須磨 水族館。 【神戸市立須磨海浜水族園】アクセス・営業時間・料金情報

神戸市:須磨海浜水族園・海浜公園の再整備

須磨 水族館

年間パスポート あり ・・・ 2. JAF優待割引 なし• JTBレジャーチケット なし(以前10%引きでの取り扱いあり)• 55周年感謝企画「550円入園ウィーク」 料金:大人(18歳以上、通常1300円)および中人(15歳~17歳、通常800円)の入園料を一律550円 期間:平成24年5月7日(月曜)~5月13日(日曜)• スルッとKANSAI 650円分の観光クーポン「神戸街遊券」が付いています。 コープこうべの組合員証 入園料10%引きになります。 須磨海浜水族園・王子動物園 特別セット入園券 両園の大人入園料の合計1,900円より420円を割引になります。 クールスポットパス 期間中1回の入園料で何度でも入園ができます。 期間:平成24年7月27日(金曜)~9月2日(日曜) 周辺宿泊情報《ホテル・旅館》 夏休みはクールスポットパスがお得! 須磨水族園では夏の節電に協力するという目的でクールスポットとして解放されているのを聞いて、遊びに行きました。 夏休みの間の期間中、クールスポットパスというものを発行していて、それを買うと期間中に何度でも入場できるというお得なパスでした。 近所なのでそのパスを買って、土日以外の毎日、遊びに行きました。 イルカのショーではわざとウォータースプラッシュを二倍にしているので、ポンチョを着ていてもかなりのずぶ濡れ感があります。 水をかぶってすごく涼しくなり、とても楽しいのですが、場合によっては足元まで濡れる事もあるのでサンダル履きで行った方が賢明です! うちでは毎回タオルを持参で行きました。 もちろん離れて濡れずに見ることもできるのですが、せっかくの演出なので近くで楽しんだ方が臨場感があってとても楽しいです。 すぐ道路を渡ったところに海があるので、帰りは砂浜で遊んでいくとこもできてとってもお得です。 須磨水族園は春うららかな季節がおすすめ 須磨海浜水族園は私たち夫婦の地元にあるので、電車ですぐに行くことができます。 行きやすいということもあって、毎年イルカショーとペンギンのショーを夫婦2人で楽しんでいます。 時期は春のうららかな5月頃が一番お勧めです。 春休みや夏休みになると家族連れが大勢来ていますので、大人2人がゆっくり楽しもうとするならば、そういった休みを外して行くのがベストです。 5月の平日ですと近所の幼稚園や小学生が団体で来ていますが、そう混みませんし逆に賑やかな声が飛び交っているので水族園らしい雰囲気になって良いかと思います。 ちょうど気持ち良い季節にイルカとペンギンのショーをゆっくり見た後は、外のベンチでおにぎりやお弁当を食べると良いですよ。 この季節はポカポカと温かい日差しが心地良いのでとても美味しいお昼ご飯になります。 是非外で食べるお昼をお勧めします。 須磨海浜水族園は毎年行っていても、赤ちゃんが産まれていたり新しい発見がいつもあって楽しいので、1度行ったことのある人でもまた訪れてみてください。 ペンギンたちに餌やり体験もできます! お盆休みの旅行先として、地元から4時間かけて須磨水族館に行きました。 暑い時期だったので、涼しさを感じられるレジャーとしてデート先に選びました。 須磨水族館は想像よりも広く、様々なテーマに沿ったパビリオンが沢山あり、非常に楽しませていただきました。 館内のクーラーはある程度効いていて、水槽近くは特に温度が低く、夏の暑さを忘れることが出来ました。 夏のレジャーとして、涼しさを感じる遊び場として水族館はいいなと思いました。 須磨水族館はパビリオンが沢山たっており、半日以上遊べるわりに入園料は1300円と安め。 また、須磨水族館ではペンギンに餌をやれる体験などが200円から300円程度で、別チケットを買う必要があるのですが、なかなか出来ない体験だったので非常にお得だなぁと思いました。 このページに掲載の情報は、調査時時点でのものになります。 ご利用につきましては、ご自身の責任でお願い致します。

次の

神戸市立須磨海浜水族園とは

須磨 水族館

概要 [ ] 5月10日に神戸市立須磨水族館として開園(まではの所管だった)。 、旧施設に代わり現在の建物施設が開業、同時に現在の名称になった。 現在の施設は後に多く誕生する大型水族館の嚆矢となった。 1987年に記録した年間入場者数240万人は、当時の日本記録である(:355万人、:450万人)。 1月10日から2月29日の間、や等が泳ぐ「波の大水槽」の前に3卓を設置、暖をとりながら鑑賞するという、ユニークなサービスを行った 。 水産学部のある教授の協力により、当水族館でマングローブキリフィッシュ(脊椎動物で唯一自家受精をする魚)を展示している。 また、各地から大学生のもよく受け入れている。 平成21年度までは財団法人神戸国際観光コンベンション協会が管理運営を行っていたが、の導入により管理者の公募が行われ、平成22年度から4年間の指定管理者として・・アクアート特定業務共同事業体が選定された。 園長を公募し、が選ばれた。 平成25年に前述3社と神戸国際観光コンベンション協会が共同で新たな共同事業体を設立し、運営を行ってきたが、令和2年度より、再整備事業の優先交渉権者であるがとして運営を行っている。 須磨海岸一帯はの登録をしていて、当施設は みなとオアシス須磨の構成施設の一である。 飼育と展示 [ ]• (昭和52年)3月、が世界で初めて繁殖に成功。 をで初めて展示。 施設 [ ]• 波の大水槽「Wave Tank」: 間口25m、水量1,200t、造波設備(世界初)• アマゾン館: チューブ型水中トンネル(日本初) 、等を展示• さかなライブ劇場: の大群が泳ぐトンネル水槽• 森の水槽北館: 半地下式の水槽に、等を展示• 森の水槽南館: 半地下式の水槽にアジアアロワナ等を展示(須磨水族館時代から現存している施設である。 ラッコ館: エサやりを実演• バードケージ• 世界のさかな館• イルカライブ館: イルカショーを毎日開催。 1989年(平成元年)3月27日オープン。 ウミガメプール• ペンギンプール• 標本展示室• 和楽園展示館: 企画展示館• レストラン和楽園• スーベニアショップ• 遊園地 建築概要 [ ]• 竣工: 1987年• 設計: 神戸市、大建設計• 延床面積: 12,505• 構造: SRC造、RC造• 規模: 地上3階、地下1階• 展示水量: 3100t(野外水槽を含む)• 所在地: 〒654-0049 兵庫県神戸市須磨区若宮町1-3-5 アクセス [ ] 鉄道• 徒歩5分• 徒歩10分 バス• 須磨水族園停留所下車• JRまたはから81系統で約3分 道路• 本施設最寄りの駐車場としてがある。 神戸の水族館の歴史 [ ] 和楽園の水族館(明治30年ごろ) 和楽園水族館 [ ] 1895年(明治28年)、京都で第4回が開かれた際、これに協力した神戸市が、博覧会附属の施設として、和田岬の遊園地「和楽園」に「和田岬水族放養場」を開設した。 兵庫水族室と水族放養池とで構成される。 が観覧し、文章を書いている。 博覧会終了後も、水族放養場は残された。 1897年(明治30年)、神戸市兵庫区ので開かれた第2回大日本 会場となる遊園地「和楽園」内に、神戸市は「和田岬水族放養場」を充実させ 、会期中に限って水族館が設置された。 「水族館の父」と呼ばれる教授によって設計され、建設の際には、神戸の進んだ技術が用いられ、海水の水槽にポンプやバルブ、配管などを備えた本格的な設備を備えていた。 須磨海浜水族園の鮫島叡園長(当時)によると、「水族館」という名称はこの時から日本で初めて使われたという。 また、水族館は外観がインド風の斬新なデザインであったとしている。 この「和楽園水族館」が日本初の本格的な水族館 、日本初の本格的な濾過装置を備えた水族館 とされ 、神戸は 日本の水族館発祥の地ともされている。 博覧会終了後の1902年(明治35年)4月、水族館はの境内に移転され、「さんの水族館」と呼ばれる。 1910年(明治43年)2月、閉館した。 湊川水族館 [ ] 1930年(昭和5年)9月、神戸海港博覧会が開催されるに合わせて、の中ににより湊川水族館が建設された。 1943年(昭和18年)2月、第二次世界大戦が激しくなり閉鎖し、1945年(昭和20年)3月のにより焼失した。 その後、神戸は1957年(昭和32年)に当時東洋一の規模を誇った須磨水族館を誕生させ、須磨海浜水族園として現存している。 阪神・淡路大震災 [ ] 1995年1月17日のでは建物に大きな被害はなかったものの、停電により濾過装置や温水が止まったため、多数の生き物が犠牲となった。 民営化 [ ] 神戸市は神戸市立須磨海浜水族園を民営化すると決定。 再整備事業の優先交渉権者として、()、(「」()の運営会社)、など7社で構成する企業グループに内定したと2019年9月12日に発表した。 から解体し、春に改装を完了予定。 しかし、民営化後の利用料金が大幅に高額となることが明らかになり、市民らからは反発が出ているほか、からも懸念の声が出ている。 日本初の水族館の議論 [ ] 日本初めての水族館はどこかという論議がしばしば行われる。 須磨海浜水族園の鮫島叡園長(当時) や安井幸男学芸展示部長(当時)によると、見世物小屋としてのレベルでは、1882年(明治15年)には()に「うをのぞき」(観魚室)があったが、淡水魚専用の循環濾過装置がついていない簡単なもので、単に魚を水槽に入れていただけであって、水族館というレベルではないとし 、和楽園水族館を日本初の水族館と考えている。 「うをのぞき」は15個ほどの水槽を展示したものであったとされる。 脚注 [ ] []• 2008年01月11日• 2-6. 19 須磨海浜水族園 記者・葛西 2013-2-27閲覧• 日本経済新聞 2013-2-27閲覧• 日本経済新聞 2019年9月12日. 2019年9月24日閲覧。 日刊建設通信新聞(2019年9月17日作成). 2019年11月19日閲覧。 朝日新聞 2019年12月6日• 周辺情報 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

神戸市:須磨海浜水族園・海浜公園の再整備

須磨 水族館

私は、小学校のとき、JR須磨駅から、30分から40分遊びながら、海岸沿いを行った思い出がありますが、須磨海浜公園駅からは、徒歩15分程度でつきます。 のんびり海岸沿いを歩いていくのもいいかもしれませんが、今回は、早く須磨水族館に行きたい!!っという人のために JR須磨海浜公園駅からのアクセスについて説明します!! JR須磨海浜公園駅 まず最初にJR須磨海浜公園駅は、新快速、快速は止まりませんww 結構、利用者が多いのに各駅停車の普通電車しか止まらないです。 まずは、大阪方面からこられる場合の説明をします。 JR大阪駅からJR須磨海浜公園駅 大阪駅からJR須磨海浜公園駅に行くには、新快速、または快速に乗ります。 大阪駅から、神戸駅で乗換えと頂き、普通で須磨海浜公園までいきます。 次にJR姫路からJR須磨海浜公園駅を説明します。 ちなみにエレベータもあります。 気をつけてください 信号機 駅を出ると、信号機があります。 車は、あまり通っていないのですが、 信号は守って渡ってください。 この大きな道路を渡って、右方向に行けば到着です。 かなり急いでいけば、10分もかかりません 笑) ぜひ、JR須磨海浜公園駅から 須磨水族館に行ってくださいね!!.

次の