えむ こ 92。 ツンえむ!2〜うちのカノジョは可愛いペット〜

(C92) [trigger.m (えむえむお)] 幸子と夏のエトセトラ (アイドルマスターシンデレラガールズ)

えむ こ 92

Contents• マイクロツーリズムとは? 星野リゾート代表の星野佳路さんが提唱されている考え方で、要は地元や地域を観光してみよう、ということ。 参考リンク 自分の家から10分、15分、30分、1時間の近距離を観光してはどうか。 コロナが終息してもインバウンド需要が戻るのには時間がかかるだろうから、観光事業者はまずその需要を狙ってみてはどうか、と提案されています。 観光事業って今までは日本国内の大都会に住んでいる人とか、中国、韓国、台湾や欧米の人とか、遠いところにいる人に来てもらおうと頑張るのがほとんどだった。 けど、今のコロナによる世界的な外出自粛の期間を、地元の人達が地域の魅力を再発見する機会にしてはどうか。 地元の人が地域の魅力を知ることは観光にとってすごく大事なこと、という考え方です。 地元観光で小さな幸せを見つけよう 些細なことですけど、近所を散歩してると、 こんなところにツツジが咲いてたんだ、とか もうハナミズキの季節なんだ、とか 地域の人が手入れしてる花壇がこんなとこにもあったんだ、とか こんなとこに穴場の公園があったんだ、とか 行ったことないけど昔からやってる飲食店がお弁当を売ってて、それを買って家で食べてみる、とか 娘を連れて近所の公園で遊ばせてたら同じ境遇のパパさんがいて、ちょっとだけ交流できたり、とか そういう、今まで気づかなかった嬉しい発見や気づきがあったりするんですよね。 まさにマイクロツーリズム。 しかしさすがに些細なこと過ぎて、地元の人間がちょっぴり楽しむみはいいけど、それらが遠くからの観光客を呼び込む手段になるとは思えない。 ただ、 せっかく観光に行くなら、そういう小さなことでも地元の人に愛されている場所に行きたくないですか? 観光するなら地域の人に愛されている場所がいい 観光って一口に言っても色々あるけど、 せっかく行くなら地元の人に愛されてるところに行きたいと思いません? つーか 地元の人が見向きもしない場所になんか行きたいと思わないというか、地元の人が好きでもない場所に、遠くから観光に来てもらおうと思うこと自体がおかしな話というか。 地元の人が愛してやまない景観とか、 昔から地元に愛されている味とか、 地元の人が毎日通う市場とか 地域に守られてきた伝統とか、 そういうものを体験してみたいと思うのが、観光する人の気持ちだと思うのです。 それに地域の人に愛されている場所って、見ればある程度分かりますよね。 頻繁に人の出入りがあったり、人の手がかかっていれば、自然と手入れもされて綺麗に整いますし、活気が感じられるものです。 逆に地域の人が関心を持たないような場所は、やっぱり活気を感じられないことが多いように思えます。 作り物っぽいというか、うさん臭さすら感じられることもあります。 地域の観光資源をアピールするために、観光事業者とか、お役所とか、主体的に動く人達の力も必要でしょう。 でも彼らだって元々あった観光資源をアピールしたり、周辺の整備はできるでしょうけど、予算をかけてやるには色々ハードルは高いですし、局地的に整備するのが精いっぱいでしょう。 観光を奥深いものにしようと思ったら、やっぱり地域の人達の、地域への愛情ってのは不可欠だと思うのです。 地域コミュニティの発展のためにも、まずはマイクロツーリズムから これからの時代、テレワークや在宅勤務をする人が加速度的に増えていくのは間違いないでしょう。 そうすると今までのように、会社員が自分の居場所を、会社だけに求めるのも難しくなってくる。 以前も書いたように、今まで地元との関係が希薄だった会社員の人達も地元との絆を深めて、地域コミュニティに居場所を求める必要が出てくるでしょう。 そのためには、自分から地域コミュニティに入っていって、何らかの貢献をすることが必要でしょう。 待ってたって誰も手を差し伸べてなんてくれません、普通は。 自分からアクションすることが必要です。 そのためにも、地元を観察して、色んな事を知らなければならない。 けどそれも、いきなり難しい話から入らなくても、まず地元の魅力を知ることが入口になるんじゃないかと思います。 知りさえすれば、個人の立場でも発信することはできますし、地域の魅力を発信できれば地域貢献のきっかけにもなるし、地域コミュニティを作っていくことにもつながるんじゃないかと思います。 人との交流も生まれるでしょうし。 まあ地域貢献とか、そんな大上段に構えなくても、何かしら身近にも魅力的な、愛せるモノってあると思うんですよ。 些細なことでも良いと思うんです。 この機会に是非マイクロツーリズムを楽しんでみましょう。 —————— 今日はここまで。 ではでは~。

次の

ベレッタ 92

えむ こ 92

m えむえむお ] 幸子と夏のエトセトラ アイドルマスターシンデレラガールズ Online Beta Compressed Version Keep2 Share — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — BetaView C92 [trigger. m えむえむお ] 幸子と夏のエトセトラ アイドルマスターシンデレラガールズ Online Beta Compressed Version 丷• 6,250 views• 5,430 views• 2,660 views• 2,570 views• 2,390 views• 2,120 views• 1,890 views• 1,840 views• 1,800 views• 1,720 views• 1,690 views• 1,550 views• 1,530 views• 1,530 views• 1,430 views• 1,370 views• 1,350 views• 1,320 views• 1,290 views• 1,280 views• 1,280 views• 1,280 views• 1,270 views• 1,250 views• 1,230 views• 1,170 views• 1,150 views• 1,140 views• 1,070 views• 1,000 views• 990 views• 950 views• 940 views• 930 views• 890 views• 870 views• 860 views• 860 views• 840 views• 830 views• 830 views• 830 views• 830 views• 820 views• 790 views• 790 views• 760 views• 760 views• 760 views• 750 views•

次の

3M|3Mジャパングループ

えむ こ 92

画風 [ ] 京の伝統風俗 [ ] 四条通御幸町(ごこまち)の葉茶屋「ちきり屋」の次女として生まれた。 京の伝統文化に育まれた松園は、・・を通して生涯、「一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵」、「真・善・美の極致に達した本格的な美人画」(いずれも松園のことば)を念願として女性を描き続けた。 母への思慕 [ ] 松園は誕生2か月前に父を亡くしている。 母仲子は女手一つで松園と姉、2人の娘を育て上げた。 明治のを志すなど、世間で認めるところではなかったが、仲子は常に松園を理解し励まし支え続けた。 松園はその著書『青眉抄』で母を追憶して「私は母のおかげで、生活の苦労を感じずに絵を生命とも杖ともして、それと闘えたのであった。 私を生んだ母は、私の芸術までも生んでくれたのである」と述べている。 母を亡くした後には、「母子」「青眉」「夕暮」「晩秋」など母を追慕する格調高い作品が生まれた。 情念 [ ] 気品あふれる作品群の中で、特異な絵が2枚ある。 「花がたみ」と「焔」(ほのお)である。 1915年(4年)の「花がたみ」の題材、『』(はながたみ)は、の皇子時代に寵を受けたが形見の花筐を手に都に上り、紅葉狩りに行き逢った帝の前で舞うという内容である。 松園は能面「十寸髪」(ますがみ)を狂女の顔の参考にしたという。 1918年(大正7年)の「焔」の題材、謡曲『』は、『』に登場するの生霊を桃山風俗にて描いた、松園言うところの「数多くある絵のうち、たった一枚の凄艶な絵」である。 誇り高い六条御息所は、の正妻への屈辱と嫉妬から生霊になり、葵の上を取り殺してしまう)。 後れ毛を噛む女の着物には藤の花と蜘蛛の巣が描かれている。 年譜 [ ]• 1875年(明治8年) - 京都の四条通御幸町の葉茶屋「ちきり屋」の次女として生まれる。 1887年(明治20年) - (現:)に入学、四条派のに師事。 1890年(明治23年) - 第3回内国勧業博覧会に「四季美人図」を出品、一等褒状受賞(この絵を、来日中のの三男王子が購入し話題となった)。 1893年(明治26年) - に師事。 火事のため高倉蛸薬師に転居。 市村水香に漢学を学び始める。 1895年(明治28年) - 楳嶺の死去にともない、に師事。 1902年(明治35年) - 長男・信太郎(松篁)が誕生。 父親は最初の師の松年だったとされるも、未婚の母となった松園は多くを語っていない。 1903年(明治36年) - 車屋町御池に転居。 1914年(大正3年) - 間之町竹屋町に画室竣工。 に謡曲を習い始める。 1934年(昭和9年) - 母・仲子死去。 1941年(昭和16年) - 会員。 1944年(昭和19年)7月1日 -• 1945年(昭和20年) - 奈良平城の唳禽荘(れいきんそう)に疎開。 1948年(昭和23年) - 受章(女性として初)。 1949年(昭和24年) - 死去。 に叙される。 享年74。 は、寿慶院釋 尼松園。 代表作品 [ ] 「母子」上村松園、切手(1980年) 古典・故事 [ ]• 「」 - 1892年(明治25年) 御簾を掲げる。 「娘深雪」(むすめみゆき) - 1914年(大正3年)• 浄瑠璃『朝顔日記』に取材。 「花がたみ」 - 1915年(大正5年) 謡曲『』に取材。 「焔」(ほのお) - 1918年(大正8年)• 謡曲『』に取材。 「」 - 1922年(大正11年)• 「」 - 1930年(昭和5年)• 「草子洗い小町」(そうしあらいこまち)- 1937年(昭和12年) 謡曲『小町』および初世金剛巌の能舞台に取材。 古歌の剽窃との濡れ衣を掛けられたは、その証拠とされた草子を洗って疑いを晴らしたという伝承。 「」 (三幅対) - 1937年(昭和12年) 御用画。 「砧」(きぬた) - 1938年(昭和13年) 謡曲『』の妻の端麗な姿を元禄風俗で描く。 「静」 - 1944年(昭和19年) に取材。 娘・新妻 [ ]• 「人生の花」 - 1899年(明治32年) 婚礼の席に向かう花嫁とその母の姿。 「舞支度」(一対) - 1914年(大正3年)• 「待月、良宵之図」 - 1926年(大正15年)• 「簾のかげ、新蛍」 - 1929年(昭和4年)• 「春秋図」(一対) - 1930年(昭和5年) うら若い娘たちを春に、やや年長の女を秋に見立てた図。 3cm 「なにものにも犯されない、女性のうちにひそむ強い意志」を、静かなうちに凛として気品のある「序の舞」を通して描いている。 絵のモデルは上村松篁の妻(上村淳之の母)の未婚時代の姿である。 松園をモデルにしたの小説の題名にもなった。 市井の女性、母の面影 [ ]• 「母子」( ) - (9年)• 「青眉」(あおまゆ) - 1934年(昭和9年)• 「晴日」 - 1941年(昭和16年) たすきがけで着物の洗い張りをしている女性。 「夕暮」 - 1941年(昭和16年) 障子を開けて、夕暮れの光で針に糸を通そうとしている女性。 「晩秋」 - 1943年(昭和18年) 障子の破れを繕っている女性。 個人美術館 [ ]• 著書 [ ]• 『松園美人画譜』 芸艸堂、1909年(明治42年)• 『青眉抄』 蒼生社、1947年(昭和22年) 三彩社、1972年 〈講談社文庫〉、1977年 、1995年• 『青眉抄その後』 求龍堂、1985年• 『上村松園全随筆集 青眉抄・青眉抄その後』 求龍堂、2010年 上村松園賞 [ ] 上村松園の遺作展の収益を基金に若手女流日本画家を対象とする上村松園賞が設けられ、5人の画家が受賞した。 受賞者 [ ] 第1回、1950年度 、 第2回、1951年度 、 第3回 、1952年度 、 第4回、1953年度 、 第5回、1955年度 参考文献 [ ]• 美術誌『Bien(美庵)』Vol. 47、藝術出版社、2008年 特集「個性の時代にキラリと光る、女性ならではの視点とは? —松園、蕉園、成園—」中、「抑圧を感じるも逃れられない性差という名の束縛……」(インタビュー・)および「私の中に血として残る、松園が求め夢想した世界」(文・) 脚注 [ ]• 『官報』第5239号、昭和19年7月3日。 1954年度は該当作品なし 外部リンク [ ]• 館蔵品ギャラリーに「焔」• 収蔵品データベースに「序の舞」• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の