もてぎ 大臣。 茂木敏充の女性問題が評判?嫁と息子は?特許を取得!健一郎と兄弟?

茂木敏充の女性問題が評判?嫁と息子は?特許を取得!健一郎と兄弟?

もてぎ 大臣

参院選が始まり、テレビなどでも党首討論が行われ、安倍晋三首相は憲法改正を争点に挙げている。 その安倍首相は2021年9月に自民党総裁任期満了を迎えるが、党内からは早くも「4選」を求める声が出ている。 一方、「ポスト安倍」の有力候補として報じられているのは、禅譲路線の岸田文雄政調会長、政権批判を先鋭化させる石破茂元幹事長、若きホープ小泉進次郎厚労部会長、三代目のサラブレッド河野太郎外務大臣、初の女性総理を目指す野田聖子氏。 また新元号の発表で注目を集めた菅義偉官房長官の名前もクローズアップされている。 そこで『文春オンライン』では、緊急アンケート「次期首相になってほしいのは誰ですか?理由もあわせてお応えください。 」(選択肢は下記)を実施。 投票総数は802票、20代~80代の幅広い世代の男女から回答が集まった。 その結果を発表する。 たびたび政権批判を行い、「党内野党」と言われることもある石破氏。 文春オンラインではこのアンケート結果を受け、を実施。 「政権を担う覚悟はあるのか」「また他の候補のことをどう見ているのか」などじっくり聞いた。 2位は38歳の小泉進次郎厚労部会長。 177票、僅差で石破氏を追う形となった。 続く3位は、総理大臣通算在任日数で歴代3位の安倍首相・4選(64)で126票。 4位に官房長官として安倍政権を支え続ける菅義偉氏(70)が入った。 5位は岸田文雄政調会長(61)、河野太郎外務大臣(56)の2人が並ぶ。 7位は初の女性総理を目指す野田聖子氏(58)だった。 またその他の回答は意見が割れたものの、橋下徹氏、枝野幸男氏、山本太郎氏などの名前が挙がった。

次の

茂木敏充大臣の派閥と学歴と身長は?妻や息子、家族構成は?

もてぎ 大臣

参院選が始まり、テレビなどでも党首討論が行われ、安倍晋三首相は憲法改正を争点に挙げている。 その安倍首相は2021年9月に自民党総裁任期満了を迎えるが、党内からは早くも「4選」を求める声が出ている。 一方、「ポスト安倍」の有力候補として報じられているのは、禅譲路線の岸田文雄政調会長、政権批判を先鋭化させる石破茂元幹事長、若きホープ小泉進次郎厚労部会長、三代目のサラブレッド河野太郎外務大臣、初の女性総理を目指す野田聖子氏。 また新元号の発表で注目を集めた菅義偉官房長官の名前もクローズアップされている。 そこで『文春オンライン』では、緊急アンケート「次期首相になってほしいのは誰ですか?理由もあわせてお応えください。 」(選択肢は下記)を実施。 投票総数は802票、20代~80代の幅広い世代の男女から回答が集まった。 その結果を発表する。 たびたび政権批判を行い、「党内野党」と言われることもある石破氏。 文春オンラインではこのアンケート結果を受け、を実施。 「政権を担う覚悟はあるのか」「また他の候補のことをどう見ているのか」などじっくり聞いた。 2位は38歳の小泉進次郎厚労部会長。 177票、僅差で石破氏を追う形となった。 続く3位は、総理大臣通算在任日数で歴代3位の安倍首相・4選(64)で126票。 4位に官房長官として安倍政権を支え続ける菅義偉氏(70)が入った。 5位は岸田文雄政調会長(61)、河野太郎外務大臣(56)の2人が並ぶ。 7位は初の女性総理を目指す野田聖子氏(58)だった。 またその他の回答は意見が割れたものの、橋下徹氏、枝野幸男氏、山本太郎氏などの名前が挙がった。

次の

地域活性化の拠点を形成する「道の駅」を選定しました

もてぎ 大臣

線香で尻に火が付いた? 茂木敏充経済再生担当相が、秘書による選挙区内有権者への線香配布問題で、追い詰められている。 公職選挙法にのっとった対応だったと主張するが、1月31日の参院予算委員会では、公選法違反の疑いを念頭に追及する野党に、イラだった反応をみせた。 衆院予算委では、公選法を所管する野田聖子総務相との「談笑シーン」がNHKの生中継に映り、与党幹部も不快感。 「もり・かけ・スパ」に線香が加わり、安倍政権は乗り切れるのか。 「先生、あの、個別の政治活動で何らかの違法性があるというなら、ご質問いただければと思いますが」。 茂木氏は31日の参院予算委員会で、茂木氏の秘書による線香配布の経緯を問い詰めた民進党の森本真治氏に、不快感を示した。 一方で答弁は「個別の政治活動については控えたい」と具体性に欠け、野党席からブーイングが起きた。 今回の問題は「週刊新潮」の報道で浮上。 公選法は、候補者名が類推できる方法での寄付行為を禁止している。 茂木氏は先月末の衆院予算委員会で、秘書による線香や衆議院手帳の配布を認めつつ「配布物に私の氏名はなく、政党支部の政治活動として配布した」「公選法にのっとっている」と強調したが、納得できる答弁には至っていない。 この日も、自身の線香配布は否定したが、秘書が茂木事務所の名刺を持参したかどうか指摘されると「その場に居合わせておらず、分からない」とかわした。 線香配布の際、秘書に茂木氏と分かる言動があったか、一連の行為が公選法にある「類推」に当たるかが最大の焦点だ。 野党は、かつて自身で有権者に線香セットを配り、公選法違反に問われて議員辞職した小野寺五典防衛相にも答弁を求め、小野寺氏が淡々と「経験談」を語る場面も。 14年には、名前入りうちわを配って公選法違反と指摘された松島みどり法相が辞任。 類似案件では議員辞職や閣僚辞任の「前例」があるだけに、野党は、閣僚辞任だけでなく議員辞職を求めて徹底追及の構えだ。 加えて、茂木氏の態度にも批判が集中。 衆院予算委員会では安倍晋三首相の答弁中、あろうことか公選法を所管する野田総務相との談笑シーンが、NHKの生中継に映り「なれ合い」のような印象を与えた。 この日、自民、公明両党の幹部会で公明側が苦言を呈し、茂木氏に緊張感を持つよう求める声も拡大。 茂木氏は安倍政権の重要閣僚だけに、進退に発展すれば政権に打撃となりそうだ。 【中山知子】.

次の