わかめ たこ レシピ。 若竹煮(たけのことわかめの煮物)のレシピ/作り方:白ごはん.com

若竹煮(たけのことわかめの煮物)のレシピ/作り方:白ごはん.com

わかめ たこ レシピ

戻したわかめはしっかりと水を切るのもポイント。 きゅうりは薄めの輪切りにしてきれいなポリ袋に入れます。 塩を入れたらポリ袋の口を閉じて、軽く振りながらよく揉みこみます。 このときポリ袋に空気を含ませると塩が均一に混ざります。 きゅうりは1枚1枚ずらしてバラバラにするように、スポンジを潰すくらいの力加減で揉みこんでいきます。 全体的に塩が回り水分が出始めたら、この状態で空気を抜いて5分ほど休ませます。 ボウルで水抜きする場合でも同様ですが、もし、きゅうりに塩を振って空気に長時間、触れさせていると、どんどん水分が出て透き通ったようなキュウリになります。 こうなると彩りも悪く水っぽい酢の物になり失敗です。 5分ほどしたら水を切ります。 ここでポリ袋の裏技が1つ。 この切った穴ぼこから水気を出してしまう作戦です。 ポリ袋のきゅうりをギュッと絞って・・・ 穴ぼこから水気を出します。 こんな感じで緑色の水分がどんどん出てきます。 水気をしっかりと切ったらわかめときゅうりをボウルに入れて、合わせて調味料を加えてよく混ぜ合わせます。 *きゅうりを洗う必要はありません。 お皿に盛り付ければ、美味しい酢の物の完成です! きゅうりの酢の物を上手に作るコツ 最大のコツはきゅうりの水切りをすることです。 しっかりと水切りしたきゅうりにはお酢や砂糖がよく染み込んでとっても本格的な酢の物になります。 塩を振ることできゅうりに含まれている余分な水分がでて、味が染み込みやすくなるのです。 きゅうりの酢の物の味付け このレシピはお酢がよく効いたさっぱり味です。 お酢が苦手な方は砂糖を大さじ1ほど加えるといいでしょう。 他にも、味の素や鶏がらスープの素などのうま味調味料を入れても相性がいいです。 ごま油を入れてコクを出したり、ラー油を入れて中華風にしても美味しいですよ。

次の

きゅうりとわかめの酢の物(基本の酢の物)

わかめ たこ レシピ

若竹煮(たけのこの煮物)の下ごしらえ たけのこはあく抜きしたものを穂先と根元に分けて切り分けます。 柔らかい穂先と硬めの根元で切り方を変えるとよいです。 根元側は1㎝幅の半月切りに、穂先側は1. 5㎝幅のくし切りにします。 また、わかめは乾燥ではなく、 生わかめ、刺身わかめ、塩蔵わかめなどの食べ応えのあるものがおすすめです。 生わかめならよく洗って食べやすい5〜6㎝幅ほどに切り分け、煮付ける際に火を通します。 塩蔵わかめなら水につけて塩抜きし、刺身わかめならそのまま、同じく食べやすい5〜6㎝幅ほどに切り分け、しっかり水気を切っておきます。 また、刺身わかめは生わかめをさっとゆでた状態のものです。 たけのこの煮物を追いがつおして仕上げへ 鍋にたけのことAを合わせて中火にかけます。 沸いてきたら火を弱め、アクが出てくれば軽く取り除き、Bの調味料をすべて加えます(ここから煮汁を煮詰めるので、ここでの煮汁の塩分は少し控えめです)。 調味料をすべて入れたら、かつお節ひとつかみをお茶(だし)パックに入れて口を閉じ、鍋肌の煮汁に加えます。 これが追いがつおという方法で、かつお節の風味をより強く煮汁に移してくれます。 煮汁がことことと沸くくらいの火加減で25〜30分煮ます。

次の

きゅうりとわかめの酢の物(基本の酢の物)

わかめ たこ レシピ

若竹煮(たけのこの煮物)の下ごしらえ たけのこはあく抜きしたものを穂先と根元に分けて切り分けます。 柔らかい穂先と硬めの根元で切り方を変えるとよいです。 根元側は1㎝幅の半月切りに、穂先側は1. 5㎝幅のくし切りにします。 また、わかめは乾燥ではなく、 生わかめ、刺身わかめ、塩蔵わかめなどの食べ応えのあるものがおすすめです。 生わかめならよく洗って食べやすい5〜6㎝幅ほどに切り分け、煮付ける際に火を通します。 塩蔵わかめなら水につけて塩抜きし、刺身わかめならそのまま、同じく食べやすい5〜6㎝幅ほどに切り分け、しっかり水気を切っておきます。 また、刺身わかめは生わかめをさっとゆでた状態のものです。 たけのこの煮物を追いがつおして仕上げへ 鍋にたけのことAを合わせて中火にかけます。 沸いてきたら火を弱め、アクが出てくれば軽く取り除き、Bの調味料をすべて加えます(ここから煮汁を煮詰めるので、ここでの煮汁の塩分は少し控えめです)。 調味料をすべて入れたら、かつお節ひとつかみをお茶(だし)パックに入れて口を閉じ、鍋肌の煮汁に加えます。 これが追いがつおという方法で、かつお節の風味をより強く煮汁に移してくれます。 煮汁がことことと沸くくらいの火加減で25〜30分煮ます。

次の