透水 性 アスファルト 舗装。 透水性舗装用の合材の種類について質問です。改質1型とストレートが...

排水性舗装とはどんな舗装?水はねを防ぎ雨の日でも快適に|生活110番ニュース

透水 性 アスファルト 舗装

家の駐車場を舗装する方法として、コンクリートとアスファルトでお悩みの方も多いと思います。 重量のある車を停めることができる舗装として、コンクリートとアスファルトは最適でしょう。 舗装に悩むポイントとして、かかる費用や使いやすさ、それにデザイン性などがありますよね。 コンクリート舗装とアスファルト舗装には、それぞれメリットやデメリットがあり、求めている事によってどちらを選べば良いのかが変わってきます。 今回は、家の駐車場を舗装する方法として、コンクリートとアスファルトのどちらがいいのかについて解説していきます。 コンクリート舗装やアスファルト舗装の特徴や施工方法、費用を知ることで、実際にどちらが家の駐車場に適している舗装なのか、一緒に考えていきましょう。 【こちらの関連記事もご覧ください】• 駐車場を舗装するコンクリートやアスファルトの特徴 駐車場にはコンクリート舗装がいいのか、アスファルト舗装がいいのか考えていくために、まずはそれぞれの特徴について見ていきましょう。 コンクリート舗装 滑らかで平らな表面を持ち、グレー色をしているのがコンクリート舗装です。 砂や砂利、セメントや水を使って凝固させたもので、駐車場だけでなくアプローチやその他の外構でも使われます。 耐久性があり非常に硬いのが特徴ですが、引く力に弱く柔軟性が無いためワイヤーメッシュなどを中心に入れて補強する必要があり、その分手間もかかります。 また、小さなヒビが表面にできることがありますが、機能的に問題が出ることはありません。 コンクリート舗装のメリット 駐車場に舗装した場合のメリットについて見ていきましょう。 耐久性に優れている 非常に硬いコンクリートは、衝撃にもある程度耐えられ、欠けやひび割れが起こりにくいというメリットがあります。 維持費があまりかからない 耐久性があるため、傷つくことが少なくメンテナンスなどの維持費が少なくてすむという傾向があります。 夏に高温になりにくい アスファルトに比べて、コンクリートは熱を表面に持ちにくく、夏場でも比較的熱くなりにくいという性質があります。 コンクリート舗装のデメリット 駐車場に舗装した場合のデメリットを挙げていきます。 初期費用が高くつく コンクリート舗装は、初期の工事にかかる費用が高いというデメリットがあります。 維持費がかからないことや、長く使っていけるという点から、長い目で見れば納得のいく費用になるでしょう。 使用できるまで時間がかかる コンクリート舗装は、車を載せられる硬さになるまでコンクリートを乾かさなければならないため、施工後数日間は駐車場が使えないというデメリットがあります。 施工する季節によっても、必要な養生時間が変わってくるので、施工を依頼する業者にあらかじめ確認しておきましょう。 雨の日は滑りやすい 表面が平らで凹凸のない仕上げにすると、見た目がきれいで掃除も楽にできるというメリットがありますが、雨の日には滑りやすくなるので注意が必要です。 より安全にという目的がある場合には、刷毛仕上げなど水に濡れても滑りにくい仕上げを検討しましょう。 アスファルト舗装 ざらざらとした表面で黒褐色、道路や広い駐車場によく使われているのがアスファルト舗装です。 燃料を作る際に残った残留物と骨材を混ぜたアスファルト合材を敷き詰めて転圧をすることで舗装します。 アスファルト合材は温度が高い状態で出荷され、施工中も高温の状態で敷き詰められます。 施工後、温度が50度以下になると車が通れるようになるため、コンクリートよりも短い時間で使用できる状態となります。 ただし、温度が下がる前に車を入れてしまうとわだちができてしまったり、薬品やガソリンがついてしまうと劣化してしまうという特徴も持っています。 【こちらの関連記事もご覧ください】• 外構工事をお得にする方法 「ガレージ施工は専門業者へ相見積りを取ろう」 外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。 理由は ・ ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる ・業者によって得意分野が異なる ・優れた業者、相性の良い業者が見つかる 希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。 外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。 >> アスファルト舗装のメリット 駐車場に舗装した場合のメリットについて見ていきましょう。 費用が安くすむ アスファルト舗装はコンクリート舗装に比べて、手間も少なく単価自体も安くなるため、初期費用を安くすませられるというメリットがあります。 使用できるまでが早い アスファルトの温度が下がれば使用できるため、施工後数時間で車を駐車場に入れることができます。 排水性がいい アスファルト舗装は排水性がよく、くぼみなどができていなければ水たまりができません。 また、排水性や透水性をさらに高める方法もあります。 アスファルト舗装のデメリット 駐車場に舗装した場合のデメリットを挙げていきます。 耐久性が低い アスファルトは素材が柔らかく、ひび割れやくぼみ、わだちができやすい特徴があります。 コンクリートに比べ、アスファルトは耐久性が低く、使っていける期間も短いというデメリットがあります。 維持費用が高く付く コンクリートに比べ初期費用が安いアスファルトですが、ひび割れやくぼみなどができやすいので、その都度修繕するための費用が必要になります。 アスファルトの補修材がホームセンターなどで販売しているので、DIYで直すこともできますが、簡易的なものなのでしっかりと直す場合には業者に依頼する必要があります。 表面温度が高くなる 熱をため込むアスファルトは、夏場の暑い時期には60度を超えるときもあるので、火傷に注意する必要があります。 また、高温になったアスファルトはそのままの状態が続くことで柔らかくなってしまいます。 その状態で歪みができてしまうと、冷えて固まったときに、水たまりなどの原因になってしまうこともあります。 駐車場をコンクリートやアスファルトで施工する方法 家の駐車場をコンクリートやアスファルトにする場合、施工方法での大きな違いは舗装の厚みです。 コンクリートの場合、一般的にコンクリートの厚みが10cmと下地に10cmで20cmの掘削が必要になります。 アスファルトの場合は、一般的に舗装が3cmから5cmで下地が10cm程度で13cmから15cmの掘削が必要になります。 駐車場の地面の状態によって必要な下地の厚みが変わってくるので、あらかじめ確認しておきましょう。 それでは、それぞれの舗装の大まかな流れについて確認していきましょう。 家の駐車場をコンクリート舗装する場合• 施工部分の掘削をする• 砕石を敷き詰め、転圧する• 型枠を設置していく• ワイヤーメッシュを適切な高さに設置する• コンクリートを流し込む• 表面をコテなどで仕上げる• 乾燥するまで養生する 家の駐車場をアスファルト舗装する場合• 施工部分の掘削をする• 砕石を敷き詰め、転圧する• アスファルトの敷き均し• 転圧して締め固める• 温度が下がるまで時間を置く 駐車場をコンクリートやアスファルト舗装にする費用 駐車場を舗装するためにかかる費用は、アスファルトのほうがコンクリートよりも安くすみます。 コンクリート舗装をした場合、1平方メートルあたり10,000円前後が費用相場です。 またアスファルト舗装の場合、1平方メートルあたり5,000円前後が費用相場となっています。 コンクリートはワイヤーメッシュや目地などを入れる手間などがあるため、初期費用の安さという点ではアスファルトに軍配が上がります。 家の駐車場にコンクリート舗装が選ばれる理由 コンクリート舗装が一般家庭の駐車場に選ばれる理由として、長期的に考えた場合、アスファルトよりも費用がかからないからということが挙げられます。 強度があり耐久性もあるコンクリートは、長い期間使っていっても補修する機会が少なくてすみます。 その分、費用の心配も要らないので、最初にかかる費用さえなんとかできれば、継続的に使っていくことができるんです。 また、コンクリート舗装は見た目的にも現代の住宅にマッチすることも選ばれる理由のひとつです。 機能的でデザイン性もあり、費用もランニングコストで考えれば安くすむことから、家の駐車場にはアスファルトよりもコンクリート舗装が多く選ばれています。 【こちらの関連記事もご覧ください】• 駐車場Con or Asまとめ 家の駐車場は住宅と同じようにこれから長く使っていくものなので、耐久性がありメンテナンスの手間がかからないコンクリート舗装が適しています。 コンクリート舗装は初期費用こそ大きく感じますが、長い目で見ると耐久性に劣るアスファルトよりも良い状態で安く使っていけるでしょう。 また、メンテナンスの手間がかからないということも、駐車場を快適に使っていくための重要なポイントになります。 多くの方の場合、家の駐車場にはコンクリート舗装がベストですが、施工時間の短さや価格等の利点からアスファルトを選ぶ方も要るでしょう。 その場合、アスファルトのデメリットをよく理解し、それを解決する方法について施工前にしっかりと考えておくことをおすすめします。 駐車場は住宅と同じように、生活していくための大切なスペースです。 今回の内容を参考に快適な駐車場を作っていきましょう。

次の

【アスファルト舗装】透水性舗装の施工方法

透水 性 アスファルト 舗装

もくじ• まずは、 ここだけ読めば大丈夫です! 単価の目安と注意点 アスファルト舗装の単価・価格は、広さや地域、地盤、種類などにより単価は変わる。 アスファルト舗装の単価は「施工の広さ」や「居住地域」、「地盤・土壌の状況」、「アスファルトの種類」で変わってきてしまいます。 極論、アスファルト舗装の 単価は、 最大約5〜6倍程度の差がつくのです。 アスファルト舗装の単価を知るには、あなたが見積もりを取る必要。 結論としては、アスファルト舗装の単価・費用を知るには、 あなたが実際に地域の業者に相見積もりをとって具体的に確認する必要があります。 「住まいの地域の単価」での算出が必要であり、またより正確に知るには、地盤(残土や石の埋まり)の確認が必要なのです。 見積もりサンプルを、 の記事で紹介しています。 でも、大丈夫! アスファルト舗装で 地域の優良 業者を30秒で簡単にチェックする方法 ここで、あなたがお住まいの地域で、アスファルト舗装に適した業者の最有力候補を( 登録なしで) 約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。 『タウンライフ』という 3冠に輝く住宅・工事サービスを利用します。 全国約 1万の施工店の中から 「 厳格な国家基準をクリア」した「 信頼ある施工業者」のみ「約300社が厳選登録 」しているのです。 アスファルト舗装を行う場所が、 公共用途(道路 など)や商業地(大型駐車場 など)、一般家庭など、どのような場合にも利用できます。 『タウンライフ』では、 どの業者も 工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます。 アスファルト舗装の単価・費用が 最大40%オフ 『タウンライフ外構』では、気になる全ての優良会社に、 「あなたの希望や予算に沿ったアスファルト舗装プラン作成」 を、 今すぐ無料依頼 できます。 例えば、透水性アスファルト舗装の場合や、アスファルト舗装の補修・撤去の場合など、あなたが希望する工事について具体的な内訳を含め分かります。 簡単・気軽に無料依頼でき、業者探しに疲れずスピーディーにプランを比較することができます。 まずは、アスファルト舗装が必要な地域に対応している、 具体的な工事プランを比較することが大 事 です。 もし現地調査希望の場合には、その旨を備考欄に記載して下さい。 『 』 では 複数社のプランを一度に比較できるので、 今すぐ無料依頼すれば、比較・検討のための便利な情報収集になります。 住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、 ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。 あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。 しかし、 希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。 まず、 情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。 もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。 業者が厳選されていて、 紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。 また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。 『 』は、 サイト利用者安心度 1位を獲得しています。 「まずは気軽な感じでアスファルト舗装を検討してみたい!」という方にとって、 今すぐ利用する価値があります。 \完全無料で安心度1位/ 「アスファルト工事の見積もりを既にもらっている!」 そんな方は「見積もりの内訳」を確認していきましょう。 コンクリート工事の作業項目別の内訳目安をご紹介します。 アスファルト舗装の単価(価格)は、このように、大きくは「下地」と「アスファルト舗装」に分けられ、 それぞれ作業項目ごとに単価が付けられます。 ここから、単価の内訳について、より詳しくご紹介していきます。 現場を確認した上で、約15〜20cm程度の深さを掘り下げます。 掘り起こした土に関し、別途残土処分費が発生します。 車の重さに耐えられるようにするには、砂や砂利をしくなどした上での転圧が必要です。 なお、掘削した土には空気が入り、もともとの体積より膨張(約1割増)するので試算上注意しましょう。 重機回送費・運搬費が、約5万円円が一目安 重機の搬入出費に約5万円程度をみておく必要があります。 また、もし廃棄処分物が発生した場合、別途、処分場への運搬費(車両費・人件費)が発生します。 現場の進行管理費や、施工業者にとっての利益分に相当します。 以上が、単価内訳の例ですが、あくまで一目安です。 実際のアスファルト舗装の単価を知るには、地元の業者による現地調査とプラン作成が必要です。 合計するとアスファルト舗装の単価は、1㎡あたり約5,000円前後(約3,000〜7,000円程度)が一目安です。 ただし、単価にいくつもの変動要素があるので、ご紹介していきます。 アスファルト舗装の単価は、まず「広さ」と「地域」が大きく関係。 本来、一概にまとめられるものではないのですが、分かりやすいように便宜的に価格イメージをまとめたのが下の図です。 ( あくまで「一つの参考程度まで」として捉えて下さい) アスファルト舗装はまず 「工事の広さ」で単価が約2倍程度変わってきます。 もし狭い範囲の舗装だとしても、 人件費や機材費の差がそこまで軽減されないためです。 また、アスファルト舗装は、 「地域」でも単価が約2倍程度変わってきます。 価格が安いのは、例えば沖縄や東北などの市部です。 アスファルト舗装の単価は、他にも「地盤」や「種類」などにより変わるので注意。 アスファルト舗装は 「地盤」の状況でも、約1. 5倍程度価格が変わってきます。 アスファルトの厚みは約5㎝程度ですが、 その下15〜20㎝程度の土壌を整える必要があり、その工事価格が、地盤・土壌の状況により変わってくるのです。 具体的な作業としては、石やゴミを取り除いたり、砕石を入れて固める作業の費用が変わってきます。 また、アスファルト舗装は、 「アスファルトの種類」でも費用が変わってきます。 一般的なアスファルトの他に、透水性が良いアスファルト、逆により簡易な舗装などもあるのです。 結論としては、アスファルト舗装の単価を知るには、地元の業者による現地調査とプラン作成が必要です。 \完全無料!安心度1位/ その他かかる関連費用 アスファルト舗装に関連する費用。 ( 主に駐車場の場合) アスファルト舗装ではありませんが、もし 駐車場を作りたい場合を中心に次のような費用がかかります。 ライン引きが、10台分で約4〜5万円が一目安 駐車位置を知らせる白いライン引きは、10台分(約100m程度)で、約4〜5万円が目安です。 車止めが、1台分約6,000円が一目安 車止めの設置が、1個約3,000円で1台につき2つ必要です。 車止めがあることで、 衝突事故の抑止を期待できます。 番号記載が、1台分約600円が一目安 駐車場の 管理ナンバーの数字記載をもし行う場合に費用が発生します。 その他にかかりうる費用。 歩道の切り下げ(約30〜50万円)、入出庫バーの設置、駐車場運営委託費などが、必要に応じてかかりえます。 アスファルト舗装プラン無料作成は、利用実績も多くて安心 アスファルト舗装のプラン一括比較を無料でできる『 タウンライフ』は シリーズ累計 112万人が利用し評判や口コミも良いです。 たしかに、 じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。 もし、週末の土日をかけて工事業者の実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、実例なども見れるでしょう。 しかし、 「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。 まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ 効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。 『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、 「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。 「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、 「アスファルト舗装に少しでも興味がある方」ならば、 『 』は 今すぐ利用しないと損なサービスです。 \完全無料!安心度1位/ アスファルト舗装の総価格・費用 アスファルト舗装の価格で注意したい点や、 価格の例をご紹介します。 しかし、 ここまでご紹介した通り、実際にはより多くの費用がかかります。 充分な想定が必要な「下地作り費用」 「思っていたよりも費用が高くなった」という時に多いのが 「下地作りの費用」を十分に想定していなかったケースです。 先ほどご紹介した通り、「土を掘り起こし、高さを揃え、砂や砂利を入れるなどし、固める」という一連の下地作りには それなりの労力・人件費・機材費を要します。 さらに、処分すべき土・ゴミ・石の量も少なくなく、 処分代や運搬費など細かな費用項目がかかってくるのです。 価格は現地調査の必要有 アスファルト舗装の単価・費用は、現場を見ないと正確には算出できない。 アスファルト舗装の費用は、地盤・土壌の状況により左右されます。 地中のゴミ・石の処理など含め、各地域で相場も異なるために、地域のアスファルト舗装業者に現場調査の上で、見積もり策定をしてもらう必要があります。 \完全無料!安心度1位/ 価格・費用の事例 アスファルト舗装の総価格・費用例をご紹介します。 なお、もし 「駐車場」を作る場合は、 自宅用であれば車1台分で約12. 5㎡(約2. また、商用の場合は通路分も考慮し、 車1台あたり約23㎡(7坪)が必要面積の目安です。 そのため、約100㎡で4台、約200㎡で8台などが一目安となります。 アスファルト舗装とは アスファルト舗装とは、 アスファルト混合物を敷詰めて均し転圧し、舗装したものです。 アスファルト混合物は、「 アスファルト(石油の蒸留によって生成されるセメントの一種)」と「 骨材(砕石や砂など)」を過熱して混合したものです。 約15〜20cm程度の路盤の上に、 約5cmの厚みでアスファルト舗装を行います。 アスファルト舗装のデメリットは「耐久性の低さ」など。 耐用年数は10年。 アスファルト舗装のデメリットは耐久性の低さで、 凹凸やヒビ割れができやすい傾向にあります。 アスファルト舗装の設計寿命は10年で考えられています。 また、夏の暑い日差しの中では、 火傷するほど熱くなる点もデメリットです。 アスファルト舗装のメリットは「単価の安さと施工のしやすさ」など。 一方で、アスファルト舗装の大きなメリットが 「単価が安い」ことです。 コンクリート舗装と比較して 約半額程度の費用で済みます。 また、 施行も簡単なのです。 もしコンクリートの場合は固くなるまでに日数がかかりますが、アスファルト舗装であれば道路を当日中に開放できます。 アスファルト舗装には「車の走り心地がいい」という側面も。 また、もしコンクリートの場合は熱で膨張するために途中に「隙間」を設ける必要があります。 そのため、車が通ると 定期的に「ガタン」と衝撃が起こります。 しかし、アスファルト舗装であれば、 隙間なく舗装できるので衝撃がなく、また 路面が固すぎることもなく、乗り心地が良いのです。 \完全無料!安心度1位/ アスファルト舗装の種類 アスファルト舗装にもいくつか種類があるのでご紹介します。 「アスファルト塗装」で一般的な施工。 「透水性のない」アスファルトを用いて施工します。 透水しないために、 勾配がないと水たまりができてしまいます。 「透水性アスファルト塗装」なら、水たまりができにくくなる。 「透水性のある」アスファルトを用いて施工します。 透水性があるため、 水たまりや周囲への水の流れを抑止できます。 一方で、勾配が強い場合には、透水した水が一方に流れることで路盤が削られ、 強度不足の一因にもなってしまいます。 「防塵塗装」は簡易な舗装。 摩擦や砂埃を抑えられる。 アスファルト合材ではなく 「アスファルト乳剤」というものを使う簡易舗装です。 価格がより安く済みますが、 耐久性には劣ります。 施工業者に相談しながら、あなたの用途にあった種類のアスファルトを選んでいきましょう。 アスファルト舗装のプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ 口コミ(例) 「 アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました。 外構工事を考えた時に、 まずどこを選んだいいのか分かりませんでした。 半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた施工会社さんが 希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。 最初は不安もありましたが、今では を利用して良かったと感じております。 」 コンクリートとの違い 「アスファルトとコンクリート」とどちらがいいのか?というのもよくある疑問点です。 違いをご紹介します。 土間コンクリート舗装とは コンクリートとは、アスファルトの合材がコンクリートに変わったものです。 アスファルトと比べると硬く丈夫です。 厚みも、アスファルトの倍の約10cm設けます。 一方で、柔軟さでは劣るため、鉄筋やワイヤーメッシュを入れます。 土間コンクリート打ちのデメリットは「価格の高さ」など。 コンクリートの大きなデメリットは「価格の高さ」で、アスファルト舗装の約2倍かかります。 また、完全に固まり使えるようになるまでの日数も要します。 熱の伸縮に対応するための隙間も必要です。 土間コンクリート打ちの単価は、1㎡あたり約1万円前後が一目安。 コンクリート舗装の費用は、1㎡あたりの単価は約8,000~12,000円が目安です。 詳しくはこちらの記事で紹介しています。 (参考) 土間コンクリート打ちのメリットは「耐久性」など。 耐用年数は20年。 一方で、コンクリートのメリットは「固くて丈夫」な点です。 補修も少なくてすみます。 夏の表面温度の高さもアスファルトより抑えられます。 一般家庭の駐車場利用であれば、「土間コンクリート」がおすすめ。 もし、商用駐車場などではなく、一般家庭で施工する場合はアスファルトよりも、コンクリートがおすすめです。 アスファルト舗装は施工範囲が狭いほど単価が高くなり、自宅駐車場用の広さであれば1㎡あたり約8,000~10,000円程度などと、 コンクリート打設とあまり変わらない値段になってくる可能性が高いです。 同じか少し安い程度の価格であれば、耐久性が高いコンクリートを選んだ方が良いでしょう。 (参考) (参考) アスファルト舗装の施行 最後にアスファルト舗装の施工の流れについて簡単にご紹介します。 路床の整圧・転圧 現場を確認した上で、約15〜20cm程度の深さを掘り下げます。 高さを揃えます。 路盤入込・ 不陸整正 路盤として、砕石や砂をしくなどした上で、機械で押し固める転圧作業を行います。 アスファルト乳剤散布・敷均し・転圧 アスファルトの混合物を詰めて敷き均し、大型のローラーで転圧していきます。 加熱する熱は、施工中は150度前後などになり、夏場は特にとても暑い環境になります。 温度が50度以下になると、車が走行できるようになります。 例えば、車10台分の駐車場として「200㎡の舗装を行う場合には価格が約100万円前後」という具合です。 ただし、正しい単価は、 「あなたが住まいの地域の単価」での算出が必要になるのと、 「地盤(残土や石の埋まり)の状況確認」が必要になるためです。 必ず、施工業者に実際に現場調査をしてもらわない、見積もりをとるようにして下さい。 アスファルト舗装の見積もり・プラン相談・成約でプレゼントがもらえます。 今、 を介してアスファルト舗装の工事成約すると 「全員に必ず1000円分のクオカード」が プレゼントされます。

次の

「透水性コンクリートなら自分でできそう|DIY」|水たまり対策「DryTech ドライテック」 透水性舗装仕上材|生コンポータル

透水 性 アスファルト 舗装

1 透水係数について ・当社舗装材の透水係数は「 0. 02cm/sec以上」となっておりますが、この係数の基準値は「舗装設計便覧」における「透水係数の測定例」(P. 238)の中の開粒度アスファルトの透水係数、即ち「 0. 01cm/sec以上」を参考にし、且つ当社舗装材の多孔質形状による透水性能を考慮し、基準値としています。 また、「舗装設計施工指針」の中で、歩道および自転車道に求められる透水性の性能指標は、現場透水試験器により施工直後における現場透水量で「 300ml/15sec以内」を目標とすることが求められております。 2 現場透水試験の方法 ・現場品質管理要領として、舗設完了し養生期間終了後に透水性能を確認するために透水試験器を使用して現場透水試験を実施します。 ・ 一測点につき3回実施し「300mlの水が15秒以内」で透水するかを試験します。 ・3回実施した平均時間を計算し、試験成績表を作成します。 3 現場透水試験の結果について ・これまでのほとんどの施工現場で、 300mlの水が5~7秒で透水しています。 この数値は車道部における透水アスコンの浸透水量の基準値1000mlの水が15秒と殆ど大差がない優れた透水能力を有しています。 ・また結果として、数多くの施工現場でこの透水試験を実施すると、当社の透水係数である「0. 02cm/sec以上」を殆ど上回る数値がでております。 ・に実験動画もございます。 ご参照ください。 4 当社舗装材が「透水性」に優れている根拠について ・他社の透水性舗装で「ポーラスコンクリート舗装」は骨材と骨材との隙間を通じての透水で「点での透水」ですが、当社の透水性舗装は、骨材(高炉水砕スラグ)そのものが微細で且つ多孔質な形状をしているため、面全体で透水します。 そのため歩道用舗装に求められる透水係数の基準値(0. 01cm/sec)を十分クリアできます。

次の