トーマツ 在宅。 デロイトトーマツコーポレートソリューション合同会社の口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (6056)

トップ

トーマツ 在宅

・話者:デロイトトーマツコンサルティング合同会社 ・更新日:2020年6月4日 ・もっと知りたい: 〇新型コロナウイルスに対する当社の対応について 5月7日更新 デロイトトーマツグループは、新型コロナウイルス対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の延長に鑑み、国内での感染拡大防止のために、職員の原則在宅勤務の指示を今後も引き続き継続すると発表。 ・話者:デロイトトーマツコンサルティング合同会社 ・更新日:2020年5月7日 ・もっと知りたい: 〇「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた企業決算・監査等への対応に係る連絡協議会」の声明文について デロイトトーマツコンサルティング合同会社は、「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた企業決算・監査等への対応に係る連絡協議会」から、声明文「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた企業決算・監査及び株主総会の対応について」が公表されたと発表。 ・話者:デロイトトーマツコンサルティング合同会社 ・更新日:2020年4月15日 ・もっと知りたい: 〇セールスフォース・ドットコムの新型コロナ保健所業務支援システムの導入・運用支援を開始 デロイトトーマツ コンサルティング合同会社は、セールスフォース・ドットコムが開発した、新型コロナ保健所業務支援システムの保健所への導入・運用支援サービスを提供開始した。 ・話者:デロイトトーマツ株式会社 ・更新日:2020年4月13日 ・もっと知りたい: 〇新型コロナウイルスに対する当社の対応について 4月7日更新 デロイトトーマツグループは、緊急事態宣言の発令を鑑み、国内でのまん延を防ぐために、グループの社職員の原則在宅勤務の指示を継続し、徹底強化を図っていくと発表した。 ・話者:デロイトトーマツ株式会社 ・更新日:2020年4月7日 ・もっと知りたい: 〇新型コロナウイルスに対するワークスタイル及び課題対応調査 デロイトトーマツコンサルティングは4月より、COVID-19対応について、「新型コロナウイルスに対するワークスタイル及び課題対応調査」を実施した。 ・話者:デロイトトーマツコンサルティング合同会社 ・更新日:不明 ・もっと知りたい: 〇新型コロナウイルス感染症の国内発生に伴うデロイト トーマツ グループおよび当グループの各法人主催イベント・セミナーの対応について 新型コロナウイルス感染症の発生を受け、デロイトトーマツグループおよび当グループ各法人主催のイベント・セミナーについては、当面の間、原則延期・中止とすると発表した。 デロイトトーマツベンチャーサポートは、新型コロナウイルス感染症がスタートアップ企業に与える影響についての「COVID-19の事業活動への影響調査アンケート」の結果を発表したと記載。 ・話者:ケータイwatch ・更新日:2020年5月21日 ・もっと知りたい: 〇アップルとグーグルの新型コロナ追跡ツール、パンデミック収束後に停止へ CNETNewsが報道。 AppleとGoogleは、共同で取り組んでいる新型コロナウイルス感染症追跡ソリューションについて、パンデミック収束後に停止すると記載。 ・話者:CNETNews ・更新日:2020年4月15日 ・もっと知りたい: 〇新型コロナウイルスで注目、「インフォデミック」とは Specteeが報道。 デロイトトーマツコンサルティング合同会社が、インフォデミックに関し、「1世紀で150万倍に増大した情報伝達力」と題する興味深いレポートを発表。 」を理念とするデロイトトーマツコンサルティング合同会社は、経営コンサルタント会社として、数多くの会社経営を支えてきました。 同社は働き方改革にも力を入れており、一人一人の働き方が仕事と生活に繋がり、それがグループの未来の在り方にも繋がるという考えのもと、様々な取り組みを行なっています。 例としては、スマートワーク(在宅勤務・テレワーク拡大)、受付業務のデジタル化、フリーアドレス・ペーパーレスの促進、などが挙げられます。 また、時間労働撲滅・休暇取得促進のグループモニタリングによる徹底、HRデータのデジタルアプリケーションツール(Well me)の導入なども行い、様々な角度から、社員の働きやすさを向上させています。 〇基本情報 ・設立年:1993年 ・創業者:ウィリアム・ウェルチ・デロイト ・現代表者:佐瀬 真人 ・本社所在地:東京都千代田区丸の内3-2-3 (丸の内二重橋ビルディング) ・事業内容:経営コンサルティング ・売上高:不明 ・社員数:2,542名 ・HP: 〇代表的な表彰・受賞 ・「2019 J-Winダイバーシティ・アワード」において企業賞と個人賞を同時受賞 2019年 ・「PRIDE指標」において最高位のゴールドを2年連続で受賞 2019年.

次の

トップ

トーマツ 在宅

キーワード :• 今般のコロナ禍は監査法人をも襲い、在宅勤務およびリモート監査を余儀なくさせられました。 コロナが襲った3月から5月にかけては、3月決算法人の監査の最盛期。 決算発表への影響なども見られ、課題も浮き彫りになる形となりました。 監査体制はどの程度までリモートできるのか、発表資料から各監査法人の取り組みを見ていきましょう。 各監査法人が相次いで在宅勤務を発表 トーマツは、流行し始めの2月27日には新型コロナウイルス対策として、全メンバーの在宅勤務の実施を発表。 その内容を以下のようなものとしています。 「1.社職員の勤務形態について• (2)業務の特性から出社が不可欠な場合、時短勤務や交代制などを利用• (3)顧客先訪問や当グループオフィス来社が不可欠な場合、本方針を説明し協議• 2.会議・セミナーについて• (1)通信を活用した遠隔での会議の実施促進• 3.会食・出張• (1)不要不急の会食は中止もしくは延期• (2)国内外問わず、不要不急の出張は自粛• 4.その他• (1)外出時のマスク着用、手洗いを強く要請• 業務特性上、クライアント先に出向いて実施する業務は、電話会議等の代替手段の可能性を検討します。 また、厳格な情報管理が必要な業務などは引き続きオフィスで実施します。 」 としました。 あずさも、 「現在は感染拡大防止の重要な局面にあるとの認識のもと、新型コロナウイルスの感染拡大防止策を強化するため、KPMGジャパンに属する全パートナー・職員を対象に」「原則として在宅勤務を実施します。 」 と発表。 PwCあらたもまた、• 「1)在宅勤務の実施• ・在宅勤務を強く推奨するものとし、業務の性質上、出社が必要な場合は、公共交通機関が混雑する時間帯を避けるようにします。 ・なおクライアント先等で業務を実施する必要がある場合には、事前にクライアント先等と勤務形態を協議の上、合意させて頂くこととします。 2)出張• ・国内外問わず、当面の間は特段の理由がない限り控えます。 3)イベントの中止、延期またはWebでの開催• ・当グループ主催および共催により開催予定のセミナーについては当面の間、原則、中止、延期またはWebでの開催とさせていただきます。 Webサイトにて随時情報を更新します。 」 と発表しました。 大手監査法人での在宅勤務の流れは数年前から始まっていた 大手監査法人では、人材確保の流れの一環として、数年前から在宅勤務を打ち出しています。 まず20~30代の女性などを中心に試験導入したところ、仕事がしやすいと評判が良かった」(同)、「新日本監査法人やPwCあらた監査法人などは既に導入済み」(同)と、各監査法人でコロナ前から取り組みはスタート。 監査法人では近年の人手不足への対策として、AI導入や働き方改革が日本における一般企業よりは進んでいたため、今回のコロナ禍への対応もいち早く着手できたという現実が見えてきます。 今回の在宅勤務の流れで課題も浮き彫りに 問題解消進むか しかし、セキュリティの問題や実査への対応、書類の現物のチェックなど課題もあり、今回の在宅勤務は、3月期決算の決算発表や株主総会の日程のずれ込みという結果を生んでいます。 極端な決算期の偏り、現物の書類頼みの監査など、今後の課題として浮き彫りにされた形ですが、こういった事情が柔軟な働き方を拒み、今後リスクとなりえることがはっきりとしてきました。 アフターコロナの時代、社会全体が段々と日常を取り戻していますが、今回のコロナ禍で対応すべき課題が浮き彫りにされたのはむしろ好機といえそうです。 一斉在宅勤務はイレギュラーな事態であり、今後全てがリモート監査になるわけではないと思われますが、課題が洗い出されたことで在宅勤務/リモート監査が段々とブラッシュアップされていくのは間違いないでしょう。 バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます 最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

次の

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 新卒採用|会社を知る|Diversity&Inclusion

トーマツ 在宅

2回目の育休から復帰して、現在は9:30から16:30までの時短勤務で働いています。 限られた時間で成果を上げなくてはならないので、フルタイムで勤務していた頃と比べるとプレッシャーはあります。 ただ、「残業ができる」と思いながら仕事していた頃と比べて、集中力は持続できている気がしますし、より効率的に業務に取り組めるようになったと思います。 この時間までに絶対仕上げる、と意識して取り組むと、できるものですね。 業務は主に法人税や消費税、その他税目の申告書を作成したり、精査したりしています。 お客様には、女性とか、時短勤務者ということに関係なく、1人の税理士として接してもらっています。 よき相談相手として、対等に見てくださっていると感じます。 そこはやはり、資格を取得してよかったと思う点ですね。 ただそれは、どんな条件下でもプロとして厳しい目にさらされるということでもあります。 家事や育児に忙しいからといって、「時間がない」は理由になりませんから。 最初に就職したのは大手税理士法人でした。 非常にやりがいはあったものの、出産後の働く姿がイメージできなくて・・・。 その後当社へ転職しました。 他のBig4と比較して女性の割合が高く、出産後も働けるイメージが湧いたんです。 入社してみると、実際に結婚している女性や子育て中の女性も多いです。 また、縦にも横にも人のつながりや気配りがあり、温かい雰囲気を感じています。 会社の制度としては、小学校6年生まで時短勤務を取れますし、子ども1人につき年5日の看護休暇も用意されています。 さらに希望者には、在宅でも仕事を進められるよう、セキュリティ対策をした自宅用PCの提供もされています。 私は利用していませんが、保育園や病時保育の割引や補助も。 制度だけでなく周りの理解があるので、とてもありがたく感じています。 男性の上司でも、ご自分の子育て経験を元に親身になって相談に乗ってくれるんですよ。 本当にここで働けてよかった、と思っています。

次の