偏頭痛 市販薬。 薬局で買える市販薬で偏頭痛に効果的な薬

頭痛のタイプ別におすすめ頭痛薬について|頭痛の予防薬がある?

偏頭痛 市販薬

群発頭痛の症状 群発頭痛は、眼球周辺が激しく痛む頭痛です。 目の奥がえぐられるような痛み、目の裏側をキリで刺され続けるような耐えられない痛み、麻酔なしで歯を削られるような痛み、など人によって様々な表現をしますが、要はとにかく激しく痛いのです。 特徴としては、• 発症すると1〜3年ほどの周期で現れる• 現れると1〜2ヶ月間続く 群発期• 毎日同じくらいの時間に1日1〜数回起きる 発症率は10万人に1人と言われていて、男性に多く発症するようです。 目がえぐられるような強い痛みが数ヶ月続くので、生活に影響を及ぼし、別名自殺頭痛とも呼ばれているほどです。 頭痛に怯える気持ちは、頭痛持ちの人にしかわからないかもしれませんが、自分がこの群発頭痛を発症したらと想像しただけで、鳥肌が立つくらい恐ろしくないですか。 経験者が「痛すぎて床を何時間ものたうちまわっていた」「痛すぎて眠れず痛さが治ってから失神したように眠った」などと言うのを聞くと、痛さの度合いが激しいことがわかります。 頭痛以外の症状としては、まぶたの下垂や鼻水、涙が出てきて止まらないという症状もあるようです。 では、この群発頭痛の原因とは、なんなのでしょうか。 群発頭痛の原因 群発頭痛の根本的な原因はまだわかっていませんが、目の周りや奥(要は頭)の血管が何らかの理由により拡張してしまうことで痛みが発症するといわれています。 偏頭痛も血管が拡張することによって起こるといわれています。 なので、対処は拡張した血管を収縮させることになります。 市販の薬を使ったり処方薬を使って、群発頭痛を上手に乗り切っていきたいですね。 では、発症してしまった群発頭痛への対処法はどんなものがあるのでしょうか。 群発頭痛の対処法 まず、群発頭痛が発症してしまったら、一番は体を休めることが大事です。 痛みを止める薬を使った後、静かな場所で、体は温め、頭は冷やして寝るのが効果があるようです。 古来からの知恵である頭寒足熱は、現代でも有効な対処法のようです。 湯たんぽなどを使い体を温め、頭は氷枕などで冷やしておきましょう。 初めて痛み出した時や、痛みがひどい時、痛みが出ても時間のある時は、医療機関を受診して処方薬をもらいましょう。 群発頭痛に効く処方薬 一番効くのは、処方薬「イミグラン」の皮下注射と点鼻薬、という意見が多いです。 やはり、専門家に出してもらう薬はよく効くようです。 自分でイミグランを注射ができる、キットも売っているそうです。 健康保険が使えると、家計的にも助かります。 ただ、なかなか診察時間中に医者に行けない方もいます。 そういう方は、市販の薬を上手に使っていきましょう。 群発頭痛に効く市販薬 経験者の間で、群発頭痛によく効くといわれる市販の薬は、点鼻薬です。 「リドカイン」という局所麻酔成分の入った点鼻薬が、痛みを和らげ、群発頭痛によく効くようです。 名前を出すと、「ベンザ点鼻薬」というものが、群発頭痛をお持ちの方の中では、よく効く市販薬として一般的なようです。 痛みが出てから、数分〜数十分間隔で、数回点鼻してみましょう。 その他の市販点鼻薬を買う時は、「リドカイン」という成分が入っているかを確認してから購入しましょう。 スマトリプタンや無水カフェインなどの成分が入った薬も、血管の拡張を抑える効き目があるようです。 名前をあげると、「イブ」や「ノーシン」などのよく売られている頭痛薬には無水カフェインが入っているので、いざという時は安心ですね。 しかし、処方薬も市販薬もですが、痛み始めてすぐに飲まないと、薬の効きが悪くなります。 一度痛みの回路ができてしまうと、後からの投薬では効き目が弱まるらしいです。 私が偏頭痛で脳外科を受診した時にも、ドクターが「痛みが出たらすぐに飲んだ方が早く効きます」と言っていました。 専門家もそういう認識でいるので、私たちも合言葉のように、「痛みが出たら、すぐ薬!」と、いつでも薬を摂れるよう常備しておきたいものですね。 酸素を吸入することも効くと言われていますが、登山用などの市販の酸素ボンベだと2〜3缶分ほど吸入する必要があります。 これは合う・合わないなどもあるので、一度試して見ると良いと思います。 群発頭痛の予防法 では、群発頭痛が発症しないように、どう予防していけばいいのでしょうか。 まず、血管の拡張が原因であると言われている以上、血管が広がらないようにすることは大事ですね。 医療機関では、「ワソラン」という血管が拡張・収縮するのを抑える予防薬を処方してくれます。 毎日忘れずに飲み続けると、効果があるそうです。 逆に、ニトログリセリンなど、血管を広げる薬をいつも飲んでいる人は、それが原因で群発頭痛が発症しないか、主治医の先生に相談してみてください。 また、人間の体はとても頭が良く、血管は収縮したら、拡張しようとするものです。 なので、必要以上に収縮させないようにすることも大事なのですね。 血管を収縮させる喫煙やカフェインの取りすぎ、ストレスなども、その後血管を拡張させる原因になるので、控えましょう。 経験者の方によると、目を使いすぎたり、食べ過ぎ・飲みすぎ、チョコやチーズの食べ過ぎ、寝不足や不規則な生活リズムも群発頭痛を引き起こす原因になるそうです。 適度な運動を心がけ、食事や生活に気をつけることが、一番の予防法と言えるでしょう。 健康に関してのことを書いているといつも最後は、やはり適度な運動とバランスの良い食事、生活リズムを整えることが不調の予防や回避の王道だなと感じています。 まとめ 今回は、多くは男性、しかも10万人に1人の発症という、群発頭痛について、対処法や予防法をみてきました。 女性は、群発頭痛はなくても、偏頭痛をお持ちの方は多いです。 原因は様々ですが、頭痛は本当にツライものです。 市販薬やサプリメントの効き目を最大に生かし、必要な時は医療機関にかかり、充実した生活を続けていきましょう。 いろいろ調べていくうちに、見つけたいいサプリメント。 1週間の人気記事• むくみは日常茶飯事と、ツラいのにそのままにしていませんか? そんな方は、左右の足のむくみ方をチェ... あなたも、鼻を細く高くする方法を、知りたいと思いませんか? ・ぶた鼻 ・だんご鼻 ・平べったい顔... 朝や夕方に足元を見ると、右足にだけむくみがある… ということはありませんか? 女性なら冷えや立ち仕事など... 足の甲がむくむ時、腫れなのか、むくみなのか迷いますね。 痛みや熱っぽかったら腫れ、指で押して元に... あなたも、1日の終わりに足がパンパンになって靴が入らない! という経験はありませんか? 足... 疲れたときに、目がかすむことがありませんか? いつもより、ぼんやり薄く見えるのが、かすみ目の症状... うっとうしい「目のかすみ」は、早く何とかしたいもの。 ドライアイや疲れ目なら、目薬やアイマスクを... 朝起きると、鼻がツーンとして痛い。 女性にはちょっと抵抗があるけれど、鼻くそが最近多い。 スギ・ヒノキの時期が過ぎても、花粉症が収まらない... といったことで、悩んでいませんか? もしかした... あなたも次のことが気になっていませんか? ・ワキガの臭い ・汗の臭いや汗ジミ ・足の臭い ・デ...

次の

偏頭痛(片頭痛)の原因と治療法まとめ!【2020年最新】

偏頭痛 市販薬

トリプタン系薬剤は片頭痛の特効薬 偏頭痛は人によって痛みの程度に大きく差があります。 軽度の痛みの場合は、でも痛みを和らげることができますが、痛みが中度から重度の場合や吐き気がある場合の片頭痛にはほとんど効果がありません。 強い痛みのある片頭痛の場合には、 トリプタン系薬剤が非常に効果的です。 トリプタンは、である血管作動性物質の放出を抑えて、拡張した血管を収縮し、炎症を和らげる効果があります。 片頭痛の原因は、簡単に言うと血管が拡張することによる炎症です。 消炎鎮痛剤は、炎症を起こした部分を抑え痛みを緩和する効果がありますので、軽度の痛みの場合には効果があるのですが、拡張した血管を収縮させるという作用は無いので根本的な治療にはなりません。 他方で、 トリプタンは、拡張した血管を収縮させる効果があるので、片頭痛の原因を根本から治療するという作用があるのです。 つまり痛み止めの薬ではなく血管収縮薬なのです。 片頭痛の特効薬ともいえる薬で、私自身も利用していますが、きちんと上手に服用すれば、完全に痛みを無くすことも可能です。 効果が現れるまでの時間は、注射剤の場合には約15分〜30分くらい。 経口薬の場合は、60分〜90分くらいです。 私も、子どもの頃から何十年と片頭痛に苦しみ悩まされてきましたが、トリプタン系の薬を知った時には、本当にうれしかったです。 トリプタン系の薬剤の中でも私が処方してもらっているのは イミグランと言う偏頭痛の特効薬です。 いつ頭痛が発生するか分からない恐怖と不安にいつも悩まされて来た人生だったので、ほんとうに幸せな気分になることができ、イミグランと出会ってから人生が変わったと言っても過言ではありません。 痛みの強い片頭痛に悩まされている人は、専門の病院に行ってトリプタン系の薬を処方してもらうことを心からおすすめします。 残念ながらトリプタン系の薬は薬局などで市販されていませんので、医師の診察を受けて処方箋として手に入れるしかありません。 日本で手に入るトリプタン薬剤 日本で手に入るトリプタンの中で代表的なものが、グラクソスミスクライン株式会社が販売している イミグランです。 実は私もイミグランを利用しており、非常に高い効果を得られています。 片頭痛の時に飲めばウソのように痛みがなくなります。 錠剤タイプ、点鼻薬、注射、また口腔内速溶錠といって水が無くても飲めるタイプのものがあります。 錠剤タイプがいつも持ち歩けるので、おすすめです。 1錠1000円くらいしますので、健康保険に加入していて、3割負担なら300円くらいとなります。 かなり高額の薬ですが、それで寝込まずにすむなら安いものだと思います。 点鼻薬のタイプも、持ち歩けますし、効果の出るのも早いようですが、私にはあまり向いていないようで、錠剤よりは効果がありません。 個人差があるようですので、いろいろ試してみて、最も自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。 イミグランの他にも、アストラゼネカ株式会社の販売しているゾーミックやエーザイ株式会社の発売している マクサルトなどがあります。 トリプタンを飲むタイミングが大事 トリプタンは片頭痛の痛みを和らげるのに大変効果的な薬ですが、 飲むタイミングがとっても大切です。 副作用などが気になってあまり薬を飲みたくないという心理が働いて、どうしても飲むタイミングが遅くなってしまいがちです。 しかし、片頭痛の場合、完全に頭痛が発生して痛くなってから、トリプタンを服用しても、薬が効いている間は痛みを抑えることができますが、薬が切れるとまた痛くなってきます。 少し痛くなってきたなと思ったら、そのタイミングで思い切って早く飲むことが大事です。 少し痛くなってきたくらいのタイミングでイミグランなどを飲めば、完全に片頭痛の痛みを無くしてしまうことができます。 薬の効果が切れたとしても、頭痛が戻ってくることはありません。 薬を飲むのをためらって、タイミングがずれると、薬の効果のある持続時間を過ぎるたびに痛みが戻ってくるので、結局多くの頭痛薬を飲むことになってしまいます。 思い切って、早めのタイミングでトリプタン系薬剤を服用することで、1錠で完全に片頭痛を押さえ込めることが多いです。 もちろん、個人差はあると思いますが、私の経験からすると、早めのタイミングで飲む方が明らかに効果が高いですし、遅れると痛みの持続時間が長くなってしまいます。 上の図を参考に、予兆を感じて、少し痛みは始まってきたくらいの早いタイミングで服用しましょう。 完全に頭痛が始まってからでは手遅れです。 片頭痛は、完全に治すことは難しいですが、痛みの程度を低くすることと、できるだけ早く痛みを無くすことは可能です。 片頭痛の時には、吐き気や嘔吐の症状が出ることが多いのですが、そのような時には、胃腸の蠕動運動が乱れているため薬の吸収率が低下し、トリプタンの効果が弱まる事があります。 その場合には、トリプタンと同時に制吐薬を服用したり、鼻から吸収する点鼻薬のトリプタンに切り換えると効果がある事があります。 それでも、どうしても効かない場合には自己注射が必要になることもあります。 頭痛の発作が起きてしまった時には、トリプタン系薬剤で痛みを和らげることが大事ですが、薬を飲みすぎるとになってしまいますので、 できるだけ頭痛の回数を減らすように日常の食事やサプリメントによる予防も大切です。 片頭痛の予防で、最も簡単に始められて、効果のある方法がサプリメントを活用することです。 詳しくはこちらの「」で書いていますが、フィーバーヒュー、マグネシウム、ビタミンB2などが片頭痛の予防に効果があると医学的にも証明されています。 それらの成分を全て含んだ片頭痛予防用のサプリメントでおすすめなのはこちらの商品です。 どのトリプタンが効くかは個人差がありますので、医師に相談しながら、自分に合うトリプタンを見つける必要があります。 ちなみに、日本で発売されているトリプタンは以下の通りです。 コハク酸スマトリプタン(イミグラン)• ゾルミトリプタン(ゾーミッグ)• 臭化水素酸エレトリプタン(レルパックス)• 安息香酸リザトリプタン(マクサルト) かっこの中は薬剤名です。 トリプタンを使ってはいけない人 前述のようにトリプタンは血管収縮薬ですので、血管が狭くなる病気(虚血性疾患)の狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などにかかった経験のある人は使用することができません。 これらの病気にかかった事が無い人でも、高齢になってくると、これらの虚血性疾患にかかる可能性が高くなってくるので、トリプタンを使わずにすむのであれば使用しない方が良いと言えます。 高齢者で片頭痛のある人は、さきほども紹介したようにできるだけサプリメントを使って予防することが健康維持のために重要になります。

次の

自分でできる!片頭痛の3つの治し方。市販薬の選び方や病院の治療法も!

偏頭痛 市販薬

頭痛に用いられる薬の成分にはたくさんの種類があります。 頭痛のタイプによっても効果を発揮する成分は異なり、血の流れを良くする作用・胃を保護する作用・痛みのもとをおさえる作用など、自分の頭痛に合った成分を用いた薬を選択することが大切です。 アセトアミノフェン 代表的な鎮痛成分のひとつ。 効果が現れるのも早いですが、効果がなくなるのも比較的早いことが特徴です。 比較的安全性が高く、子供や妊婦も用いられることもある成分です。 片頭痛にはアセトアミノフェン・アスピリン・カフェインの合剤(AAC処方)が有効とする試験結果があります。 イブプロフェン 解熱・鎮痛・抗炎症作用が強く、腫れや痛みなどの症状をおさえたり、熱を下げる作用もあります。 アスピリンよりも作用が強力にもかかわらず、胃腸障害は少ない傾向があります。 片頭痛にも有効とする試験結果があります。 ロキソプロフェンナトリウム 効果が現れるのも早く、頭痛、歯痛など幅広い痛みに良く効きます。 鎮痛作用・抗炎症作用・解熱作用などのバランスが良く、市販薬ロキソニンSの成分です。 アスピリン(アセチルサリチル酸) 効果が現れるのが早い鎮痛成分のひとつです。 片頭痛にはアセトアミノフェン・アスピリン・カフェインの合剤(AAC処方)が有効とする試験結果があります。 エテンザミド アスピリン(アセチルサリチル酸)と同系統の成分ですが、アスピリンに比べて胃障害が少ないといわれています。 イソプロピルアンチピリン 痛みをおさえる作用が比較的強めの成分です。 通称「ピリン系」と呼ばれる分類に属する成分であり、成分にアレルギーがある方がいます。 副作用の「ピリン疹」には注意が必要です。 ジクロフェナク 解熱鎮痛作用が強く、胃障害などの副作用がでやすい傾向もあります。 2018年1月現在、ジクロフェナクを含む頭痛薬は市販されていません。 市販の頭痛薬で対応できる主な頭痛は「」「」「」「」などです。 一般に「頭痛持ち」と呼ばれるような、原因がはっきりとせず何度も繰り返すことが問題の頭痛を「慢性頭痛」と呼びます。 慢性頭痛には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛(ぐんぱつずつう)」などがあります。 市販薬で効果があるとされる慢性頭痛は、比較的痛みの軽い「緊張型頭痛」「片頭痛」です。 「群発頭痛」に関しては 群発頭痛の痛みは市販の飲み薬では対処できません。 群発頭痛の痛みは緊張型頭痛・片頭痛と比べひどく激しく、片目の奥がえぐられるような痛みと表現されます。 群発頭痛に限らず「ひどく激しい頭痛」「市販薬を飲んでも効果がない頭痛」の場合はすみやかに医療機関を受診してください。 群発頭痛について詳しい情報は、関連記事をごらんください。 関連記事 【市販の頭痛薬が使える主な頭痛】 【市販薬で対処できる頭痛の目安】 ・生活に支障がでないくらいの頭痛 ・月に10日以内の頻度の頭痛 風邪の頭痛には頭痛薬を飲むべき? 風邪などの感染症が原因で頭痛が起こっている場合、頭痛薬を使うことが適切でない場合もあります。 特に風邪症状で総合感冒薬を使用している場合、さらに頭痛薬を飲むのは可能な限りお控えください。 市販の頭痛薬と総合感冒薬で成分が重複し、過剰摂取により副作用などがでるおそれがあるためです。 市販の頭痛薬の注意 市販の頭痛薬は月10日以内の使用にとどめてください。 頭痛薬を月に10日以上使用してしまう方は、薬の使いすぎが原因の頭痛・薬物乱用頭痛に陥っているおそれもあります。 その場合、薬の効きが弱くなったり、頭がかえって痛みに敏感になったりと症状が悪化するおそれがあります。 頭痛薬を月に10日以上使用してしまう方は、医療機関を受診して医師に相談するようにしましょう。 「いつもと違い痛みがひどく激しい」「市販の頭痛薬を飲んでも効かない」など市販薬で対処できない場合は、すみやかに医療機関を受診してください。 なお、カフェインや複数の鎮痛成分が配合されている頭痛薬は習慣化しやすく、頭痛薬を使う回数が多くなりやすい傾向にあります。 頭痛薬の使用回数が多いと感じる方は、有効成分が単体でカフェインを含まない頭痛薬の方がおすすめです。 緊張型頭痛・片頭痛とは? 【緊張型頭痛】 慢性頭痛のなかでは患者数がもっとも多い頭痛です。 首や頭の周りの 筋肉が緊張することで血行が悪くなることで起こるとされています。 後頭部を中心に頭の両側、もしくは頭全体がゴムバンドで締め付けられるような痛みがあります。 【片頭痛】 慢性頭痛の中では2番目に多く、特に女性に多い頭痛です。 脳血管が拡張することで起こると考えられており、ズキンズキンと脈打つように痛みます。 緊張型頭痛と片頭痛は区別が難しい場合もあります。 また緊張型頭痛・片頭痛を合わせて持っている方もいます。 頭痛持ちの方は、一度頭痛外来や神経内科を受診して、自身の頭痛のタイプを見極めることをおすすめします。 緊張型頭痛・片頭痛におすすめの市販頭痛薬 片頭痛・緊張型頭痛に有効とされるイブプロフェンの薬です。 有効成分がイブプロフェン単体で頭痛薬の使用が習慣化しにくいという点が優秀です。 片頭痛・緊張型頭痛の頻度が多めの方におすすめです。 液体のカプセルで即効性があるメリットに加え、さらに眠くもなりにくいので、予定のある際の頭痛でも使用しやすい頭痛薬です。 PMS(月経前症候群)とは生理の3〜10日前にはじまるイライラ感、胸がはって痛くなる、頭痛、落ち着かない、のぼせ、憂うつなどが起こる状態のことです。 PMSの症状は生理がはじまると軽くなり消えていくのが特徴です。 女性ホルモンの急激な変動が原因と考えられています。 生理前に起こる頭痛がPMSによるものであれば、市販薬で改善できる可能性があります。 なお生理周期に関連して起こりやすい頭痛はの可能性もあります。 PMS治療薬「プレフェミン」 PMS改善の市販薬として「プレフェミン」があります。 プレフェミンは薬剤師のいるドラッグストアなどで購入できます。 2018年1月現在、プレフェミンはインターネットや通販では購入できない医薬品です。 購入には薬剤師の説明を受ける必要があるので、ドラッグストアの薬剤師に相談してみましょう。 プレフェミンはチェストベリーという西洋ハーブの薬でだいたい1〜3か月で症状の改善が自覚できるとされています。 1か月間継続的に使用しても症状の改善が感じられない場合は、服用期間が不十分である可能性がありますが、PMS以外の疾患のおそれもあるため、一度医師または薬剤師に相談してください。 症状の改善がみられても3か月間を超えて使用を続ける場合はする場合は、定期的に医師に相談してください。 またプレフェミンは授乳中には使用できません。 妊婦・授乳婦 妊娠中・授乳中の方は特別な状態にあります。 できるだけ産婦人科の医師に薬を処方してもらうようにしてください。 自己判断での使用は推奨されませんので、比較的安全性の高いアセトアミノフェンのみを有効成分とした頭痛薬を使用してください。 また、12週までの初期と出産予定日12週前以内の後期には念のため避けた方が無難でしょう。 いずれにせよ、市販の頭痛薬はどうしても病院にいけない場合など、短期間にとどめて使用してください。 アセトアミノフェンのみが有効成分の頭痛薬です。 妊婦・授乳婦に対して市販薬では比較的安全性の高い成分です。 子どもが使える頭痛薬 小さな子どもの頭痛は基本的に医療機関の受診を優先させてください。 市販薬はどうしても病院に行けない場合などに使用してください。 ただし小さな子どもの場合、自分の体調をうまく伝えられないことも多くあります。 子どもがぐったりしている、頭痛薬を使用してもぐずるなどの異常がある場合は、救急車を呼ぶことも考え、すみやかに医療機関を受診してください。 小学生高学年〜中学生の女児の生理にともなう頭痛にも使用できますが、初めての頭痛の場合は病院を受診してください。 また年齢に限らず長期連用は避けましょう。

次の