米沢 女子 短期 大学。 山形県公立大学法人学術機関リポジトリ

山形県立米沢女子短期大学/国語国文学科【スタディサプリ 進路】

米沢 女子 短期 大学

米沢女子短期大学・米沢栄養大学合格おめでとうございます こんにちは。 米沢女子短期大学生・米沢栄養大学生専用アパート「コーポいづみ」のホームページにようこそ。 お受験大変お疲れさまでした。 そして、合格おめでとうございます。 さて、米沢へお引っ越しのご準備はお済みですか?あなたの新天地となる米沢は、山々に囲まれた四季折々を楽しめる土地です。 春は桜が満開になり、アパート近くの河原では上杉まつりが行われます。 夏はカラッと湿気が少なく山々の緑の香りに囲まれ、秋は紅葉狩りが楽しめます。 そして、冬は真っ白な銀世界。 パウダースノーのスキー場で遊ぶ事ができます。 そんな、米沢の中で米沢女子短期大学あるいは米沢栄養大学のキャンパスライフを楽しみ、お友達をたくさん増やしましょう。 コーポいづみから、遠方のご両親やお友達に新生活のご報告をしてみませんか? コーポいづみのご紹介.

次の

WEEKDAY CAMPUS VISIT|駒沢女子大学・駒沢女子短期大学

米沢 女子 短期 大学

概観 [ ] 大学全体 [ ]• 山形県立米沢女子短期大学は、にあるの。 4学科体制と全国の短大でも数少ない総合短大となっている。 卒業後4年制大学へ編入する者も多く、その多くが国公立大学に進む。 平成26年度より健康栄養学科が4年制の学部に改組する形でが開学し、同学科の学生募集が停止した。 建学の精神(校訓・理念・学是) [ ]• 山形県立米沢女子短期大学のアドミッションポリシー• 好奇心に富み、自ら課題を発見して、主体的に問題解決に取り組む意欲があること。 専門分野において、基礎的な勉学を着実に積み重ねる努力を厭わず、かつ幅広い教養にも関心をもち、柔軟な発想ができること。 教育および研究 [ ]• 山形県立米沢女子短期大学には全国の短大でも類のない「」と称した科目が国語国文学科にて設置されている。 ほか、全学科の学生を対象とした海外語学研修制度がある。 また日本史学科を置いている唯一の公立短期大学である。 学風および特色 [ ]• 山形県立米沢女子短期大学は山形大学工学部との交流が盛んであり、学園祭や一部のクラブ活動団体において両者合同で活動している。 また全国でも珍しく国語国文学科および日本史学科が設置されているため県外からの入学者が多く、東北全県はもちろんのこと北海道から九州まで全国から学生が集まっている。 そのため一人暮らしの学生が多く、学生同士の結びつきが強い。 学問のみならず就職・編入の相談や志願書・小論文の添削など、懇切丁寧に指導することが、少人数教育を掲げる大学の指導方針でもある 沿革 [ ]• - 米沢市丸内2丁目にて 米沢女子短期大学(よねざわじょしたんきだいがく)として開学。 当初は家政科と別科家政専修が設けられていた。 - 国語科を増設。 - 設置主体を米沢市から山形県に移管される。 - 山形県立米沢女子短期大学と改称。 同年、学科名の変更が行なわれる。 - キャンパスを同市通町6丁目移転。 - 家政学科の専攻分離が行なわれる。 家政専攻• 食物専攻• - 学科の新設が行なわれる。 英語英文学科• 日本史学科• - 家政学科に替わって社会情報学科が新設される。 家政学科食物専攻を健康栄養学科に改組。 - 山形県立米沢栄養大学の開設により、健康栄養学科募集停止。 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 山形県米沢市通町6-15-1 交通アクセス [ ]• ・・下車。 米坂線において、米沢と新潟を直通で結ぶ快速べにばな号が1往復設定されている。 米沢と仙台間に、JRバス東北と山交バスの共同により1日6往復高速バスが運行されている。 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 学科 [ ]• 国語国文学科• 英語英文学科• 日本史学科• 社会情報学科 過去にあった学科• 家政学科• 家政専攻:募集は度まで• 食物栄養専攻• なし 別科 [ ]• かつて被服専修が設けられていた(1976年廃止) 取得資格 [ ]• :かつての健康栄養学科に設置されていた• 国語国文学科• 英語英文学科• 日本史学科• 国語国文学科• 英語英文学科• 日本史学科• 社会情報学科• :日本史学科• :国語国文学科• :英語英文学科• :日本史学科• :かつての家政学科家政専攻に設置されていた• 二種免許状:かつての健康栄養学科に設置されていた 研究 [ ]• 生活文化に関する調査・総合研究:「のルーツを探る」・「庄内地方の」・「山形県のの歴史」などの研究がある。 調査研究資料の刊行:『生活文化研究所報告書』としてまとめられている。 学生生活 [ ] 部活動・クラブ活動・サークル活動 [ ]• 山形県立米沢女子短期大学におけるクラブ活動一覧(一部)• 体育系:・・・・ほか• 文化系:・・・・・ほか 学園祭 [ ]• 山形県立米沢女子短期大学の学園祭は「吾妻祭」と呼ばれ毎年、概ね中旬に行われる。 山形大学学生と合同で行なわれるのが特徴である。 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者組織 [ ]• 山形県立米沢女子短期大学の同窓会は「さわらび会」と称する。 初めの卒業生が出た年のに発足しているが、に命名された。 現在、10,000人を越える会員がいる。 大学関係者一覧 [ ]• 渡部治雄:元、本短大学長。 元学長。 遠藤恵子:前学長。 名誉教授。 著名なOG(研究者・作家) [ ]• (1995年国語国文学科卒、秋田工業高等専門学校人文科学系講師を務めた。 日本近代文学、ジェンダー論専攻)• (作家 家政学科卒) 施設 [ ] キャンパス [ ]• キャリア支援センター:設置。 トレーニングルーム• 調理学実習室ほか• 附属機関 [ ]• 附属図書館:蔵書数はおよそ95,000冊となっている。 50周年記念資料室:短大創立50周年を記念して設立された。 常設展示では年表や過去の教材・研究成果や開学当時における女子学生の制服などが展示されている。 また年数回特別展示も開催されている。 生活文化研究所:設置。 地域社会の生活文化の向上をはかることを目的に設置された。 年一回、紀要『山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所報告』を刊行している。 関係校 [ ]• 卒業後の進路 [ ] 就職実績 [ ]• 就職実績の一例として、・・・・・・・・などがある。 健康栄養学科卒業生は栄養士資格を活かした職としてやなどがある。 また米沢市・南陽市・白石市など出身地の自治体の公務員になる者も毎年いる。 編入学・進学実績 [ ]• 平成21~22年度の実績では近隣の・がもっとも多く、続いて旧帝大の・、・・・・といった都市圏の国公立大学のほか、・・・・・・・・・・・・など地方国公立大学への編入学が多い。 では、・・・・・・などである。 参考文献 [ ]• 『全国公立短期大学協会三十年誌』(全国公立短期大学協会。 『』(局技術教育課監修)• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『短大蛍雪』(臨時増刊。 『山形県立米沢女子短期大学』:入学案内 脚注 [ ] [].

次の

米沢短期女子大学から編入して山形大学行くのと東北学院大学の教育学部...

米沢 女子 短期 大学

WEEKDAY CAMPUS VISIT WEEKDAY CAMPUS VISIT WEEKDAY CAMPUS VISIT(WCV)とは オープンキャンパスで実施している模擬授業や、高校に大学側が出向き行う出張講義ではなく、大学生が普段受けている講義に高校生の皆さんが参加し、大学を自分の目で見極め、学びを体験することで、自分の進路選択に活かす為の取り組みです。 オープンキャンパスとはここが違います 自分の目で、本当の大学の姿を見ることができます。 普段の大学キャンパスに行き、リアルな授業を体験することで、授業の内容やその大学の教育スタイル、先輩の学びの様子など、オープンキャンパスでは見られないありのままの大学の様子を知ることができます。 実施日などの概要• 当日は一日大学生として受講していただきますので私服でお出でください。 JR南武線稲城長沼駅からスクールバスを利用する方は、事前に本学入試センター迄ご連絡ください。 (TEL:042-350-7110 ) 事前連絡なしでスクールバスの利用は出来ませんのでご注意ください。 当日は一日大学生として受講していただきますので私服でお出でください。 JR南武線南多摩駅からスクールバスを利用する方は、事前に本学入試センター迄ご連絡ください。 (TEL:) 事前連絡なしでスクールバスの利用は出来ませんのでご注意ください。 大学 人間総合学群• 希望する学類以外の授業にも参加し、一日大学生・短期大学生として大学生活を体験してみましょう。 (例えば・・・観光学類の大学生が、人間関係専攻の化粧の文化史や、心理学類の家族心理学を受講し、総合的な視野を磨くことも可能です) 大学 人間健康学部.

次の