虎 漢字。 「虎」という漢字の読み方・画数・音読み・訓読み・名のり・意味・由来について調べる

「彪」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

虎 漢字

スポンサーリンク 漢字「虎」: 常用漢字 虎 漢字「虎」の読み方 音読み:コ 訓読み:とら 漢字「虎」の画数 画数: 漢字「虎」の名のり たけ 漢字「虎」の意味 とら。 猛々しい。 たけだけしい。 漢字「虎」の由来 とらの絵から成り立った漢字。 漢字「虎」のイメージ 「寅」と同じ読みを持つが、より強くてたくましいという印象を受ける漢字。 「強くて勇敢な人になってほしい」という願いをこめて名づけることができる。 中国から伝わってきた動物であることから東洋のエキゾチックな印象を持つ。 猛虎(もうこ):勢いがあって荒々しいこと。 為虎傅翼(いこふよく):強い者に更に力をつけること。 虎は千里入って千里帰る(とらはせんりいってせんりかえる):子を思う親の深い愛情を示す。 または勢いが盛んなことのたとえ。 上杉景虎(うえすぎかげとら):戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。 上杉謙信の養子。

次の

「虎」の書道書き方 【習字】 | 虎レタリング

虎 漢字

虎の書き順【筆順】 読み方 『 虎』の字には少なくとも、 コ・ ク・ とらの3種の読み方が存在する。 食肉目ネコヒョウの総称。 猛々しい。 るべきもの。 勇猛・勇敢なもののたとえ。 「虎口・虎穴・虎児・虎狼・騎虎・白虎 びゃっこ ・猛虎・竜虎」• 十二支の。 「丑寅」 虎の用法:十二支 十二支【じゅうにし】とは、十干と共に使われた古代中国の暦法。 時代とともに十二の、十二の、陰陽五行思想と結びつき、角度・順序・方位も表すようになった。 現代日本では、十二年周期に配した動物を指す。 十二地支。 十二支の種類 十二支 音読み 訓読み 生き物 シ ね チュウ うし イン とら 虎 ボウ う シン たつ シ み ゴ うま ビ ひつじ シン さる ユウ とり ジュツ いぬ ガイ い 虎の用法:プロ野球球団 プロ野球球団【ぷろやきゅうきゅうだん】とは、日本野球機構のプロ野球チーム名とそれに該当する略字と俗字。 試合日程や試合結果の告知で用いられる。 「パ」=パシフィック・リーグ。 日本プロ野球チーム 球団 の一覧 リーグ 球団名 略字 俗字 セ 読売ジャイアンツ セ 阪神タイガース 虎 セ 広島東洋カープ セ 中日ドラゴンズ セ 横浜DeNAベイスターズ セ 東京ヤクルトスワローズ ヤ パ オリックス・バファローズ オ パ 千葉ロッテマリーンズ ロ パ 北海道日本ハムファイターズ パ 福岡ソフトバンクホークス ソ パ 東北楽天ゴールデンイーグルス パ 埼玉西武ライオンズ 熟語 四字熟語 「虎」の漢字を語中にもつ四字熟語12種を表にまとめる。 「虎」が入る四字熟語 虎穴虎子 こけつこし 照猫画虎 しょうびょうがこ 前虎後狼 ぜんここうろう ぼうこひょうが 猛虎伏草 もうこふくそう 羊質虎皮 ようしつこひ 竜驤虎視 りゅうじょうこし 竜跳虎臥 りゅうちょうこが 竜闘虎争 りゅうとうこそう 竜騰虎闘 りゅうとうことう 竜蟠虎踞 りゅうばんこきょ 竜吟虎嘯 りょうぎんこしょう 虎子【まる】 [古]おまる 御虎子、御丸。 虎虚【こきょ】 ろぎょ 魯魚。 虎口【こぐち】 城郭や陣営の要所にある出入口。 敵勢が一時に攻め込めないように桝形 マスガタ の仕切りを造り、曲って出入するようにしてある。 敵方には「小口」を当てる。 虎落【もがり】 [Romaji]mogari 先端を斜めに削いだ竹を筋違いに組み合せ、縄 ナワ で縛った柵 サク や垣根 カキネ。 さいさく 砦柵 、たけやらい 竹矢来 、ばりけーど バリケード。 枝のついた竹を立て並べて作った物干し。 トラ/虎【とら】 [哺]ネコ目 食肉目 Carnivora ネコ科 Panthera の哺乳類。 紀元前7世紀、ギリシア人の植民市トラペズス Trapezus として創建。 とれびぞんどていこく トレビゾンド帝国。 検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。 「虎」の検字番号一覧 書籍 出版社 検字番号 角川大字源 角川書店 8672 新大字典 講談社 14492 新潮日本語漢字辞典 新潮社 11116 大漢和辞典 大修館書店 32675 大漢語林 大修館書店 9948 辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検字番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。 国語施策.

次の

「虎」の書き順(画数)|正しい漢字の書き方【かくなび】

虎 漢字

スポンサーリンク 漢字「虎」: 常用漢字 虎 漢字「虎」の読み方 音読み:コ 訓読み:とら 漢字「虎」の画数 画数: 漢字「虎」の名のり たけ 漢字「虎」の意味 とら。 猛々しい。 たけだけしい。 漢字「虎」の由来 とらの絵から成り立った漢字。 漢字「虎」のイメージ 「寅」と同じ読みを持つが、より強くてたくましいという印象を受ける漢字。 「強くて勇敢な人になってほしい」という願いをこめて名づけることができる。 中国から伝わってきた動物であることから東洋のエキゾチックな印象を持つ。 猛虎(もうこ):勢いがあって荒々しいこと。 為虎傅翼(いこふよく):強い者に更に力をつけること。 虎は千里入って千里帰る(とらはせんりいってせんりかえる):子を思う親の深い愛情を示す。 または勢いが盛んなことのたとえ。 上杉景虎(うえすぎかげとら):戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。 上杉謙信の養子。

次の