ワード 罫線。 Word(ワード)で少しおしゃれな見出しや枠線を作成する方法

Word 2010:表の挿入と編集

ワード 罫線

こんにちは。 ページにまたがる部分の表の罫線の表示をしないようにするのは、ちょっと面倒ですが以下のような方法で行うことができます。 ページを渡る表のセルの上側と下側に1行追加します。 消去した表の罫線部分は、青色の点線表示に変わります。 行を追加して一つに見える内の文字列は、上下が 1行空いているようになりますので、表示されている横罫線との隙間を小さくしたい場合には、追加した行に対して以下のように段落の設定で行間隔を設定します。 下図は追加した行の間隔を狭くする直前の状態です。 ----- 以下署名 ----- Susumu Zenba - Microsoft MVP Office Apps & Services Word 本コミュニティはユーザー相互の情報交換・共有の場です。 質問の際は使用環境・現象・エラー内容など、具体的な状況がわかるようにしてください。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークするようにお願いします。 表に1行追加して、追加した行の上罫線を削除で前ページ末の横罫線も消えますね。 だだしこの方法だと、セル内の行の増減でページを渡る罫線が現れてしまいます。 ----- 以下署名 ----- Susumu Zenba - Microsoft MVP Office Apps & Services Word 本コミュニティはユーザー相互の情報交換・共有の場です。 質問の際は使用環境・現象・エラー内容など、具体的な状況がわかるようにしてください。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークするようにお願いします。

次の

表の罫線の種類を変える【Word・ワード】

ワード 罫線

今回のブログの見出しはコチラです!• Word(ワード)で表の罫線を引いたデザイン Wordで表を作成するときに、便利なのが罫線です。 罫線を追加したり消したりすることで作れる表の幅がグンと広がります。 罫線を追加したり、消したりすると、以下のような表のデザインを作ることが可能です。 罫線がある、ないのとでは見栄えが変わってきますね! Word(ワード)で表の罫線を引く手順 Wordで表の罫線を引く手順を紹介します。 まず、Wordで作成した表を選択します。 選択できていると、ツールバーに「レイアウト」という表のツールが表示されます。 レイアウトをクリックし、「罫線を引く」をクリックします。 罫線を引くをクリックすると、下記画像のようにポインターが鉛筆の形になります。 列と行にも同じように罫線を引くことが可能です。 Word(ワード)で表の罫線を削除する方法 表を作成する際、罫線を追加することもできますが、自由自在に削除することも可能です。 表を選択し、レイアウトから「罫線を削除」をクリックします。 消しゴムを持った状態で消したい罫線の上でクリックすると、罫線を消すことができます。 罫線を消すことができました。 Word(ワード)で表の罫線を全て削除するには 表に使用する罫線を全て消す(非表示)にすることも可能です。 では表の罫線を全て消す方法の手順を紹介します。 表全体を選択状態にします。 表ツールのデザインをクリックします。 デザインをクリックすると、ツールバーの右側に「罫線」を選択することができます。 こちらの罫線をクリックします。 罫線をクリックすると、ずらっと種類がでてきます。 罫線を非表示にするには「枠なし」を選択します。 以下の画像のように罫線を非表示にすることができました。 いかがでしたでしょうか? いろいろな見せ方ができると便利ですし、活用の幅が広がりそうです。

次の

列幅・行高さの変更/列幅・行高さを揃える:Word(ワード)基本講座

ワード 罫線

ワード罫線の引き方と消し方 罫線はページの幅いっぱいに引く線です。 文字単位で下線を引く場合は「下線付きフォント」(Uボタン)を使ってください。 罫線を引くには、「ホーム」タブのリボン中ほどの下にある罫線設定ボタンを使います。 罫線を引く 罫線を引きたい段落をマウスで選択します(段落内で3回クリックしても選択できます)。 メニュー内の該当するアイコンをクリックすると、罫線を文章の下に引いたり、文章を丸ごと囲んだりといった基本的な操作ができます。 罫線の長さを調節することもできます。 「表示」タブの「ルーラー」をチェックします。 ページの最上部にルーラーを表示させます。 ルーラーの左右のタブ(両端下側にある三角のつまみ)をマウスで内側に動かすと長さが変わります。 罫線を消す、罫線を編集する 一度つけた罫線をすべて消すには、まず、その段落の文字をすべて選択します。 「罫線メニュー一覧」から「枠なし」を選びます。 罫線の一部だけ消したい場合は、まず、「線種とページ罫線と網掛けの設定」のダイアログを表示させます。 そして、線の上下左右の位置を示すアイコンをクリックすると消えます。 うまくいかない場合は、段落を正しく選択しているか確認してください。 罫線の種類や太さ、色を変えたい場合は、先ほどと同じく、メニューの一番下「線種とページ罫線と網掛けの設定」をクリックします。 すると、ダイアログが表示され、実線や破線など線の種類や、色、太さ、上下左右の位置(縦、横、囲み)が設定できます。 罫線とテキストの間隔を変えるには、ダイアログ右下の「設定対象」を「文字」から「段落」に変え、オプションボタンをクリックします。 表示された「文字列との間隔」の数字を変更すれば、罫線とテキストの間隔が変わります。 表の罫線を操作、ズレを直す 表の罫線を操作することもできます。 ワード上で表を挿入すると、範囲指定した段落すべての行と列に罫線が引かれますが、これも上記の手順と同じように、ダイアログを使って編集することができます。 作業しているうちに表の縦罫線がズレてしまった場合は、修正したい列全体を選択し、縦罫線をダブルクリックすると揃えることができます。 この手順でズレが修正されないときは、Altキーを押しながらズレている縦罫線を手動で揃えてください。 便箋のようなワード罫線の引き方 ワードの罫線を活用して、便箋や原稿用紙を作成することも可能です。 ワードのシート上に便箋のような罫線を引く方法を説明します。 すると、便箋が出来上がります。 縦書きにしたい場合は「ページレイアウト」タブの「文字列の方向」ボタンで「縦書き」を選び、上と同じ手順で作成できます。 ページの縦横は同じタブ内の「印刷の向き」ボタンで変えられます。 主役はあくまでも文章で、罫線は読みやすくするためのものですから、便箋の罫線には薄い灰色や淡色を使うことをおすすめします。 色や線の太さの変更は、「線種とページ罫線と網掛けの設定」のダイアログを使い、先ほどと同じ手順で行います。 既存の文章を便箋スタイルにする 上記は白紙の便箋での作成ですが、既存の文書を便箋スタイルにすることもできます。 やり方は先ほどとまったく同じです。 原稿用紙の作成はもっと簡単です。 「ページレイアウト」タブ内「原稿用紙設定」のオプションから使いたいものを選びます。 こちらは後から文字を直接入力することができます。 ワードでページ罫線を引く方法 ページ罫線は主に装飾のために使います。 色つきの線や図柄で文書全体を囲むことで華やかさやインパクトを加えることができます。 使用するのは「線種とページ罫線と網掛けの設定」のダイアログの「ページ罫線」タブです。 「ページレイアウト」タブ内にも「ページ罫線」ボタンがあります。 表示されるダイアログには線種や色などのほか、「絵柄」があり、リンゴやキャンディー、ケーキなどの絵柄が多数用意されています。 また、「設定対象」には「文書全体」や「このセクション-1ページ目のみ」などの選択肢があります。 ページ罫線はワードのファイル全体に適用されるため、特定のページや文書の一部だけを囲いたいときは、その前後に「セクション区切り」を挿入します。 「セクション区切り」は「ページレイアウト」タブの「区切り」ボタンの中にあります。 ダイアログ内の「オプション」では、普通の罫線よりも多くの項目を設定できます。 その中の「基準」で設定できる罫線の位置には「本文」と「ページの端」があり、どちらを選択するかで文書の印象が変わりますので、より見やすいほうを選んでください。 罫線は「一歩控えめ」に 罫線を効果的に使うことで見やすい文書を作ることができますが、逆に罫線が主張しすぎると、見づらくなってしまいます。 特にビジネス文書では凝った装飾などは控えましょう。 主役はあくまでも文章。 罫線は「一歩控えめ」を心掛け、罫線を入れる位置や太さを使い分けながら、読みやすい文書の作成を目指しましょう。

次の