スウェイ 建築。 地球環境

【フォートナイト】縦積みの建築テクニック!モングラール建築も紹介!【FORTNITE】

スウェイ 建築

ところで、もうひとつ減衰に関する種類がありましたね?」 島課長: 「逸散減衰のことだね。 」 中沢: 「そう、その逸散減衰とはどんな現象ですか?」 島課長: 「解りやすく言うなら、地下逸散減衰とも言うね。 すなわち、建物の振動エネルギーの一部が地下に逃げていくため、建物の振動が減衰される現象だね。 」 中沢: 「なんとなく解った気がしますが・・・??例えば、建物の基礎部を固定の条件にして、振動解析した場合は、逸散減衰はないと考えていいわけですね。 」 島課長: 「逸散減衰がないと言うより、逸散減衰効果を無視した、と言ったほうがいいね。 」 中沢: 「よく地盤をモデル化するときに、スウェイバネやロッキングバネ(図1)を用いますね。 当然地盤を固定条件にしたときと、このモデル化を採用したときとでは建物の応答も変わりますが、このことを指しているわけですね。 」 島課長: 「それは少し違うね。 まず地盤部分は無限に広いものだが、図2のようなFEMモデルや、杭や地盤の変形を考慮して、スウェイバネやロッキングバネにモデル化する。 そして同様に減衰定数についても地盤の内部減衰や履歴減衰そして逸散減衰を全て考慮して、スウェイバネの減衰定数及びロッキングバネの減衰定数としてモデル化するわけなんだ。 」 中沢: 「地盤の内部減衰や、履歴減衰は容易に理解できるようになりましたが、それとは異なるものとして逸散減衰があるとすると、もうちんぷんかんぷんです。 」 島課長: 「逸散減衰はわかりにくいが、すぐあきらめないでくれ!」 中沢: 「どのような現象なのか、もう少しわかりやすくお願いします。 」 中沢: 「はい、わかります。 」 島課長: 「そこでこんどは、建物と地盤をモデル化する。 このとき地盤は無限の広がりをもつものとしてそれに近いモデルを想定する。 また地盤の内部減衰も履歴減衰もゼロとする。 このモデルで建物が共振するような入力波を加えたとすると、どうなるか?」 中沢: 「建物が共振するか、しないかと言うことですね。 」 島課長: 「そう、建物は基礎固定の条件のときと異なり、共振が減り、無限大の振幅にはならないんだ。 」 中沢: 「すなわち、減衰効果が働いたと言うことですか?」 島課長: 「そう、この減衰が逸散減衰なんだ。 」 中沢: 「建物も地盤も減衰はゼロとしていたのに、何ゆえ減衰効果が働いたのでしょう?」 島課長: 「それは、地盤を無限に広いものと考えたからなんだ。 」 中沢: 「う〜ん?? わかったような、わかっていないような・・・。 」 島課長: 「今までは振動論的な説明だが、波動論的な説明で言うと・・・。 」 中沢: 「はい、はい・・・。 」 島課長: 「地表面の地盤が動くと、建物の一階の地表面に近いところだけが変形する。 そしてその変形がさらに上部に移動し、だんだんと上部へ変形が伝わっていくのが想像できるかい。 もちろん一瞬の出来事だけど。 」 中沢: 「はい!サーカスでライオンをあやつる人が、ムチを持っていますね。 そのムチを手元で動かすとムチが波をうってムチの先端に移動していく。 あのようなイメージですね。 」 島課長: 「そう、そう、それだよ。 これを波動論で説明すると、波が1階から最上階に、ある速度をもって伝わっているということなんだ。 そして、建物の最上部に達するとその波動は、反射波となって戻ってくるんだ。 そしてさらに基礎固定のところでまたまた反射する。 」 中沢: 「建物に減衰がないとすると、永久に振動するということですね。 」 島課長: 「そう、そして建物と共振する波が次々と加えられると振幅が増幅され無限大となる。 」 中沢: 「なるほど。 ところで建物と地盤の相互作用を考えるとどうなるんですか?」 島課長: 「基礎固定でないと、波が完全に反射しないで、一部が地盤へ伝わるんだ。 ところが地盤に伝わった波は、無限に広がる地盤の中を走って行くため、建物へ戻ってこない。 」 中沢: 「なるほど、地盤に消えたエネルギー損失が逸散減衰ってことですね。 」 島課長: 「そのとおり。 」 中沢: 「良くわかりました。 ここで2つほど質問があります。 まずは、振動論と波動論はどう違うのですか。 」 島課長: 「アプローチする視点が異なるだけで、どちらも同じものだと考えて良いね。 特に波動論は均質な物体や成層地盤のように連続的なものにおいては扱いやすいが、建物等では振動論のアプローチが分かり易いってことだと思うよ。 」 中沢: 「もう一つは、無限に広がる地盤のモデル化は不可能ですから、その辺はどうするのですか?」 島課長: 「例えば、地盤をFEMモデル(図2)としたときは、境界条件のところにダッシュポット(ダンパー)を付けて、逸散減衰効果をモデル化するんだ。 」 中沢: 「ロッキング・スウェイモデルや、FEMモデルの関連等をもう少し説明して下さい。 」 (星 睦廣) [] [ 21話] [] [] Copyright C KozoSoft Co. ,LTD All rights reserved.

次の

【フォートナイト】縦積みの建築テクニック!モングラール建築も紹介!【FORTNITE】

スウェイ 建築

PC版の自重による鉛直力を負担します。 金物にはルーズホールを設けて、鉄骨 躯体 付け金物(台座ピン)との水平方向の施工誤差を吸収します。 また、厚みが0. 5、1. 2、3. 2、6mmとあり、この厚さの異なるプレートの組み合わせで、PC版の上下方向の位置決めを行います。 PC版の水平反力を負担します。 また、腰壁形式でファスナーの間隔が長い場合には、コンクリートの熱伸びを考慮したルーズホールを設けます。 一方、鉄骨 躯体 付け金物 ブラケット との接合には、トルシアタイプの高力ボルトを使用した摩擦接合としています。 施工誤差吸収のため、取付けアングル側に面外方向のスロット孔、ブラケット側に面内方向のスロット孔を設けます。 一般には専用の緩み止め金具が使用されます。 そのため、締め付け部材の断面欠損の影響等を考慮して挿入するプレートを称します。 屋内仕様の場合にはトルシアタイプを使用しますので、締め付けには専用の電動工具 シャーレンチ を使用します。 連結部分には、出入り 面外 方向の位置調整機構も組み込まれており、ナットで引っ張るので引きボルトとも称します。 羽子板荷重受金物には馬蹄形のルーズホールがあいています。 鉄骨 躯体 側に先付された台座ピン金物に対しては、ルーズホールを設けて水平方向の施工誤差を吸収します。 これにより面内方向が拘束され、縦方向のルーズホールでロッキングによるアンカーボルトの挙動と、コンクリートの熱伸びを吸収します。 一般には専用の緩み止め金具が使用されます。 また、厚みが0. 5、1. 2、3. 2、6mmとあり、この厚さの異なるプレートの組み合わせで、PC版の上下方向の位置決めを行います。 PC版の水平荷重 面外力・面内力 を負担します。 建物の層間には地震時に層間変位を生じますが、面内剛性が高いPC版自体では、この変位を吸収することはできません。 このため、層間にまたがるPC版はパネルを回転や移動させることにより変位を吸収しています。 この回転や移動により、隣り合うパネル間の目地にはズレとしてせん断方向や伸縮方向の変位が加わります。 層間にまたがるパネルの変位を吸収する機構としては、変位に対しパネルを回転させる「ロッキング方式」、変位をそのまま上下階の変位として吸収する「スウェイ方式」があります。 また、横連窓形式 腰壁形式 で割付してある相関にまたがらないPC版は、鉄骨 躯体 の梁などに固定されます。 これを機構としては、「梁固定方式」といいます。 梁固定方式の隣り合うパネル間の目地には一般には変位が生じないか、生じても微小です。 この場合の層間変位は、開口部のサッシに集中して生じることとなります。 ロッキング方式.

次の

(株)構造ソフト 地震動応答解析のおはなし 第21話「地盤と逸散減衰」

スウェイ 建築

頭上に床ができてしまう人は、視点を下に意識すると良い。 最速で行うために、常にダッシュした状態をキープして練習を行うと良い。 繰り返しは、最大3回までにしよう。 最速建築するためのポイント 階段を登る場所は端 階段を登る場所は左 右 端に寄ろう。 真ん中を走ってしまうと、階段建築が頭上にできてしまう。 右を向いてからジャンプする ジャンプするタイミングは方向転換してから。 方向転換前にジャンプしてしまうと、勢いがなくなってしまう。 視点が高いと頭上に床ができてしまうぞ! 資材を節約する方法 壁・階段のみで建築 床と壁1枚を省いて行う建築方法。 建築は脆くなるが上がる速さは変わらない。 視点は少し高めに保つのがコツだ。

次の