キャンプ場 行方不明。 キャンプ場で行方不明になった美咲ちゃんの母親の会見、

岐阜・小学生女児キャンプ場行方不明事件

キャンプ場 行方不明

小倉美咲ちゃん・小倉とも子さん一家と一緒に来ていた7家族・27人 の詳細が明らかになりました。 山梨県道志村の椿荘オートキャンプ場に遊びに来ていた小倉美咲 (おぐらみさき、7歳女児)ちゃんが、2019年9月21日午後15時40分頃 から行方不明になっていますが、10月1日19時時点でも全く痕跡がなく、 遭難といった事故ではなく、誘拐等の事件ではないかという見方が広がり つつあります。 html) (関連記事) 山梨県道志村のキャンプ場で9月21日から行方不明になって いる千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)の家族は1日、 当時の経緯を時系列で明らかにした。 午後3時40分に小倉さんが 最後に目撃されてから、親たちが探し始めるまで約20分間だった。 一緒にキャンプをしたのは、子育てサークルで知り合った家族ぐるみ の友達。 キャンプに行ったり、遊んだりしている。 計7家族。 A家 4人(父、母、子2) B家 5人(父、母、子3) C家 5人(父、母、子3) D家 4人(父、母、子2) E家 3人(母、子2) F家 3人(父、母、子1) 小倉家 3人(母、子2) 計27人(父5、母7、子15) 外遊びできる一番大きい子が小学6年生、一番小さい子が 小学1年生。 それより小さい子が3人。 出典: 9月21日の行方不明から既に10日、全く手がかりがないということは・・・。 「他の家族の証言」等が全くでないので不思議に思われていましたが、 小倉美咲ちゃんの母親・小倉とも子さんらが情報を公開した模様です。 当初から言われていた数字とそんなに違いはありません。 小倉美咲さんは誘拐された? 自衛隊や警察、消防、ボランティアによる大規模な捜索が6日間行われて、 それでも全く痕跡がないということは、 小倉美咲さんはもともと、 キャンプ場で遭難したのではなく、誘拐されたのではないかという見方が 出始めています。 警察や報道からは小倉美咲さんの顔画像が公開されていないことや、 一緒に行った他のキャンプ仲間等の証言も全く出てこないことから、 警察は当初から、事件・事故の両面で捜査をしていて、マスコミも そこを忖度しているのではないかと見られています。 また、報道が明らかに「山の捜索」を過度に演出していて、おそらく 警察からの要望なのではないでしょうか?犯人を油断させ、裏では 誘拐の線で捜査を続けている可能性もありそうです。 確かに、「何の痕跡もない」というのは、遭難・迷子というよりは、 連れ去られた(誘拐された)と考える方が合理的ではあります。 小倉美咲さん等とキャンプに行った7家族27人! サークル仲間! 小倉美咲さんと姉、母親(小倉とも子さん)が参加したキャンプは、 7家族27人だという事が分かりました。 また、産経新聞の報道では、 「子育てサークル」 で知り合った家族ぐるみの友達との事です。 一部には初対面の人たちとも言われていましたが、 そうではないようですね。 ただ、学校ではなく、SNS等のつながりというのは正確な情報 だった模様です。 ただ、一緒に行ったはずのキャンプ仲間、サークル仲間の証言が マスコミやテレビで全然出てこないのが気になりますね・・・。 現場動画有!椿荘オートキャンプ場! 山梨県道志村 現場は山梨県道志村の「椿荘オートキャンプ場」です。 7歳女児が行方不明に…キャンプ場から1人で森に 21日午後、山梨・道志村のキャンプ場で、家族と一緒に遊びにきていた7歳の女の子が行方不明になった。 — FNN. instagram. instagram. (小倉結菜・ゆいなちゃんと小倉美咲ちゃん) 職業:犬のトリマー。 トリミングサロンBUDDyを経営 ブログ:アメブロ インスタグラム:あり。 instagram. twitter. 小倉美咲さんは誘拐された? 自衛隊までが出動してあれだけ捜索しても見つからない。 やはり誘拐なのではないか。 誘拐でないことを祈り街中でも見かけた人は山梨県警に連絡お願いします。 — hiromasa. hiro0516masa33 行方不明の女の子…キャンプ場ばかり捜索してるけど誘拐はあり得ないのかしら?顔写真公開しないのには理由があるのかな?一刻も早く見つかってほしい。 213• 1,435• 833• 105• 182• 300• 341• 191• 310•

次の

キャンプ場から 行方不明の女の子。 結構前に どっかの キャンプ場から

キャンプ場 行方不明

山梨県道志村のキャンプ場で、21日(2019年9月)から行方不明になっている小学1年生、小倉美咲ちゃん(7)の捜索は、きょう25日は自衛隊も加わり、午前6時から230人体制で行われている。 「とくダネ!」は子どもの行動特性に詳しい東京成徳大学の石﨑一記教授と現場を歩き、美咲ちゃんの行動を推測した。 まず、母親が最後に美咲ちゃんを目撃したT字路の先にある沢周辺。 橋の上から沢をのぞくと、かなり高く、水の流れは激しい。 石﨑教授は「この音と距離は、恐怖を感じるような状況です」と話す。 美咲ちゃんは沢に下りず、橋を素通りしただろう。 そのまま、山道を歩いていくと、石﨑教授は「山の中の道は坂があったり、曲がりくねっていたりするので、だんだん方向感覚が狂ってきます。 そして、疲れてくると上がるのは大変なので、下に下りて行きたくなる」と指摘した。 道に迷って日が暮れても歩き回る子供の習性 7歳の子どもは、こうした時にどのような行動をとるのか。 「とくダネ!」は7歳の30人にアンケート調査をした。 「キャンプ場で道に迷った時、どうする?」という質問には、「近隣住民に助けを求める」(11人)、「家族の元へ帰ることを考える」(9人)と半数が動くことを選択した。 残りは「その場で待つ」(9人)、「その他(大声を出すなど)」(6人)だった。 「もし迷子になったまま日が暮れてしまったら?」の質問には、「その場で助けを待つ」が12人だったが、同じ12人の回答は「その他」だった。 「その他」とは「明るい場所を探す」(5人)、「人が住んでいそうなところを探す」(3人)、「大きな道を探して山を下る」(1人)、「月が見える場所に行く」(1人)で、「動く」ことを選んだ子供が10人いた。 「草むらに隠れる」「大声で泣く」とその場にとどまることを選んだのは2人だ。 全体で見ると、日が暮れても「動く」割合は、女子が43%、男子が11%で、女の子の方が夜でも自分の判断で動き回ることが分かった。 司会の小倉智昭「これだけ大人たちが一生懸命探してもまったく見つからない。 僕はね、誰かに連れ去られた可能性も考えています。 警察は当然そういうことも考えているよね」 デーブ・スペクター(放送プロデューサー)「このキャンプ場はとてもよく整備されているから、何気なく山の中に入っていくとは思えないんです。 入っていく理由が見当たらないのが心配です」 伊藤利尋キャスター「キャンプ慣れしていたとはいえ、7歳ですから、迷子になってパニックになってあらぬ方向に・・・ということも考えられます」.

次の

小倉美咲ちゃん透視霊視で誘拐の可能性は?父親悲痛の行方不明後の足取り

キャンプ場 行方不明

まなみちゃんは、当時身長120cm、体重20kgと小柄で体も弱く、普段の学校生活においても、教員や同級生のバックアップを必要としていた。 後日、テレビ番組に出演した母・益代さんによれば、まなみちゃんはダウン症を患っていたという。 まなみちゃんは、前日の23日から3日間の予定で、同校5年の恒例行事である野外授業として、児童85人と校長・教員ら数名と共に、隣県のひるがの高原キャンプ場を泊まりがけで訪れていた。 2日目の24日午前7時半頃、この日の夜に予定されていた「肝試し」の下見のため、まなみちゃんは同級生の女の子3人と一緒に出かけた。 最後にまなみちゃんを目撃した澤田広彰校長(当時49歳)の証言よると、午前8時を回る少し前、まなみちゃんら4人は遊歩道にある林道のカーブに立っていた校長の前を通過。 この時まなみちゃんは、同じグループの女の子3人から随分と遅れて歩いていたという。 その姿を見て心配になった校長は、しばらくしてグループの後を追う。 しかしその直後、引き返してきた女の子たちから、「まなみちゃんの姿が見えなくなった」とを知らされる。 まなみちゃんが校長の前を通ってから、わずか10分足らずだった。 林道は、道なりに歩けば出発点の広場に戻るコース。 最後の目撃場所周辺は、アスファルトで舗装された林道。 東側の斜面は、 大人でも登れないようながけが広がっている。 西側に小川があるものの、当時はおぼれるような水深ではなかった。 その後、教員らが付近を捜す見も見つからず警察に通報。 失踪の通報を学校から受けた岐阜県警は、すぐに同施設の捜索を開始する。 約15万平米もあるキャンプ場全体には数百人もの捜査員が動員され、7日間で県警、市消防、ボランティアなど延べ約1700人を投入し、懸命の捜索を続けた。 郡上警察署は、まなみちゃんが道に迷ってうずくまっている可能性があるとみて、 最後の目撃場所付近を中心に捜索を開始。 当日は一般の宿泊客がなく、 不審者などの目撃情報がないことから、その後もキャンプ場周辺を区域割りし、ローラー作戦を行った。 やぶの中や林道の奥、周辺の建物、小川の中。 重機でがけを崩し土の中までも捜索したが、その甲斐もなく、まなみちゃん本人はおろか、彼女の所持していた物さえ一切発見されなかった。 同市の各地でツキノワグマの出没も目撃されていたことから、事件発生当初は「クマに襲われたのではないか?」との予想もなされた。 しかしながら、警察の捜索で衣服や靴などが発見されていないことから、その可能性は極めて低いとみられている。 現状で最も可能性が高いと考えられているのは、何者かが彼女をさらったとする誘拐説だ。 その場合、偶発的にその場に出くわした人物、もしくは、同日に野外授業が行われることを知っていた人間が前夜~早朝にかけて施設に潜入し、グループから遅れて歩くまなみちゃんを発見し、拉致したということになる。 しかし、誰の目にも留まらないように小学5年生の女の子を連れ去ることが可能か、など疑問は多く残る。

次の