フェイル セーフ 意味。 フェイルセーフとプールフルーフの違い、医療での例

フェイルセーフとフールプルーフ~意味の違いと事例

フェイル セーフ 意味

フェイルセーフとフールプルーフの意味と事例 フェイルセーフとはなにか? フェイルセーフ fail safe とは 製品やシステムに故障あるいはエラーが発生しても安全が維持できるように工夫することです。 つまり、ミスやエラーが発生しても、安全側に向かうような工夫です。 フェイルセーフには以下のような例がある ・ 自動車のスライドドアに身体が挟まれそうになったらドアが停止する ・ 異常を検知した列車が自動的に緊急停止する 医療のフェイルセーフには以下のような例がある 【医療におけるフェイルセーフの例】 ・ 自然災害が発生して病院が停電になっても自家発電によって電気の供給が無くならないようにする ・ 医療機器を誤った使用法で操作しようとした場合に自動的に機能を停止する フールプルーフとはなにか? フールプルーフ fool proof とは 人間が誤った行為をしようとしても出来ないようにする工夫のことです。 フールプルーフには以下のような例がある ・ 洗濯機は蓋を閉じなければドラムが回転しない ・ 自動車はブレーキを踏んでいなければエンジンをかけられない ・ 電気ケトルで湯を沸かそうとしても水が入っていなければスイッチをONにできない 空焚き防止のため 医療のフールプルーフには以下のような例がある 【医療におけるフールプルーフの例】 ・医療用ガスの接続部が同じピン数だとつながらない ・輸液ラインのコネクターに輸液用シリンジをつなごうとしてもサイズが違うためつながらない ・ 名前やパッケージが似ている薬剤を別々の場所で保管して取り違えないようにする スポンサーリンク フェイルセーフとフールプルーフの違い フェイルセーフとフールプルーフの違いは、そもそも エラーを起こさせないようにするのか、 エラーが起きても事故につながらないようにするかにあります。 そのため、まず設計や計画段階で考慮すべきはフールプルーフの方になります。 つまりエラーそのものをさせない設計と計画です。 いわば フェイルセーフはフールプルーフの次善策といえます。 ヒューマンエラー対策の原則は「 エラーできない方法」を検討することです。 そのため、まずはフールプルーフを考慮すべきだということになるのです。 以下の図はヒューマンエラーが事故につながるのを防止するために検討すべき手順です。 この図から理解できるように、まずは「できなくする」というフールプルーフを先に検討すべきです。 しかし、状況的に「できなくする」ということが困難な場合もあります。 そのため、フェイルセーフにおいてエラーが起きても安全になるような設計、計画あるいは対策が必要になるのです。 フェイルセーフはフールプルーフのように「できなくする」というような一義的な概念ではなく、安全のための防護壁を二重、三重に設けるべきものです。 つまり、安全対策のすべてで考慮すべき概念です。 そのため、フールプルーフが困難な場合は、安全側に導かれるような施策を設ける「フェイルセーフ」が必要となるということです。

次の

フールプルーフとは

フェイル セーフ 意味

フェイルセーフとは フェイルセーフとは、機械やシステムにおいて問題が生じた時、必ず安全側に落ち着く制御を行う為の設計思想のことです。 例えば、スイッチで動作する機械を止めたい場合に、もう一度スイッチを押さないと止まらない設計は、人の手から離れて暴走してしまえば、手を付けられない状況になりかねず危険です。 逆に、スイッチを押している間だけ動作する仕組みの機械は、万が一手を離れても自動で停止するので、安全性が大きく増します。 これが「フェイルセーフ」の考え方です。 「フェイルセーフとは何か」を知ると、案外身近でも用いられていることが分かりますし、フェイルセーフの設計思想のお陰で安全性が向上していると理解できます。 ではここで、いくつかフェイルセーフの実例について見てみることにしましょう。 フェイルセーフの実例 自動車の分野では、エンジンが故障してもギヤを切り離せるようにして、車体を安全に止められる設計にするのが普通です。 つまり、動力その物が止められない場合は、他の部分で動作を止めたり安全性を確保するのも、フェイルセーフだといえます。 また、空を飛ぶ飛行機は、空中でエンジンが止まると安全性が致命的に低下しますから、残りのエンジンだけでも飛行能力が維持できたり、最悪の場合は、本体だけでも滑空することが可能になっています。 これも、フェイルセーフとは何かという理解が深まる仕組みの一つで、実際に取り入れられている安全確保の設計に他なりません。 過電流で簡単に故障してしまう電子機器は、電流の入力部分にヒューズを入れることによって、機械の故障に備えるフェイルセーフとしています。 ヒューズに定格を超える過電流が流れると、熱によって自身が焼き切れるので、故障の被害が食い止められる結果に繋がります。 さらに、鉄道のブレーキ設計においては、各車両の連結が外れたりブレーキ自体が壊れてしまっても、自動で非常ブレーキが掛るようになっています。 自動というキーワードは、フェイルセーフとは何かを知る上で、特に重要なポイントになるといえるでしょう。 この、非常時に自動で安全性を確保する設計は、石油を燃焼させるストーブで理解したり納得することができます。 水平に設置して使うことが想定される石油ストーブは、設置時に底面のスイッチが常時押されるようになっていて、傾いたり転倒するとスイッチが外れて自動的に消火します。 燃料が漏れ出ることになっても、火事のリスクとなる火種が消えているので、フェイルセーフが働く結果に結び付きます。 フェイルセーフは多重に安全機能を盛り込む方法ではなく、問題が起こることを前提に、万が一に備える為に生み出された考え方です。 故障や事故を起こさない多重安全の設計思想とは異なることを覚えておきましょう。

次の

フェイルセーフとフールプルーフ~意味の違いと事例

フェイル セーフ 意味

フールプルーフ フールプルーフを直訳すると「簡単」となりますが、むしろ「フール」と「プルーフ」に分けた方が本来の意味に近いように思います。 つまり、「何も知らない人が使っても大丈夫なように証明されているもの」「使用方法を知らない、もしくは間違った使い方をしても大事に至らないような設計」のことです。 いくつか例を記述しましょう。 ふたが閉まっていないと脱水モードが動かない洗濯機(子供が間違って入ったらたいへんです)• ドアが閉じていないと動かない電子レンジ(部屋中に放電されたら怖いです)• 人が便座に座っていないと水が出ないおしり洗浄機(座っていないのに水がでたらそこらじゅうびしょ濡れ)• ブレーキを踏んでいないとパーキングからドライブポジションに入らない車のギア(急発進は危険です) 物を作る側では当たり前の事でも、実際に使う方は知らない事が多いものです。 使う方の目線で使いやすい設計をするのは当たり前ですが、さらに一歩踏み込んで誤った使い方をしないような設計が必要なんですね。 フェイルセーフ 失敗するけど安全?? 「操作方法を間違ったり、部品が壊れたり、誤作動したりした場合に、危ない方向ではなく、安全な方向へ向かう」ように設計することをいいます。 倒れると自動的にスイッチが切れる電気ストーブ(安全だ!)• 停電の時は降りたままで止まる踏み切りの遮断機(そうなんだ!)• 電車の運転手が操作しているデッドマンシステム(何て怖い名前なんだろう!) ストーブは下側に突起があり、通常の設置では突起が押されて沈み込んでいますが、地震などで転倒すると突起が飛び出し、これがスイッチと連動してストーブが消えます。 踏み切りの遮断機は電気で上げ下げ(開閉)していますが、停電などで電力が絶たれた場合、たとえ上がった状態であっても自重で自然と下がる仕組みになっています。 電車の運転で使うマスコン(自動車のハンドルのようなもの)には突起があり、マスコン・ハンドルを握ることで、この突起を押し込んでいないと電車は加速しません。 もし何らかの事情で運転手がマスコン・ハンドルから手を離すか、握力が弱まると自動的に車両は減速するようになっています。 それぞれナルホド、という仕組みが盛り込まれています。 燃えさかるよりは消える方を選択するストーブ、開いたままよりは閉まった状態を選択する遮断機、緊急時に加速するよりは減速する方を選択する車両・・・これがフェールセーフ設計です。

次の