手札に加える効果を持ちます。 最大3枚サーチの効果は非常に強力です。 《怒気土器》がレベル2岩石族モンスターなので、《怒気土器》+任意の「電磁石の戦士」モンスター2枚をサーチすることができます。 せっかく肥えた墓地を除外してしまうのはもったいない気もしますが、それ以上のリターンのあるカードです。 また、サーチ効果はフィールドから墓地に送られた時なので、リンク召喚とも相性が良いです。

次の

【デュエルリンクス】磁石の戦士デッキレシピ|突撃指令採用| 野良決闘者ブログ

マグネット ウォリアー

収録・入手方法 販売状況 レアリティ 武藤遊戯ドロップ報酬 期間限定 SR 収録 略号連番 発売日 レアリティ 遊戯王デュエルモンスターズ4最強決闘者戦記 G4-13 2000年12月07日 Parallel、Ultra 決闘王の記憶-決闘都市編- 15AY-JPB13 2014年07月05日 Ultra ストラクチャーデッキ-武藤遊戯- SDMY-JP009 2016年06月18日 Normal 古参デュエリストにはお馴染みすぎるカードですね。 そして今話題の攻撃力3500のモンスター「マグネット・バルキリオン」を正規の手段で出すために必要なキーカードでもあります。 上記3枚はマグネットデッキに複数枚採用したいカードですが、残念ながらガンマはSRということで集めるのが非常に難しくなっています。 守備1800あるのは高いかもしれませんが.. なぜSRにした..。 全ては「マグネット・バルキリオン」のために。 磁石の戦士マグネット・バルキリオン ジシャクノセンシマグネットバルキリオン 種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力 効果モンスター 8 岩石族 3500 3850 このカードは通常召喚できない。 収録・入手方法 販売状況 レアリティ 武藤遊戯ドロップ報酬 期間限定 UR 収録 略号連番 発売日 レアリティ 遊戯王デュエルモンスターズ4最強決闘者戦記 G4-14 2000年12月07日 Parallel、Ultra 決闘王の記憶-決闘都市編- 15AY-JPB01 2014年07月05日 Ultra ストラクチャーデッキ-武藤遊戯- SDMY-JP006 2016年06月18日 Normal 3枚の磁石モンスターはこのカードのためにあると言っても過言ではありません。 攻撃力3500ということで「メデオ・ブラック・ドラゴン」に匹敵する攻撃力を持っていることになりますね。 手札・デッキから「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。 により、手札・デッキから呼び出せるので出しやすくなりました。 フィニッシャーとして十分な性能を持ちます。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキからレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を墓地へ送る。 手札・デッキから「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。 収録・入手方法 販売状況 レアリティ 期間限定 UR 墓地に3体の基本モンスター アルファ・ベータ・ガンマ を落としておけば、デッキからでもバルキリオンを呼び出せるのは大きなメリットですよね。 一匹だけSR収録となった「ガンマ」を持っていなくてもこいつがいれば大丈夫。 どのマグネットモンスターでも3枚墓地に揃えばOKです。 (アルファ3体でもOK) 打点も1700と十分に高いのも良い。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 2 :相手ターンにこのカードをリリースして発動できる。 デッキからレベル4の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。 収録・入手方法 販売状況 レアリティ 武藤遊戯 レベルアップ報酬 Lv. 33 入手可能 SR 収録 略号連番 発売日 レアリティ ストラクチャーデッキ-武藤遊戯- SDMY-JP002 2016年06月18日 Super 磁石の戦士カテゴリーのパワーカードの一つ。 入手困難ですが、絶対に採用しておきたいカードです。 地球巨人 ガイア・プレート登場も追い風に 地球巨人 ガイア・プレート チキュウキョジンガイアプレート 種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力 効果モンスター 8 岩石族 2800 1000 このカードは自分の墓地の岩石族モンスター2体をゲームから除外して特殊召喚する事ができる。 このカードと戦闘を行う相手モンスターの攻撃力・守備力を半分にする。 自分のスタンバイフェイズ時に自分の墓地の岩石族モンスター1体をゲームから除外する。 除外しない場合、このカードを墓地へ送る。

次の