ドル チャート。 円相場歴史:ドル/円チャート長期レート|1.10.20.30.50年推移

為替(FX)チャート|リアルタイムチャート

ドル チャート

2005年末 2010年末 2015年末 直近 米ドルへの 影響度 方向性 政策金利 4. 255 0. 18 Jun. 15% 0-0. 10% 0-0. 10% 0. 1% Jun. 71 Jun. 10% 0. 00% 0. 20% 0. 40% 4. 90% 3. 30% 2. 現トランプ政権はアメリカ第一主義を掲げており、輸出産業保護のため基本的には一貫したドル安志向。 ただ、通貨に対するコメントはしても為替市場に直接的な介入を行うには至っていない。 一方で関税をテコとした保護貿易的な政策を推し進めており、特に中国とは「貿易戦争」とまで言われるほど対立が激化、両国のみならず他の国の実体経済にまで負の影響を及ぼしている。 さらにFRBの金融政策に干渉、利下げを行うようたびたび圧力をかける等、ルール違反も目立ち行動が予測しにくい。 18年には中間選挙で下院の過半数を失い「ねじれ」の状態に。 また、たびたび弾劾が取沙汰されるなど、求心力に翳りもみられる。 2015年12月のFOMCでFRBはゼロ金利政策を解除、政策金利の0. これは米国がリーマンショック以降の景気後退局面をいち早く脱しつつあることの証左ととらえられた。 2016年は中国を初めとする新興国経済の不安定化から景気が足踏み、当初予定されていたほどの金利の引き上げは実施されなかったが、11月に予想外のトランプ政権誕生が決まり、米企業の海外収益への課税、国内減税、保護貿易主義、インフラ投資などそれまで想定していなかった経済の動きが今後生じることとなり、ドルや株式市場にに資金が還流。 中国の景気後退もどうにか踏みとどまる兆しを見せ、2016年12月にFRBは「景気に対する信任の証し」に再度金利を引き上げた。 その後2017年に入ってからは、トランプ政権の財政刺激策の遅れや、「ロシアゲート」に象徴される政治の先行き不安から「トランプユーフォリア」は熱を下げながらも引き続き株式市場は活況、2017年も3回の利上げを実施した。 2018年は新年早々株価が大幅に下落するなど波乱の幕開けに。 2009年以降続いた株価の一方向での上昇に翳りがみられるようになった。 トランプ政権の対中強硬政策が目立ち関税引き上げ合戦から世界経済に徐々に懸念が広がる。 それでも米国は4回の利上げを実施。 そして2019年、米景気の停滞感はさらなる広がりを見せる。 年前半は政策金利を据え置いたFRBはついに約10年ぶり政策金利引き下げに転じた。 また、その比率は近年むしろ高まっている。 2015年頃までは世界の主要国に先んじて景気の回復局面に入りつつあると目されていたことからドルが買われていたが、2016年には英国が国民投票で予想外にEU離脱を決めたことでリスク回避の動きが加速、ドルは対円ではリスク回避の円買いに押され100円割れ。 しかし、11月に想定外のトランプ政権の誕生でドル円は一気に上昇、年末には118円台に達した。 以後は2019年まで膠着状態が続き値幅は年々狭まる傾向となっている。 「FX羅針盤」 ご利用上の注意 当サイトはFXに関する情報の提供を目的としています。 当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。 FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。 当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。 したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。 当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。 当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。 当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。 当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。 当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、にご同意いただいたものとします。

次の

為替(FX)チャート|リアルタイムチャート

ドル チャート

(EURUSD ユーロドル 4時間足 直近のユーロドルを見ると、反落の形状と切り返しの形状が対称のようです。 対称だからこの後、大きく下がる可能性がある、ということではありません。 様々なチャートを追いかけていると、似た形状のチャートが出てきます。 それらを、ずっと見ていると、チャートの歴史を感じることが出来るようになります。 チャートの歴史とはどういうことか。 ここでいうチャートの歴史とは、そのチャートに現れている買い方と売り方の戦いの軌跡が歴史となってチャートとして刻まれているということです。 赤い線が高値として意識されています。 2本のトレンドラインを、右肩下がりのところと右肩上がりのところに入れています。 右肩下がりのところは、売り方が有利に戦いを進めていました。 右肩上がりになると、今度は買い...

次の

銀価格チャート

ドル チャート

ドル円の概略とFXに興じる日本人について 国内のFX個人投資家の 実に8割近くが売買する主要通貨ペアがドル円です。 為替取引全体で見るとユーロドルが全体の24%、ドル円はそれに次いで18%程度のシェアを誇っているんですね。 でも、国内のFXの世界では圧倒的な取引量を誇る極めて特殊な通貨ペアとなっているのがこのドル円なんです。 市場全体としても日本の個人投資家の動きを無視できないところまで来ているんですね。 国内のFX業界はドル円の相場が動けば非常に取引ボリュームが膨らむことになり、活況を呈します。 でもひとたび膠着状態に陥ると途端に取引ボリュームが減少するというきわめて特殊な状況におかれているんです。 東京時間では日本人がドル円チャートを動かす 冒頭の、時差がちょうどいい塩梅だという話はこのあたりの理由から言及した話題です。 つまり、ドル円は日本に住んでいる個人投資家がよく取引をするので、 東京時間では日本人がチャートを動かすイメージなんですよ。 自国通貨と基軸通貨のペアだからですね。 一方、NY時間では米ドルが主導権を握ります。 大勢は当然アメリカ人です。 要は1日24時間の流れの中で、ほぼ半分ずつペアを為す通貨への注目度が上下するんです。 それだけに証券会社は各社ともにドル円をベースとしたプロモーションは熾烈なサービス競争を行っているんですね。 スプレッドも極めて狭い設定をする業者が多いことから個人投資家にとってはますます取引しやすい環境が構築されている状況にあるんです。 世界的に見てもこうした偏った取引市場を形成しているのは日本だけで、非常に特殊なマーケットになっていることがわかります。 時間帯ごとのドル円チャートの推移 つまり、ドル円の特徴のひとつは取引時間帯が変わるとセンチメントが大幅に変わることがある点だということができるんです。 東証のスタート時間である朝9時から本格的に取引がはじまると 日経平均と連動した動きが強まります。 9時55分に仲値が決まり、その後の取引が活発化する10時半ぐらいまでが1つのピークタイムとなります。 午後の時間帯は一旦大きく動かないことが多くなりますが15時の引けにかけては 急激な動きになることもある状況です。 ロンドンの始まる夏時間の午後4時以降は流れの変わる大きなポイントとなります。 いわゆるロンドンの猛者たちによるアジアへの仕掛けです。 主要プレーヤーの変化と翻弄されるドル円 これはインターバンクのロンドン勢が意識的に行っているものです。 どうもロンドン勢はアジア勢、とくに日本の個人投資家がすんなり利益を上げられないように それまでの動きとは逆に相場を展開させることが多いんですね。 この時間帯に個人投資家が思わぬストップロス狩りにあったりすることもしばしば起こります。 これは言葉を選ばずに言えば、金融に強いロンドン勢が金融後進国のアジアを食い物にしているということです。 そしてロンドン勢は午後8時過ぎまでは結構暴れまわることになりますが、NYタイムの前までに一旦動きが収まる傾向にあります。 NY勢の登場とドル円トレードのキモ その後はNY勢が参入しはじめる午後9時過ぎにさらに動きが変わることが多いです。 NY勢は米国の株式相場や債券相場を睨みながら売買をすることからここでもセンチメントが微妙に変わることになるんです。 通常は同じ通貨では同時期には一定のトレンドがでているのだから、日に何度もセンチメントが変わるということは理解しにくいものですよね。 なぜ変わるのでしょうか? つまりこの問いに対する答えは、 「主要なプレーヤーが変わるから」ということなんです。 これがドル円の特徴のひとつなんですね。 であれば、自ずとドル円でトレードするときの心構えが見えてきます。 たとえばスキャルピングであれば、東証の寄り・引けの時間、アメリカ市場の寄り・引けの時間がひとつのトレードチャンスになるとおもいませんか? ドル円チャートの特徴 総括 さて、いかがでしたか? ドル円は他の通貨ペアに比べると1日の上下幅は比較的少なく、リスクという点でいうと比較的安定感のあるものとなっています。 しっかりした資金管理をして正しい相場環境認識が常にできていれば、そこまで大きな損失を出すことはないとおもいます。 日本語の為替情報が一番入手しやすいのもドル円ですからね。 ドル円のぼくのおすすめのやり方は、東京時間での秒スキャと、トレンド相場におけるスイングトレードです。 特に円相場に対しての認識に自信が持てるときは東京時間に資金を集中投下します。 このスタンス、平日にトレードできる場合はけっこうおすすめですよ。 ぜひやってみてください。 Dakar ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。 7 NEW ENTRY.

次の