寝違え 背中 肩甲骨 治し方。 直接マッサージはかえってNG!? 寝違えた首や背中の治し方

寝違えに効くツボ!急な寝ちがえ110番!

寝違え 背中 肩甲骨 治し方

休むときは「横向きで膝を曲げて背中を軽く丸めた姿勢」が、背中に負担をかけないのでオススメです。 しかし、あまり長く安静にしていると回復を遅らせてしまう場合があるので、安静期間は長くても 3日程度(痛みが激しい場合はこの限りではありません)にします。 炎症がおさまりある程度痛みがひいてきて身体が動かせるようであれば、今度は患部を温めて血行を促進し、固まった筋肉をほぐすためにゆっくりと少しずつ背中を伸ばしましょう。 ぎっくり背中ってどんな症状? ぎっくり背中でみられる症状や、間違いやすい「ぎっくり腰」との違い、完治までにかかる期間などについて解説します。 ぎっくり背中とは 背中に急な痛みが走る「 ぎっくり背中」。 この痛みは 背中の筋肉や、筋肉を包み込んでいる筋膜という組織が破れてしまうことで起こります。 いわゆる「 肉離れ」のような状態で、縮こまった筋肉が急に引き伸ばされたときや、こり固まった筋肉に急激な力が加わったときなどに発生しやすいのが特徴です。 痛みの強さは場合によってさまざまで、軽い寝違え程度の痛みから、重度のものだとその場から動けなくなるほどの痛みが生じることも。 何の前触れもなく症状が突然表れることがほとんどなので、日頃からしっかりと対策しておくことが重要です。 もし急にぎっくり背中になってしまった場合もあわてずに、正しい対処法で早期回復を目指しましょう! ぎっくり腰とぎっくり背中の違いは? 痛み方が似ているため、よく間違われやすい「ぎっくり背中」と「ぎっくり腰」ですが、 原因や痛みの出る箇所が若干異なります。 「ぎっくり背中」は先程も解説した通り、背中の筋肉や筋膜が断裂してしまうことで起こります。 痛みが表れるのは肩甲骨付近から腰のあたりまで、人によってさまざまです。 一方「ぎっくり腰」は腰を支える靭帯や腰の骨 腰椎:ようつい 、椎間板 ついかんばん が損傷し、神経を傷つけてしまうことなどが痛みの原因として挙げられます。 痛みの出る場所は腰や骨盤付近です。 治療機関などに頼らず安静にしていた場合、 痛みが発生してから完治するまで平均して 5日から2週間程度の日数を要します。 最初の2日間は少しずつ痛みが増していき、寝返りをうつなどの背中を動かす動作が困難になります。 就寝中に痛みで目が覚めてしまうことも。 3日目からは身体を軽く動かせる程度の痛みに落ち着いてきますが、くしゃみなど背中に力が入るような動作ではまだ強い痛みが表れるので注意が必要です。 4~5日ほど経過すると背中に違和感が残る程度となり、就寝中に痛みで目覚めることもほとんどなくなります。 こちらは比較的軽度な症状の場合の経過となりますが、重度の場合は身体を動かせないほどの痛みが1週間程度続き、完全に痛みが取れるまで1ヶ月かかることも少なくありません。 ぎっくり背中の原因 ほとんど前触れ無く引き起こるぎっくり背中ですが、実は大きく分けて 3つの原因があります。 今ぎっくり背中に悩まされている方はもちろん、予防や対策を考えている方も、しっかりと確認しておきましょう。 筋肉のこり固まり 長時間におよぶデスクワークや立ち仕事など、同じ姿勢を長く続けていると、次第に肩や背中の筋肉がこり固まってきてしまいます。 このとき意識に反して上半身を急に動かしたり、くしゃみなどで予想を超えた力が背中に加わると、固まった筋肉が急激に引き伸ばされて筋肉の繊維や筋膜が裂けて、急激な痛みとして表れるのです。 運動不足 運動不足により固くなった筋肉も、ぎっくり背中の原因となります。 筋肉とはそもそもゴムのような性質をもっていて、引っ張ると同時に元に戻ろうという力が働きます。 しかし、古くなった輪ゴムがすぐに切れてしまうように、運動不足で柔軟性を失った筋肉は急な動きに耐えきれず、軽微な力で傷付いてしまうのです。 姿勢の悪さ 私たちの身体は重たい頭からの衝撃を吸収し、バランス良く支えるために、緩いS字カーブを描く形で背骨が連なっています。 しかし、猫背などの不良姿勢ではこのバランスが崩れ、首から背中の筋肉にかなりの負担がかかってしまうのです。 筋肉への過度な負担が筋肉疲労を招き、筋繊維の伸縮性が悪くなってしまうことで、ぎっくり背中を発症する場合もあります。 できるだけ早く痛みを解消したいときは? ぎっくり背中を自力で回復するためにはある程度の安静が必要ですが、仕事や家事などの都合で休む暇がないという方がほとんどですよね。 そんなときはぜひ、身体の専門家が在籍する整骨院を頼りましょう。 整骨院ではぎっくり背中の痛みに対して即効性の高い施術をしてもらえるので、早期の回復につながります。 一人ひとりの症状や痛みの程度に合わせた治し方や予防法も聞けるので、どうしても即効で痛みをなくしたい場合は整骨院などの専門家に診てもらうことをオススメします。 私たちでは、国家資格をもった筋肉と骨のプロフェッショナルがぎっくり背中の施術にあたらせていただきます。 急な背中の痛みでお悩みの方はお気軽にご相談くださいね。 ぎっくり背中再発防止のためのポイント ぎっくり背中は1度完治しても再発する確率がとても高いため、根本となる原因を改善して対策・予防することが重要です。 再発防止のためのポイントを3つご紹介します。 姿勢の改善 正しい姿勢を保つことで骨格を支える筋肉への負担がやわらぎ、ぎっくり背中の原因の1つでもある「筋肉の疲労」を防ぐことができます。 猫背の改善方法などについて詳しく解説した記事もあるので、そちらも参考にしてみてください。 適度な運動 運動不足の状態が続くとどうしても筋肉が固くなり、背中以外にもさまざまな箇所で肉離れのような症状を引き起こす可能性が高くなってしまいます。 少し疲労を感じる程度の運動で十分なので、できる限り毎日運動をする習慣を付けましょう。 背中の筋肉「 僧帽筋 そうぼうきん 」や「 脊柱起立筋 せきちゅうきりつきん 」をほぐすストレッチを1つご紹介します。 足を肩幅に開いて立ち、背筋を伸ばします。 背中側で両手の指を組み、手のひらを上に向けます。 肘を伸ばし、肩甲骨を寄せるイメージで両肩を背中へ引き寄せます。 そのまま手を引き上げて、痛くないギリギリのところで10秒キープします。 ゆっくりと元に戻します。 長時間の立ち仕事やデスクワークなど同じ姿勢を続ける場合、1時間に1度は休憩をしてこのストレッチを行なうのがオススメですよ。 僧帽筋や脊柱起立筋をほぐすことでぎっくり背中だけでなく、肩こりの予防にもなります。 身体を冷やさない ぎっくり背中を引き起こす人は比較的、肌寒い時期に増える傾向にあります。 就寝中に冷えてしまったり、日中寒さを感じたりすると、身体は体温を高めようとして筋肉を無意識に収縮させます。 縮こまった筋肉を不意に伸ばしたり衝撃を与えてしまうことが、ぎっくり背中を引き起こすきっかけとなってしまうのです。 そのため、明け方の冷え込みが厳しい季節は特に寒さ対策を万全にして、身体を常に暖かい状態に保っておくことが大切です。 まとめ 突然急激な痛みが背中に走る、ぎっくり背中。 その痛みの原因は、 柔軟性を失った筋肉が急に引き伸ばされたことによる、筋肉や筋膜の損傷です。

次の

寝違えの治し方。原因と対処方法。首や背中の痛みを治すストレッチ

寝違え 背中 肩甲骨 治し方

寝違えの治し方。 原因と対処方法。 首や背中の痛みを治すストレッチ 朝起きると、首が痛くて回らない・・・。 そんな 寝違えに悩まされた経験をお持ちの方も多いのではないかと思います。 首や肩を揉んでもなかなか良くならないし、それどころか痛みが増してしまうこともしばしばです。 お仕事をなさっている方は仕事中、家事をされている方は家事の間中不快な痛みが続いて億劫になってしまいますよね。 今回は、そんなつらい 寝違えの原因と対処法、 痛みを取るためのストレッチをご紹介しています。 SPONSORED LINK 寝違えの原因とは? 寝違えの原因としては、 枕が合っていなくて首の角度が不自然なまま寝てしまっていることや、 内臓が疲れていて背中と肩の筋が強ばっていて寝返りを打ちにくい状態にあることなど、様々な原因が考えられてきました。 ただ、最近では寝違えの原因は首にあるのではなくて、 脇の下にある腋窩神経と呼ばれる神経が 長時間圧迫されることによって起こるとされています。 この神経は首を支える神経に繋がっているため、この部分の血行が悪くなって痺れると、首が痛くなるということになるのです。 寝違えた時の対処方法は? 寝違えの理由は、 直接首や肩にあるわけではありませんから、痛いところに湿布などを貼ったりしても効果がありませんし、首や肩の痛いところを直接揉んでしまうと 逆効果になることも多いです。 寝違えてしまった時に首を回したりしていると、さらに痛みが悪化したという経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。 SPONSORED LINK 寝違えの理由は、脇の下の部分の血行不良にありますから、血行を改善することで痛みは良くなります。 寝違えてしまった時は、 まず、腕を回して身体をほぐすようにしてみましょう。 腕を回すと肩胛骨が動きますから、それに合わせて首や肩、背中の筋肉も動いて身体をほぐすことが出来、血行が改善していきます。 この後、 ストレッチ方法もご紹介していきますから、合わせて参考にしてみてください。 寝違えを治すストレッチとは? 寝違えを治すストレッチは様々ありますが、ここでは「ゴッドハンド輝」という漫画で紹介された、 寝違えに良く効くというストレッチ方法をご紹介致します。 動画でも紹介していますので、ぜひ試してみてください。 寝違えに良く効くストレッチ方法 1.痛みがある方の腕をゆっくりと後ろに持ち上げて、自然に止まったところで20秒止めます。 2.20秒経ったら、ゆっくりと腕を下ろします。 これを2回繰り返しましょう。 3.次に痛みのある方の手の平で、腰の後ろのベルトが当たる辺りの位置を軽く押さえます。 そのまま肘を後ろに引くようにして20秒止めます。 これを2回繰り返しましょう。 4.最後に痛みのある方の腕を90度 地面と水平になるようなイメージ に上げて、肘を120度に曲げます。 そのまま、腕を軽く後ろに引くようにして、20秒止めます。 これを2回繰り返しましょう。 あまり無理をしてしまうと痛みが増してしまうこともありますから、 動く範囲で無理をせずに行う事がポイントです。 <ゴッドハンド輝の寝違えの直し方> 脇の下の神経の圧迫は、枕の高さが合っていなかったり、布団が重すぎたり、敷き布団が柔らかすぎて身体が沈んでしまって、上手く寝返りが打てない状態にあると、起こりやすくなります。 また、疲労やストレスが溜まっていると、寝ていても身体の緊張がほぐれずに寝違えが起こりやすくなってしまいます。 【関連記事】 よく寝違えをしてしまう、という方は、寝違えが起こった時に対処するだけではなく、 一度自分の寝具の状態を確認してみたり、 疲労やストレスが溜まっていないか 生活状況を振り返ってみましょう。 寝違えが起こると、仕事や日常生活に支障を来すこともありますから、日頃から寝違えないように気をつけてみてくださいね。 寒い冬だけでなく、忙しくて疲れている時など、ちょっとした体の弱り時などにひいてしまう風邪…。 この冬至の日は 鼻やのどの痛みや腫れ、発熱・悪寒といった症状を引き起こして、数日間これらの症状に悩まされて辛~いのが ポカポカとした陽気から、ギラギラとした痛い日差しへとかわりつつある今日この頃。 去年ってこんなに暑くて 今年もやってきました!憎いアイツが大群で襲ってくるこの時期が!!アイツが誰かと聞かれたら、この時期辛 つらい花粉症の季節。 鼻の症状はもちろんですが、目のかゆみも辛いものですよね。 病院で目薬を処方して貰う このところ寒い日々が続いていますが、皆さん風邪などひいていませんか?わたしの住んでいる地域は冬になる 雨が続いてジメジメして来る季節、どうしても食べ物も弱りやすくなっていますよね?この季節、心配なのが食.

次の

寝違えの治し方を徹底解説!首・肩・背中の痛みの原因は?

寝違え 背中 肩甲骨 治し方

人間の頭部は、正面から見た首の幅に対して中間の位置にあるのが望ましいのですが、睡眠中はどうしてもその位置からずれがちです。 長時間にわたって首がおかしな方向に曲がったままになっていると、首の筋肉が部分的な阻血状態になり、筋肉も凝り固まりやすくなります。 そのような状態で起床時に急に頭首を動かすと、寝違えが発生するのです。 例えば運動をするとき、ストレッチをせずにいきなり激しい運動をしたら筋肉を傷めてしまいますよね。 それと同じで、 睡眠中に凝り固まった筋肉をいきなり動かすと、軽度の肉離れが起きるのです。 つまり寝違えは、寝ているときに生じるわけではありません。 寝違えの原因は睡眠中に作られますが、寝違えの炎症が発生するのは起床時なのです。 筋膜を傷めているケースと、中心部分を傷めているケースです。 例えば、首を右に回したときに左側が痛ければ、筋膜(筋肉の表面を覆う膜)が傷ついている可能性が高いと言えます。 反対に、 首を右に回したときに右側が痛ければ、筋肉の中心部分が傷ついている疑いが。 前者の方が痛みは強く、治りにくい傾向があります。 痛みが出てから48時間程度は、消炎鎮痛成分が入っている冷湿布を貼るのもおすすめ。 ただし、長時間貼るのは避けてください。 目安は1時間程度です。 寝違えは炎症、つまりケガです。 なるべく動かさない・触らないようにしてください。 痛みや違和感を治そうと、首のストレッチをしたりもんだりするのもNGです。 また、 アイスパックや氷のうを使って長時間冷やすのもおすすめできません。 アイシングをすると、一時的な鎮痛効果は得られます。 その一方で筋肉の血流が悪化するため、損傷部位の回復が遅くなる可能性が考えられます。 また、筋肉ではなくじん帯や神経を傷めている場合は、炎症が首の奥深い部分にあるので、冷やしたところで鎮痛効果が期待できません。 このほか、炎症を起こした直後は温めるのも良くありません。 患部は熱を持っているため、 温めると炎症を助長させてしまうおそれがあります。 温湿布やカイロを使って温めるのはもちろん、湯船につかるのも避けたほうがいいでしょう。 寝違えた直後は一時的に冷やすのはOKですが、長期的に冷やすのはNG。 温めるのは、痛みが治まる安定期までNGと覚えると良いでしょう。 炎症が筋膜に生じているとき:4日~1週間程度• 「痛い」と感じる動作は避けてください。 傷ついた組織を修復するためには、これ以上の治療はないとも言えます。 痛みが和らぐ安定期に入ったら、血流を良くして回復を促しましょう。 血流改善には、温める・ストレッチをする・マッサージをするなどいろいろな方法があります。 どの方法が適切かは病態によって異なるため、専門家の指示に従うように。 顎を安定させることが目的なので、首が苦しくなるほどきつく巻く必要はありません。 仕事の都合などで首にタオルやマフラーを巻くのが難しい場合は、腰にコルセットをつけるのがおすすめです。 腰にコルセットをすると背骨がまっすぐ伸びるので、首周りの筋肉に負担がかかりにくくなるのです。 もしも、できるだけ早く治したいというのであれば、専門医を受診するといいでしょう。 ただし、 あまりに頻繁に寝違えを起こしているようであれば、一度検査と治療を受けることをおすすめします。 首の骨が本来あるべき位置からずれていて(いわゆるストレートネックなど)、首周りの筋肉を日常的に圧迫している可能性があるからです。 関連: 寝違えの原因は、睡眠時に作られます。 つまり予防のためには、就寝環境の改善が要になってくるのです。 寝相の良い方は、就寝中に姿勢があまり変わっていない可能性が高く、筋肉・血流が凝り固まりやすいからです。 就寝時の姿勢と起床時の姿勢があまり変わらない方・寝相が良いと人から言われる方は、自然な寝返りを促す就寝環境を作るようにしましょう。 例えば、 マットレスは硬めのものがおすすめです。 低反発や柔らかい素材は寝返りが打ちにくくなるので、避けましょう。 あまり寝返りを打たない人でも、枕の位置を正しくセッティングするだけで寝違えのリスクは随分減ります。 冬場はもちろん、夏場もクーラーで冷やしすぎないように気をつけましょう。 その理由はふたつ。 ひとつは、筋肉内の血流が低下しやすくなること。 もうひとつは、酔っていると感覚が鈍くなるため、寝返りの回数が激減することです。 また、過度に疲れているときにも、お酒を飲んだときと同じことが起きやすくなります。 飲酒後やいつもより疲れているときは、 寝る前に経口補水液などでミネラル分を補給するのがおすすめです。 ミネラル分摂取は血流の低下を防ぎ、寝違えの予防につながります。

次の