子供 鼻血 続く。 鼻血が止まらない!1時間は出血中。これって白血病!?病院に行くべき?

鼻血が毎日少量に片方から出る原因を知る必要性

子供 鼻血 続く

< スポンサードリンク > 子供の鼻血が「毎日」や「よく出る」の原因 子供の鼻血がよく出ると、多くの親御さんは白血病を連想してしまい、心配になることが多いようです。 しかし白血病による鼻血はごくまれなので、基本的には安心しても大丈夫。 それではなぜ、子供はこんなにも頻繁に鼻血を出してしまうのでしょうか? そもそも 子供の鼻の粘膜は大人のそれとは違って、とても薄くて弱いのが特徴です。 そのため、ちょっとした刺激で血管が傷つき、鼻血がよく出るのです。 そして鼻血の一番の原因は、ずばり「 鼻くそをほじる行為」です。 特に、鼻をいじるのが癖になってしまっている子だと、それが頻繁に鼻血を出す原因になるようです。 ですから、うちの子は鼻血がよく出るなあ……とお悩みの方は、病気を疑って無用な心配をしてしまう前に、子供さんが鼻をいじることがないか注意して観察してみてください。 そして、鼻いじりがあまり多いようでしたら、興味をほかのことに向けさせるなどして徐々にその癖を直していけるようにサポートすれば、自然と鼻血の頻度は収まっていくでしょう。 また、子供の頃は非常に粘膜が弱いので鼻を直接いじらなくても、体質によっては のぼせたり泣いたり驚いたりといったことも鼻血の原因になりえます。 そして一回鼻の中で、出血した部分は完全に修復するまでに、 ちょっとした刺激によって繰り返し鼻血が出やすい状態です。 そのため短期間に何度も鼻血が出て病気を心配するお母さんが多いということです。 子供が鼻血を出してしまうタイミングを見極めることができれば、手当に慌てることもなさそうですね。 city. ube. yamaguchi. しかし白血病を原因とする鼻血は普通の鼻血と違って、簡単な手当をしただけではなかなか収まりませんし、歯茎からの出血を伴う場合も多いです。 逆に言えば、手当をして30分以内に収まる・ほかの部位からの出血がない場合には、あまり重い病気は気にしなくていいということになります。 それよりも子供に多いのが、アレルギー性の鼻炎です。 鼻炎持ちの子供の特徴は、 夜中に鼻血を出すことが多いということです。 夜は体温が上がって血管が膨張しやすくなるため、普段から鼻炎で鼻に負担がかかっていると、寝返りなど少しの刺激で出血してしまいます。 朝おきたら子供の顔が血で赤黒くなっていた……!という場合には、鼻炎が疑われますので、早いうちに耳鼻科にかかることをおすすめします。 このように、鼻血が何らかの病気のシグナルである場合も少なくないため、続くようであれば念の為に病院に行った方がいいかもしれませんね。 小学生も高学年になると、林間学校や修学旅行といった大イベントがあります。 汗ばむ季節になってきました。 乳幼児のいる我が家では、外出先でだっこをすると大人も子供も汗びっしょり。 お子さんが大きくなってくると、親としては色々な経験をさせてあげたいのが親心! 可愛い子どもの顔に赤いブツブツがあると、何だろう??と気になりますよね。 小学校で英語が必修教科になるかもしれない、というニュースは耳に新しいものだと思い 5歳になるとだいたい身の回りのことができるようになると言われています トイ.

次の

鼻血がよく出る子供に薬!病院で聞いた鼻血の止め方・原因は?

子供 鼻血 続く

鼻血がよく出る。 病院に行こうか迷っている場合は、鼻血が止まるまでの時間も目安にすると良いそうです。 わが子の場合、鼻血が出てなかなか止まらないなと思うときでも20分程度で鼻血は止まっていたので病院に行くほどではないと判断していました。 今回は、耳掃除を兼ねて耳鼻科を受診しましたのでその時の様子を紹介していきますね。 (毎年プール時期に中耳炎になりやすいのでプール時期には耳鼻科に行くようにしています。 ) 「鼻血が毎日のようによく出る」んですが、というと。 鼻の中をチェック。 「鼻の中が、日焼けしているねー。 鼻の中も日焼けして炎症起こすんだよ。 」と病院の先生。 スコープのようなもので鼻の中を見てみると鼻の中か赤くただれた状態でした。 「鼻血が毎日出ているのであれば、少し日焼けするような外遊びは控えた方がいいよ」と病院の先生に言われました。 野球チームなどに入っていて鼻血がよく出るお子さんは日陰で休むなど休憩を多めにとると良いかもしれませんね。 外遊びは、少し控えるように言われたのですが子供もとからインドアなのでうちは控えようがなさそうです。 スポンサーリンク 次は、鼻血がよく出る原因について聞いてきたことを紹介していきますね。 「鼻血」で薬なんて、大げさな!と正直思ったのですが病院から処方された薬は ・止血剤 ・細菌・感染症を治す薬 ・整腸剤 の混合でした。 お腹が緩くなることがあるので、整腸剤とセットで出すことが多いと薬剤師さんからの説明がありました。 スポンサーリンク その後、1、2回しか病院で処方された薬を飲んでいないのですが・・・ 運動会が終わったこともあるのか、パタリと「鼻血」が出なくなりました。 次は、「鼻血が止まらない」時の正しい止め方を病院で聞いてきましたので紹介していきますね。 ・ ・ ・ 鼻血が止まらない病院で教わった鼻血の止め方は? 昔は、鼻血が出ると 「上を向いて、ティシュをギュッと詰める」ように言われていたのですが今はどちらも間違えと言われますね。 鼻血がよく出る原因の一つに花粉症の人がティッシュを鼻に詰めていてその刺激により鼻の粘膜が傷ついて鼻血の原因になってしまっている方もいるそうです。 2重苦ですね。 正しい鼻血の止め方は・・・ 少し下を向き、鼻の頭をギュッとつかみ出てきた鼻血抑える。 鼻の頭のあたりを冷やす。 のも良いそうです。 炎天下など外にいる場合は、必ず日陰に移動し楽な姿勢を取ること。 少し頭をあげて寝ていても良いそうです。 耳鼻科の医師によると「ティッシュを詰めちゃ駄目」らしいです。 鼻血が出て後、花粉症などで鼻がムズムズする場合は、鼻を水で洗うように言われました。 鼻血が出たとき、ティシュを鼻に詰めるのがよくないと言われても外にいるときは抑えたくなりますよね。 なるべく刺激をさけるため、柔らかめのティシュやワセリンなどで鼻の粘膜傷付けないようにするのも良いそうですよね。

次の

子供の熱が下がらない!5日以上高熱が続くときはどうすればいいの?

子供 鼻血 続く

なんらかの病気が関係している場合 もしも なんらかの病気(白血病や血が固まりにくい血友病など血液の病気)が関係している場合は、 止血してもなかなか止まらないことがあります。 例えば・・・• 鼻血が長時間(30分以上)ドバドバと止まらない。 鼻血が大量に出る。 鼻の奥の方から出血がある。 ぶつけてないのに手足や全身に多くあざが出来る。 鼻以外の場所からも出血がある。 などの場合は、可能性もなきにしもあらずと考え一度 耳鼻咽喉科を受診し診察や血液検査などをされてみて下さいね。 専門家を受診してみて何もなければ「何でもなくて良かったと言う安心」につながりますので。 では 病気以外の子供の鼻血の原因はなんでしょうか?? 子供の鼻血の原因は2つ!! 実は…子供の鼻血のほとんどは心配しなくて大丈夫な下記の2つなんです。 鼻血の原因1.粘膜が傷ついて出る(鼻をほじる・かむ)• 鼻血の原因2.暑さ・興奮により血管が広がる(夏は鼻血が多い) それでは順番にみていきましょう。 鼻血の原因1.粘膜が傷ついて出る(鼻をほじる・かむ) ほとんどの場合がこの 「鼻の粘膜が傷つく」ことによって鼻血が出ています。 そもそも鼻自体が血が出やすい部位なんですよ。 鼻の入り口から1~2cmぐらいのところを専門用語でキーゼルバッハ部位と言いますが 細い血管が多くまた 粘膜も血管が透けて見えるほど薄い部位なんです。 そして子供の場合は、この粘膜が大人に比べ更に弱い状態なので…子供の鼻血ってすごく出やすいんです。 頻繁に指で鼻をほじったりしてませんか? また朝起きた時に鼻血が顔や指・服や枕など…についてたりしませんか?これは夜中寝ている間に無意識に鼻をほじってる為なんですよ。 またふと子供に目をやると…また鼻をほじってる!! 鼻ほじっちゃダメよ!と何度言ったことか…。 それでもちょっと目を離したらやってますね。 そんな炎症状態の時に勢いよく鼻をかむとその刺激により粘膜が傷つき鼻血が出ます。 私の娘、風邪を引いて小児科で鼻水吸引をしてもらってる時に鼻血が出たことも多々あります。 鼻血の原因2.暑さ・興奮により血管が広がる(夏は鼻血が多い) 実は、鼻血が出やすい季節ってあるんですよ~。 それは・・・夏なんです!! 私の娘の場合も季節的には、冬よりも夏の方が鼻血の出る頻度が多いです。 暑いと鼻の中の細い血管も拡張されます。 (例えるなら血管が水風船のようにパンパンになってる感じ。 ) 血管が広がり血流も早くなることで、ちょっとしたことで鼻の血管が切れやすくなり、また鼻血が止まりにくかったりします。 夏の暑さだけでなくお風呂場や激しく遊んで興奮した時なども、この 血管の拡張と 血流量の増加の為に、鼻血が出ると考えられています。 次は鼻血の正しい止め方を見ていきましょう。 これを知るまでの私は、間違いだらけの行動をしていました。 正しい鼻血の止め方 1.椅子などに座らせます。 止血部位は心臓よりも高い位置にしなければならないので座らせるのがいいです。 (逆に寝転ぶのはダメです。 ) 小さな子供の場合は、子供を親の膝の上に座らせると落ち着きますょ。 2.子供の顔を 下に向けます。 鼻血がボタボタ出ている場合は、入り口をティッシュで押さえます。 3.親指と人差し指で鼻の血が出ている部分(傷口)を ギュッと押さえて圧迫止血します。 4.鼻血が止まるまでは、そのままの姿勢でいます。 (通常15分程度で止まります。 もし保冷ジェルなどがある場合は、それで小鼻を冷やしてあげると血管が収縮してより早く鼻血を止めることが出来ます。 ) この上記の方法が正しい鼻血の止め方になります。 間違えないで!止血で注意したい2つのコト!! ティッシュは詰めないで! ティッシュを詰めたり抜いたりする時に、鼻の粘膜を 更に傷つける恐れがあります。 子供の鼻の中の粘膜は本当に弱いので、もし何か詰める場合は柔らかいガーゼぐらいにして、またもし一度詰めたら しばらくは抜かない方が良いです。 次は鼻血を予防する方法をお伝えします。 子供の鼻血を予防する3つの方法。 ・爪を短く切る。 爪を短く切っておくことで、鼻の中の粘膜を傷つけるのを極力避けることが出来ます。 ・鼻を強くかまない。 子供なのでなかなか調整はむずかしいと思いますが「優しくしゅーんして!」みたいに言うといいかもしれません。 ・食べ物で効果的なモノ。 鼻血予防に効果のある食べ物は…ビタミンAとビタミンCです。 ビタミンC(パプリカ・パセリ・レモン・いちご等…etc) ビタミンCが不足すると血管が破れやすくなります。 またビタミンCは免疫力を高める効果もあるので風邪予防にもなりますので、しいては鼻水の予防にもなりますね。 食事だけではなかなか大変な時もあるので、手軽に飲める野菜ジュースなんかも活用していくといいと思います。 今回は子供の鼻血の主な原因2つ• 鼻血の原因1.粘膜が傷ついて出る(鼻をほじる・かむ)• 鼻血の原因2.暑さ・興奮により血管が広がる(夏は鼻血が多い) をお伝えしました。 私自身「うちの子大丈夫かな?」と心配だったんですがそもそも 鼻の粘膜の弱い子供が鼻をほじることが主な原因だったのです。

次の