アレクサ おやすみ モード。 【体験レポ】アブトロニックアレクサは危険??口コミを徹底調査!

【体験レポ】アブトロニックアレクサは危険??口コミを徹底調査!

アレクサ おやすみ モード

もくじ• おやすみモードってなに? おやすみモードとは 指定した時間帯にくるお知らせ通知をオフにする事ができる機能です。 自分が設定をしたアラームやタイマー以外の通知がこなくなるため、夜突然通知音が鳴ってビックリして起きるなんてこともなくなります。 かくいう私も普段から眠りが浅く、ちょっとした音で起きてしまうことが多かったので、このおやすみモードがあることで安心して寝ることができています。 おやすみモードの設定方法は? おやすみモードの設定方法は 「アプリからの設定」と「音声設定」の2パターンがあります。 この2パターンの設定方法について詳しくご紹介していきたいと思います。 アプリからの設定方法 Alexaアプリからおやすみモードを設定する方法です。 アプリから設定することで、おやすみモードの設定時間の詳細を決めることができます。 Alexaアプリを立ち上げたら右下に表示されているスマートホームボタンをタップしてください。 左上に「Echo・Alexa」というボタンが表示されますのでタップしてください。 すると現在アプリに登録しているEchoデバイスが表示されますので、おやすみモードに設定したいデバイスをタップしてください。 Echioデバイスをタップすると一般カテゴリに「おやすみモード」が表示されているかと思いますのでタップしてください。 ここでおやすみモードをタップするとおやすみモードがオンになります。 さらに時間指定をしたい場合は「定刻」をタップしてください。 おやすみモードを設定したい時間帯の開始時間と終了時間を選択してください。 設定が完了すると先ほど「オフ」と表示されていた部分が「毎日3:00〜8:00」と表示されます。 これで設定は完了です! 音声からの設定方法 さて続いて音声からの設定方法についてご紹介したいと思います。 Alexaアプリを使用せずに設定できるので、手間をかけず簡単に設定することができます。 音声での設定方法は以下の通りです。 また、おやすみモードを解除する場合は「おやすみモードをオフにして」と言えばオフに設定してくれます。 上の動画にある通り、 おやすみモードに設定できているEchoデバイスは会話後にリングライトが紫色に光ります。 もし光らない場合は設定できていない場合がありますので、アプリで確認をしてみましょう! おわりに さて今回はEchoデバイスのおやすみモードについてご紹介しました! いつ使っていいかわからない方は寝る前に設定することをオススメします。 私のようにちょっとした音で目を覚ましてしまう方は、おやすみモードに設定することで不意な通知音で起こされることもなくなります。 ぜひおやすみモードをご活用ください!.

次の

我が家にアレクサがやってきた! スマートスピーカー(EchoShow8)を使ってみた。

アレクサ おやすみ モード

結論 FireHD10をお持ちの方は、正直言って「EchoShow」買う必要ないです。 EchoShowに搭載するほとんどの機能は 「Fire HD 10」で代替出来ます。 ただ、音にこだわりのある方や迫力のあるサウンドで映画やドラマ、音楽を楽しみたい方は「EchoShow」がオススメです。 Fire HD 10「Showモード」で出来ること 「showモード」に切り替えることで、音声操作だけで様々なことが可能になります。 出来ること 出来ること ・動画(プライムビデオ)を見る ・音楽( Unlimited、など)を聴く ・ビデオ通話 ・料理の献立アをもらう ・ラジオを聴く ・時計、タイマー、アラーム機能を使う ・カレンダー機能を使う ・ニュース、天気、スポーツ結果を聞く ・での買い物 ・言葉や情報を調べる、計算する ・家電を操作する(付属品が必要な場合もある) ・ゲームをする ・本を朗読してもらう ・英語の勉強 etc... 出来ること1 プライムビデオを見る showモードなら、音声操作だけでプライムビデオの作品検索や作品の再生が可能です。 「 アレクサ、プライムビデオで『孤独のグルメ』を検索して」というと、孤独のグルメを表示してくれます。 ただ、アプリを呼び出すことは出来ます(「アレクサ、NETFLIXを開いて」など)。 「作品検索」や「作品の再生」などは音声で指示出来ないので、ご注意ください。 出来ること2 音楽 「プライムミュージック(プライム会員聴き放題)」や「Amazon Music Unlimited」、「Spotify」が利用できます。 曲に合わせながら歌詞を表示してくれるので、カラオケ練習やお子さんや友達と一緒に歌いたい時にも便利です。 ラジオを聴く Alexaには「radiko」のスキルがあるので、いつでも気軽にラジオ番組が楽しめます。 計算をする 「アレクサ、『3826-2223』は?」。 Showモードなら計算もしてくれるので、FireHD10があれば電卓を用意する必要がありません。 スポーツ結果を見る 色んなスポーツ結果を知ることが出来ます。 例えば「アレクサ、今日のヤンキースの試合結果を教えて」というと、今日のヤンキースの試合結果と次回の試合予定を教えてくれます。 献立アイデアをもらう 毎日の献立を考えるのは結構大変なものがあります。 「デリッシュキッチン」や「クックパッド」スキルを使えば、「カレー」や「うどん」といったジャンルごとに献立アイデアを提案してくれます。 また、レシピ動画も見れるので作り方がいまいちイメージ出来ない時でも安心です。 「Showモード」の設定方法 設定は非常に簡単です。 Alexa機能をオンにする まずはアレクサ機能をオンにしましょう。 ホーム画面の「設定」を選択します。 次に「Alexa」を選択。 これでAlexa機能が使えるようになりました。 「Showモード」をオンにする アレクサを起動したら、Showモードをオンにしましょう。 画面の最上部から下へスワイプさせてオプション画面を開き、「Showモード」のボタンをタップするだけです。 これでShowモードに画面が切り替わります。 「Showモード」と「Alexaハンズフリーモード」の違い アレクサに関連する機能として、FireHD10には「Showモード」の他にもう1つ「Alexaハンズフリーモード」という機能があります。 「Showモード」 EchoShowのような専用のホーム画面に切り替わります。 ホーム画面が可愛らしく、時間も見やすいです。 ちなみにホーム画面はプライムフォトにアップロードした写真に変更することも出来ます。 戻るボタンなどはないので、全て音声で操作することになります。 「Alexaハンズフリーモード」 ハンズフリーモードは通常のホーム画面で音声操作が出来るモードです。 Showモードとは違い、「戻るボタン」や「ホームボタン」なども使えます。 最上部から下へスワイプし、「Alexaハンズフリー」という部分をタップすれば、機能がオンになります。 「Showモード」と「Alexaハンズフリーモード」の出来ることの違い 出来ることはどのスキルも基本的に同じです。 ただし、プライムビデオの操作は以下のような違いがあるので、注意が必要です。 Showモードなら「エピソードごとの検索」や「再生の指示」などの音声操作も行えるので便利です。 「EchoShow」との違い Fire HD 10の「Showモード」と画面付きスマートスピーカー「Echo Show」にはどのような違いがあるのでしょうか? 出来ること 出来ることの違いはほとんどありません。 音声認識の精度 精度に差はありません。 EchoShow同様に、「気象情報」や「言葉の検索」、「アラームの設定」など、単純な機能については、 適切なコマンドを伝えればしっかり要望に応えてくれます。 言い方が適切でないと、正しく認識しません。 しかし、プライムビデオの操作(「シリコンバレー シーズン2 第3話」)など複雑で長い音声コマンドだと 正確性がガクッと落ちます。 感覚的には3回に1回程度の認識率といった所です。 また、「プライムビデオで(作品)を検索して」と言ってるのに、Amazonで検索してしまうなど、アレクサが「プライムビデオ」「Amazon」「Amazonミュージック」の中から的確に選択出来ない時がたまにあります。 FireHD10にはありません。 音質 「EchoShow」の方が 断トツに音質が良いです。 さすがはスマートスピーカー。 特に違うのは低音部分。 「EchoShow」は2インチのDolby対応スピーカー(2パッシブラジエーター付き)を搭載しているので、ベースの音(低音部分)がしっかり出ていて重厚感があります。 音もクリアです。 また、イコライザー機能が搭載されているので、高音、中音、低音それぞれの調節も可能です。 音楽を聴きたい方はもちろんのこと、映画やドラマで迫力のあるサウンドを楽しみたい方にもオススメだといえます(画面は小さいですが)。 対する「Fire HD 10」はEchoShowに比べると 低音が非常に弱く、ベースの音はほとんど聴き取れないので、音が軽く感じます。 悪く言うと貧相な感じです。 音の鮮明度も悪くはありませんが、EchoShowには劣ります。 特にサウンドにこだわりない方は「Fire HD 10」で十分だと思います。 EchoShowなら、イコライザー機能で微妙な音のニュアンスを自分好みに調節できます 「Showモード」には、Fireタブレット専用カバーが便利 Fire HD 10のShowモードを使って「EchoShow」のように使いたい場合は、 Fireタブレットの専用カバーが必須アイテムです。 端末が独立して立つよう設計されているので、動画視聴やビデオ通話を利用する方には特にオススメのグッズです。 カバーは装着も簡単ですし、取り外し簡単。 カバーを開くと同時に画面スリープが解除されるので、いちいち電源ボタンを押す必要がなく楽です。 カラー 色は「コバルトパープル」「チャコールブラック」「パンチレッド」「マリンブルー」の計4色が展開されています。 写真のカバーは「マリンブルー」です。 重量 カバー単体の重さは233gです。 素材 表面は 布っぽい質感で高級感があり、滑りにくく、しっかりとした作りになっています。 裏面は画面クリーナーでも使われる マイクロファイバー素材なので、画面を保護し、綺麗に保ってくれます。 また、内側はマグネット式でもあるので、ピタット画面引っ付いてくれるのでパカパカ開いてしまう心配もいりません。 端末をスタンドさせて使用できる カバーを折り返すだけで簡単に立てることが出来ます。

次の

Fire HD10「Alexaモード」が想定外の良い出来でAmazon Echoいらなくなるかもしれん

アレクサ おやすみ モード

アレクサとはどんなもの? アレクサの値段に関わることを紹介する前に、アレクサとは一体どのようなものなのかについて解説します。 アレクサとは、音声認識システムのことを指します。 パソコンで言えばWindowsなどのOSと同じで、アレクサ自体が音声認識の機能に特化したシステムです。 アレクサの他では、アップルのSiriなども有名ですが、アレクサは古代エジプトのAlexandria(アレクサンドリア)に建てられた図書館をモチーフとして命名されています。 図書館にはあらゆるジャンルの書物がありますが、まさしく「アレクサに聞けば何でも答えてくれる!」そんな存在を目指して命名されているのです。 最新の音声認識技術を取り入れた7個のマイクと、アマゾンのクラウドベースの音声認識システムを組み合わせてアレクサが構成されています。 アレクサの素晴らしい点としては、AIベースで設計された仕組みですので、喋り方なども学習して聞き取り精度を高めたり、何度も利用しているとその人の傾向などを予測して必要な情報を提供してくれたりすることです。 アレクサによって私たちの生活はより充実した、豊かな生活をもたらしてくれることが期待できます。 アレクサでどんな事ができるの? アレクサを使用することで、手軽にインターネットから情報を得ることができます。 アレクサを操作するためには「アレクサ」と呼びかけてから「今日の天気は?」などを語りかけると、音声を文字に起こしてインターネット検索して、得た情報を音声に変換して声で伝えてくれます。 最初はなかなか伝わらずに「わかりません」などの反応を示すこともありますが、AIによって徐々に聞き取り精度が上がって使いやすいシステムにアップデートされていきます。 ニュースやちょっとした疑問を語りかけると、インターネットから情報を得て教えてくれるのでとても便利です。 アレクサでは、他にも音楽再生やラジオなどの機能もあって、「〇〇の曲を聞きたい」と話しかけると、Amazon MusicやApple Music、dヒッツ、うたパスなどから楽曲を探して、再生してくれます。 ピンポイントではなく、ジャズが聴きたいなどのざっくりとした指示でも良いですし、逆に再生している曲の情報を尋ねると教えてくれる機能もあります。 他では、アレクサとスマート家電を接続して家電を操作することができます。 エアコンの電源を付けたり、照明を付ける操作を音声で行なえますし、複数の操作を組み合わせて同時に行う機能も魅力的です。 amazon. ですから、アレクサは使えば使うほどに便利になっていく製品だと言うことができます。 また、アレクサは単なる家電製品ではなく、さまざまな機器類と連携することで、多様な使い方ができるデバイスです。 そのため、アレクサは音声認識ができる小さなパソコンのようなものだと考えることもできます。 アレクサを使いこなしていくためには、「スキル」と呼ばれるものをダウンロードして、インストールしていく必要があります。 この「スキル」というのは、パソコンにおけるソフトウェアや、スマートフォンにおけるアプリのようなものだと思ってください。 様々な「スキル」を使用することで、アレクサの可能性は無限に広がっていきます。 アレクサの便利な使い方としては、まずアマゾンで販売されている製品を口頭で購入することができる、という点を挙げることができます。 アマゾンの製品はもちろんパソコンやスマートフォンでも購入することができますが、支払い方法の設定や配送方法の設定など、複雑な手続きをする必要があります。 この点、アレクサを使用すれば「〇〇がほしい」と口にするだけで、その製品を自宅まで届けてもらうことができるため、大変便利です。 また、アレクサではメッセージの送信や通話をすることも可能です。 例えば、アレクサに向かって「〇〇さんに電話をかけて」といった呼びかけをすると、それだけで電話による通話ができます。 アクレサはさまざまな家電製品とも連動していて、こうしたIoT家電を口頭で操作することも可能です。 しかも、「アレクサ!行ってきます!」と言うだけで、すべての家電製品のスイッチをオフにすることもできます。 反対に、「アレクサ!ただいま!」と言うだけで、それらの家電製品をすべてオンにすることも可能になっています。 amazon. では、現在のところアレクサはどれくらいの数のスキルをこなすことができるのでしょうか。 アレクサのスキルの数は加速度的に増えていっていますが、現在ではアレクサのスキルを開発しているのは4,500社以上、スキルの数は7万種類以上にも上ると言われています。 アレクサのスキルを増やすためには、まずアマゾンのホームページにあるAlexaスキルというページに登録されているスキルをダウンロードしなくてはいけません。 Alexaスキルには「子供向け」や「ショッピング」「スマートホーム」「ニュース」「映画・テレビ」といったジャンルがあります。 現在、Alexaスキルのページに登録されているジャンルの種類は、合計で23種類となっていますが、これは今後もどんどんと増えていくことが予想されます。 また、「スタッフのおすすめ」や「人気のスキル」、「人気急上昇スキル」というページもあり、今現在みんながどのようなスキルを使っているのかも、確かめてみることができます。 人気のスキルには星マークがたくさんついているので、星マークの数やコメントなどを参考にして、自分に合ったスキルなのかどうかを確認することが可能です。 とくに人気の高いスキルは、ゲーム系のスキルや会話系のスキル、音楽系のスキル、ニュース系のスキルなどですが、スマートホーム関係のスキルもだんだんに人気が高まってきています。 このことには、アレクサで操作ができるスマート家電製品の数が増えてきていることも関係しているでしょう。 アレクサは製品としてはスマートスピーカーですから、ラジオやカラオケなども楽しむことができます。 また、アラームやタイマーなどの機能を活用して、仕事や家事の時間管理のために使用している人も多いようです。 アレクサはどれくらいの人が使っているの? アレクサは使用できる機能がどんどんと増えていっていることもあり、使用者の数もうなぎのぼりとなっています。 日本の人口は約1億3千万人くらいですから、およそ20万人がアレクサを使っているという計算になります。 もちろん、世界でアレクサを使用しているユーザーの数は、これよりも格段に多くなるでしょう。 アレクサのユーザーは2018年くらいに急激に増加したと言われています。 アマゾンでは、2018年にアレクサを搭載しているAmazon Echoを数千万台販売した、という報告をしています。 また、アレクサはAmazon Echo以外にパソコンに搭載されているものもありますから、実際のユーザー数はこれよりも多いということになります。 ちなみに、パソコンに搭載されるアレクサはAlexa for PCと言い、Microsoft Storeからアプリとしてダウンロードすることができます。 ただし、パソコンでアレクサを使用するためには、マイク機能がついていることが条件となっています。 マイクがミュートになっている場合、パソコンでアレクサを使用することはできませんから、注意してください。 こうして見てくると、思ったよりも多くの人たちがすでにアレクサを使用しているということが分かります。 スマートスピーカーとしての普及率は日本ではまだまだですが、アマゾンと連携しているだけにスキルなども探しやすく、これからますますユーザー数は増えていくのではないかと思われます。 アレクサを使用する上での値段は?月額料金はかかる? アレクサが搭載されたスマートスピーカーを導入することで、さまざまなメリットがありますが、気になるのはアレクサの値段ですが、アレクサを使用する上では費用がかかることはありません。 つまり、アレクサ単体においては、搭載費用もなし、月額料金もかかることはないのです。 アレクサへの値段は一切かからず、スマート家電などを操作することができるのは魅力的ですよね。 但し、アレクサ単体で使うことはできず、ネットワーク接続してインターネットに繋がった状態で使用する必要があります。 イメージとしては、インターネット契約してWi-Fiルーターで無線化して、アレクサと接続することになります。 よって、値段という観点で言えばインターネット契約費用とWi-Fiルーターの値段がかかるので、しっかりと把握しておきましょう。 また、アレクサ単体に対する値段はかかりませんが、アレクサを通して音楽配信サービスを利用する場合、音楽配信サービスへの費用がかかってきます。 例えば、Amazonの公式音楽配信サービスであるAmazon MusicのMusic Limitedは、通常980円の月額費用が掛かります。 Music Limitedは最大2,000万曲を楽しめるサービスとなっており、値段を考えるととてもリーズナブルな価格設定と言えるでしょう。 なお、アレクサを搭載しているAmazon Echo利用者であれば、月額380円で利用することができるので、より魅力的な値段で音楽配信サービスを楽しむことが可能です。 このように、音楽配信サービスなど一部月額費用が掛かるサービスもありますが、アレクサに対する機能において、値段がかかるもの特にありません。 アレクサを搭載したデバイスの値段や特徴は? アレクサを搭載したデバイスとしては、Amazon Echoが有名です。 Amazon Echoは、アマゾンが販売しているスマートスピーカーでリーズナブルな値段設定となっているので導入しやすいのが魅力的です。 下記で、アレクサ搭載のAmazon Echoシリーズの一例と値段をご紹介します。 ・Amazon Echo Dot コンパクトな本体で、持ち運びも楽にできるデバイスです。 コンパクトな本体でありながら、他のEchoシリーズ同等にアレクサの機能をつかうことが可能です。 値段は、5,980円となっています。 ・Echo スマートスピーカーと言えば、こちらのデバイスを思い浮かべる人も多いのではないでしょか。 高性能スピーカーが特徴ですので、アレクサを通して音楽配信サービスを利用すれば、音質の良い音楽を家で楽しむことができます。 値段は、11,980円です。 ・Echo Plus Echo Plusはスマートハブが内蔵されているデバイスのため、別途中継器を購入する必要がない点が特徴です。 その一方で、上記でご紹介した2種類のデバイスより値段もやや高く、17,980円となっています。 ほんの一例ですが、Amazon Echoシリーズはどれも高性能で、使い勝手の良いデバイスと言えます。 また、アレクサはスマートスピーカー搭載だけでなく、HPのノートパソコンなどでも搭載しています。 アレクサが搭載されていることで、音声でパソコンを操作することが可能です。 スマートスピーカーはもちろん、パソコンもアレクサ搭載モデルだからといって値段が極端に上がることはありません。 まとめ 今回ご紹介したように、アレクサは、基本機能としては費用がかかることなく利用することができます。 使いこなすことであらゆる操作をアレクサで行うことができるので、ぜひ有効活用したいですね。

次の