孤独 の グルメ 武蔵 小杉。 ドラマ『孤独のグルメSeason8』武蔵小杉でジンギスカン! 網焼き&鍋のコンボに五郎のテンションもフルマックス!!|おたぽる

武蔵小杉のお店

孤独 の グルメ 武蔵 小杉

テレビ東京系「孤独のグルメ Season8」第11話が、12月13日に放送された。 武蔵小杉で一人ジンギスカン。 脂がブクブク言っていた。 「孤独のグルメ Season7」Blu-ray BOX 羊と高田延彦の筋肉 久しぶりに訪れた武蔵小杉。 乱立するマンションに驚きつつ、五郎さんは上層階に住む村井美咲(水野真紀)の自宅へ。 内装の相談を受けるも、コーヒーか紅茶か決められないほど優柔不断な村井を相手に、疲れ果てた五郎さんは、「腹が減った」と街をさまよい始める。 変化し続ける武蔵小杉の中で、五郎さんが見つけたのは昔から変わらない商店街だ。 焼き鳥などの赤ちょうちん系に惹かれつつも、「ジンギスカン」の暖簾を見つけると、「それはいい。 とてもいい」とさっそく中へ。 清潔感がありながら、煙モクモクの店内で五郎さんはメニューと向き合う。 定番の「チャックロール」(肩ロース)から、「羊のウインナー」などバリエーションは様々だ。 店主(高田延彦)のモリモリの筋肉は、羊をより美味そうに見せてくれる。 肉を食いちぎる「ミチッ!」 「あぁ、この匂い、、、そこにこの音」 他の客が食べるジンギスカンに居ても立ってもいられない五郎さん。 「チャックロール」が届いた瞬間、まるでクライマックスのように勢いのあるBGMが流れ、テンションも急上昇する。 「美味しくなれよ〜。 俺のチャック」 まずは、塩だけで素材の味を楽しみ、続けてネギを乗せて食べる。 網の上で肉を自分好みにゆっくり育てる。 「うひょー! やっぱり肉は骨の周りに限る。 くぅーべらぼうにうまい!」 「脂がブクブクするまで焼くのがオススメです」 「ラムの骨付きハム」は、チャックロールと打って変わって、店員の言う通りにじっくり焼き上げ、「脂のブクブク」を確認してから一気に頬張る。 骨を持ち、「ミチッ!」と食いちぎる姿は、まぁマネしたい。 脂のブクブクも見てたいし聴きたい。 脳内独り言がもはや意味不明 十分に主役感のあったハムに続き、待ってましたとばかりに「ジンギスカンセット」が登場。 網が下げられ、あの形の鉄鍋がセットされる。 「タレよし、美味し。 これはもうバカ野郎級に美味い」 モモ肉、チャックロール、ショルダーを鉄鍋の曲線に寝かせるように並べて、ちょっと焼きすぎちゃったり、もやしがポロっと鉄鍋からこぼれたり、五郎さんは小忙しそう。 食べ物にせかされる姿が、なんだか羨ましい。 「俺が勝つか、羊が勝つか、ラム肉バトルロイヤルだ」 バクバク羊を口に放り込み、テンションはマックスへ。 脳内の独り言の意味も解読困難になってくる。 「煙が俺と鍋を包んで一つにする。 俺がジンギスカンで、ジンギスカンは俺だ」 ついにジンギスカンになってしまった五郎さんは、「チャックロォールゥ!」と脳内で巻き舌まで披露。 頭がはしゃぎすぎている。 「俺はヒグマだ」とかなんとか言って、一気に肉と飯をかっ込み、店を後にした。 「ジンギスカンは、忘れたころに現れて、強烈な印象を残して去っていく。 かっこいいなぁ」 わかる。 ジンギスカンってそんな感じ。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

孤独のグルメ Season8 第十一話 神奈川県川崎市武蔵小杉の一人ジンギスカン 「ジンギスカンどぅー」 テレビ東京ドラマ24 主演:松重豊

孤独 の グルメ 武蔵 小杉

「街がどんなに新しくなろうと、飲兵衛たちはこういう場所を必要としてるんだ」 武蔵小杉、いつ以来だろう。 そもそも東横線と南武線の乗り換えに使うくらいであまり縁のない場所だったけど、まともに降りたのって二十数年ぶりか?今は多摩川の向こう側から見ても分かるほどタワーマンションの街という感じで、現地から見上げてみるとなんだかすごいことになってるな。 …というわけで今回は昨夜放送された『孤独のグルメ Season8』の舞台・武蔵小杉に放送直前に巡礼してきました。 この界隈が取り上げられるのは Season2 の以来だから、そうとう久しぶり。 武蔵小杉といえばこの秋の台風でけっこうな被害を受けたことが報道されていましたが(被災された方々にはお見舞い申し上げます)、少なくとも駅前を見る限りはもう日常が戻ってきているように感じました。 真新しい高層ビル群が建ち並ぶ中で、駅の真ん前にぽっかりと時代に取り残されたような昔ながらっぽい地帯が。 そこに、今回目指すお店はありました。 この暖簾の感じ…もうそれだけで勝利確定。 まだ放送前(放送当日)にも関わらず、店内は満員。 30 分ほど待ったところで空席ができ、入ることができました。 おおお、煙モクモク。 この煙だけで既にうまそう。 くうう、辛抱たまらん。 そして通されたのはなんとゴロー席!!! いつもながら、自分の引きの良さを誉めたい。 メニューはこの見開きのみ。 あとはドリンクメニューがあるだけという潔さ。 でもチャックロール、ラムタタキ、自家製ヌカ漬け、ラムカレー…初めて見る単語から文字列だけでうまそうな品まで、魅惑ワードのオンパレード。 これは迷ってしまう。 しかし少し時間が遅かったこともあり、いくつかのメニューは品切れ。 仕方ない、あるものの中から最適解を探ろうじゃないか。 注文を済ませたらまずはビールから。 今週は年末進行で忙しかったから、この一週間の終わりのビールのうまいこと。 ちなみに今回はサブタイトルに「一人ジンギスカン」と入っていたから、律儀に一人でやってきました。 先日のといい、1 シーズンに 2 回「一人」と明記してきたのは前代未聞。 忠実に巡礼する身にもなってほしい(ぉ ハムがなかったので、今回はラムタタキから。 ラムのタタキなんて食べたことないけど、どんな味がするのか。 能登の珠洲(すず)塩と柚子胡椒をつけて食べると…おっほほほ、これめちゃくちゃうまいじゃないか。 くさみがあるとかないとかそういうレベルじゃ全然ない。 こんな羊肉体験、生まれて初めてだ。 そこに七輪が運ばれてきました。 一人で焼肉ロースターと対峙するのも楽しかったけど、炭火で七輪というのもまた楽しげ。 網に熱が通っていくのを見ているだけで、気持ちが昂ぶってくる。 焼くのはもちろん、チャックロール! いわゆる肩ロースらしいけど、「チャックロール」という響きがなんかイイ。 網焼きかネギ焼きか迷った挙げ句シンプルな網焼きにしましたが、ゴローちゃんが選んだのはネギ焼きだったか。 まあ、ネギ焼きよりも網焼きの方が肉厚らしいし、チャックロールそのもののうまさをダイレクトに味わうのもまた良し。 ああ…この匂い!そこにこの音。 容赦ないな~。 焼けていくさまを眺めているだけで、唾液の分泌が止まらない。 このチャックロールはレアで食べるのが一番おいしいということなので、軽く火が通ったら塩胡椒をつけていただきます! おおおぉ~!これはうまい。 噛んでいるだけで自然と笑みがこぼれてくる。 分厚いのにめちゃくちゃ柔らかい。 くさみも全然感じない。 ジューシーなのに軽い食感。 いやいや、こんなラム、初めて。 一切れ食べただけで虜になってしまった。 チャックロールを焼き終わったら、今度は定番ジンギスカン鍋にバトンタッチ。 ジンギスカンを食べに来て、網から始めて鍋に移行するなんて手順も初めてだ。 鍋の隙間から覗く炭火の赤が、俺の食欲をかき立てる。 ジンギスカンに合わせるのは特製のタレと一味、それにニンニク。 自分なりの味を組み立てて羊肉に対峙するスタイルか。 ようし、鉄鍋ラウンド開始。 鍋への肉と野菜のセットまでは店員さんがやってくれます。 このもやしの山の頂に羊肉が祀られているさまがなんだか神々しい。 焼肉の神様、どうか俺のジンギスカンを最高の状態に仕上げてください。 うおおおお、この煙、この匂い。 よく見ると肉もいろんな部位を少しずつ混ぜてくれていて、味や食感の違いを楽しめるようになっています。 これらもレアで良いということなので、うっかりウェルダンになってしまう前にいただこうじゃないか。 焼けすぎそうだと思ったら、もやしの上に一時避難させてやったっていい。 うっほっほ~、タレ良し、うまし。 さっきの網焼きチャックロールも死ぬほどうまかったけど、この王道ジンギスカンを濃いめのタレで食べる幸せ。 これ、もしかして昔札幌で食べた本場のジンギスカンよりも美味いんじゃないのか?? ジンギスカンでは、もやしも大事だ。 ラム肉のうまみが移ったシャキシャキのもやし。 ジンギスカンの本体は肉よりももやしなんじゃないか説まである(ない 数あるもやし料理の中で、ジンギスカンのもやしが一番好きかも。 よし、盛り上がってきたぞ。 俺と羊の冒険もいよいよクライマックスだ。 肉のおかわりもちょっと考えたけど、ここで追加したのは羊肉の生ウィンナー。 火を通してないラムウィンナーをジンギスカン鍋で焼いて食べる、これに心躍らないわけがない。 さっきまでの肉と違ってこの生ウィンナーはよく火を通して食べてください、とのことでハイボール片手に焼けるのを待ちます。 一人ジンギスカンが忙しかったから、ここでちょっと一息。 でも心の中ではウィンナーが焼けるのを待ちきれない俺がいる。 そろそろ焼けたかな?いただきます…おおお、うっま! さっきまでの肉とは方向性の違う、凝縮されたうまさがここにある。 ラム肉のうまみを中に閉じ込めたまま仕上げるウィンナーならでは。 ここにきて、さらなる羊のうまさに開眼した気分だ。 そのまま食べてもイケルし、タレに浸けるとさらに濃いうまみがやって来る。 鉄鍋の熱とタレのパンチが、俺の食欲を北海道の開拓民のように奮い立たせている。 煙が、俺と鍋とを包んでひとつにしている。 俺がジンギスカンで、ジンギスカンが俺だ。 まさに一人飯の極致。 は~~~、羊肉食ってうまかった。 これまでの経験上、『孤独のグルメ』の羊肉回にハズレなしなんだけど、今回はその歴史上でもトップクラスにおいしかった。 羊にこんな世界があったとは。 ここは本当に気に入ったので、絶対にまた来よう。 ああ、大満足。 武蔵小杉で最高の飯に出会えた。 ごちそうさまでした。 最近のコメント• に より• に さくら より• に より• に mana より• に より アーカイブ• カテゴリー• 122• 214.

次の

武蔵小杉で絶対に外さないおすすめの居酒屋30選

孤独 の グルメ 武蔵 小杉

『孤独のグルメSeason8』公式HPより 重松豊の飯テログルメドキュメンタリーがシーズン8として帰ってきた! 【第11話 神奈川県川崎市武蔵小杉の一人ジンギスカン】 今回の舞台は武蔵小杉。 再開発でファミリー層がどかんと増えてタワマンが乱立。 五郎はそのタワマンの高層階へ。 依頼人はマンションの内装変更を五郎にお願いするのだが、この人物はかなりの優柔不断。 コーヒーを飲むか、紅茶を飲むかだけでもウンウンうなりながら長考する。 そんな人物が、内装をバシッと決めることなどできるはずもない。 時間だけがずるずると経過していきとりあえず決定は次回に持ち越し。 五郎がタワマンから出たときにはすっかり夕ご飯の時間になっていた。 五郎のお腹はもうペコペコ。 開発されたこじゃれた店ではなく、昔ながらの下町感の感じる店を探して歩きまわる。 そして見つけたのが【ジンギスカン どぅ~】換気扇から漏れ出る香りが最終的な決め手になった。 煙が充満する店内に入り、壁に貼ってあるメニューを見る。 どうやら網と鍋と2種類の食べ方が存在する。 ちなみに現在店内にいる客たちはほぼ網で食べているようだ。 意を決した五郎は気になった「チャックロール ネギ塩焼き」「ごはん(中)」「ハム」を注文。 ウーロン茶を飲みながら肉を待つ五郎。 周りからジュージューと肉の焼ける音とにおいが襲い来るがぐっと我慢。 やっと届いたチャックロール。 新鮮なのであまり焼かずにレアで、最後にネギを乗せて食べるように言われ、まずは網で。 またたく間に「食べごろ」はやってくる。 まだ焼き始めばかりなのに店側からはGoの合図。 まずはお塩だけで食べ、次は最後にネギをのせて口に。 あまりにも美味そうに食べる五郎の姿を見ているだけでよだれが出てしまう。 そしてお次にやってきたのは「ハム」。 このハムは燻製にしてあるのでそのまま食べても大丈夫。 だがしっかり焼く場合は脂がぶくぶくしてきたころが食べごろと聞いて、五郎は焼きを選択。 これらを堪能したあとはもう一品「ジンギスカンセット」を注文する。 網から鍋に変わり、チャックロール、ショルダー、もも肉と三者三羊の姿がお出ましに。 まずはモモ肉から。 馬鹿野郎級に旨いというモモ肉、噛み応えのあるショルダーは肉汁が口の中にいっぱいに広がる! チャックロールもタレで食べるとさっきとは違う味わいが!! こうなるともうやめられない、止まらない。 羊が勝つか俺が勝つか、ジンギスカンが俺で、俺がジンギスカンとどんどん一人飯の境地へと行ってしまう五郎。 最後は羊ではなく、ヒグマとなった五郎が見事完食! そして大満足でジンギスカンを食らいつくし、夜の武蔵小杉駅へと消えていくのだった。 (文=三澤凛).

次の