お願い できれば と 存じ ます。 「お願いしたく存じます」の正しい使い方は?ビジネス例文で説明

「お願いしたく存じます」の意味と使い方、ビジネスにおける『お願い』の様々な表現

お願い できれば と 存じ ます

「お願いしたく存じます」の使い方と例文 「お願いしたく存じます」は謙譲語が二つ含まれているため、厳密には二重敬語になりますが、一般的に多く使われているので使用して問題ありません。 例としては、 ・大変恐縮ではございますが ・お忙しいところ申し訳ございませんが ・恐れ入りますが ・お手数をおかけいたしますが ・ご面倒をおかけいたしますが ・できましたら ・差し支えなければ ・もし、よろしければ ・お手すきの際でかまいませんので などがあります。 クッション言葉を入れることによって、より丁寧な印象を与えることができます。 例文 ・ご多忙中にも関わらず、申し訳ありませんが、ご検討のほどお願いしたく存じます。 ・お早めにお手続きくださいますよう、お願いしたく存じます。 ・折り返しご連絡いただきますよう、お願いしたく存じます。 ・弊社では全てのお取り引きを、現金決済でお願いしたく存じます。 ・ご理解賜りますよう、お願いしたく存じます。 ・大変恐縮ではございますが、ご臨席くださいますようお願いしたく存じます。 ・欠席の際は、事前にご連絡くださいますようお願いしたく存じます。 「お願いしたく存じます」以外のお願いするフレーズ 「お願いしたく存じます」以外にも、お願いする時に使えるフレーズはあります。 お願いします 「お願いします」の成り立ちとしては、 ・「お」=謙譲語 ・「願い」 ・「ます」=丁寧語 となります。 「お願いします」は何かを依頼するときにも、挨拶としても用います。 ビジネスシーンでも日常会話で使用頻度が多い言い回しです。 「お願いします」は、文法的にも正しく、丁寧な表現ですが、 相手によっては軽い印象を与えてしまう可能性があります。 例文 ・先程のお話した件ですが、ご検討のほどお願いします。 ・今後とも変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いします。 お願いいたします 「お願いいたします」の成り立ちは、 ・「お」=謙譲語 ・「願い」 ・「いたす」=「する」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 となります。 「お願いいたします」の謙譲語が二つ含まれているため、厳密には二重敬語になりますが、 一般的に多く使われているので使用して問題ありません。 「いたします」は、一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」「〜させていただきます」と自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 例文 ・またの機会がございましたら、その際はお願いいたします。 ・企画書ができたので、ご確認のほどお願いいたします。 お願い申し上げます 「お願い申し上げます」の成り立ちは、 ・「お」=謙譲語 ・「願い」 ・「申す」=「言う」の謙譲語 ・「上げる」=補助動詞 ・「ます」=丁寧語 になります。 「お願い申し上げます」も「お願いいたします」と同じく、厳密には二重敬語にあたりますが、 慣習的に広く使用されているので、使っても問題ありません。 例文 ・今後とも変わらぬご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。 ・ご面倒をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。 お願いいただけますか 「お願いいただけますか」の成り立ちは、 ・「お」=謙譲語 ・「願い」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 となります。 「お願いいただけますか」は二重敬語ですが、一般的によく使うことの多い言葉です。 「お願いいただけますか」は相手に問いかけているような言い方なので、依頼するときの表現としては、非常に丁寧な言葉になります。 例文 ・何点か間違いがあったので、修正のほどお願いいただけますか。 ・資料のことですが、必要事項をご記入の上、私の方までご返送いたしますようお願いいただけますか。 その他の「〜したく存じます」を使った表現 頂戴したく存じます 「頂戴したく存じます」は、 ・「頂戴」=「もらう」の謙譲語 ・「したい」=願望を表す助動詞 ・「存じる」=「思う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「頂戴したく存じます」は 「〜をもらいたいと思う」という意味になります。 主に、「お時間を頂戴したく存じます」といった形で使われます。 これは「時間をもらいたいと思います」を意味します。 また、より柔らかい印象を与えたい場合は「頂戴できればと存じます」を使うのが良いでしょう。 例文 ・折り入ってお話ししたいことがあるので、お時間を頂戴したく存じますが、よろしいでしょうか。 ・ご報告したいことがあるので、よろしければ今週のどこかで1時間ほどお時間を頂戴したく存じます。 いただきたく存じます 「いただきたく存じます」は、 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「したい」=願望を表す助動詞 ・「存じる」=「思う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「いただきたく存じます」は 「〜してほしい思う」ことを意味しています。 「いただきたく存じます」は、「〜してもらいたい」と「思う」とをそれぞれの言葉を謙譲語にしたものなので、二重敬語ではありません。 ビジネスシーンにおいて、メールや文書、スピーチなどでよく使われます。 単に「確認してください」というよりも「いただきたく存じます」と言った方が丁寧に聞こえます。 例文 ・恐れ入りますが、在庫状況についてご教示いただご教示いただきたく存じます。 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、一度お時間のほどいただきたいと存じます。 「お願いしたく存じます」の英語 「お願いしたく存じます」の英語表現を見ていきましょう。 直訳的には、「I want you to... 」「I would like you to... 」などが最初に思い浮かびますが、これらの表現は意外と強制的な響きがあり、ビジネスシーンでは使用を避けた方が無難でしょう。 「I would like to ask you to... 」だと少し丁寧ですが、これでも「... してほしいのだけど」という感じで、ビジネスではもう少しフォーマルな表現を使うのがよいと思われます。 「お願いしたく存じます」は、 ・Could you please...? ・Would you be able to...? ・It would be much appreciated if you could... などの表現を使うとよいでしょう。 これらはとてもフォーマルな依頼・お願いを表します。 ネイティブがビジネスシーンで最も頻繁に使う表現は「Could you please...? 」になります。 例文です。

次の

「お願いしたく存じます」の正しい意味や使い方!上司への依頼の仕方

お願い できれば と 存じ ます

「お願いできますでしょうか」は文法的には間違った表現 二重敬語になる 「お願いできますでしょうか」は多くの方にとって自然な日本語に聞こえるでしょうが、実は、「お願いできます」の「ます」と「でしょうか」の「です」という二つの丁寧語が混じった言葉であり、二重敬語と呼ばれる重複表現です。 したがって、文法上は厳密には誤った表現ということになります。 最近は使用が認められることも多い このように厳密には誤りとなる「お願いできますでしょうか」ですが、実社会ではかなり多くの人に使用されているため、最近ではその使用が容認される傾向にあります。 敬語の使い方を解説しているインターネットのサイトでも「お願いできますでしょうか」の使用を推奨しているところもあり、人前で使ったとしても大きな恥をかくことはあまりないでしょう。 「お願いできますでしょうか」を正しく表現するには? たしかに「お願いできますでしょうか」は使用可能な表現ではありますが、文法的にも正しい正規の表現についても知っておく必要があります。 そこで、ここでは「お願いできますでしょうか」正しい言い換え表現について解説いたします。 同僚や部下に使う場合 同僚や部下など目上の人以外に用いる場合は、シンプルに「お願いできますか」と表現することができます。 また、さらにシンプルに表現したい場合は、「お願いします」とすることもできますが、これは命令口調にも聞こえるため注意が必要です。 より丁寧に表現するには謙譲語の「いたします」を用いて「お願いいたします」とすることもできます。 上司など目上の人に使う場合 目上の人に対して「お願いできますか」を使うとややぞんざいな感じになります。 そのような場合には、より丁寧に、「お願いできればと思います」「お願いできればと存じます」「お願いしてもよろしいでしょうか」などと表現することをお勧めします。 ビジネスメールなどの書き言葉で使う場合 ビジネスメールやビジネス文書などの書き言葉では「お願い申しあげます」と表現することもできます。 「お願い申しあげます」は大変丁寧な表現なので上司や取引先の相手など、目上に人に対しても用いることができます。 「お願いできますでしょうか」の意義 ビジネスの現場では、家族や友人同士のコミュニケーションと違い、さまざまな立場の人と接する機会があります。 中には、上司や取引先の上役など自分よりもはるかに上の立場の人に何かをお願いしなければならない場面もあるでしょう。 そのようなときにぞんざいな頼み方をしていたのでは、相手の機嫌を損ねたり、自分の評価を下げるたりするばかりではなく、会社の信用まで失墜してしまう恐れもあります。 こうした事態を避けるためにも、相手にお願いをする時には常に敬意や礼儀を払う必要があり、そのための手段として「お願いできますでしょうか」などの畏まった表現があるのです。 「お願いできますでしょうか」を用いる場合は、言葉の持つ意味や使い方だけでなく、なぜこうした表現が必要なのかという意義や背景も併せて考えてみるとよいでしょう。 「お願いできますでしょうか」の例文と英語表現 ここでは「お願いできますでしょうか」を使った状況別の例文や英語表現をいくつかご紹介いたします。 電話での使用例• 恐れ入りますが、折り返しのお電話をお願いできますでしょうか。 先日送付した資料について、内容のご確認をお願いできますでしょうか。 メールでの使用例• 本メールを読まれましたらご返信をお願いできますでしょうか。 内容をご確認のうえ、来週までに企画書を作成していただけるようお願いできますでしょうか。 御多忙の中、大変恐縮ですが、資料を送っていただくようお願いできますでしょうか。 英語表現 「~をお願いできますでしょうか」を英語で表現する場合は、Could you~? やWould you~? を用いれば良いでしょう。 CouldやWouldのように助動詞の過去形を用いることで、Can you~? やWill you~? よりも丁寧な表現になり、「お願いできますでしょうか」のニュアンスが伝わります。 また、さらに丁寧に表現したい場合は語尾にpleaseを加える方法もあるので、併せて覚えておきましょう。 以下にいくつか例文をご紹介します。 Would you check this data? (このデータの確認をお願いできますでしょうか。 Could you help me with this work? (この仕事について協力をお願いできますでしょうか。 Could you make the estimate, please? (見積もりをお願いできますでしょうか。 ) まとめ 「お願いできますでしょうか」は厳密な文法上は誤った表現ですが、実際には大変良く使われるものです。 よほどのフォーマルな場面を除けば使用しても差障りはないので、ビジネスの現場などでも適宜お使いいただいても良いでしょう。

次の

依頼のフレーズ

お願い できれば と 存じ ます

では、まず、注文・発注メールの重要性について紹介していきますので、そこに関してみていきましょう。 そういった社会的な背景もあり、ビジネス上で、注文や発注をする為にメールを作成する機会は増えています。 是非この機会に、この注文・発注メールの重要性についてきちんと理解しておきましょう。 注文・発注メールは仕事をスムーズに進める為に重要なもの 注文・発注メールは間違いがないように正確に伝わっているか、そもそも注文の時点で、間違いはないか!? など基本的に、正確に伝わっているかを確認して、商品が正確に納期までに届くためのものです。 商品名はもちろんですが、個数など間違えると大変ですのでしっかりと確認していき、仕事をスムーズに進める為に重要なものです。 注文・発注メールの例文を紹介!! 上記では、注文メールの重要性について紹介していきましたが、このビジネスシーンで、注文や発注メールの重要度が理解できたと思いますが、早ですが、ここで、その注文・発注メールの例文を紹介していきますので、注文・発注メールに関してのポイントをおさえておきましょう。 先日は早々にカタログをご送付いただきまして、 誠にありがとうございました。 ぜひ、下記の通り注文をお願いしたく存じます。 ・品名:カタログNo. 12234-1456 ・数量:500個 ・単価:1,800円 ・納期:10月10日 ・納入場所:当社 ・支払方法:翌月15日に貴社口座へ銀行振り込み なお、ぶしつけな申し出で大変恐縮ではございますが、 注文品はキャンペーン用ですので、 納期どおりお送りいただきますと幸いでございます。 万が一納期が難しい場合は、 あらかじめご相談いただきますようお願い申し上げます。 お心遣いいただき、痛み入ります。 ぜひ、追加発注のご相談をさせて頂ければと存じます。 なお、数量以外、注文内容に変更はありません。 また、お支払いは通常通りとなっております。 ご多忙の中、迅速にご対応頂きまして誠に ありがとうございました。 今後ともよろしくお願い致します。 追加注文の場合は「好調」「予想以上の売れ行き」などと入れるのも良いでしょう。 いつも大変お世話になっております。 つきましては、前回と同じ商品の追加発注を 5,000ケースほどお願いできますでしょうか? 折り返し、納期をお知らせくださいますようお願いいたします。 全額、支払い方法などについては、 前回同様の条件でお願いできればと存じます。 条件が変更になる場合は、事前にご一報ください。 取り急ぎ、追加注文のご連絡まで。 【番外編】注文・発注メールで使えるフレーズ 注文メールを作成する時に知っておくと便利なフレーズがいくつかあるので、上手く利用してみましょう。 特に「大変申し訳ありませんが」「無理なお願いで申し訳ありません」など低姿勢なフレーズは役立ちます。 注文・発注メールの重要性と例文をおさえてミスのないメールを いかがでしたか!? 今回は、注文・発注メールの重要性と例文について紹介していきましたが、 こういった注文や発注を依頼するメールは、仕事をスムーズに進めていくうえで、かなり重要ンあ要素ですので、今回紹介した例文で、ポイントをしっかりとおさえて、ミスがないようにしていきましょう。 また、注文・発注メールは正確に、丁寧に書くように心がけましょう。 これは基本中の基本です。

次の