カブトムシ 井口。 井口理とaikoのファンを豪語で恋人つなぎ!?カブトムシのハモリがエモい

aiko、King Gnu 井口理との「カブトムシ」歌唱を振り返る「すごく気持ち良くデュエットした」

カブトムシ 井口

参考: Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。 同チャートを1週間分集計した数値の今週分(3月26日公開:3月19日~3月25日集計分)のTOP10は以下の通り。 1位:Uru「あなたがいることで」 2位:YOASOBI「夜に駆ける」 3位:Rin音「snow jam」 4位:ALKALOID/天城 一彩(CV. 梶原 岳人)、白鳥 藍良(CV. 天﨑 滉平)、礼瀬 マヨイ(CV. 重松 千晴)、風早 巽(CV. 中澤 まさとも)「Kiss of Life」 5位:Official髭男dism「I LOVE…」 6位:Crazy:B/天城 燐音(CV. 阿座上 洋平)、HiMERU(CV. 笠間 淳)、桜河 こはく(CV. 海渡 翼)、椎名 ニキ(CV. そのほかも前週から引き続いてのTOP10入りが目立つが、今回は7位にランクインしたaiko「カブトムシ」について書いていきたい。 aiko- 『カブトムシ』music video 「カブトムシ」は、1999年にaikoが4thシングルとしてリリースし、彼女の名を世に知らしめた楽曲。 ではなぜ、このタイミングで「カブトムシ」が突如バイラルチャートを駆け上ったのか。 その熱狂の大元は、2月20日に放送されたラジオ番組『King Gnu井口理のオールナイトニッポン0 ZERO 』(ニッポン放送)に遡る。 King Gnuのフロントマンである井口理が、大ファンであるaikoへの愛を伝えるべく、手作りのシュークリームまで用意して彼女を迎えたこの日の放送。 SNSを中心に大盛り上がりとなったほか、radikoの再生数もうなぎ上りだったという。 だが、この日の反響がすぐにSpotifyのバイラルチャートに現れることはなかった。 なぜなら、aikoの楽曲はこの時点でストリーミングサービスに配信されていなかったからだ。 その約1週間後となる2月26日に、aikoは全楽曲をストリーミングサービスで配信開始した。 この辺りはタイミングの妙と言えるが、上記の『ANN0』のタイミングで解禁されていれば、もっと早くにチャートを駆け上ったに違いない。

次の

【イイ感じに分析】King Gnu 井口理さんのカブトムシハモりは何故心に響くのか

カブトムシ 井口

20日深夜、ニッポン放送のラジオ番組「King Gnu井口理のオールナイトニッポン0」に歌手のaikoがゲスト出演した。 番組放送中、井口がaikoのヒット曲「カブトムシ」を歌い始めると、2番からaikoもマイクを手に取り、立ち上がってデュエットするシーンがあった。 スタッフからは「今ツアー中なので無理をしないでも大丈夫です」と言われていたにも関わらず、歌い出しからaikoの目を真っすぐに見て歌う井口に心を打たれたのだろう。 歌詞にあわせて恋人つなぎをしながら歌うシーンもあり、スタッフも大盛り上がり。 スタジオは一時ライブ状態となった。 2019年には「白日」が大ヒット、「第70回NHK紅白歌合戦」にも出場し、ブレイクしたKing Gnu。 なかでも声楽科出身のボーカル・井口の歌声は、クラシックやオペラのような発声で抜群の歌唱力を誇っている。 地声と裏声を使い分け、聴き手を一瞬で惹きつける美しい歌声が人気を呼んだ。 今回のaikoとのデュエットでも、事前に用意してきたハモリのメロディを、裏声と地声を使い分けながらaikoの歌声にあわせて披露していた。 放送終了後、aikoは自身の公式ツイッターにて「一緒にカブトムシ歌った時スタジオの外のスタッフの皆さんが立ち上がって笑ってくれたのめっちゃ嬉しかったね。 こんな忙しい中、鬼素敵なコーラスを考えてくれて井口くん尊敬してます」と井口にメッセージを送った。 これに対し、井口は「お忙しい中、しかも歌まで一緒に歌ってくださるなんて…今日はaikoさんの綺麗な心と歌声に触れて、スタッフも僕もみんな自然と笑顔になっていました」とコメントしている。 ファンからも「2人とも天才なの?」「もうあんな最高なカブトムシ聞いたら眠れやしませんよ!」「aikoも理も好きだーー」「ファン公認のカップルですよ」「伝説回すぎました」「どんな恋愛ドラマよりもキュンキュンした」「全身という全身が震え上がりました」などの声が寄せられ、興奮冷めやらぬ状態が続いている。 ラジオだけではなく、今後は歌番組などでのデュエットを期待するファンも多いだろう。

次の

aiko カブトムシ 歌詞&動画視聴

カブトムシ 井口

20日深夜、ニッポン放送のラジオ番組「King Gnu井口理のオールナイトニッポン0」に歌手のaikoがゲスト出演した。 番組放送中、井口がaikoのヒット曲「カブトムシ」を歌い始めると、2番からaikoもマイクを手に取り、立ち上がってデュエットするシーンがあった。 スタッフからは「今ツアー中なので無理をしないでも大丈夫です」と言われていたにも関わらず、歌い出しからaikoの目を真っすぐに見て歌う井口に心を打たれたのだろう。 歌詞にあわせて恋人つなぎをしながら歌うシーンもあり、スタッフも大盛り上がり。 スタジオは一時ライブ状態となった。 2019年には「白日」が大ヒット、「第70回NHK紅白歌合戦」にも出場し、ブレイクしたKing Gnu。 なかでも声楽科出身のボーカル・井口の歌声は、クラシックやオペラのような発声で抜群の歌唱力を誇っている。 地声と裏声を使い分け、聴き手を一瞬で惹きつける美しい歌声が人気を呼んだ。 今回のaikoとのデュエットでも、事前に用意してきたハモリのメロディを、裏声と地声を使い分けながらaikoの歌声にあわせて披露していた。 放送終了後、aikoは自身の公式ツイッターにて「一緒にカブトムシ歌った時スタジオの外のスタッフの皆さんが立ち上がって笑ってくれたのめっちゃ嬉しかったね。 こんな忙しい中、鬼素敵なコーラスを考えてくれて井口くん尊敬してます」と井口にメッセージを送った。 これに対し、井口は「お忙しい中、しかも歌まで一緒に歌ってくださるなんて…今日はaikoさんの綺麗な心と歌声に触れて、スタッフも僕もみんな自然と笑顔になっていました」とコメントしている。 ファンからも「2人とも天才なの?」「もうあんな最高なカブトムシ聞いたら眠れやしませんよ!」「aikoも理も好きだーー」「ファン公認のカップルですよ」「伝説回すぎました」「どんな恋愛ドラマよりもキュンキュンした」「全身という全身が震え上がりました」などの声が寄せられ、興奮冷めやらぬ状態が続いている。 ラジオだけではなく、今後は歌番組などでのデュエットを期待するファンも多いだろう。

次の