ニキビ治す方法 頬。 細かいプツプツ白ニキビ・コメドを一日でも早く治す方法!

【医師監修】頬ニキビの6つの原因と治し方|ツルツル肌を目指す対策

ニキビ治す方法 頬

この記事の目次• ニキビを1日でも早く治すために大切なこと ニキビを早く治すには、まず自分の ニキビの種類を知らなければなりません。 ニキビは毛穴に皮脂がつまることによって発症し、進行状況によって大きく4つの種類に分けられます。 初期状態はまだ病的といえるほどの状態ではないため、スキンケアや生活習慣を見直すだけでも十分改善できるでしょう。 しかし、進行したニキビは炎症や膿といった症状が現れます。 こうなると、自力できれいに治すのは難しく、皮膚科医の力を借りなければならないこともあるのです。 対応を誤れば、いつまでもニキビが治らないだけではなく、痕が残る可能性もあります。 つまり、 ニキビを早く治す方法とは、ニキビの種類ごとに正しい対処をすることなのです。 ニキビを直視したくない気持ちもあるかもしれませんが、まずはしっかり鏡と向き合い、ニキビの種類を見極めましょう。 ニキビの種類 ニキビには、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビの4種類があります。 現在ニキビがある人は、どの状態なのかを確認してみてください。 白ニキビ 出典: 白ニキビは、ニキビの1番最初の段階です。 毛穴に皮脂がつまって、ぽつりと膨れ上がってる状態を指します。 いわゆる「吹き出物」です。 炎症を起こしているわけではないので、この段階でしっかりと対処をすれば改善は難しくありません。 黒ニキビ 出典: 黒ニキビは、白ニキビから一歩進んだ段階です。 毛穴につまった皮脂が酸化して黒くなり、さらに毛穴が開きっぱなしになっていることで、顔に黒いぶつぶつができているように見えます。 白ニキビと同じく、炎症を起こしているわけではありませんが、見た目はより悪いといえるでしょう。 赤ニキビ 出典: 赤ニキビは、白ニキビがさらに悪化して炎症を起こし、赤く腫れ上がった状態です。 この炎症は、毛穴につまった皮脂の中でアクネ菌が増殖することで発生します。 アクネ菌は誰の皮膚にでもいる菌(常在菌)で、特別なものではありません。 白ニキビを放置すれば、誰でも赤ニキビになってしまう可能性があるのです。 また、赤ニキビになるとかゆみや痛みといった症状が出てきます。 気になってイライラすることもあるので、できるだけ早く対処をした方がいいでしょう。 黄ニキビ 出典: 黄ニキビは赤ニキビがさらに進行した状態で、ニキビの最終段階です。 炎症が激しくなった結果、中に死んだ白血球による膿がたまっています。 見た目が非常に悪いうえ、潰れればドロリとした膿が出てくるでしょう。 ニキビ毎の効果的な対策 ニキビの種類がわかったら、すぐに治すための行動をとります。 ここでお伝えしていく、ニキビの種類ごとの正しい対処法を知っておきましょう。 白ニキビ 白ニキビへの対処法は、 スキンケアの見直しです。 毛穴に皮脂がつまっている以上、普段のスキンケアが不十分である可能性が高いからです。 とはいえ、ただ力を入れてこすればいいわけではありません。 強い刺激が加わると皮膚はダメージを受け、乾燥による皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。 スキンケアの基本は、とにかく肌への刺激をおさえ、保湿をしっかりとおこなうことです。 以下のポイントに注意してみましょう。 洗顔や入浴のあとは必ず保湿ケアをおこなう。 化粧水や保湿クリームは、肌への刺激が少ない成分が使われているものを選ぶ• スキンケア用品は顔の細かい部分までしっかりと塗る。 こうすれば、皮脂を落としつつ保湿をすることが可能です。 白ニキビへの対策は、より進行したニキビを治すときにも有効なので、普段から心がけてください。 黒ニキビ 黒ニキビの対処法は、白ニキビと基本的に同じです。 ただ、毛穴に詰まった皮脂が酸化して固くなっているため、取り除くのに少し時間がかかるかもしれません。 より入念にスキンケアをおこなうべきでしょう。 どうしても黒ずんだ皮脂が取れない場合は ピーリングが有効です。 ただし、やりすぎるとかえって皮膚にダメージを与えるため、1回おこなったらしばらく様子を見てください。 もちろん、ピーリングのあとは必ず保湿ケアを忘れないようにします。 赤ニキビ 赤ニキビまで進行すると、自力でのケアはかなり難しくなります。 まずは白ニキビと同様にスキンケアの見直しをおこないましょう。 市販のニキビケア用品を使ってもいいのですが、できれば 皮膚科を受診してください。 専門医の治療を受ければ、痕を残さず治すことが可能です。 また、黒ニキビの時に有効だったピーリングは、赤ニキビに対しては逆効果になります。 あくまでも汚れに過ぎなかった黒ニキビと異なり、赤ニキビは炎症だからです。 ピーリングは皮膚の表面を溶かすので、炎症を悪化させかねません。 黄ニキビ 黄ニキビまで進行した場合は、一刻も早く皮膚科へ行ってください。 これ以上症状が悪化すると、ニキビが治っても痕が残ってしまう可能性が高いからです。 もし潰せば、皮膚の細胞が破壊されたり、シミになったりすることもあるので触らないようにしましょう。 ニキビを治すための内側からのケア ニキビを早く治すためには、スキンケアや薬の使用だけではなく、内側からのケアも大切です。 なので、普段の生活習慣も見直していきましょう。 睡眠をしっかりとる 皮膚は新陳代謝が非常に活発な組織ですが、修復されるのは主に睡眠中です。 睡眠不足だと、ニキビが治るのにも長い時間がかかります。 仕事などで忙しくても、毎日十分な睡眠時間を確保しましょう。 最低でも7時間以上が理想です。 バランスのとれた食生活を心がける 健康的な皮膚を保つためには、ビタミンやタンパク質をはじめ、さまざまな栄養を摂取する必要があります。 偏った食事は避けるようにし、バランスのとれた食事を心がけましょう。 また、インスタントやファーストフードなどの脂っこい食事は、皮脂の分泌量を増やすので避けるようにします。 ストレスを溜めこまない 強いストレスを受け続けるとホルモンバランスが乱れ、皮膚の新陳代謝に支障をきたします。 さらに、皮脂が過剰分泌され、ニキビができやすくなってしまうこともあるのです。 十分な休息時間を確保するとともに、ストレスを解消する時間をつくることに努めましょう。 ニキビを早く治したいときにNGなこと ニキビを早く治したいときは、肌を清潔に保ちつつ刺激を避ける必要があります。 この逆であり、やりがちな NG 行動も確認しておきましょう。 ニキビを触る ニキビが気になって、つい触ってしまう人は多いでしょう。 触ることはニキビへの刺激となり、最悪は潰してしまうおそれがあるので我慢してください。 また、髪の毛がニキビに触れるのも刺激となるので、ニキビが治るまでの間は髪型に注意しておきましょう。 厚化粧をする メイクは意外と皮膚に負担をかけています。 そのため、ニキビができているにも関わらず厚化粧をすると悪化させる原因になります。 ニキビがあるときは、できるだけ普段よりもメイクを薄くするよう心がけてください。 汚れたメイク用品を使う 古いファンデーションのパフなどのメイク用品は、雑菌が大量に付着していることがあります。 見た目からして汚れているようなものを使用しないのはもちろん、肌に触れるメイク用品は定期的に交換していきましょう。 どうしてもすぐにニキビをなんとかしたいなら ニキビが治るまでにはどうしても数日かかります。 しかし、どうしてもすぐに人目につかないようにしたい場合もあるでしょう。 そんなときは、あくまでも一時的な対処ですが以下の方法を試してみてください。 ファンデーションやコンシーラーで隠す メイクを工夫すれば、ニキビを隠すことは可能です。 ファンデーションやコンシーラーをうまく使ってみましょう。 ただし、厚塗りするとニキビを悪化させる可能性があることは忘れないでください。 マスクで隠す 顔の下半分辺りにできたニキビなら、マスクをすれば隠せます。 ただ、長時間マスクをすれば、皮膚がこすれて刺激を与えてしまいがちです。 必要な時だけマスクをするようにしていきましょう。 まとめ いかがでしたか? ニキビは状態に合わせた適切な対処をすれば、本来よりも早く治すことができます。 逆にいうと、ニキビは放置するとどんどん悪化し、進行すると痕が残ってしまうおそれもあるので注意が必要です。 1日でも早くニキビで悩む日をなくすために、すばやく行動していきましょう。

次の

ニキビを1日でも早く治す方法!医師に聞いた正しいケアって?

ニキビ治す方法 頬

男女別大人ニキビの原因 皮膚への過剰な刺激も大人ニキビの原因となります。 たとえば、男性ではひげ剃りに注意が必要です。 ひげを剃るときは清潔な道具を使い、シェービング剤などを使って刺激を和らげるようにします。 女性では、メイクが原因となることもあります。 適切なクレンジングで、しっかりメイクを洗い落とすことが大切です。 すでにニキビが発生している場合はメイクを控えるか、メイクをする場合は油分の多い化粧品を避けて、ノンコメドジェニックテスト済みと記載のある化粧品を使用し、悪化を防ぎましょう。 また、女性の大人ニキビは、生理周期とも深い関わりを持っています。 生理前にニキビが増えたり悪化したりする女性が多くみられますが、それは女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が高まるため。 プロゲステロンが皮脂の分泌を高めて、大人ニキビができやすくなってしまいます。 白ニキビ(閉鎖面疱) 皮脂や老廃物が詰まって盛り上がったものは白色面疱とも呼ばれ、俗に白ニキビと呼ばれています。 黒ニキビ(開放面疱) 黒色面疱とも呼ばれ、先端が黒くなったニキビです。 皮膚表面に顔をのぞかせた面疱の中身が酸化して黒くなります。 赤ニキビ(炎症性面疱) 白ニキビが悪化して炎症を起こしたもの。 目立ちやすく、治りにくいのが特徴です。 黄ニキビ(膿疱性面疱) ニキビが化膿して、黄色い膿(うみ)がたまったものです。 紫ニキビ 炎症が起こった後、まわりの組織が破壊され、それを修復するために血管が新たに増生されたり、ニキビの炎症により瘢痕組織ができたりして赤紫にみえるものです。 ときに内出血を起こしているものが、俗に紫ニキビといわれることがあります。 十分な睡眠をとる 睡眠はニキビの悪化に関係すると考えられています。 皮膚の細胞は夜寝ているあいだに修復・再生されるため、質のよい睡眠を十分にとることを心がけましょう。 朝寝坊で生活リズムが乱れたり、寝る直前まで明るい光を浴びていたりすると、自然な眠りを妨げます。 規則正しい生活を送り、夜は暖色系の光の下で過ごして、スムーズな入眠につなげましょう。 食生活を見直す 無理なダイエットで食事からとる栄養が不足していたり、栄養バランスが偏って便通に影響したりすると、大人ニキビの発生や悪化につながる可能性があります。 特定の食べ物と大人ニキビとの明確な関連性は明らかになっていませんが、健やかな肌を育てるためにも、栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。 なかでも、大人ニキビの予防・改善に役立つと考えられている「ビタミン」は、積極的にとるとよいでしょう。 ストレスをためない ストレス自体が皮膚の免疫力を低下させ、ニキビの炎症が強くなったり、ストレスにより皮膚の再生力が低下したりします。 また、ストレスの現れとして、ニキビを無意識にいじってしまったり、睡眠不足になったりして、大人ニキビの悪化に影響を与えることがあります。 気分転換をしたりゆっくり休んだりすることで、ストレスと上手に付き合いましょう。 洗顔方法の見直し 肌の乾燥も大人ニキビの要因となるため、洗い過ぎに十分注意します。 1日2回の洗顔を基本として、よく泡立てた洗浄料を使い、肌をこすって刺激を与えないようにやさしく洗うことが大切です。 とくにスクラブ入りの洗顔料は皮膚を傷つけてしまうので、使用を避けましょう。 洗顔後は、肌のバリア機能を正常に保つために、ていねいな保湿ケアでうるおいを補給します。 ニキビが発生しにくい成分を配合したノンコメドジェニック化粧品の使用もおすすめです。 男性の場合 男性では、ひげ剃りの際に注意が必要です。 ひげを剃るときの刺激によって皮膚のバリア機能が破壊されることで、ニキビができやすくなります。 カミソリや電気シェーバーの切れ味が悪くなると肌ダメージが大きくなるため、こまめに刃を交換することが大切です。 剃る前に肌を水で濡らし、シェービング剤などをつけてひげをやわらかくしてから剃りはじめます。 剃った後は保湿クリームなどでケアして、乾燥を防ぎましょう。 女性の場合 女性では、メイクが悪化要因となることがあります。 すでに大人ニキビができている場合は、できれば油分の多い化粧品を避けるのがおすすめです。 ファンデーションを控えめにしてポイントメイクを強調するなど、目線をニキビ以外の部位に持っていくような工夫も効果的です。 大人ニキビが発生しやすい部位への刺激をおさえる工夫を取り入れましょう。 また、クレンジングでシートタイプのものを使うと肌への刺激が気になります。 その日のメイクに合わせて、なるべく負担のないクレンジング剤を選ぶことが大切です。 メイク汚れが毛穴に詰まったままにならないよう、洗い残しに注意しましょう。

次の

頬ニキビを治す方法〜原因が分かればバッチリ対策可能

ニキビ治す方法 頬

大人ニキビができる原因• 肌の乾燥• 食生活の乱れ• ストレス• 毛穴が詰まっている 大人のニキビの原因は色々あって、思春期ニキビと似た部分もありますが、ストレスなどにより肌が乾燥したり、毛穴に皮脂が詰まってしまうのが原因です。 ニキビの進行具合によって異なる種類 ニキビは進行の具合によって、形状や色が異なります。 白ニキビ ニキビの初期段階。 皮脂が溜まって毛穴が詰まった状態で盛り上がる。 黒ニキビ 白ニキビが毛穴が開いて酸化したもの。 赤ニキビ アクネ菌が皮脂を栄養にし増殖。 ニキビ跡になりやすい。 膿ニキビ 赤ニキビから炎症が激しくなった最終段階。 膿が見え、外へ出ようとする。 ニキビにNGな習慣• 1日に何回も洗顔する• ニキビを触る・つぶす• 揚げ物やスイーツをよく食べる• 睡眠不足 です。 洗顔をし過ぎると、お肌に必要な皮脂まで落としてしまって、それを補おうと余計に皮脂分泌されてしまうからです。 また、スクラブやピーリングなどの刺激を与えるものも、やり過ぎはNGです。 跡が残る• 雑菌が入ってしまって化膿する場合も という感じで、後で後悔することになりまねません。 枕カバーやタオルを清潔に• 髪の毛• タオルは、毎日洗濯して清潔なものを使うようにしましょう💛 枕カバーも同じです💛 人間って、寝てる時間が1日でものすごく長いですよね。 だいたい1日の3分の1は寝ていることになるのですが、寝ている間にお顔のすぐそばにあるのが「枕カバー」。 この枕カバーが汚れていると、タオルと同じくニキビの原因になってしまいます。 できるなら、ニキビが気になる時は髪の毛は束ねた方が良いですね😊 ニキビがある時は、お肌が敏感になっていて髪の毛が触れることでも刺激になることがあります。 逆に取り入れた方が良いものが「亜鉛」が多く含まれる食品です💛 亜鉛は、お肌の治癒力を高めてくれて、治ってからも肌荒れを少なくする効果があります😊.

次の