学習塾 バイト。 飲食店や学習塾は危険!?ブラックバイトの可能性が高い職種7選

元塾講師が語る。大手個別塾がブラックバイトすぎてヤバい【評判最悪】

学習塾 バイト

質問その1「働いている人はどんな感じの人が多い?」 大学生の割合 まず、 現役大学生が全体の90%以上を占めている状態でした。 筆者の場合は少し特殊で、県内の色んな教室に派遣されてそこでその日だけ授業をすることがあったのですが、どの教室に行っても、教室の近くに住んでたり、教室の近くの大学に通っている大学生がアルバイトして塾講師をしていました。 スタンダードで働く大学生のレベルは教室によりまちまちで、 採用に学歴はほとんど関係ないと思います。 正社員の割合 全体の10%は正社員です。 これは教室長だけが正社員という意味です。 実際に授業をしているのはすべて大学生でした。 質問その2「働くときの服装は?スーツ?白衣?」 筆者が派遣されて行った個別指導のスタンダードの教室は全て「スーツもしくは白衣」でした。 つまり、前教室で共通しているということがいえます。 授業終わりで終わりでそのまま来る人が多いので、スーツに着替えたりするのが面倒だからでしょう。 白衣は教室で用意されているので、実際は私服で行って授業の時だけ教室にある白衣を着ればOKでした。 ただ下に着ている私服もハーフパンツなどはNGでした。 基本はなんでもOKです 質問その3「給与体系は?月にいくら稼げる?」 筆者の場合は 1対2指導、 1コマ75分で1250円 時給換算1000円 でした。 1時限目 13:30~14:45• 2時限目 14:55~16:10• 3時限目 16:20~17:35• 4時限目 17:45~19:00• 5時限目 19:10~20:25• 6時限目 20:35~21:50 長期休みではないときは基本的に4限からの授業になるので、平日は1日3コマ、土曜は1限から入れるので1日6コマ入ることができます。 なので 平日は最大3750円、土曜は最大7500円稼ぐことができます。 しかし、平日に中高生が学校の授業が終わるのが4時過ぎなので、4限目からしか塾に来れないケースが大半です。 そのため、実質は3コマが限界でしょう。 規定ではなく、そもそも生徒が来れないからです。 スタンダードで働いて給料を上げるには? 評判では色々と書かれているかもしれませんが、平日は3コマしか働くことができないので、塾で稼ぐなら土曜にシフトを入れて6コマ働くといいと思います。 どの教室も「絶対ここはシフト入って!」などと強要されることはなかったので、他のアルバイトと掛け持ちするといいかもしれません。 ちなみに、筆者は他のアルバイトと掛け持ちでやっていたので週に1回入るか入らないかだったので、 月の給料としては1万円前後でした。 質問その4「授業準備時間はどれだけ給料が発生するの?」 個別指導のスタンダードは、 準備時間には一切給料は発生しません。 しかし、準備時間と言っても、次の授業で担当する生徒が「 前回の授業でどんなことを勉強してどんな宿題が出されたか」が記録されたファイルが生徒ごとに用意されており、それを読めば次何すればいいか分かるので、 準備にかかる時間は数分です。 評判に書いてあることを鵜呑みにしないようにしましょう。 筆者の場合、休憩時間にサッと目を通すだけで大丈夫でした。 加えて残業があるかどうかですが、生徒の指導報告を授業中の空いた時間に少しずつ書いておけば授業が終わったらすぐに帰ることができるので、 残業はほとんどないに等しいと思います。 質問その5「やっててよかったことは?」 「なるほどね!わかったわかった!」と教えた内容をきちんと理解してもらい、生徒が問題を解けるようになって嬉しそうな顔になったのを見ると、生徒の勉強の手伝いができてよかったなと思います。 また、元気な中学生や高校生と話をしているとこちらも元気をもらえ「今日も授業頑張ろう!」という気分にさせてくれます。 残業がほとんどないので、授業が終わって生徒とおしゃべりすることができ、中高生の恋愛事情や部活の話などで盛り上がり仲良くなることもできました。 質問6「不満はなかった?」 個別指導のスタンダードは、全国展開しているので、教室が全国各地にあるためそれぞれの教室の色があって、もしかするとみなさんが考えている塾と雰囲気が違うと感じることがあるかもしれません。 筆者が経験した例だと• 教室長が生徒にも先生にも異常に厳しく、休憩時間でも教室の雰囲気がピリピリしていて少し居心地が悪い教室• 逆に教室長がゆるすぎて、授業を受けているのに生徒が他の生徒とおしゃべりしているのに何も言わない。 自習スペースにいる生徒もおしゃべりしているような教室 が存在しました。 教室長によって教室の雰囲気がガラッと変わるので、もし塾講師したい場合は、 一度、授業風景を見させてもらうと雰囲気をつかめて、評判とは違って、自分が働く様子をイメージできると思います。 まとめ 募集サイトで業務内容や評判を見た後、このページを見て、今一度、働くイメージをして、自分に合ってそうであれば、応募してみてください。

次の

元塾講師が語る。大手個別塾がブラックバイトすぎてヤバい【評判最悪】

学習塾 バイト

「 塾講師のアルバイトをやってみたいけど必要な学歴やテストってどうなの?」 アルバイトの中でも、塾講師を探してるという方もいらっしゃると思いますが、興味はあってもこのようにいろいろと不安もあると応募しようかどうか迷ってしまいますよね。 有名大学に通えるほどの学力がないと塾講師のアルバイトはできないのか?といわれれば決してそんなことはありません。 ですが、それぞれの学習塾ごとに採用基準が定められていますので、その基準をクリアしていればアルバイトを始めることができます。 今回は、塾講師バイトに必要な学力やテストの難易度、そしてバイトの探し方についてわかりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。 塾講師に必要な学歴は 塾講師のアルバイトをするためにはそれなりの学力は必須になります。 ただ、正社員ではなくバイトですので学力的には 大学入試が受かるレベルになっているのであればほぼ問題はないでしょう。 つまり、現役の大学生や大卒ということが応募条件になっていることが多いです。 そのため、国内の一流大学でもクリアできるような高学歴を求めているというケースはとても少ないです。 そこを売りにしている会社の場合は例外ですが、基本的には大学生もしくは大卒という肩書きがあれば問題はないでしょう。 学歴以外の採用基準も 学歴という条件をクリアしていれば必ず採用されるというわけではありません。 なぜなら、どんなに優秀で学力が高いからといっても、勉強を教えるという能力は別の話になってくるからです。 しっかりと生徒目線になり運営を行っている学習塾の場合は、学力以外を採用の判断材料にしているところが多いです。 例えば、以下のような能力を面接などでチェックされています。 「応用力」とは、生徒は一人一人学力が異なりますし、得意・不得意な分野も違いますので、教え子に適した指導ができるかどうかの能力はとても重要になってきます。 「観察力」では、自分から分からないことやうまく伝えることができない生徒の気持ちになって察してあげられるかどうか? このような能力やスキルも講師になるためには大切です。 そのため、もし学歴に自信があっても不採用になったという場合には、面接でこのようなところをアピールしていくことも大切です。 例外もある 学歴以外にもいろいろなところを判断して採用するかどうかを判断しているということを説明してきましたが、すべての学習塾が同じというわけではありません。 中には学歴だけを重視しているところもあります。 この場合、以下のどちらに当てはまるのか?はしっかり確認するようにしましょう。 集まる生徒も学力が高い生徒が多く集まるので、塾講師にも高いレベルを求めているのです。 ですが、世の中には生徒集めのためだけに高学歴で講師を募集するような塾も少ないですがあります。 こういったところは、生徒とのトラブルや講師同士でのトラブルなども起こりやすいという体験談もありますので、応募は避けたほうが賢明でしょう。 塾講師バイトの採用テストについて これは私自身すべての学習塾を体験してきたわけではありませんので一概には言えませんが、基本的には採用時には面接とは別に「 学力テスト」というものがあります。 このテストですが、先ほど挙げたように 進学塾の場合と普通の学習塾では内容が大きく異なります。 一般的な塾なら、私のケースですが 数学と 英語の2教科の学力テストを行いました。 テストのレベルですが、数学・英語ともに中学~高校の基本的な内容を理解していれば十分解いていくことができます。 学力に自信がない方は、アルバイトを探すときに担当する学年も重視するようにしましょう。 基本的に学年+1学年上のレベルの学力が必要になるという基準でよいと思います。 例えば、以下のような学力が必要になるということですね。 生徒の悩みも増えてきますので、高校レベルの学力とは別に、コミュニケーション能力なども求められるところも多いです。 そのため生徒が志望している大学以上に学力と、コミュニケーション能力や観察力なども求められてきます。 塾講師のアルバイトは学力よりも〇〇力? 塾講師は、学歴というのは最低限必要なものであり、採用で最も重視されるわけではありません。 実際に、多くの塾では学力以上に求められるようになってきているのが「 コミュニケーション能力」です。 どんなに高学歴だったとしても、生徒を不快にさせるような言動や態度をとってしまうような人は必要とされていません。 しっかりとサポートしていくことができるような、「思いやり」ができる人材を求めているところも増えてきています。 また、アルバイトとはいえ人に教える側の立場になりますので、責任感がないというのは例外です。 塾講師バイトは時給が低い?少ない? 現役の大学生や卒業生が塾講師のアルバイトに興味を持つ理由の1つに「時給が良さそうだから」という方も多いと思います。 「自分は〇〇大学に通ってる・卒業したから時給も他の人よりもいいはず!」 こう考える方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、 学歴=時給というわけではありません。 ここまでご覧になられた方なら察してるかもしれませんが、 時給は学歴よりも経験や実績などの方が影響しやすいからです。 そのため、ごく普通の大学を卒業したり在籍している人でも、多くの生徒を志望校に合格させることができたり、生徒やその保護者から評判が良いというようなケースでは、高学歴の他のアルバイトよりもゆくゆくは時給が良くなるというケースもあります。 塾も慈善事業ではなくビジネスで運営をしていますので、実績を出せる人材や生徒や保護者からの評判が良い先生などはできる限り長く働いてもらいたいと考えます。 ですので、あなたが塾講師のバイトで稼ぎたい・時給が低いと思うのであれば、自分の授業を見直してみたり、生徒とのコミュニケーションをとるなどの努力をするようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 塾講師バイトは、学歴というのは大学生や卒業生なら基本的には応募条件はクリアしています。 にもかかわらず不採用になるという場合は、面接や採用テストの結果に問題があるということです。 人に教える立場にあるので責任感があることも大切ですので、採用テストの復讐はもちろんですが、人間性についてもしっかりと見直すことも忘れないようにしましょう。 塾講師ではなく今では、家庭教師というバイトも人気も需要も高まっています。 以下の記事で具体的にまとめていますので、合わせてご覧ください。 塾講師バイトの探し方 塾講師のアルバイトは、求人誌にも掲載されることはありますが、どちらかといえば「求人サイト」へ掲載されるケースが多いです。 求人サイトならスマホからでもいつでも検索して探すことができますし、応募もしやすいのでおすすめです。 中でも以下の求人サイトは利用者も多く、安全性についてもきちんとしていますので安心してバイト探しをすることができますよ。 【 アルバイトEX】 国内の主要求人メディアと提携している総合型サイトで、70万件を超える求人数を保有しています。 検索機能も優れているので「塾講師」などのキーワード検索をすることで、全国のバイト情報から希望条件や勤務地ごとに調べることができます。 対象の求人に応募して採用されるともれなく3万円のお祝い金がもらえるところも魅力ですね。 およそ20万件もの求人を取り扱う国内最大級の求人サイトで、人気の職種の中に「塾講師」があるので、後は働きたい地域を選んで探すことができます。 マッハバイトの場合は、会員が採用されるともれなく全員に5000円のお祝い金がもらえるところです。 アルバイトEXとは違い、対象求人が多いのでこちらをメインで利用するという人も多いです。

次の

一年ちょっとの間「集団学習指導塾」のバイトをやってみての感想。時給、面接、出会いなど。

学習塾 バイト

面接のコツ まず、面接です。 この時点で緊張します。 誰でもそうかもしれませんが。 できればその日にペーパーテストをしてほしいとの旨も伝えられました。 そして面接です。 履歴書は必須ですが、大学生の履歴書なんてものは学歴以外見るところはないと思います。 参考までに、私はいわゆる「MARCH」と言われる大学のうちの一つに所属していました。 面接にはスーツで行きました。 なにか色々しゃべったような気がしますがよく覚えていません。 「 学習塾ビジネスってのは子供じゃなくてその親のための仕事だから」みたいなことをドヤ顔で語られた記憶がなくもないです。 その後、面接の方は席をはずして、その場で問題とシャープペンと時計を渡されて、テストがありました。 教科は英語と数学でした。 内容は高校受験の試験に近いようなものだったと記憶しています。 準備をしてこず、あまり解けた気はしなかったのですが、面接していただいた方は「 一応形だけ」みたいなことを言っていたので、大丈夫だろうと思っていました。 (実際大丈夫でした。 ) 研修の内容 研修はしっかりしてるものだと思いましたが、思ったよりは適当でした。 一応範囲のテキストを渡されて、下準備をしてきます。 私は最初のほうは真面目だったので、しっかり声に出して授業時間50分ぶんのデモをしたりもしました。 塾によっては数ヶ月研修があるみたいなところもありますが、私は他の講師の方が授業をしているのを何回か見て、同じ塾の先生型の前で一度授業デモをやったっきりで、一週間くらいで終わった気がします。 そのあとにすぐ実践でした。 アドバイスとしては、「 中学生は集中力が続かないから大きな声でね」みたいなことを言われた気もします。 教える教科について、知識などに自信があったわけではありませんが、基本的に参考書やテキストに書かれていることを教えるだけだし、リアルタイムで生徒からの質問が来るわけもないので、内容面に関しては、よっぽど中学のときに勉強をサボった人でないかぎりは余裕だと思います。 大変だったこと まず50分とか45分とか声に出してしゃべり続けるというのがかなり消耗します。 しかも、ただだらだら喋るんじゃなくて、言葉が詰まらないように話し続けなければならないのですから、頭も神経も使います。 その分鍛えられました。 あと、ホワイトボードに字を書くのが慣れていないので難しかったです。 ノートになら上手に描ける図形も、ホワイトボードに書くのは難しく、たぶん 塾講師になって一番練習したのが「ボードにうまく字や図形を書くこと」です。 中学生というやつらは、字が汚いとか図形がガタガタだとかいう理由でも馬鹿にしてくる可能性があるので、それらへんは意識しました。 仕事の内容 一番少ないときは1人というのがあったけど、多いときは15人とかいました。 平均だと7、8人くらいでしょうか。 大勢の中学生に向けて授業をします。 1コマ50分が目安でした。 私はただの練習用のガキだと思っていたのですが、それでもめちゃくちゃ緊張しますね。 最初のほうが、どもったり詰まったりしないように、事前にかなり時間をかけて自主的に練習しました。 塾に通うような子供はやはり真面目なもので、私語をしたり暴れたりするやつはいませんでした。 そういう意味では普通の中高の講義よりはずっと楽だと思います。 しかし、子供の視点は怖いものです。 特に女子生徒の視点は怖い。 「 この先生キモい……」とか思われないように必死ですよこっちも。 ただ、やればやるほど「大勢の前でしゃべる」ということに場慣れしていきます。 もともとの目的はそれだったのですが、効果は十分にアリでした。 基本的に何をしゃべるかは決まっていて、あとは声に出すだけで、相手も中学生。 比較的イージーな環境だから練習には最適だと思います。 あと、やっぱり授業をやっているとき、相手の反応は伝わってくるもので、 「より興味を持ってもらえるように」という向上心を持って授業をやっていたので、自分のスキルも向上していく感じがして楽しかったですね。 つらかったこと 一番は時給ですね。 実質の時給はかなり低いと思われます。 授業の練習をするしないは自由ですが、くだらない書類みたいなものがわりと多いです。 授業が終わった後も、生徒と一緒に帰れるわけじゃなく、何か書類みたいなものを書かないといけないのです。 それも自分で自分を評価するような面倒くさいやつ。 ペーパーに思ったより時間をとられます。 そして、実質時給が少ない割には、大勢の生徒を相手にする責任と心労が大きいので、純粋なお金目的だとあまりいいバイトではないかもしれませんね。 あと、人間関係の問題もありますが、私は生徒からはけっこう距離を置いていました。 熱血に指導する先生とか、成績とは別の個人的な事情を相談される人望のある先生方もいますが、そういう方は大変だと思います。 塾講師をやってよかったこと メリットは、トークスキルの向上と、「 話すことに対する慣れ」です。 これは、社会人にとって必須のものであると同時に、なかなか自発的には鍛えにくいものなので、塾講師をやる一番のメリットだと考えます。 あと、もっと真面目にやっている人にとっては「やりがい」というものもあると思います。 自分のおかげで生徒の成績が上がると嬉しいですよね。 まあ自分は最低限教えることをしっかりこなすというスタンスだったのですが、熱血先生はそれだけ生徒から慕われることもあるし、十分にやりがいを感じられると思います。 個人的に良かったことは、 女子生徒が可愛いことですね。 もちろん性的な意味ではありませんよ! ただ、中学生くらいの娘ってみんな可愛いのです。 いやロリコン的な意味ではありませんよ! 大学生にもなったおっさんが、中学生と普通に会話したりできる場所って、塾という空間くらいなのかなあ、と思います。 まあ学校の先生とかになったら嫌というほど話さないといけないのでしょうけどね。 自分としては、そういう経験が希少性のあるものだったので、塾講師をやって役得だと思いました。 もちろん連絡先を聞くみたいなことはしていないし、あくまで塾という空間で、先生と生徒という立場で話していただけです。 出会いはあるのか? 出会いはあるのかという問題ですが、同僚の大学生などで気になった同士だと、仲良くなって付き合っちゃうとか、そういうことはあるかもしれません。 自分の場合は小規模な支店だったということもあり、1年とちょっと続けたのですがそういうことはありませんでした。 あと、中学生との出会いはたくさんありますが、それをモノにしてしまったら 犯罪です。 自分も一度中学生に告られそうになりましたが、事前に雰囲気を感じとって避けました。 一線を引くのは大事なことです。 何かの参考になったなら幸いです。

次の