さよなら、透明だった僕たち。 【シャニマス】透明になった僕たち。天塵感想1〜2話【ノクチル】

シャニマス『天塵』感想。透明なまま終わってしまった|いよかん|note

さよなら、透明だった僕たち

ノクチルイベントが来た。 コミュの感想を書く (注意!『天塵』ネタバレあり、その他ノクチルに関するコミュに言及あり)。 彼女たちは「透明」なまま まず衝撃的だったのは、ノクチルの面々が全く「アイドル」にならなかったということ。 彼女たちは最後まで、関係性も、考え方も、生き方も変えなかった。 4人はずっと幼馴染としての関係を崩すことは無かったし、練習も、本番でさえも日常の延長線上に置いていたように思える。 「そんな中で、どうなんでしょうねぇ 遊びのつもりだったら、かえって残酷ですよ」 モブディレクターのこのセリフ、正直なところ私も同意してしまった。 ほんとうにノクチルをアイドルとしてプロデュースしていく意味はあるのか?「透明な少女」のまま、放っておくほうが彼女たちの幸せのためなのではないのか……。 と思わずにはいられなかった。 はっきり言って、その透明さを彼女たちの魅力と捉え奮闘する作中のプロデューサーには全く共感できない。 このように私が思ってしまうのは、アイドル4人の見せる顔がことごとくW. 編でのそれと全く違っているからだ。 透はプロデューサーとのコミュニケーション不全を通して、自分を表現することを学んでいく。 円香は仕事を通じて、努力を評価される恐怖に真剣に向き合い、打ち勝つ。 小糸は自分の努力を自分で認め、本当の「よゆー」へと一歩近づく。 雛菜は自分を理解してくれたプロデューサーに心を開き、自分の「しあわせ」に他者が関わりうることを知る。 4人はプロデューサーとの関わりやアイドル活動を通じて、今までの生き方や考え方を変えるようになっていく。 彼女たちが加入した初めての全体曲の一つ『Dye the Sky. 』にも、その片鱗が見える。 変わって(しまったと) 誰かが(言うだろう) 前へと進むたび (だけど)もう遠慮なんていらない 誰の定義でもない 私であれ 限界なんて本当はそこにない 覆せ、塗り替えて ところが、今回のイベントコミュでは、彼女たちの色は一切何者かの手によって染められることは無いし、歌詞のように自分で染めようともしない。 テレビ局の勝手な要求を呑んで、浅倉中心のユニットとして世に出て行くこともできただろうし、海に行くときももっと明確な目的や意志をもって臨むこともできただろう。 あるいは何か自分たちで自主的な活動をするとか。 自分たちを変えるチャンスはいくらでもあったわけだが、彼女たちは一切そういうことをしなかった。 ストーリーの中で、彼女たちの関係性も、考え方も、何一つ変わることは無かったのだ。 海でのライブは誰にも注目されることは無かったし、彼女たちの中で「アイドルって楽しい!」という思いが生まれることもなかった(「アイドルが楽しい」という文言自体はストーリー中に出てくるが、それは「4人で一緒にいられるから」という気持ちでしかなく、新しい世界に触れる楽しさや高揚感は彼女たちの中にないだろう)。 彼女たちは何一つ変化することなく、「透明」なまま話は終わる。 あまりにも長い、プロローグ いままで登場してきたアイドルたちは、アイドルになるにあたって「目的」がはっきりしている人ほとんどだった。 そうではなかった子たちも、共に活動するユニットメンバーから刺激を受け、目的意識がはっきりしていくというパターンが多かったように思う。 新しい環境、新しい人間関係が人を変えていく……というのは、私たちの生活にもありふれていて、とても自然なことだ。 ところが、ノクチルにはそれがない。 ユニットの4人は幼馴染。 会う場所が事務所やレッスン室になっただけだ。 「好きとか嫌いとか、意識することがない」くらい親密な関係の4人にとって、会う場所の変化など取るに足らないものであろう。 ノクチルには他のアイドルたちにあった変化の要因が一つ抜け落ちているといえる。 アイドルになった4人の人間関係における「新しい登場人物」は、プロデューサーしかいない。 だからこそ、プロデューサーとの関係性が非常に重要になってくる。 それにもかかわらず、イベントコミュではプロデューサーは営業ばかりで、ノクチルとのコミュニケーションが欠落している。 それは単に「明示的には描かれていない」というだけでなく、本当にコミュニケーション不全であったのではないか、と感じずにはいられない。 ノクチルのメンバーが誰もプロデューサーに言及しないうえ、最後の海のシーンではプロデューサーは全く4人に介入しない。 互いに距離があるように思えて仕方がないのだ。 しかし、W. G編で彼女たちが「色」を手にしていくのを見ている以上、このまま彼女たちが「透明」でいることはないはず……。 と考えると、今回のイベントは「壮大な前振り」「長すぎるプロローグ」と思わざるを得ない。 というか、そうであってくれなければ困る。 私の好きなノクチルは、こんな透明なままの、停滞したままの少女たちではなく、前へと大きな一歩を踏み出すアイドルたちなのだから。 だから今回のコミュは正直言って結末が受け入れられなかった。 たとえていえば、スターウォーズのIV、V、VIを先に見てわくわくしていたのに、IIIでダースベイダーが全く登場しなかったようなものだ(ご存知の方も多いだろうが、スターウォーズシリーズはエピソードIV、V、VIが先に制作され、I、II、IIIはそのあとに制作・公開された。 つまり、IIIを観る人のほとんどはその結末、アナキンがダースベイダーになることを知っている状態だった)。 納得がいかないまま終わってしまい、なんだか不完全燃焼の心地である。 こうして感想を書いている間も、コミュを全部もう一度見返したりはしていない。 というか見返せない。 最後までモヤモヤが晴れないことを知っているのに、どうしてもう一度見れようか? もちろん、今回のコミュが悪かったわけではない。 むしろ話としては面白かったし、幼馴染としての4人の関係が見えてきたという意味では素晴らしいコミュだったと思う。 しかし、アイドルとしての4人を好きである以上、どうしても、どうしても何かが足りない。 だから、これはプロローグなのだと信じ込んで自分を必死に防衛しているのが現状だ。 「色」を手にした4人の関係がどうなっていくのか、幼馴染ではなくアイドルユニットとしての4人がどんな活躍を見せてくれるのか……。 それを見るまでは彼女たちの本質も見えて来ず、「ノクチルが好きだ」と心から言えないというのが正直なところだ。 早く何か新しい展開が来てほしいと切に願う。

次の

さらば夢想の日々

さよなら、透明だった僕たち

ドーモ、伝書鳩Pだ。 2020年3月22日(日)は、家にいた。 その日は「THE IDOLM STER SHINY COLORS SPRING PARTY 2020」の開催日で、21日から二日間行われるはずだったライブで、おれはライブビューイングの劇場から担当を応援するはずだった。 アイマスライブに参加するのは初めてで、めちゃくちゃ楽しみにしていた。 だが、世界的な情勢を受け中止となり、みんなで悲しみを分かち合う一日になった。 その代わり、新情報大公開SPとして生配信が行われた。 この度の中止に際し、最も無念を感じているのはスタッフやキャストの皆さんでありながら、真摯な言葉で中止を詫びる高山Pに、なぜか申し訳なくなってしまった。 ギリギリのタイミングまで開催か中止を検討する心労を想像すると、こちらまで胃が痛くなってしまう。 この予断を許さない状況下で、エンターテイメントを届けようとしてくれたその気持ちに、一介のユーザーながら感謝を伝えたい。 チケットの払い戻し分をそのまま課金に突っ込みつつ、どうかタイトルの存続と維持の足しになればと財布と睨めっこの日々が続いている。 実は私アニメイト秋葉原店の店長なんですが、最近入ったバイトの黛くん、面接の時はアニメは詳しくないんですよ~って言ってたけど、陳列も接客も完璧なんだよなぁ。 この前なんてお客さんに在庫聞かれて「この作品だとアニメ化コーナーなのでレジ前にございます~」って淀みなくアナウンスしてたし。 なんかポエムっぽいことを言っては失敗することに定評のあるおれだが、どんなに言葉を尽くしてもこの衝撃は文字に起こせないだろう。 ストレイライト参戦発表時にプロデューサーですらなかった新参にとって、これが初めての新規参入の報せであり、良くも悪くも現れたニューカマーが「シャニマスっぽくなかった」からである。 名を ノクチルという。 すげぇ。 シャイニーカラーズというタイトルは「虹」「翼」という言葉が多く用いられ、それらは当然「空」を連想するワードだった。 なのに、彼女たちのユニットカラーは群青色を表す ウルトラマリンで、ミネラルウォーターを彷彿とさせるロゴのせいで水、海のイメージが強い。 チルアウト・ノクチルカ さよなら、透明だった僕たち 幼なじみ4人で結成された、透明感あふれるアイドルユニット。 は?なに??透明「だった」彼女たちがアイドルという「色」を経て283プロという「虹」に連なるってことか?????その上、彼女たちは幼馴染であり、アイドルになる前からの関係性が存在する(した)唯一のユニットであるらしい。 つまり、ノクチルを編成してフェスに参加する場合 すでに強固な絆が存在する4人の間に1人ねじ込まなくてはならない。 助けて真乃めぐる。 プロフィールを見てもっと驚き。 浅倉透と樋口円香が2年生で、市川雛菜と福丸小糸が1年生なんですよ。 同じタイミングで卒業できないんですよ。 ラブライブかよ。 んで、雛菜のプロフィール、「幼馴染みで先輩の透を慕っている。 」が不穏だな???円香と透を取り合って対立するコミュあるでしょ。 小糸ちゃんの「みんな、私がいないとダメなんですよ」もね、意味深よね。 透「ゆっくり思い出してよ、私のこと」 初対面ですよね??幼馴染って、おれも含むの?? ノクチルのロストナンバー、永久欠番となった5人目の幼馴染って、まさかー。 円香「クレイジーな人ですね。 ありもしない幻想に浸ってご満悦なんて」 そんなこんなで、予想と妄想でこんがらがって脳内薄桃色になっていたら、ノクチル初のコミュが配信されたので、居ても立っても居られず読んで、あっという間に彼女たちに見惚れてしまった。 以下、ネタバレ含む。 かつてのピクニックの写真を見せるプロデューサーと、少しズレた着眼点を見せる透。 髪の色すっごい綺麗だけど伸びると大変そう。 天然とまではいかないけれど、世界の見え方がクラスメイトと違っていて、それで幼馴染以外とは交流がなかったりするのかな。 真っ先に透先輩が出てきちゃう。 雛菜の幸福論は「わたしと透先輩」だけの世界がゴールだったりしないよね。 4人でノクチルだもんね。 声、出していいの…!! 「加工」って言うんじゃありません。 おいやめろ、こちとらVi特化でW. 優勝しとるんじゃい。 メンタル削れちゃう。 透ちゃん、掴みどころのない女の子で、それが魅力なんだろうな。 どのクラスに一人はいる、他の女の子よりも大人びてミステリアスで、男子の中では高嶺の花に意図せずなっちゃって、話しかけるのを周りが躊躇っちゃうタイプ。 プロデューサーには冷たい態度の円香ちゃん。 アイドルになったのも「4人だから」で、決してプロデューサーの言葉に打ち抜かれてではない。 そんな彼女の「アイドル」への向き合い方が濃厚に描かれちゃうんだろうな~。 実装されたら 最優先でW. 決勝敗退コミュを読もうと思います。 虹がかかるかどうか。 彼女たちの色が何色で、283のみんなと出会ってどんな虹を形作るのか。 われわれプロデューサーは、彼女たちにどんな色を与えられるだろうか。 何かもわからなくて、ノクチルという名のキャンバスには可能性だけが開かれた真っ新な白色。 そこに碧い風が吹いて、染まっていくんだろうな。 海の青さも、空の輝きも入り混じった、彼女たちの今を切り取った煌めきに。 こんなに内容のない記事は初めてだが、吐き出してなんとか落ち着いた。 一年後、彼女たちのコミュが増え人となりがわかってきたころに、この文章を読み返して恥ずかしくなりたい。 それだけです。 ノクチルにやられた人たち.

次の

noctchill (のくちる)とは【ピクシブ百科事典】

さよなら、透明だった僕たち

バンダイナムコエンターテインメントは、ブラウザゲームプラットフォーム 「enza」にてサービス中の 『アイドルマスター シャイニーカラーズ』に関して、新ユニット「noctchill ノクチル 」を発表しました。 シャニマス1周年では「ストレイライト」が発表されたこともあり、新ユニットの登場を予想していたプロデューサーの方も多かったのではないでしょうか。 公式サイトでは、すでにキャラクタープロフィールが公開されており、サンプルボイスを聴きながら登場に心を躍らせることができます。 また、3月23日15:00から復刻開催されたシナリオイベント「PiCNiC BASKET! 」では、ED後に追加されるEXコミュにて、ノクチルの4人が先行登場しました。 詳細は是非ご自身の目で確かめていただきたいところですが、イメージ通りのアイドルと少し異なったアイドルがいたな、と筆者個人的には思った次第です。 今回は、ノクチルの登場がもう待ち切れなくなっている筆者が、現状で出ている情報だけで彼女達の魅力を紹介していきたい!そのような内容となっております。 出ている情報が少ない関係で、どうしても筆者の主観の部分が強くなってしまいますことを、先に断っておきます。 まだシャニマスを遊んだことのない方も、もしかしたらTwitterトレンド等から彼女達を見て、そして283プロのアイドルを見て興味を持ったかもしれません。 魅力を紹介しながら、いちプロデューサーとして期待感を高め、最高潮のテンションでノクチルを迎えるための準備をしていきたいと思います。 『さよなら、透明だった僕たち-チルアウト・ノクチルカ-』。 群青色で書かれた言葉が目を引きます。 チルアウトとは、音楽ジャンルのひとつで、ゆったりとしたリラックスミュージックのようなものです。 言葉としては「Chill out」つまり「冷却」を意味し、転じて「落ち着く、ゆったりする」などの意味を持ちます。 バラード調のしっとりとした楽曲はシャニマスの中でもあり、またアイマス全体でもありますが、「チルアウト」を前面に出したことは今までになかったと思います。 少なくとも、筆者は驚きました。 したがって、とても挑戦的なユニットである、という第一印象を持ちました。 次に、ノクチルカとは、夜光虫と呼ばれる海洋性プランクトンのこと。 海に漂い、夜に光る生物を言います。 余談ですが、ノクチルカの発光は「ルシフェリン-ルシフェラーゼ反応」によるもので、この発光酵素の名称はラテン語で「光をもたらすもの」を表す「Lucifer」が由来という説もあります。 何が言いたいかというと、その身に「光をもたらすもの」の力を宿しているというのは、なかなかファンを照らすアイドル的だな、と感傷に浸った、という話です。 チルアウトとノクチルカを合わせて、ノクチル。 かつて『エレクロトロ・プランクトン』という、電子プランクトンとの交流を表現したうゲームがありましたが、そのような癒しと没入をもたらしてくれるのではないでしょうか。 「さよなら、透明だった僕たち」という言葉も気になります。 彼女達は何にさよならを言っているのか、いや果たして彼女達が言っているのか言われているのか。 彼女達とするならば、アイドルではない今までにさよならを言っているのでしょうか。 アイドルになることで、幼馴染からユニットメンバー、そしてライバルへと関係性が変わっていくから、さよならと言っているのでしょうか。 なにより気になるのはユニットの人数です。 これまでの283プロ所属ユニットは3人や5人、奇数人でした。 しかしノクチルは4人。 もしかしたらもう1人いた?いる?そんな様々な背景が想像できるコピーです。 夜に光るノクチルカと「透明だった僕たち」に告げる「さよなら」の言葉は、色彩的な変化をイメージさせます。 ユニットロゴデザインとPVに表されている、水中から海面を見上げていくような描写は、むしろ群青から透明へとの変化であるようにも思えます。 しかし、キャッチコピーとしてはその逆で、透明から着色されていく変化を表しています。 これが何を意味するのか、非常に楽しみなところです。 光をテーマに据えてノクチルを考えたとき、同様に光をテーマとしたストレイライトの存在は大きいでしょう。 完全に個人的な意見ですが、ノクチルはストレイライトのアンチテーゼ的なユニットであるのかな、と考えました。 これは「摩的・アンチテーゼ」 ストレイライトすなわち迷光。 光を反射して虚像を作るもの。 冬優子や愛依はアイドルとしてキャラクターを作り、ファンの期待に応えます。 プロデューサーやファンの光を借りて、アイドルという偶像を作り出す存在、それを色濃く描いたのがストレイライトであると考えます。 しかし、ノクチルカすなわち夜光虫は、微弱ながらも自力で光を発することのできる存在です。 集まることで夜の海に幻想的な光景を作り出すノクチルカは、偶像ではありません。 ナチュラルボーンアイドルとでも言えるのでしょうか、自然体でアイドルになっていくような展望が見えます。 1年おきに追加された2組のアイドルがどちらも「光」に関わったユニット名であることは偶然ではないでしょう。 そして、「イルミネーションスターズ」も「光」なんですね。 なんということだ。 すらっとした体型でダンスやモデルがよく似合いそうです。 グラデーションになった髪の毛、透き通るような瞳、堂々とした佇まいは、確かに誰もの目を奪うようなオーラ、存在感があります。 それでいて、涼やかで透明感がある、無敵すぎる。 聴けるセリフは、プロフィール通りマイペースで言いたいことをはっきり言えるような性格であると窺えます。 とてもかわいいです。 透をセンターであるとするなら、そのカリスマ性は他のユニットアイドルとは異なっているように感じます。 それは、ノクチルが幼馴染4人のユニットであり、4人の関係性がアイドルになる以前からも続いていたことにもよるでしょうが、明確に自然体でいるのです。 例えばアンティーカのセンターである恋鐘も自分を飾らないアイドルですが、表現するのであれば「天真爛漫」であると考えます。 ストレイライトのセンターであるあさひもマイペースな言動をしますが、「天才肌」という表現が近いのではないでしょうか。 彼女達と画す透は、「自然体である」ことの表現に取り組まれているアイドルであると感じました。 「-ゆっくり思い出してよ、私のこと」という一言には、いい意味での嫌な予感しかしません。 筆者は元々00年代成人向けゲームオタクなので、こういう修羅場を幾度も経験してきました。 もう一人の高校2年生の樋口 円香 ひぐち まどか はクールでシニカルな性格であると紹介されています。 「PiCNiC BASKET! 」のEXコミュでもそんな性格がよく表されていました。 目元が特徴的で、非常にセクシーです。 全体的にはクールな印象を抱きますが、半開きの口から印象への愛らしさを与え、冷たくなりすぎていないところが円香のかわいさにつながっています。 あまり、前に出て目立とうとするタイプではないように見えますが、ネイルが派手目なパープルであることに注目すると、あながちそうでもなさそうな気がしてきます。 また、円香のサインは、他の3人と比較すると力強い太字で書かれていて、カタカナの「ク」と「カ」の左払いが長いことが特徴的です。 サインなので参考程度ですが、左払いが長い字を書く人は目立ちたがり屋の傾向があると言われています。 3月22日に生配信された「2nd Anniversary前夜祭!新情報大公開SP!」でお披露目されたわけですが、その際にも摩美々とはちょっと違うと言及があったように、似ているようで全然違った魅力を見せてくれています。 ダウナーな摩美々とシニカルな円香がどんなケミストリーを起こすのか、怖くもあり楽しみもあり……。 ダウナーという要素もですが、シニカルな性格を魅力的に描いていくことは非常に難しいことであると思います。 なぜなら、皮肉はバックボーンの理解がない上ではただの嫌味になりかねないからです。 その観点からも挑戦的なアイドルだと感じました。 プロデューサーに対して冷たい態度を取るという点がなによりも気になります。 スカウトの時の出会いに何かがあったのか、もしかしたらそれ以前に何かありそれを忘れているプロデューサーに対して冷たくしているのか?想像が膨らみます。 なんとかして彼女との信頼関係を築いていきたいと思わせてくれる、魅力にあふれたアイドルだと感じました。 福丸 小糸 ふくまる こいと は小動物系の愛くるしい高校1年生です。 先輩2人にも雛菜にも振り回されがちな様子がEXコミュからも伝わってきます。 口元がへにゃっとしていて、とてもかわいいです。 身長も小さく、これは確かにからかいたくなってしまう気持ちもわかってしまいます。 勉強が得意な真面目な性格ということで、事務所でも宿題をしたり勉強をしたりするのでしょう。 邪魔にならない程度に頭を撫でたい。 集中している様子を見て軽く微笑んでコーヒーを淹れてあげたい。 多分シュガーとミルクは2つずつでしょう。 ユニットの中ではツッコミのポジションに行きそうです。 ツッコミをする愛らしいぷにぷに小動物なれば、智代子と似ているかもしれません。 しかし、智代子は放課後クライマックスガールズという年齢も人生もアイドルになった経緯も全く違う5人の中のバランサーでしたが、小糸は状況が大きく異なっています。 とはいえ、幼馴染だからこその苦労は多大にしていそうなので、智代子とはいい友達になってくれそうに思います。 サインにはウサギが描かれています。 ウサギや小動物が好きなのでしょうか。 ならば一緒に動物園に行って触れ合ってこなければなりません。 アイドルを理解し信頼関係を構築していくためには、積極的にコミュニケーションを取ることも必要。 小糸、もしよかったら週末一緒に出かけてくれないか? そして、4人目の市川 雛菜 いちかわ ひなな も高校1年生で、自分の「しあわせ」に向かって突き進む、という特徴的な紹介がなされています。 身長も大きくグラマラスな体形で、これから様々な衣装を着てくれることが非常に楽しみになります。 透のことを慕っていて、とても好きなんだろうなということがEXコミュからも伝わってきました。 甜花への甘奈の好意のような、積極的かつ開放的な接し方であるように見えます。 アルストロメリアもハッピーに溢れた幸せで仲の良いユニットです。 甜花、甘奈、千雪の持っている幸福論と、雛菜の幸福論は何が同じで何が違うのか、その哲学が気になります。 ちなみに、雛菜と千雪は体形が同じような感じです。 私服を交換して着られそうで、すごい良いですね。 今はまだ透と幼馴染達だけに向いている好意や「しあわせ」の感情が、プロデューサーやファンに向いてくれるようになったら、それはプロデューサーとしての「しあわせ」であるのだろうと、今から既に目頭が熱くなり始めています。 以上が、新ユニット「noctchill ノクチル 」とメンバーひとりひとりの紹介になります。 少しでも彼女達の魅力が伝わったのでしたら幸いです。 新しく登場した彼女達は、誰かの代替ではなく彼女達自身であり、自然体なんだろうと考えます。 ですので、持っていただいた興味をきっかけとして、是非とも彼女達のことを知ってもっと好きになってもらいたいと思います。 ノクチルのイントロダクションに反しながらも、このことを伝えたいと思いました。 ノクチルが追いかけていく波は果たして何もので、碧い風は何を示しているのか。 まだまだ神秘のヴェールに包まれたノクチル。 期待で胸がいっぱいです。 『アイドルマスター シャイニーカラーズ』は、好評配信中。 基本プレイ無料のアイテム課金制です。 3月23日15:00よりシナリオイベント「PiCNiC BASKET! 」が復刻開催中。 新たにED後に追加されたEXコミュで、今回ご紹介した「ノクチル」も先行登場しています。 お見逃しなく。 C BANDAI NAMCO Entertainment Inc. C BXD Inc. 《若草》.

次の