蜂 刺された跡。 蜂に刺された時に出るすべての症状~すぐやっておきたい応急処置法 | クジョカツ

虫刺され跡を消す・残りにくくする方法。まずは石鹸で洗い流して | 女性の美学

蜂 刺された跡

ふと腕を見てみると、赤くぶつぶつと発疹のような症状が出ている。 実はそれ、毛虫に刺された跡かもしれません。 季節が春に近づき、暖かくなって外に出ることが多くなる時期、気をつけたいのが毛虫に刺されることによる「毛虫皮膚炎」です。 暖かくなってくると、毛虫はそこらじゅうに出現するようになります。 私たちが気づいていないだけで、身の回りには意外と多くの毛虫が潜んでいます。 公園や道の脇に生えている木、庭の草花、散歩道に生えている葉っぱなど、どこにでも毛虫は隠れています。 子供たちが外で遊んだり、散歩したりするときは、休憩中の木の上から毛虫が降ってこないか、子供が走り回っているところに毛虫はいないか、特に毛虫に刺されないように注意したいものです。 毛虫に刺されると、皮膚が赤くぶつぶつと腫れるなどの症状が出ます。 一見、蕁麻疹(じんましん)の症状にも似ていますが、よく見ると毛虫の毒針毛が刺さっていることがあります。 どんなに毛虫に注意していても、刺されてしまうことはあります。 では毛虫に刺されてしまったときの対処は、どのようにすれば良いのでしょうか。 毛虫の針が刺さった状態で、刺された跡をこすってしまうと、針が深く刺さってしまったり、皮膚を傷つけてかぶれる結果を招いてしまったりと、症状を拡大させかねません。 また、針が他の場所に刺さって、症状がほかの場所にひろがる可能性もあるので、絶対にこすらないようにしましょう。 「刺された!」と思ったら、まずは落ち着き、それから正しい対処を行いましょう。 毛虫に刺されたときの応急処置として、 ・毛虫の毒針を抜く ・患部を水で洗い流す ・冷やす ・薬を塗る まずは毛虫に刺された跡に注目。 毛虫に刺された跡には、まだ毛虫の毒針が刺さっていることがあるので、症状の拡大を防ぐために、それを抜きます。 この時、服越しに刺されたときは、はじめに服を脱ぎ、服に毒針が付着している可能性があるので、応急処置のあともその服は着ないようにしましょう。 針を抜くときは、大きい針はピンセットなどで抜き、細かい針はガムテープやセロテープなどで抜くと良いでしょう。 毒針を抜いたら、刺された跡を水で洗い、氷のうなどを使って冷します。 刺された跡を洗う時も、できるだけこすらないように注意してやさしく洗うようにしましょう。 薬は、虫刺され用の市販薬で対処してOKです。 薬を塗ったら、あとは自然治癒を待ちますが、自然治癒では治らなそうだった場合は、すぐに皮膚科に行き、治療してもらいましょう。 実際に毛虫に刺され、毛虫皮膚炎になると、こんな症状が出ます。 ・皮膚がかぶれる ・患部の痛み、痒み、腫れ ・水ぶくれ ・発熱 毛虫に刺されたと聞いて、真っ先に思い浮かべる症状が、痒みだと思います。 実際、毛虫に刺された時の最もポピュラーな症状は痒みです。 ただ、毛虫に刺された時の症状はこれだけではありません。 痒みの他にも、皮膚がかぶれる、腫れる、などが毛虫皮膚炎の主な症状です。 特に厄介な症状が、やはり刺されたあとの痒みです。 刺された跡が痒いからといって掻いてしまうと、皮膚を傷つけてばい菌が入り、化膿したり、感染症にかかってしまうなど、症状がさらに悪化してしまうこともあるので注意しましょう。 また、刺さった針を抜かないうちに刺された跡を掻いてしまうと、症状がほかの場所にひろがることがあるため、注意が必要です。 基本の症状は皮膚がかぶれる、刺された跡が腫れて痛痒くなることですが、重症化すると患部が水ぶくれのようになったり、発熱を伴う場合もあるようです。 これらの症状が出たら、すぐに病院へ行くべきです。 よく毛虫皮膚炎はうつる、という言葉を耳にします。 しかし、実際は毛虫皮膚炎は感染症の類ではないため、基本的にうつるということはありません。 ただ、毛虫の毒針が他の人にも刺さって同じような症状が出る、ということはあります。 そのためにも、毛虫に刺された跡に毒針が残っている可能性も考えて、他の人が毛虫に刺された場所には触らない方が良いです。 また、注意するべきは刺された人の服に毒針が付いていないかということです。 刺された人の服に毒針が残っていた場合、その毒針が風で拡散して他の人にも被害を与えかねません。 そのため、毛虫皮膚炎の被害拡大を防ぎたければ、刺された人よりも、刺された人が着ていた衣服に注意しましょう。 「毛虫皮膚炎はうつる」というのは正しくはありませんが、「対処を誤ると他の人にも毛虫皮膚炎はうつる」という認識でいるとよいでしょう。 毛虫皮膚炎になったら、人にうつす心配よりも、自分の症状がそれ以上ひろがることのないようにする方が大切です。 毒針が刺さった状態で傷口を掻いてしまうと、すぐに症状がひろがるので、できるだけ症状がひろがることのないように、絶対に傷口は掻かないようにしましょう。 チャドクガ 体長:2~3cm 発生時期:4~6月、8~9月 主な生息場所:街路樹、庭の草むら チャドクガの幼虫である毛虫が発生するのは4月から6月、8月から9月の間です。 刺されると、皮膚が腫れる、かぶれる、痒みがでるなどの症状が出ます。 特にチャドクガに刺されて厄介な症状が、激しい痒みです。 ひどい時には、皮膚がかぶれることもあります。 また、画像を見てわかるように、チャドクガは毒を持つ毛の量が多いです。 さらにチャドクガの厄介なところは、毛が抜けて風に乗って飛んでいくことです。 そのため、樹の下で休んでいたり、庭で作業をしたりしていたら知らないうちにチャドクガに刺されている、ということが多いです。 知らないうちに刺されたため、発見が遅れて症状がひろがる、ということもあります。 春先や夏場は、特に注意しましょう。 イラガ 体長:25mm 発生時期:7~10月 主な生息場所:サクラ、ケヤキなどの木の幹や葉 体長約25mmと、チャドクガに比べ小さく、緑色であることが特徴です。 このイラガ、刺されてもチャドクガ程の痒みの症状は出ません。 では何故注意が必要かというと、イラガに刺されるととてつもなく痛いからです。 イラガは「電気虫」とも呼ばれています。 その由来は、イラガに刺されると電気に感電したかのような痛みが走るからだと言われています。 このイラガに刺されても、皮膚が腫れ、発疹がでる、かぶれるなどの症状が出ます。 チャドクガのように毒針は多くなく、体から抜けて毛が宙を舞うというようなこともありませんが、やはり注意が必要です。

次の

虫刺されの跡を上手に消すには?おすすめの方法4選。

蜂 刺された跡

「かゆい!と思ったら、いつの間にか蚊に刺されていた」という経験はありませんか? かゆくてたまらない上に、顔や腕、脚のような目立つ部分に跡がつくと気になりますよね。 ふつう、蚊に刺されるとまずプチッと小さな赤い跡ができてかゆくなり、その後徐々に引いていきます。 多くの場合は元に戻るのですが、 刺された跡が茶色っぽく残ってなかなか消えないこともあるんです。 どうすればいいのでしょう? 蚊に刺されるとなぜ腫れる? そもそもなぜ蚊は人間を狙っていて、なぜ刺されるとかゆくなるのでしょうか。 実は人間の血を吸う蚊は、すべてメス! 身近な蚊にはヒトスジシマカやアカイエカがおり、普段は花の蜜を吸って暮らしています。 ずっと花の蜜だけを吸っていてほしいところですが、産卵時期になると卵を育てるのに栄養が必要なため、メスの蚊だけが血を吸うのです。 蚊は吸血する時に唾液を注入します。 この唾液には麻酔のような物質や、血が固まるのを防ぐ物質が含まれており、数分するとかゆみを引き起こします。 これが刺された直後にかゆく感じ、プチッと赤くなる仕組みです。 ちなみに ヒトスジシマカは朝と夕方ごろに屋外で活動し、アカイエカは夕方から夜にかけて屋内で活動することが多いと言われています。 お出かけ先や時間帯に合わせて、虫よけスプレーで対策するのがオススメです。 2つの虫刺され跡に注意 刺された直後の赤い虫刺され 赤い虫刺され跡は数日もすれば腫れが引いて、まわりの肌とほとんど見分けがつかなくなります。 しかし、場合によっては茶色っぽく変化し、 数ヶ月から時には1年以上も残ってしまうことも。 実はこれには、虫刺されの赤い跡とは別の理由があるんです。 蚊に刺されると体はそれに反応して治そうと働きます。 この時、メラノサイトという細胞が活発になり、メラニンという色素を作るのですが、この色素がたくさん作られると肌に蓄積されて茶色っぽく見えてしまうのです。 茶色っぽい跡ができたとしても、多くは少しずつ肌の細胞が入れ替わることで時とともに消えていくので、心配しすぎる必要はありません。 とはいえ、年齢を重ねるにつれて新陳代謝がゆっくりになり、消えるまでに時間がかかるのも事実です。 長引きやすい茶色の虫刺され 続いて、茶色っぽく残る跡について。 虫刺され跡を長引かせないためには、何よりも「肌を刺激しないこと」が大切です。 かきむしる、ひっかく• 紫外線 以上2つの刺激は特に大きな要因となります。 特にひっかいて肌を傷つけてしまうと、腫れがさらにひどくなるばかりか指の爪から雑菌が入り込むことにもなりかねません。 「爪でバッテンをつける」、「唾をつける」という方法も、子どもの頃からの習慣でついやってしまう人が多いですが、避けた方がよいでしょう。 やさしく水で洗って清潔に保つ• 市販の虫刺され薬を塗る• 日焼け止めでカバーする などの方法で肌への刺激を減らしてくださいね。 かゆみが我慢できない時は そうは言っても虫刺されは時と場所を選ばないので、「どうしてもかゆい。 手元に虫刺され薬もない!」という場合もあるかもしれません。 虫刺されのかゆみを我慢するのは大人にとってもとてもむずかしいことです。 そんな時は 氷や保冷剤をタオルなどで包んであてて冷やしてみてください。 冷たい流水にあてるのも、かゆみを軽くしてくれる方法のひとつです。 寝ている時やボーッとしている時、ついつい無意識に手が伸びてしまうなら、絆創膏を貼ってかけないようにするのもよいでしょう。 メイクでカバーしてもOK 顔や首元、腕、脚などに虫刺されができるとどうしても気になります。 夏はいつもより露出が増える季節なのでなおさらです。 虫刺されのせいでお気に入りの服を着る気がなくなってしまうのはもったいないですよね。 赤みがある程度引いた後であれば、コンシーラーやファンデーションでカバーすることができます! まわりの肌の色に合ったものを選び、トントンとやさしくはたいてなじませましょう。 夏ならではのファッションを思いっきり楽しんでくださいね。 やってはいけないこと 反対に、蚊に刺された直後にやってはいけないことは何でしょうか? 赤い虫刺され跡は血行が促進されるとかゆみがひどくなるため、刺された直後は以下のような行動を避けるのがオススメです。 熱いお風呂やシャワー• 激しい運動 万が一、虫刺されをかきこわすなどして傷を広げたり、化膿してしまったりした場合は、皮膚科を受診してください。 蚊に比べてダメージが大きいブヨや蜂などによる虫刺されも同様です。 大切なのは、やっぱり予防 完璧に防ぐのはなかなか難しい虫刺されですが、蚊の習性を知って上手に避けるのがポイントです。 蚊がどのようにして吸血するターゲットを選ぶのか完全には解明されていないものの、人の体から排出される二酸化炭素の量に反応することが知られています。 二酸化炭素排出量が多ければ多いほど、蚊に刺されやすくなるのです。 体温が上がると二酸化炭素を多く排出するため、蚊に刺されやすいのは以下のような人です。 運動の直後で息が上がっている• 汗をよくかく• アルコールを飲んでいる• 赤ちゃんや小さな子ども• 妊娠中の女性 このような人は特に気をつけて、虫よけスプレーや蚊取り線香などで蚊を寄せつけないようにしましょう。 山の中や草の多いところには蚊がよくひそんでいるので、これらの場所に行く時には長袖の服を選び、首元にタオルを巻くなどすることも大切です。 通気性のいい素材を選び、こまめに水分補給をして熱中症にも気をつけてください。 また、小さな蚊は風に逆らって飛ぶことができないので、 室内であれば扇風機をかけるのも効果があります。 楽しいこともたくさんある夏、わずらわしい蚊を避けて過ごしてくださいね。

次の

ハチに刺されたら診察を受けてください!

蜂 刺された跡

この記事の目次• かゆくても我慢!跡が残らないようにするための虫刺されケア 虫刺されが出来たときってどうしていますか?いくらかゆくても、引っ掻きすぎると跡が残りやすくなってしまいます。 虫刺されの跡が残るか否かは、虫に刺された瞬間から決まるのです。 早くかゆみを止める 虫刺されができたら一番にすることは、出来るだけ早くかゆみを止めることです。 どんな虫刺されも引っ掻いてしまえば炎症を起こし、メラニン色素が生成されて跡が消えにくくなります。 日中はかゆみを我慢できていても寝ている間に引っ掻いていることもありますから、とにかくかゆみ止めが最優先。 かゆみを止めるのには次のような方法があります。 石鹸で洗い流す 虫に刺されたことに気が付いたら、まず一番に石鹸で洗い流してください。 虫刺されの患部には微量に虫の唾液が残っていますから、これを石鹸でよく洗い流すことでかゆみが悪化するのを防げます。 患部を冷やす 虫刺されはいわば炎症の一つです。 虫の唾液にアレルギー反応を起こしてかゆみが生じているので、冷やして炎症を抑えましょう。 まずは石鹸で洗うついでに冷たい流水で冷やし、その後は保冷剤や氷水で冷やしてください。 かゆみ止めを用意できないときのかゆみ対策としても、虫刺されを冷やすのは効果的ですよ。 ステロイド入りのかゆみ止めを塗る ステロイドは多くのかゆみ止め薬に含まれている成分で、皮膚の炎症とかゆみのどちらもを抑制してくれます。 虫刺されができたら石鹸で洗い流した後に、ステロイド使用のかゆみ止めで治るまで様子を見てください。 症状が酷ければ絆創膏やガーゼで覆う もしもやっかいな毒を持った虫に刺されたり、虫刺されを自分で引っ掻いてしまったりして患部が酷く炎症を起こしている場合は、絆創膏やガーゼで患部を覆ってください。 傷になったり炎症を起こしている患部は、二次感染を起こして化膿し、さらに治りが遅くなってしまいます。 傷が酷くなればなるほど跡も残りやすくなり、なかなか消えてくれません。 すぐにかゆみ止めを準備できないときの応急処置としても、患部を覆うことで意図せず引っ掻いてしまうのを予防できますよ。 皮膚科で虫刺されを診て貰う 「虫刺されくらいでわざわざ皮膚科に…?」と思うかもしれませんが、全然大げさなことではありません。 単に虫刺されと言っても、• やぶ蚊• ブヨ …など、刺した虫の種類によっては症状も治りも全然違います。 もしかしたら想像以上に危険な毒を注入されている可能性もあるので、あまりにかゆみが引かない場合は皮膚科で診てもらいましょう。 当然ですが皮膚科で処方される薬は専門的なもの。 かゆみを抑える効果はもちろん、虫刺され跡が残りにくいという効果も得られますよ。 どうしても虫刺されの跡を残したくないと言う人や、市販のかゆみ止めでは効果が薄いと言う人は、気軽に皮膚科を受診してみてくださいね。 かゆみがある程度引いてきた後に行うこと かゆみが治まったとしても、虫刺されのケアを終えて良いというわけではありません。 むしろかゆみが治まってからが本番。 なるべく虫刺され跡が早く消えるように、以下のようなケアを忘れずに行ってくださいね。 日焼けしないように注意する 虫刺され跡の大元の原因はメラニン色素です。 メラニン色素は皮膚を刺激から守る存在で、虫刺されのような炎症・刺激から皮膚を守るために生成されるのです。 そんなメラニン色素は、太陽からの紫外線を浴びることでも生成されますよね。 虫刺されで生まれたメラニン色素を早く排出させるために、紫外線で新たなメラニンが生成されないように注意しましょう。 日焼け止めを塗るのはもちろんですが、もし虫刺されの患部が腫れていて日焼け止めが濡れないのであれば、絆創膏やガーゼで覆ったり、服で隠したりして紫外線から守ってください。 虫刺されをそのまま放置して紫外線に晒し続けると、シミのようになって消えにくくなるので要注意です。 保湿してターンオーバーを促す 皮膚上に生成されたメラニン色素は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)によってそのうち剥がれていきます。 虫刺されの跡もこれと同様。 ターンオーバーを促せばメラニンが剥がれ落ち、虫刺されの跡が綺麗に消えていきます。 肌のターンオーバーを促すには、毎日しっかり肌を保湿することが欠かせません。 うるおいは肌を乾燥から守ってバリア機能を高める働きもあるので、虫刺されで弱った肌には最適ですね。 顔のスキンケアと一緒に化粧水や乳液で保湿するのでも良いですし、身体の虫刺されならボディクリームを使用するだけでも、虫刺され跡の治りが早くなりますよ。 保湿ついでに、美白要素のあるクリームや化粧水だと尚良しですね。 ビタミンC誘導体やプラセンタなどの美白成分が含まれたもので保湿するのがおすすめです。 美白クリームで跡を消す 虫刺されの跡はいわばメラニン色素のかたまりです。 色素沈着やシミと一緒なので、美白クリームでも対処は可能。 ハイドロキノン• チロシナーゼ• トレチノイン などの美白成分が配合された市販のクリームを使うと、メラニン色素の生成を防ぐ効果が得られます。 今あるメラニンが除去されるのはもちろん、今後メラニンが作られにくくなるため、継続的な美白効果がきたいできますね。 ただしハイドロキノンは肌の漂白効果から副作用も考えられるので、できれば市販よりも病院で処方される軟膏を使用することをおすすめします。 強い漂白作用を持つクリームや軟膏だと、肌が刺激を受けてアレルギー反応を起こしたり、肌に白斑ができてしまうおそれもあるので注意してくださいね。 皮膚科の治療で跡を消して貰う 最も確実で手早い方法ですが、他の方法と比べてコストがかかってしまうのがネックです。 虫刺されのかゆみ止めを処方してもらう他、虫刺されの跡を消す治療も皮膚科は手伝ってくれます。 具体的な治療方法は美白軟膏の処方や、レーザー治療でメラニン色素を除去する方法の2つ。 美白軟膏は先ほどご説明したハイドロキノンやトレチノインの処方です。 皮膚科のものは市販のものとは違い、医師の管理下で処方されるものなので安全性は高いですよ。 対してレーザー治療は、皮膚上のメラニン色素に反応するレーザーで虫刺され跡を確実に除去するというやり方。 こちらは確実性が高く、比較的すぐに虫刺され跡を消し去る効果が期待できます。 それぞれの成分は次のような食べ物に多く含まれています。 ビタミンC…レモン、いちご、パプリカ、ブロッコリー、ほうれん草など• ビタミンE…卵、たらこ、バター、かぼちゃ、大豆、うなぎなど• 消せないときは隠すしかない。 虫刺され跡を消す応急処置 どうしても肌を見せる格好をするときに、虫刺されの跡があるのは嫌ですよね。 もちろん一瞬で虫刺され跡を消すことはできませんが、応急処置的に隠す方法ならいくつかあります。 コンシーラーを使って隠す メイクに使うコンシーラーを使って、虫刺され跡を上から隠してしまいましょう。 ファンデーションでも良いですが、コンシーラーの方が細かな微調整ができるのでおすすめ。 傷跡を隠すことが目的のコンシーラーもありますので、メイク用のものと使い分けると良いでしょう。 ウォータープルーフタイプのものなら、水に濡れやすい場面でも安心です。 虫刺され跡を始め、気になる傷跡にささっとコンシーラーを塗って、よく指で肌に馴染ませてくださいね。 ファンデーションテープで隠す ファンデーションテープは、虫刺されに限らず気になる傷跡を隠すためのアイテムです。 柔らかくて伸びやすい上、非常に薄い造りになっているので皮膚と同化し、ほとんど目立ちません。 多くのファンデーションテープは一度貼れば1週間ほど保ちますので、長期間の間虫刺され跡を隠しつづけられます。 旅行や結婚式などでは重宝するアイテムですね。 テープの色はファンデーションと同じで何種類かありますから、自分の肌と馴染む色を選ぶようにしてください。 虫刺されのケアと一緒に虫よけ対策も徹底していこう 虫刺されの跡がどのくらいで消えてくれるのか…それは虫に刺された瞬間からの行動で決まります。 刺された直後もかゆみが引いた後も、跡が消えるまで油断せずケアを怠らないでくださいね。 また、 虫刺されのケアをすることも大切ですが、何より大切なのは虫に刺されないようにすることです。 そもそも虫に刺されなければ、虫刺され跡の心配なんてする必要はありませんよね。 虫よけスプレーや長袖の服などを利用して、虫に刺されないように注意することも大切。 気温が微妙な日は夏以外にも蚊は出てきますし、紫外線だって一年中降り注ぎます。 年中無休の虫対策と虫刺されのケアをして、美しい肌を守っていきましょう。

次の