キャベツ 豚肉 スープ。 【みんなが作ってる】 キャベツ豚肉スープのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

キャベツ鍋の人気なレシピ8選!おすすめの具材やスープも

キャベツ 豚肉 スープ

キャベツ鍋の人気レシピ1つ目は、「塩ちゃんこ鍋」です。 あっさりと塩で味付けられた出汁は、キャベツの甘味をしっかり引き立ててくれます。 豚バラ肉や鶏もも肉など、脂のうまみをもった食べごたえのある肉類を入れるとコク深くおいしくなります。 材料(2~4人分)• 豚肉:300g• 白ネギ:2本• 油揚げ:2~3枚• 豆腐:1丁• きのこ類:適量• かまぼこ、ちくわ、肉団子などお好みで• 豚肉を広げ入れます。 野菜を加えて、煮込んだらできあがりです。 豚しゃぶキャベツ鍋は、あらかじめたっぷりの野菜を鍋に煮て、お肉をしゃぶしゃぶしたら、たっぷりの野菜を包んで食べるヘルシーな鍋です。 材料(2~3人分)• 豚肉(しゃぶしゃぶ用):300g• しめじ、えのきなどのきのこ類:適量• キャベツは1cm幅のざく切りにします。 大根とにんじんは、スライサーで薄く切ります。 キャベツときのこ類をいれ、火が通るまで煮ます。 豚肉、大根、にんじんをしゃぶしゃぶして鍋で煮た野菜と一緒に食べます。 鶏肉はコラーゲンがたっぷり含まれた手羽やももを使い、みじん切りにしたニンニクをスープに混ぜることで、スタミナもアップします。 風邪をひきやすい冬にはにんにく鍋がおすすめです。 材料(3~4人分)• 鶏肉(手羽、もも):300g• 長ネギ:1本• 豆腐:1丁• れんこん:100g• にんにく:3片• 鶏肉を食べやすい大きさに切ります。 キャベツはざく切りにし、他の材料も食べやすい大きさに切ります。 鶏肉を弱火で煮て火が通ったら他の具材を入れひと煮立ちさせたらできあがりです。 キャベツ鍋の人気レシピ6つ目は、「豚キムチ鍋」です。 寒くなると食べたくなるのが体を芯から温めてくれるキムチ鍋。 豚バラとキャベツをたっぷり入れると、疲労回復や風邪予防、アンチエイジングにも効果的です。 材料(3~4人分)• 豚バラ肉:400g• 大根:4~5cm• キムチ:150g• 油揚げ:2枚• 豆腐:1丁• キャベツをざく切りにし、大根は薄めのイチョウ切り、えのきは石づきをとり、油揚げ、豆腐、ニラは食べやすい大きさに切ります。 大根に軽く火が通ったら、豚肉と野菜を入れて煮ます。 豚肉と野菜に火が通ったら、ニラを入れフタをして火を止めたらできあがりです。 キャベツをはじめ、好きな野菜をせん切りにして鍋に入れ、しゃぶしゃぶしたお肉でくるっと巻いて食べるのがおすすめ。 豚肉:400g• にんじん:中1本• 玉ねぎ:1個• えのき:1株• 酒:大さじ1• 塩:少々• 水:適量• ポン酢、ごまだれ:お好みで 作り方• キャベツとにんじんは千切りにし、玉ねぎは繊維に沿って薄切りにします。 えのきの石づきを取り小房に分け、水菜は根を落として、半分に切っておきます。 鍋に水を沸かして、酒と塩を加え、玉ねぎとえのきにサッと火を通しておきます。 豚肉と、千切りにした野菜、水菜を鍋に入れて火が通ったらできあがりです。 発酵食品のみそとチーズは相性が抜群なので、豆乳と合わせるとまろやかな味わいのキャベツ鍋になります。 材料(3~4人分)• 鶏もも肉:1枚• ウインナー:1袋• プチトマト:7~8個• しめじ:1株• 鶏もも肉を一口大に切り、キャベツはざく切りにします。 にんじんとブロッコリーを一口大にカットし、しめじは石づきを取って小房に分けます。 鍋に水と豆乳を入れ、軽く煮立ったら弱火にし、みそとコンソメを加えて混ぜ合わせます。 スープができたら、具材を火の通りにくいものから入れて煮ます。 具材に火が通ったら、火を止めチーズを全体にかけて、フタをます。 余熱でチーズが溶けたらできあがりです。 えのきやしめじ、しいたけなどのきのこ類は、鍋料理の具材としてよく食べられています。 食物繊維がたっぷり含まれていて、カロリーが低い食材なので、美肌やダイエットなどに効果的です。 栄養豊富なキャベツを鍋で美味しく味わおう! 鍋料理はたくさんの具材を一緒に煮込んで、それぞれのうま味をしっかり味わうことができるおすすめの調理法です。 メインの野菜をキャベツにすると、合わせるスープのバリエーションが豊富になります。 メインの野菜は同じでも、スープが変われば飽きることなくキャベツ鍋を食べることができるので、野菜不足も解消できます。 鍋のスープを作るのは面倒…という人には市販のスープがおすすめです。 最近では便利に小鍋用のスープの素もあるので、キャベツが余ったら簡単にキャベツ鍋をたのしむことができます。 市販のスープについて気になる方やキャベツを大量消費したい方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

次の

キャベツ鍋の人気なレシピ8選!おすすめの具材やスープも

キャベツ 豚肉 スープ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 塩分控えめレシピ.

次の

【厳選】キャベツレシピ人気15選!簡単おすすめ!炒め・スープ・サラダまとめ

キャベツ 豚肉 スープ

キャベツ鍋の人気レシピ1つ目は、「塩ちゃんこ鍋」です。 あっさりと塩で味付けられた出汁は、キャベツの甘味をしっかり引き立ててくれます。 豚バラ肉や鶏もも肉など、脂のうまみをもった食べごたえのある肉類を入れるとコク深くおいしくなります。 材料(2~4人分)• 豚肉:300g• 白ネギ:2本• 油揚げ:2~3枚• 豆腐:1丁• きのこ類:適量• かまぼこ、ちくわ、肉団子などお好みで• 豚肉を広げ入れます。 野菜を加えて、煮込んだらできあがりです。 豚しゃぶキャベツ鍋は、あらかじめたっぷりの野菜を鍋に煮て、お肉をしゃぶしゃぶしたら、たっぷりの野菜を包んで食べるヘルシーな鍋です。 材料(2~3人分)• 豚肉(しゃぶしゃぶ用):300g• しめじ、えのきなどのきのこ類:適量• キャベツは1cm幅のざく切りにします。 大根とにんじんは、スライサーで薄く切ります。 キャベツときのこ類をいれ、火が通るまで煮ます。 豚肉、大根、にんじんをしゃぶしゃぶして鍋で煮た野菜と一緒に食べます。 鶏肉はコラーゲンがたっぷり含まれた手羽やももを使い、みじん切りにしたニンニクをスープに混ぜることで、スタミナもアップします。 風邪をひきやすい冬にはにんにく鍋がおすすめです。 材料(3~4人分)• 鶏肉(手羽、もも):300g• 長ネギ:1本• 豆腐:1丁• れんこん:100g• にんにく:3片• 鶏肉を食べやすい大きさに切ります。 キャベツはざく切りにし、他の材料も食べやすい大きさに切ります。 鶏肉を弱火で煮て火が通ったら他の具材を入れひと煮立ちさせたらできあがりです。 キャベツ鍋の人気レシピ6つ目は、「豚キムチ鍋」です。 寒くなると食べたくなるのが体を芯から温めてくれるキムチ鍋。 豚バラとキャベツをたっぷり入れると、疲労回復や風邪予防、アンチエイジングにも効果的です。 材料(3~4人分)• 豚バラ肉:400g• 大根:4~5cm• キムチ:150g• 油揚げ:2枚• 豆腐:1丁• キャベツをざく切りにし、大根は薄めのイチョウ切り、えのきは石づきをとり、油揚げ、豆腐、ニラは食べやすい大きさに切ります。 大根に軽く火が通ったら、豚肉と野菜を入れて煮ます。 豚肉と野菜に火が通ったら、ニラを入れフタをして火を止めたらできあがりです。 キャベツをはじめ、好きな野菜をせん切りにして鍋に入れ、しゃぶしゃぶしたお肉でくるっと巻いて食べるのがおすすめ。 豚肉:400g• にんじん:中1本• 玉ねぎ:1個• えのき:1株• 酒:大さじ1• 塩:少々• 水:適量• ポン酢、ごまだれ:お好みで 作り方• キャベツとにんじんは千切りにし、玉ねぎは繊維に沿って薄切りにします。 えのきの石づきを取り小房に分け、水菜は根を落として、半分に切っておきます。 鍋に水を沸かして、酒と塩を加え、玉ねぎとえのきにサッと火を通しておきます。 豚肉と、千切りにした野菜、水菜を鍋に入れて火が通ったらできあがりです。 発酵食品のみそとチーズは相性が抜群なので、豆乳と合わせるとまろやかな味わいのキャベツ鍋になります。 材料(3~4人分)• 鶏もも肉:1枚• ウインナー:1袋• プチトマト:7~8個• しめじ:1株• 鶏もも肉を一口大に切り、キャベツはざく切りにします。 にんじんとブロッコリーを一口大にカットし、しめじは石づきを取って小房に分けます。 鍋に水と豆乳を入れ、軽く煮立ったら弱火にし、みそとコンソメを加えて混ぜ合わせます。 スープができたら、具材を火の通りにくいものから入れて煮ます。 具材に火が通ったら、火を止めチーズを全体にかけて、フタをます。 余熱でチーズが溶けたらできあがりです。 えのきやしめじ、しいたけなどのきのこ類は、鍋料理の具材としてよく食べられています。 食物繊維がたっぷり含まれていて、カロリーが低い食材なので、美肌やダイエットなどに効果的です。 栄養豊富なキャベツを鍋で美味しく味わおう! 鍋料理はたくさんの具材を一緒に煮込んで、それぞれのうま味をしっかり味わうことができるおすすめの調理法です。 メインの野菜をキャベツにすると、合わせるスープのバリエーションが豊富になります。 メインの野菜は同じでも、スープが変われば飽きることなくキャベツ鍋を食べることができるので、野菜不足も解消できます。 鍋のスープを作るのは面倒…という人には市販のスープがおすすめです。 最近では便利に小鍋用のスープの素もあるので、キャベツが余ったら簡単にキャベツ鍋をたのしむことができます。 市販のスープについて気になる方やキャベツを大量消費したい方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

次の