手を煩わせてすみません 英語。 「お手を煩わせる」の様々な例文を紹介!意味と使い方を解説

お忙しい ところ 申し訳 ありません が 英語

手を煩わせてすみません 英語

例文一: Sorry to bother you with this. I think I can handle it by myself now. お手を煩わせてすみません。 これから自分で出来ると思います。 例文二: I appreciate the help with this. I think I can handle it by myself now. お手を煩わせてすみません。 これから自分で出来ると思います。 例文三: Thank you for taking the time to help me with this. I think I can handle it by myself now. お手を煩わせてすみません。 これから自分で出来ると思います。 ・日本の文化ではお願いや感謝するときによく「ごめん」や「すみません」と言いますが、欧米の文化では"sorry"を使い過ぎると相手がかえって不安になる場合が多いです。 したがって、"sorry"の代わりに"appreciate"や"thank you"を使う意訳を二つ書きました。

次の

間違いも多い「お手を煩わせる」の意味・使い方・例文

手を煩わせてすみません 英語

日本人らしい心配りの言葉の『手を煩わせる』をただ使えばいいというわけでもありません。 必要な時に的確に使っていかなければいけません。 それは、目上の上司の人に対しても使っていくことで、上司との関係性も潤滑にいきより良い新生活をおくれます。 世界的な企業に勤めているのであれば、当然のように英語圏の人など日本人以外の人とも交渉だけでなく日常会話も発生します。 新入社員であれば、先輩に連れられて相手方の交渉担当者と出会い、いずれは交渉が任される場面が訪れます。 それは、一定のスキルを上司が認めてくれたおかげでもあります。 であれば、正しく相手を思いやる言葉を使いたいものです。 このような時、先方が日本の企業であればこのまま使っても問題ないかもしれません。 しかし、世界的企業ともなると英語での説明も必要となっていきます。 日本語であれば、『煩わせてしまって』や『ご迷惑をかけてしまって』、『手こずらせてしまって』などいろいろな言葉がありますが、英語や相手方の役職によっても使い分けなければいけません。 『お手間を取らせます。 』=『I will take time and effort.

次の

「お手を煩わせる」の様々な例文を紹介!意味と使い方を解説

手を煩わせてすみません 英語

軽い慰労・ねぎらいは感謝の言葉で伝える 日本語の「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」の使い所として、「言づて」や「お使い」といった比較的軽い頼み事に対して(多少の手間を割いてもらった事への) ねぎらいを伝える場合があります。 英語では、手間や時間を割いてもらったような状況では、「申し訳ない」という観点ではなくて 「ありがとう」という感謝を伝えます。 thank you for your time 手間かけさせちゃったね、という意味の感謝を伝えるフレーズには thank you for your time(あなたの時間をありがとう)といった言い方があります。 thank you for taking your time と述べてもよいでしょう。 「手間」よりは「時間」に焦点が当たっているという点に留意しておきましょう。 多少の面倒・迷惑も感謝の表現で伝える 重い荷物を一緒に運んでもらったような場合のように、少し面倒なことを引き受けてもらったり、けっこう手を煩わせてしまったりした場合でも、英語では謝罪ではなく感謝の言葉を述べた方が適切です。 感謝の言葉を伝えられる場合は基本的に感謝の言葉を伝える、感謝の言葉が適さない場合に限りお詫びの表現を用いる、くらいの感覚を持っておいて差し支えないでしょう。 感謝のフレーズとしては thank you for your support(支えてくれてありがとう)や thank you for your help(助けてくれてありがとう)のような言い方がよく使われます。 thank you for your trouble thank you for your trouble という言い方は、けっこうな手間をかけさせてしまったような場面で使いやすい感謝フレーズです。 trouble は問題・厄介ごとといった意味の他に「迷惑」「骨折り」といった意味合いでも用いられます。 trouble の語を用いることで、相手に面倒をかけてしまったという認識を明示しつつ感謝を表現できます。

次の