クレジットカード くら寿司。 くら寿司で使えるクレジットカード・電子マネー支払いまとめ

くら寿司でクレジットカードは使える?利用可能な支払方法など

クレジットカード くら寿司

くら寿司では、楽天ポイントカードが利用できます。 楽天ポイントカードとは、楽天スーパーポイントを貯めたり、使ったりできるポイントカードのこと。 加盟店であれば、楽天市場などのサービスと同様にポイントが利用できてお得です。 楽天ポイントカードであれば、クレジットカードの「楽天カード」にも付帯できます。 くら寿司では、クレジットカードでの支払いもできるので、楽天カード使えばポイントが2重に貯まるんですよね。 お得度が格段に向上しました。 実際に私も使ってみましたが、ポイントの分、いつもよりお得に利用できましたよ。 このページでは、くら寿司での楽天ポイントカードの使い方・貯め方を紹介します。 くら寿司と楽天をよく利用している人、検討している人は、是非、チェックしてみてくださいね。 くら寿司は、1皿100円の回転寿司です。 しかし、家族で利用すると3,000円以上の支払いになることも多いです。 食べ盛りの子どもがいるご家庭では1人でも20皿近く食べることもあるでしょう。 少しでも出費をおさえるために、ポイントが使えるメリットはすごく大きいです。 全額ポイントで支払うことも可能ですよ。 楽天ポイントカードの発行方法 1. 入手方法 楽天ポイントカードは、以下の方法で入手できます。 ・くら寿司の店頭でもらう ・楽天ポイントカード加盟店でもらう ・楽天ポイントカードアプリを利用する ・楽天カードに付帯 ・楽天Edyに付帯 新規で発行する場合は、くら寿司の店頭か楽天ポイントカード加盟店でカードを入手します。 お店のレジ付近に置いていることが多いですよ。 見当たらなければ、定員さんに聞いてみましょう。 楽天ポイントカードの発行・利用は無料です。 カードを入手してスマホで登録すれば、すぐに利用することもできますよ。 楽天ポイントカードの加盟店は公式サイトでチェックできます。 iPhoneでもAndroidでも両方で利用できます。 ダウンロードや使い方、登録方法は、以下、公式サイトをご覧ください。 新たに入手する必要はありません。 ただし、古いカードであれば付帯していないことがあります(申し込めば付帯できます)。 現在、楽天カードに申し込みで、ポイントがもらえるキャンペーンが開催されていますよ。 楽天ポイントカードに記載されている番号とセキュリティコードを入力して、利用登録しましょう。 なお、楽天の会員になっていない人は、楽天の会員登録が必要です。 これで、楽天スーパーポイントを貯める・使えるようになります。 楽天カードと楽天Edyに付帯している場合もそのまま使えますよ。 発行方法をまとめると以下のようになります。 楽天ポイントカードを入手 2. 楽天会員との紐づけ この2ステップだけです。 要は、楽天会員と楽天ポイントカードを紐づけることで、楽天市場などで貯めたポイントも相互で使える仕組みです。 スポンサードリンク 利用方法:使い方と貯め方 基本的な使い方は、支払いの際、レジにて楽天ポイントカードを提示するだけです。 それだけで、以下のようなサービスをうけられます。 200円(税抜)につき1ポイント貯まる くら寿司での買い物200円につき、1ポイント貯まります。 1,000円で5ポイント、10,000円で50ポイント。 ポイント還元率は0. のように100円につき1ポイント貯まるお店もあるので、還元率はやや低めですがないよりかは絶対にお得です。 ちなみに、やでも還元率は0. 全額をポイントで支払うこともできますよ。 それに、ポイントで支払った場合でも、その分、ポイントは貯まります。 1ポイントを1円相当で楽天ポイントを使える 楽天ポイントは、1ポイント1円相当として支払いに使えます。 楽天市場で買うものがなかったとしても、くら寿司なら使いやすいですよね。 カウンター席もあるので、一人でランチを食べる人もいますよ。 なお、楽天の期間限定ポイントは、自動的に先に消費される仕組みになっています。 これも期限が切れる前にポイントを無駄なく使えるので、メリットが大きいですね。 例えば、楽天カードなら100円につき1ポイント貯まるので、1,000円の支払いなら以下のようになりますね。 加盟店や他のサービスでも楽天ポイントを使える 楽天ポイントカードで貯めたポイントは、以下のサービスで利用できます。

次の

回転寿司『くら寿司』で使えるスマホ決済と支払い方法【PayPay・楽天ペイ・LINE Pay等】|キャッシュレスJAPAN

クレジットカード くら寿司

クレジットカードと現金を併用するメリット• ポイントが貯められる• 柔軟な支払いが可能になる• 多額の現金を持ち歩かずに済む 以下、くわしく解説していきます。 ポイントを貯められる クレジットカードで支払った分は、ポイントを貯めることができます。 買い物で使えたり、特典に変えられたりするのでお得です。 高額の商品となると、それだけ多くのポイントがもらえることになります。 併用払いした場合でもクレジットカード分はポイントが付くので、安心してくださいね。 柔軟な支払いが可能になる 併用することで、より支払いが柔軟になります。 高額な買い物でクレジット限度額を超えてしまう場合でも、差額を現金で払えば上限を超えた買い物も可能です。 また、限度額を超えなければ、現金を多め、現金を少なめなど、自分の 金銭状況にあわせて調整できるので、より買い物がしやすくなります。 多額の現金を持ち歩かずに済む 一部の支払いをクレジットカードでおこなえば、その分の現金を持ち歩く必要がありません。 特に高額の買い物をする場合、現金を長時間持ち歩くのは不安ですよね。 併用払いならばクレジットカードで支払う分は持ち歩かずにすむので、安全性が高まります。 クレジットカードと現金を併用するデメリット クレジットカードと現金を併用すると、1つだけデメリットもあるので注意しましょう。 当然ですが、現金で支払いをした分のポイントは貯まりません。 結局同じ金額を払うのに、一部しかポイントが付かないのは少し損ですね。 例えば、大型家電の冷蔵庫の販売価格が20万円だとして、15万円分をクレジットカードで支払い、5万円分を現金で支払う場合には、15万円分だけにポイントがつき、5万円分にはポイントがつかないことになります。 クレジットカードと現金を併用して支払う方法を解説 クレジットカードと現金を併用したい方に向けて、支払い方法を説明します。 併用する場合も、特別な手続きは必要ありません。 会計のときに「〇〇円はクレジットカード、残りは現金で」と具体的に金額を指定するだけです。 ただし、このように伝えても併用できないこともあります。 あらかじめ確認しておきましょう。 クレジットカードと併用できないこともあるので注意 クレジットカードと現金を併用すると、お店側は通常より手間がかかります。 また、本当は併用ができるのに、店員さんがその操作方法に慣れていない場合、併用を断られることもあるので覚えておきましょう。 また、併用に応じてくれても、 分割払いは対応していない場合もあり、一括払いになることもあります。 いずれにせよ、高額の買い物で不安な場合は、会計する前に店員さんに確認するようにしましょう。 これ併用できる?クレジットカードとの組み合わせ別に解説 実は、クレジットカードとの併用払いができる組み合わせは現金だけではありません。 具体的に併用できるもの、できないものを確認しましょう。 クレジットカードと併用できる組み合わせ 現金以外にも、クレジットカードと併用で使える支払い方法は以下の通りです。 クレジットカードと併用できない組み合わせ• 電子マネー Suica、WAON、nanacoなど)• キャッシュレス決済アプリ PayPayなど 電子マネーやキャッシュレス決済用のアプリで全額支払えない場合は、差額は現金だけ受け付けるというルールになっています。 これらの支払い方法では、お店に関わらずクレジットカードとは併用できないため、あらかじめ現金を用意しましょう。 クレジットカードの枠が足りない場合には一時的な増額も検討しよう クレジットカードの限度額のせいで現金との併用払いを検討している方は、 一時的な増額を検討しても良いでしょう。 クレジットカードの限度額を引き上げることで、併用払いで現金分のポイントが貯まらないというデメリットが解消されます。 一時的な増額ならば審査が早く済むことも多いため、引っ越しや高額の買い物で、一時的に限度額をあげたい方には便利です。 また、期間が過ぎたら 限度額が自動的に戻るので、使いすぎの心配もありません。 増額したい場合は、クレジットカード会社のホームページもしくは電話で申し込みできます。 利用目的や増やしたい金額を伝えると審査をしてくれるので、結果を待ちましょう。 なお、審査にかかる期間は希望する額や利用目的、カード会社によって変わります。 大きな金額を使うことがわかった時点で、調べておくと良いでしょう。 まとめ お店にもよりますが、クレジットカードは現金と併用払いすることが可能です。 上手く組み合わせることで両方のメリットを活かすことができるので、使い分けてみてくださいね。 特に高額の買い物をするときは、併用払いが役立ちます。 また、 限度額を一時的に引き上げればクレジットカードだけで支払いすることもできます。 こうすればポイントも全額貯まるため、状況に応じて検討してみてくださいね。

次の

【2020年7月最新版】「くら寿司」でnanaco(ナナコ)は支払い・決済に使える?使えない?

クレジットカード くら寿司

スポンサーリンク dポイントとは dポイントは、携帯電話のドコモユーザーでなくても、dポイントクラブ会員であれば利用できるポイントです。 dポイントは、ドコモの携帯電話回線料金の支払いのほか、街のお店(dポイント加盟店)でのお買い物や、d払い・dショッピングなどのネットショッピング、dカードでのお買い物、アンケートやゲームなどで貯めることができます。 ポイントを使う方法は、街のお店(dポイント加盟店)でのお買い物や、d払い・dショッピングなどのネットショッピング、ドコモの携帯電話料金の支払いなどで利用できます。 お会計の際にお店(dポイント加盟店)の人にdポイントを提示して、ポイントを使いたいと伝えてください。 1ポイント=1円として利用できておトクです。 くら寿司ではdポイントは使えない? 記事の主題になりますが、残念ながら くら寿司はdポイント加盟店ではないので、貯めたり使ったりはできませんでした。 他にも、TポイントやPontaカードも使えませんでした。 くら寿司で使えるポイントは? くら寿司は楽天ポイントを貯めることができて、また支払いにも楽天ポイントが使えます。 楽天ポイントはお会計の際に、200円(税抜)につき1ポイントが貯まります。 楽天ポイントが貯まったら、 支払いの時に1ポイント=1円で使うこともできます。 インターネットの楽天市場や楽天トラベル、街のお買い物などで貯まった楽天ポイントもくら寿司で使えます。 日常のお買い物で貯まったポイントで外食するなんて、とてもおトクな気分になれますね。 どんどん楽天市場での買い物を増やして、ポイントが貯まったらくら寿司で外食する日を増やすというのはどうでしょうか。 くら寿司に行く際には、お会計で楽天ポイントカードを出すのをぜひお忘れなく。 ポイントを二重にもらうには くら寿司では、支払いで現金の他にクレジットカードを使うことができます。 クレジットカード払いをすると、カード会社のポイントが貯めることもできるので、現金で支払うよりもおトクですね。 そこで、 クレジットカードで支払いをして、さらに楽天ポイントも貯めてもらうと、両方のポイントが貯まることになるのです。 くら寿司の一度の会計で、二重におトクになります。 お会計の時には楽天ポイントカードを提示して、クレジットカードで支払いするといいようです。 くら寿司でdポイントは使える?【まとめ】 くら寿司はdポイント加盟店ではないので、dポイントを使ったり貯めたりすることはできませんでした。 一方、楽天ポイントは使うのも貯めるのもOKなので、お会計の時には楽天ポイントを提示、さらにクレジットカード払いでもポイントを貯めて、二重におトクです。 家族みんなで食事をすると、お会計の額も大きくなりますが、ポイントも一気に貯まるので嬉しいです。 たくさん食べても、楽天ポイントが使えるから助かった、ということもあります。 楽天ポイントが貯まれば、次回の会計時に安く支払うことができるので、「よしまた来よう!」とくら寿司を利用するのが楽しみになります。 くら寿司を利用する時は楽天ポイントカードがおすすめです。

次の