ジョジョ シェリー。 ジャン=ピエール・ポルナレフ

ジャン=ピエール・ポルナレフ

ジョジョ シェリー

Part3『』、Part5『』に登場。 名前はフランスの、に由来する。 なお、『』の北米版では "Jean Pierre Eiffel"(ジャン=ピエール・エッフェル)、『』の北米版では "Jean Pierre"(ジャン=ピエール)と改名されているが、から発売されている原作漫画やで配信されているテレビアニメの北米版では原作どおりとなっている。 人物 [ ] 人。 生まれの。 はAB型。 身長185cm(髪の毛込みで193cm)、体重78kg。 趣味:なら何でも。 好きな映画:『』。 好きな色:ゴールド。 好きな女の子のタイプ:その時の気分。 垂直に逆立てられた柱のような髪型をしており、を中心線で左右に割った形のを常に両耳に着けている。 髪の毛はシルバーブロンド、眼の色はブルーで眉毛が無く、目が切り目のように長い。 肩出しの特徴のあるタンクトップに黒ベルト、カーキ色の外ポケット付きのズボンに黒のハーフブーツという服装である。 生まれつきの使い。 幼いころに母を亡くしている。 子供の頃から漫画家になりたかったという。 劇中での活躍 [ ] Part3 『スターダストクルセイダース』 [ ] 3年前に妹・シェリーを惨殺した両右手の男(J・ガイル)を捜しており、その過程でから肉の芽を埋め込まれた。 DIOかららジョースター一行への3人目の刺客として派遣され、で旅行者を装って一行に近づき、で剣の達人のスタンド「シルバーチャリオッツ(銀の戦車)」を発現させてモハメド・アヴドゥルと対戦する。 敗れた後、額に埋め込まれていた肉の芽を抜かれて正気に戻り、一行の仲間に加わる。 後に、で一行の助力を得て、J・ガイルへの仇討ちを成し遂げた。 性格は単純・直情的・女好きで、自信に溢れた明るい人間性をしている。 トラブル被害担当の的な役回りを担っており、特に関係の災難によく遭っている。 しかし、仲間の危機に直面すると、打って変わって誇り高きの一面を覗かせる。 10年ほど能力を鍛えていたためにスタンド使いとしての実力は高いが、自信過剰で単独行動を取りたがる場面が目立ち、敵を侮りがちな面もある。 そのため、敵の刺客からは承太郎やら他の仲間に比べて一段劣っていると判断されることがしばしばあった。 しかし、自我を持つスタンド「アヌビス神」に身体を乗っ取られた際にはシルバーチャリオッツと何でも切り裂くアヌビス神という強力な二刀流で、承太郎を敗北寸前まで追い詰めたこともある。 この時、承太郎も心中で「シルバーチャリオッツは手加減して戦える相手ではない」と高く評価していた。 DIOの館にてヴァニラ・アイスのクリームにアヴドゥルを殺害された際はクリームの背後を瞬時に取るなど、ヴァニラも知りえないスタンドの成長ぶりを発揮し、イギーを喪いながらもヴァニラを倒すことに成功する。 その後、DIOとの最終決戦ではヴァニラ戦で負った重傷(左手小指と薬指・左足の爪先をクリームに飲み込まれて消失したうえ、左太腿を抉り取られる)を押してDIOを暗殺しようとするも失敗する。 逆に殺されそうになるが、承太郎の復活によって危機を脱し、DIOの死後は(SPW財団)による治療を受けて一命を取り留める。 DIO撃破後は、ジョセフから「に来ないか」と誘われたが、故郷に思い出があることから断って旅の感想を感慨深げに語り、苦楽を共にしてきた承太郎やジョセフに涙ながらに別れを告げ、フランスへ帰国した。 Part3はここで幕を閉じている。 版の『』では、日本の本屋の店員として登場する。 倒すと仲間になる点は原作と同じである。 北米版の単行本では、セリフは英語メインにフランス語混じりの口調で喋るキャラクターとして描写されている。 Parte5 『黄金の風』 [ ] 1990年代初頭、承太郎と合流して「」の追跡を開始する。 それに関連し、生まれ故郷における少年の麻薬事件の増加原因にの組織「パッショーネ」が関与していることを突き止めて単独で調査していたが、その組織力の前に孤立無援へ追い込まれて承太郎やSPW財団への協力も頼めなくなったうえ、組織のボス・と戦った結果、右目と右腕と両足を失って再起不能となる。 農村の隠れ家にて車椅子での隠遁生活中には「矢」に隠されたスタンドに関する秘密を偶然知り、もはや満足に戦えない自分に代わってディアボロを倒せる者を探し続けていたところ、を通じてブローノ・ブチャラティらブチャラティチームと出会い、ローマのにて落ち合うことを決めるが、そこに彼らより先にディアボロが現れたため、再戦する。 ディアボロのスタンド「キング・クリムゾン」に敵わず、ブチャラティチームと落ち合う寸前で力尽きる最期の瞬間にはシルバーチャリオッツをレクイエム化させ、矢を奪われることを防いだ。 ブチャラティチームのもとにいると魂を入れ替えることによってようやく合流を果たすと、彼らへ助言を与えながら的確にサポートしていく。 によってディアボロが倒された後は「肉体は死亡したが精神(魂)は生きている」状態(幽霊)となり、カメのスタンド内に居着く。 長きに渡る戦いの経験を経て、冷静かつ慎重な性格になっている。 ブチャラティチームの一員であるナランチャ・ギルガを殺害された際にはディアボロと彼の別人格であるヴィネガー・ドッピオの関係を見抜き、の実例を用いて解説するなど博識な面も見せた。 また、それに先んじてキング・クリムゾンの能力への対処法を編み出しており、再戦時にはディアボロをして「天才的なタイミング」と言わしめるほどの攻撃を繰り出してみせた。 Part3を題材としたゲーム『』では、通常のポルナレフにチャリオッツ・レクイエムを召喚して相手を眠らせる「レクイエムの片鱗」があり、「未来で会おう!イタリアで…」というPart5を意識したゲームオリジナルの勝ち台詞も存在する。 Parte5を題材としたゲーム『』では、車椅子で移動しながらスタンド攻撃を行うほか、すれ違いざまに斬りつける必殺技などがある。 VS JOJO『恥知らずのパープルヘイズ』 [ ] 名前のみ登場。 Parte5の完結後、ジョルノに次ぐ組織のNo. 2となったことが明かされた。 本来No. 2であるミスタが「2は掛け合わせると不吉だから」とNo. 2の座をポルナレフに譲ったためであり、ミスタ自身はNo. 3を自称しているが、プロローグにおけるフーゴとミスタの会話からは、ポルナレフの存在自体が組織の限られた人物しか知らないとなっていることが示唆されている。 、JOJOVELLER、Part3テレビアニメ。 単行本ではパラメータ無) 中世騎士のような甲冑を身にまとい、切れ味鋭いを武器として携えた人型のスタンド。 スタンド本体のパワーは低いがスピードに優れ、また厳しい訓練を積んできたため動作の精密性も高い。 その実力と剣技は光の速度で移動するJ・ガイルのスタンドを切り裂いたほど。 レイピアと甲冑が破損しても、本体はダメージを受けない。 甲冑を脱ぐと、防御力が落ちるかわりに俊敏性がさらに上がり、残像を発生させるほど高速で動けるようになる。 またハイリスクな切り札・裏技として、レイピアの刀身を飛び道具として射出することもできる。 一方で、いかにも「超能力」といった特殊能力は持たず、基本的な攻撃方法が剣撃に限られるため、霧や水など物理的な攻撃が通じないスタンドとの相性が極めて悪い。 スタンド能力は生まれつきのもの。 幼少期から使うことができたが、その当時はまだスタンドも年齢相応に未発達で力が弱かった(アレッシーのセト神との対戦にて幼児化した際に描写された)。 その後、ポルナレフの心身の成長と修行を経て成熟し、Part3時点でのスタンドパワーになる。 またPart3終盤のヴァニラ・アイス戦にて、スピードと射程が向上した(怒りによる一時的な強化、またはPart4以降顕著となる「スタンドの成長」である。 後者観点では、本要素が初めて明確に描かれたシーンでもある)。 Parte5でディアボロと再戦した際には、ポルナレフが右目と右腕と両足を失ったことにより、スタンドの形態にもその状態が反映されていた。 スタンド名の由来は、「侵略と勝利」を暗示する・7番目のカード「」。 、JOJOVELLER) シルバーチャリオッツが矢の力を得て進化した姿。 スタンド像が大きく異なり、特徴的な形の帽子を被りコートを着た男性のシルエットになった。 コロッセオでの再戦でポルナレフがディアボロに敗北し死亡する寸前、ディアボロに矢を奪われることを防ぐため、やむなく矢でチャリオッツを貫き進化させた。 しかし再起不能状態だったポルナレフでは制御することができず、暴走する。 周囲の生物を全て眠らせ、眠らせた者たちの魂を入れ替え、やがてその生物を「別のもの」へと変化させる能力を持っている。 ポルナレフの矢を守る意思を体現しており、矢を奪おうとする者には相手の行った攻撃をそのまま返し、また相手のスタンドを暴走させて本体自身へ攻撃させるよう仕向ける。 攻撃の意志が無くかつスタンド使いでない者が矢を奪おうとしている場合は、自ら敵を攻撃する。 一体のスタンドのように見えるが、実際にはあらゆる生物の「魂の影」であり、誰がどの方向から見てもレクイエムの影は「自分と反対方向」に向かって伸びているように見える。 これは各々の人物(正確にいえばその精神)の背後に存在する太陽のような光源によって投影されているからであり、レクイエムを見る者はレクイエムの姿を見ているのではなく、自らの精神を見ているのと同じであり、それに攻撃をすることは自らの精神を攻撃するのに等しい。 自らの精神に対する攻撃は全て自分に向かうこととなるため、レクイエムを倒すには自らの手で背後の光源を破壊するしかない。 具体的に言えばレクイエムの本体は彼を見ているものの背後にある。 デザインのイメージはに作曲を依頼した謎の人物、死のイメージ、暗黒の使者。 性別も謎なので中性的なファッションとなっている。 PlayStation 2ゲーム『黄金の旋風』では敵キャラクターとして登場。 ディアボロの姿をしたブチャラティを操作して戦うこととなる。 コロッセオの外に逃げられるまでに倒さなければ強制的にゲームオーバーとなる。 「自分と反対方向」に伸びる影は再現されており、キャラクターの位置に応じて影の位置も変化する。 担当声優 [ ]• ドラマCD版• OVA版• テレビアニメ版• ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ• テレビアニメ版・少年ポルナレフ 備考 [ ] ニュースサイトのが毎年行っている「」で、ポルナレフがDIOのスタンド「ザ・ワールド」の能力を承太郎たちへ説明した時の台詞「 あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!!! 」が2015年度アニメ流行語大賞金賞(第1位)を受賞している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『 スターダストクルセイダースvol. 2 銀の戦車-シルバーチャリオッツ-編』 P66 The Secret of JOJO Characters• ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル. 2013年12月22日閲覧。 TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』公式サイト. 2015年3月29日閲覧。 ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン. 2015年10月30日閲覧。 ガジェット通信. 2015年11月30日. 2015年12月6日閲覧。

次の

【ジョジョ★】シェリーについて語り明かそう!

ジョジョ シェリー

アメリカのファンク・バンドの「Cameo」が名前の由来で、個性的なファッションをした人物です。 程ではないものの、原作漫画での登場シーンはわずか2ページしか出ませんでした。 スタンドが痛めつけられましたが、他のスタンド使いと異なり何故かダメージを受けていませんでした。 名前の由来はタロットカードの大アルカナ20番目にあたる「審判」からで、「三本の指」がトレードマークです。 対象人物の願い事を土に投影して実体化させるという能力を持つ。 その実体化させた物はとても精巧で、外見に留まらず硬度や掴んだ際の感触に光沢までも本物とそっくりで、よく知る人物であっても本物とは見分けがつかない程の出来栄えです。 実体化は生物でも無生物でも可能であり、死者が蘇ったように見せるのもできます。 ジャッジメントの戦闘 ジャッジメントは投影で実体化させた土人形を使うこともありますが、ジャッジメント自身にもアブドゥル達に認められるようなパワーとスピードを持っており、十分に戦闘をこなすことができるスタンドです。 一方、土人形の方はというあまり頑丈でなく、スタンド能力のない人間の素手でさえも砕くことができる硬さしかありません。 ただし、人体の一部を噛みちぎるというスタンドの使い手を攻撃する分に必要な力をを兼ね備えていますので、一概には油断できない相手です。 承太郎一行への襲撃 カメオは紅海の孤島で承太郎達が来ることを待っていました。 ランプの精を装う「審判」により「妹のシェリーとアブドゥルを生き返らせろ」というの願いを叶えるふりをして、作った2人そっくりの土人形にポルナレフを襲わせました。 本体のカメオは竹筒を地表に出し呼吸しながらも地中に潜って身を隠していましたが、ポルナレフとアヴドゥルに発見され、竹筒の中にゴミや虫を入れる悪戯のみならず立ち小便までされます。 耐えきれずに飛び出たところをのアヴドゥルのマジシャンズレッドに黒焦げにされたことで退却しました。 ポルナレフとの駆け引き ポルナレフを罠にかける為、まずジャッジメントはランプの精の振りをして望みを聞きました。 全く信じていなかったポルナレフは、手始めに1つ目のお願いとして「金持ちになりたい」と言い、結果として金銀財宝が目の前に現れました。 この財宝は土人形が変化したものであり、もちろん本物ではありません。 ポルナレフの妹のシェリーは姿や声だけではなく当人達しか覚えていない過去の記憶まで保持していました。 しかし、蘇ったシェリーはジャッジメントのあやつり人形で、生前は優しくても殺人鬼のようにターゲットを襲うようになります。 土人形は破壊すること土に戻りますが、対象人物は土人形への思いから攻撃することができないので、「人間は心の底から願うことに最大の弱点があらわれる」というジャッジメントの思惑通りに陥ります。 願いを叶えられた対象人物は自分の願い自体にに襲われるという状況に追い詰められることになり、ポルナレフも例外ではありませんでした。 カメオの声優 カメオの声優は3人います。 格闘ゲームでは「名探偵コナン」の高木刑事などでお馴染みの高木渉さん、オールスターバトルでは「戦国無双」の武田信玄や「プラネテス」のハキム・アシュミードを担当した大友龍三郎さんです。 テレビアニメでは有本欽隆 ありもときんりゅう で、代表作には「機動戦士ガンダムSEED」のパトリック・ザラ、「PSYCHO-PASS」征陸智己、「イナズマイレブン」の響木正剛を演じました。 カメオの名台詞・名シーン 「ゆるしてくださああイイイイーッ!!

次の

ジャン=ピエール・ポルナレフ (じゃんぴえーるぽるなれふ)とは【ピクシブ百科事典】

ジョジョ シェリー

Pixiv内では「」タグでの使用が多い。 我が名はJ・P・ポルナレフ! 我が妹の魂の名誉のために!我が友アヴドゥルの心のやすらぎのために… この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる! 概要 1965年生まれの 血液型は 趣味:スポーツなら何でも 好きな映画:『がんばれベアーズ』 好きな色:ゴールド 好きな女の子のタイプ:その時の気分 第3部『』に登場する人の青年。 一行がで出会ったの刺客として登場。 でのとの激闘の末敗れを取り除かれてから一行の仲間に加わる。 初登場時こそ気高い騎士道精神に殉じる性格だったものの、仲間になった途端一瞬で女好きのコメディリリーフに転身する驚異的な変わり身の速さを見せた。 性格は時折突っ走ってしまうこともあるが情に厚く明るい、誰とでも隔て無く接する気のいい人間である それがトラブルの元にもなるが。 また口も軽くとてもを共有できるようなタイプではないため、実はJ・ガイル戦で死んだはずのアヴドゥルが生きていた事をDIOとポルナレフに悟られぬためだけにアヴドゥル本人が父親を演じて一芝居を打った事もあった。 生まれながらのであり十年間の修行を積んでいる。 その実力は承太郎をして「手加減できる相手ではない」と言わしめ、との戦いで取り憑かれ二刀流となった際には承太郎にどちらかの死を覚悟させるほど追い詰めた。 「 スタンドの性能は本体の精神力によって成長する」という描写を初めてされたキャラクター。 戦にての背後を瞬く間に抑えるなど、ヴァニラすらも知りえないスタンドの成長ぶりを発揮した。 ヴァニラ・アイス戦でアヴドゥルやを失い、自身も左指と左つま先などを食われる深手を負う多大な犠牲を払いつつも勝利。 その後最終決戦にも参加し背後からDIOのを串刺しにしたが、あと一歩及ばず「」で時を止められで吹っ飛ばされ重傷を負う。 承太郎がDIOを撃破した時には意識不明の重体に陥っていたが、に保護され無事一命を取り留めジョースター一行ではジョースター家以外の唯一の生存者となった。 エピローグでは空港で戦友たちと涙ながらに抱き合い、故郷へと帰って行った。 性格 基本的にノリが良く、女好きでお調子者。 ジョースター一行のムードメーカーである。 しかしその明るい性格に反してかなりな身の上であり、たった一人の家族である妹のはに乱暴され殺されている。 妹の復讐のために青春を犠牲に両右手の男を追い続けていたため、妹の件が絡むと途端に直情的になり自身の危機を招くことも多い。 自信過剰で単独行動を取りたがる場面が目立ち、自身の力量を過信して敵を侮りがちな面もある。 反面、誇り高い騎士道精神の持ち主で、に肉の芽を植え付けられてもジョースター一行に対して正々堂々と正面から戦いを挑んでいる。 アヴドゥルに敗れて用に短剣を渡されても後ろから投げつけることはせず、自らを破った彼に対する礼儀として炎に焼かれる事を選ぶなど、その信念と精神力はDIOへの忠誠心を超えていた。 仲間を思いやる気持ちは誰よりも厚く、アヴドゥルやの死を嘆き悲しんだり、仲間の危機には自身の危険を顧みず助けに行く一面を持つ。 また仲間の死をきっかけに冷静さを得、敵の僅かな言葉から相手の能力を見抜くなど、冷静に突破口を見出すその姿はまさに騎士そのものである。 また、との初戦以降は、単独行動をとりがちな一面は然程かわっていないが、に、驕りと強かさが綯交ぜになった素振りで探りを入れる・自身はおろかスタンド使いでない女性にまで露骨に警戒する相手を臆病者扱いせず、脅威の存在として再確認する等、自他を客観的に観察する技能も向上したと思われる描写を見せている。 容姿 甲冑をまとい、レイピアを携えた騎士のスタンド。 詳しくは該当記事を参照。 特徴はとても素早い動きと剣で斬りつけて攻撃するだけというシンプルなスタンドであるが、ポルナレフ自身の鍛錬によりその剣捌きは超スピードかつ極めて精密。 物語が進むにつれて強力・複雑なスタンドが多数登場してくるが、実力者達からのポルナレフとチャリオッツに対する評価は高い。 肉の芽は植えつけられておらず、妹の敵討ちを果たすため自らDIOに魂を売ったという設定になっている。 の甲板上でアヴドゥルに敗れてからは改心し、承太郎を襲ったフォーエバーを真っ二つにして倒し、ジョースター一行に加わる事となった。 ナンパな性格は相変わらずで、イギーからは原作以上に酷い目にあわされている。 ヴァニラ・アイス戦では一騎打ちで挑み苦戦を強いられるも、助けに来たイギーを殺された怒りから隙をついて串刺しにし撃破。 また、イギーとは原作ではできなかった生前の和解ができている。 最終決戦では承太郎にとどめを刺そうとした、DIOの脳を背後から串刺しにし、承太郎に反撃の機転を作った。 原作ではDIOが余裕で攻撃を読んでいたシーンで、ポルナレフの攻撃をまともに受けてしまったのは、DIOがポルナレフは厚い信頼を寄せていたヴァニラ・アイビスがとっくに始末していたものだと実力を過信していたためである。 OVA オリジナルの台詞「しくじったかヴァニラ・アイス!」はその信頼の象徴とも言える。 しかし、ヴァニラ戦で疲弊していた体力がここで限界に達し、そのまま戦線離脱を余儀なくされSPW財団に保護された。 ネタ 一行の中で最初に「」の片鱗に触れ、合流した仲間にその体験談を語った際の台詞。 改編の使い勝手の良さからインターネット上では定番・として定着している。 トイレ ポルナレフはギャグシーンでも活躍するキャラであるが、その中でも有名なのがのギャグである。 のでが便器から顔を出すトイレでのシーン以降、 何かとトイレやにまつわる事象に関わる事が多い。 のスタンド能力で操られ便器を舐めさせられる(あと数㎜で触れてしまうところだった)。 地中に隠れていたのを炙り出すためにの提案で一緒に。 の能力で子どもにされバスタブに沈められるもをして回避。 特にエンヤ婆の一件に関しては決着後ジョセフから大爆笑されたことも。 仲間達からもトイレ=ポルナレフという構図が出来上がっているようで、アヴドゥルにトイレのギャグが回ってきた時には「 あああーっ これはわたしのイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ! 」と嘆かれている。 ただし、ポルナレフ本人はホテルを決める際にトイレなど水周りの清潔さを重視したり、のおしめを変えたときに酷く困惑するなど、大変綺麗好きである。 本屋 SFC版 製作 のゲームでは(最近発見されたはずの)スタンドについて書かれている文献を探す際にジョースター一行が訪れた本屋に、何故か本屋の店員として登場している。 確かに昔は漫画家を目指していたらしいが……。 「しばらくお待ちください」と奥の部屋へ行った後そこへ行くと襲い掛かってくるが、戦闘に勝利するとを取り除かれて仲間になる。 結局は罠だったとはいえ、もし承太郎たちがそのまま帰ったらどうする気だったのだろうか・・・。 視力について 余り指摘されないが、ジョジョの登場人物の中でも、 驚異的な視力の持ち主である。 と言うのも…… -で移動するを捉える(空中へ放り投げたコインで行動範囲を狭めていたが、十数秒になるか否かの時間なのは否定出来ない) - 全身をうつ伏せで拘束された状態で、床に散らばった鏡の破片での所在を捉え、返り討ちに成功する - 砂をばら蒔く事で、暗黒空間を移動するを捉える( 大量に散布しなければならない上に、食われていない砂が軌跡を上書きして消す可能性が高い為、上述のハングドマン以上の難易度と推測) 等、である。 本編以降の活躍 第5部「」にて意外な形で再登場する事となる。 詳しくは を参照。 余談 『ジョジョ』のゲームではDIOと並んで登場回数が多い。 ボカロPのひとり「」の名前の由来。 サムネイルに使われたがポルナレフに似ていたことから名付けられた。 格闘ゲームのキャラクターにも大きな影響をもたらしており、特にやは明確にポルナレフがモチーフと明言されている。 紅丸に至っては軟派な性格や服装まで酷似しているが、一方でガイルは結構チグハグであり、何故か宿敵であると名前を混同されている上に、軍人という設定や髪型などを彷彿とさせる点も多い。 名前の由来はフランスの歌手から。 一方で外見のモデルになった人物は明かされていないが、ファンの間では「アラジン・セイン」の頃のではないかと囁かれている ただしボウイはフランス人ではなくである。 担当声優 ドラマCD OVA 未来への遺産 黄金の旋風 TVアニメ第3部・第5部、 TVアニメ版・子供化 関連イラスト.

次の