愛の奇跡 シャドバ。 愛の奇跡(エルフ、ROG)

【シャドバ】ROGアディショナルカードで追加される、レジェンド予想!【雑談】

愛の奇跡 シャドバ

灰咲の自然エルフはアグロプランからのアプローチです。 世間的には長期戦を見据え、• 清き泉のエルフプリンセスメイジ• 荒野の休息 などから加わる0コストークンを活用し、愛の奇跡などの一撃を狙う構築がよく見受けられます。 他の方の構築やプランと比べながら読んでみてください。 自然エルフデッキの特徴 自然エルフデッキには以下の特徴があります。 打点が出ない 弱点• この場面だとワンコで進化フェイスしたことで、マシンブックをラティカの4点ダメージで綺麗に処理できるようになってる。 マシンブックの進化後体力は6。 自然エルフ的には面倒な値です。 先5でワンダーコックに進化を使うことで、マシンブックの体力が4以下になり、場のメイを消費することなく綺麗な処理が可能となりました。 今回の先5ワンダーコック進化は、• ワンダーコックの進化フェイスダメージ• 残ったメイの攻撃ダメージ• 次のターンのオムニスプラン など、ダメージ値としてはかなりの良選択でした。 自然エルフの勝因ってこんな感じかな? ・3,4t目のダブルブルーム ・中盤以降のブルーム展開 ・シヴァの安全着地 体力5以上? 自然エルフにおける勝利条件 ここで紹介する勝利条件は4つです。 ブルームスピリットの展開• フルオムニスの着地• ブルームスピリット 自然エルフが有する最強フォロワー。 このカードだけで勝つ試合も多々あります。 ラティカの強い部分ってこういうのだよね。 ラティカから大いなる回帰を拾っとけば大概の盤面はどうにでもなるから、進化権をダメージソースとして活用できる。 自然エルフを扱うに当たっては、いつ大いなる回帰を拾うのか、も重要ポイントです。 フルオムニスの着地 現状、エルフで唯一フィニッシャーと呼べる存在。 このカードのおかげでpp7から盤面のフェアリーが大きな意味を持つようになり、相手の動きを大きく制限してくれます。 進化権がない場合でもバフ付き愛の奇跡は• pp10で大いなる回帰+愛の奇跡も強いです。 各カードの採用・不採用理由 黄金都市ナーフ前 確定、優先、選択の枠は一般的なデッキ論ではなく、灰咲の認識における分類です。 一般的な確定枠は省略します。 このカードの存在からナチュラル・マナが化け物になっています。 先1素引きは大概出します ロイヤル以外 またそのターンにメイを出さない場合でもデッキからサーチして、pp7でのシンシア、pp8でのオムニスの弾にする場合も。 毎試合3枚使うレベルのカードなのでフル採用推奨です。 マナサイクルの中でも群を抜いて強い。 メインデッキに積めるフェアリーウィスプ• 1枚で2回分のプレイ回数• ドロー付き 自然エルフを練習する際にはまずこのカードの使い方を覚えるべきです。 pp5でマナ+大樹+トレント+フェアリー トレントから回収 +メイ• pp6でマナ+マナ+愛の奇跡• pp7でマナ+大樹+ブルーム+フェアリー+アイリーネ• pp8でマナ+ブルーム+愛の奇跡 またpp10以降は追加効果の2ドローで疾走札を探しに行きます。 長期戦が予想される場合は• ナチュラル・マナを温存する• 手札を減らす ミルフィ同様 ことも視野に入れましょう。 pp6で「まだオムニスは出ないから大丈夫」と油断した相手を咎められます。 シヴァ以上のハイスタッツなので、自身が進化する選択肢も悪くはないです。 お膳立ては必要ですがイージーウィンを生み出せるので、単純なデッキパワーを引き上げたい場合に採用しましょう。 デッキ毎の立ち回り&マリガン マリガンの基本はクラスに関係なくまとめました。 ナテラ+ブルーム+フェアリー2枚を狙います。 確:ブルームスピリット1枚• 確:ナテラ生成カード1枚• ほぼ確:フェアリーサークル1枚• 後攻:対面に依るがアイリーネ1枚キープしがち• vsビショップ ビショップ戦で意識するべきはこのカード。 このカード1枚で• 盤面が崩壊する• ライフ回復でリーサルが遠のく• 処理し辛い体力5が立つ ので、うまく使わせないプレイが必須です。 具体的にはクルトの体力を4以下にすること。 クルト+回復札だけで盤面が崩壊しないように進化を使うなどして盤面を作りましょう。 しかし負け筋もあって、• クルトが3枚標準搭載• 5t目エイラ+ツタンカーメン+回復• 安息の領域 盤面ロック注意 には気を張る必要ありです。 具体的な策としては、• メイを大事に使う ダブルメイを狙う• ラティカを進化しておく 回帰の回収 ことです。 メイ1枚では対処できない盤面が多いので、早めに1枚回収し、ダブルメイの構えを作りましょう。 またラティカを引けている場合は無理をしてでも進化し、大いなる回帰を握っておくことで勝ちが見えます。 vsエルフ vsリノセウスエルフ リノエルフには相性を無視した上振れが存在しますが、それを除けば自然エルフ側が有利の印象です。 やることは3つあり、• フォロワーを横に並べる 進化フェイスのため• 攻撃3以上のフォロワーを作る リノ進化抑制• 体力4以上もしくは6以上のフォロワーを作る 除去札を消費させる です。 進化権は惜しみなく使います。 進化置きもありです。 試合が終わるまでに進化権を使い切りましょう。 2つ目について、自然エルフの除去はメイを筆頭に4点ダメージが多いです。 体力5以上のフォロワーを綺麗に処理できるのは• アイリーネ• 大いなる回帰 のみ。 これらの札がなければメイ+フェアリー進化、もしくは対空射撃を絡めて盤面を減らしながら処理することになります。 (萌芽の化身は例外) 相手に無理をさせることで後述の「4面展開を防ぐ」ことに繋がります。 体力5以上のフォロワーは• 進化後ラティカ• 顔殴りのオムニス本体• 進化殴りしないシヴァ• シンシア本体• 進化置きベイル めったにやらない です。 特に相手とのやり取りの中で頻繁に登場する• ラティカ• 愛の奇跡• pp8以降のオムニス は体力の維持を第一に考えてみてください。

次の

【シャドバ/JCG優勝】自然エルフデッキレシピ&解説。【ローテーション】

愛の奇跡 シャドバ

笑 「ヘイト買いそうなカードだなぁ~」って思います。 【シルバー】一角獣の巫女・ユニコ【ニュートラル】 画像引用: 前のユニコに比べて能力が若干弱体化していますが、攻撃時に体力回復が付いているので、回復能力は、さほど下がっていないと思います。 エイラビショップとも相性が良さそうですね。 【ブロンズ】グレートレッサーマミー【ネクロマンサー】 画像引用: TOGのナーフ前「ゼル」みたいな能力です。 ドラゴンクラスと違いPPブーストも無いので高コストフォロワーに疾走を付けようと思うと、ターンが必要に成るので「ゼル」のように暴れる事は、無いと思いますが 長引いた試合のフィニッシャーとしての能力は、十分だと思います。 「不穏なる闇の街」や「悪夢の始まり」などを採用しておけば序盤で引ける確立も上がり安定すると思います。 【レジェンド】悪逆の公爵・ユリウス【ヴァンパイア】 画像引用: テキストに書いてある事、すべてが強い…。 しかも、相手フォロワーを一方的に取る事が出来れば4回復するので、綺麗な状態に戻ります。 また、リメイク元のユリウスの能力も引き継いでいるので、3ターン目にポン置きされても相手にとっては、嫌なカードになるはずです。 【ブロンズ】魅惑の一撃【ヴァンパイア】 画像引用: 現環境で考えると、 先2のリオードが取れて手札のフォロワーにバフを掛けれるという事になります。 次環境は、復讐軸のデッキが流行りそうですが、 機械軸も悪くなくモノやスレイにバフを掛ける事が出来れば、相当アドバンテージを稼ぐことが出来ます。 また、復讐軸でも十分採用される可能性が有ります。 今は、EPを使用せずに進化出来るフォロワーが増えているので、昔ほどEP回復が重要ではないかも知れませんが、進化軸のデッキなら採用できるカードだと思います。 【レジェンド】愛の奇跡【エルフ】 画像引用: メインの使用は、3コストでなく6コストになると思います。 アグロエルフが流行れば、最後の数点を詰めるカードとして採用されそうです。 また、けっして3コストでの使用も悪くないので、 どんな形のエルフにでも採用できそうな点も強いと思います。 まとめ 今回は、 今月末に追加される第13弾カードパック「リバース・オブ・グローリー」の第8回レビューとして、気になったカードをピックアップして評価をさせて頂きました。 環境が始まってみないと分かりませんが、 公開されたカードを見た感じだと、ミッドレンジロイヤルは、相変わらず強そうですね…。 そこに、 復讐 or 機械ヴァンパイアやエイラビショップが上がって来る感じだと思います。 後、 ワルツがローテーション落ちしてしまうので、リーシェナネメシスも立ち位置が良くなると予想できます。 また、 コメント欄やTwitterなどで、あなたのカードやデッキの評価や意見を聞かせて頂けると嬉しいです。 それでは、この辺りで終わらせていただきます。 最後まで、読んでくださりありがとうございました。 これからも、よろしくお願いします。 com 管理人:かっつん.

次の

【シャドバ】最強デッキローテーションとは?ランキングで紹介! | GameTown

愛の奇跡 シャドバ

灰咲の自然エルフはアグロプランからのアプローチです。 世間的には長期戦を見据え、• 清き泉のエルフプリンセスメイジ• 荒野の休息 などから加わる0コストークンを活用し、愛の奇跡などの一撃を狙う構築がよく見受けられます。 他の方の構築やプランと比べながら読んでみてください。 自然エルフデッキの特徴 自然エルフデッキには以下の特徴があります。 打点が出ない 弱点• この場面だとワンコで進化フェイスしたことで、マシンブックをラティカの4点ダメージで綺麗に処理できるようになってる。 マシンブックの進化後体力は6。 自然エルフ的には面倒な値です。 先5でワンダーコックに進化を使うことで、マシンブックの体力が4以下になり、場のメイを消費することなく綺麗な処理が可能となりました。 今回の先5ワンダーコック進化は、• ワンダーコックの進化フェイスダメージ• 残ったメイの攻撃ダメージ• 次のターンのオムニスプラン など、ダメージ値としてはかなりの良選択でした。 自然エルフの勝因ってこんな感じかな? ・3,4t目のダブルブルーム ・中盤以降のブルーム展開 ・シヴァの安全着地 体力5以上? 自然エルフにおける勝利条件 ここで紹介する勝利条件は4つです。 ブルームスピリットの展開• フルオムニスの着地• ブルームスピリット 自然エルフが有する最強フォロワー。 このカードだけで勝つ試合も多々あります。 ラティカの強い部分ってこういうのだよね。 ラティカから大いなる回帰を拾っとけば大概の盤面はどうにでもなるから、進化権をダメージソースとして活用できる。 自然エルフを扱うに当たっては、いつ大いなる回帰を拾うのか、も重要ポイントです。 フルオムニスの着地 現状、エルフで唯一フィニッシャーと呼べる存在。 このカードのおかげでpp7から盤面のフェアリーが大きな意味を持つようになり、相手の動きを大きく制限してくれます。 進化権がない場合でもバフ付き愛の奇跡は• pp10で大いなる回帰+愛の奇跡も強いです。 各カードの採用・不採用理由 黄金都市ナーフ前 確定、優先、選択の枠は一般的なデッキ論ではなく、灰咲の認識における分類です。 一般的な確定枠は省略します。 このカードの存在からナチュラル・マナが化け物になっています。 先1素引きは大概出します ロイヤル以外 またそのターンにメイを出さない場合でもデッキからサーチして、pp7でのシンシア、pp8でのオムニスの弾にする場合も。 毎試合3枚使うレベルのカードなのでフル採用推奨です。 マナサイクルの中でも群を抜いて強い。 メインデッキに積めるフェアリーウィスプ• 1枚で2回分のプレイ回数• ドロー付き 自然エルフを練習する際にはまずこのカードの使い方を覚えるべきです。 pp5でマナ+大樹+トレント+フェアリー トレントから回収 +メイ• pp6でマナ+マナ+愛の奇跡• pp7でマナ+大樹+ブルーム+フェアリー+アイリーネ• pp8でマナ+ブルーム+愛の奇跡 またpp10以降は追加効果の2ドローで疾走札を探しに行きます。 長期戦が予想される場合は• ナチュラル・マナを温存する• 手札を減らす ミルフィ同様 ことも視野に入れましょう。 pp6で「まだオムニスは出ないから大丈夫」と油断した相手を咎められます。 シヴァ以上のハイスタッツなので、自身が進化する選択肢も悪くはないです。 お膳立ては必要ですがイージーウィンを生み出せるので、単純なデッキパワーを引き上げたい場合に採用しましょう。 デッキ毎の立ち回り&マリガン マリガンの基本はクラスに関係なくまとめました。 ナテラ+ブルーム+フェアリー2枚を狙います。 確:ブルームスピリット1枚• 確:ナテラ生成カード1枚• ほぼ確:フェアリーサークル1枚• 後攻:対面に依るがアイリーネ1枚キープしがち• vsビショップ ビショップ戦で意識するべきはこのカード。 このカード1枚で• 盤面が崩壊する• ライフ回復でリーサルが遠のく• 処理し辛い体力5が立つ ので、うまく使わせないプレイが必須です。 具体的にはクルトの体力を4以下にすること。 クルト+回復札だけで盤面が崩壊しないように進化を使うなどして盤面を作りましょう。 しかし負け筋もあって、• クルトが3枚標準搭載• 5t目エイラ+ツタンカーメン+回復• 安息の領域 盤面ロック注意 には気を張る必要ありです。 具体的な策としては、• メイを大事に使う ダブルメイを狙う• ラティカを進化しておく 回帰の回収 ことです。 メイ1枚では対処できない盤面が多いので、早めに1枚回収し、ダブルメイの構えを作りましょう。 またラティカを引けている場合は無理をしてでも進化し、大いなる回帰を握っておくことで勝ちが見えます。 vsエルフ vsリノセウスエルフ リノエルフには相性を無視した上振れが存在しますが、それを除けば自然エルフ側が有利の印象です。 やることは3つあり、• フォロワーを横に並べる 進化フェイスのため• 攻撃3以上のフォロワーを作る リノ進化抑制• 体力4以上もしくは6以上のフォロワーを作る 除去札を消費させる です。 進化権は惜しみなく使います。 進化置きもありです。 試合が終わるまでに進化権を使い切りましょう。 2つ目について、自然エルフの除去はメイを筆頭に4点ダメージが多いです。 体力5以上のフォロワーを綺麗に処理できるのは• アイリーネ• 大いなる回帰 のみ。 これらの札がなければメイ+フェアリー進化、もしくは対空射撃を絡めて盤面を減らしながら処理することになります。 (萌芽の化身は例外) 相手に無理をさせることで後述の「4面展開を防ぐ」ことに繋がります。 体力5以上のフォロワーは• 進化後ラティカ• 顔殴りのオムニス本体• 進化殴りしないシヴァ• シンシア本体• 進化置きベイル めったにやらない です。 特に相手とのやり取りの中で頻繁に登場する• ラティカ• 愛の奇跡• pp8以降のオムニス は体力の維持を第一に考えてみてください。

次の