さか むけ ケア。 さかむけをケアする市販薬は?傷や化膿を治す薬を症状別に紹介!

第12回 東西対決「ささくれ」「さかむけ」 勝者は?

さか むけ ケア

第12回 東西対決「ささくれ」「さかむけ」 勝者は? 子どもの頃に、「ささくれができるのは親不孝の証拠だ」という俗信を聞かされたことがある。 爪の生え際の皮が荒れて、指の根元の方に細かくむけると痛くて母親の炊事の手伝いができなくなるからだ、などともっともらしい俗説を聞かされたものだ。 とにかく母親の手伝いをしなさいという教訓のつもりなのだろう。 それはそうと、最近ではそのささくれを治す薬があるらしい。 TVでもCMが流れ、全国に流通しているようだ。 筆者自身も都内と大阪のドラッグストアに堂々と並べられている姿を確認した。 ある辞書に至っては、「ささくれ」の見出し語の下に「「さかむけ」に同じ」などと、主導権を「さかむけ」に譲っているのである。 実際に調べてみると、ササクレは東日本、サカムケは西日本とそれぞれ勢力範囲がほぼ東西に分かれている。 確かにサカムケアの発売元である小林製薬の本社は大阪にある。 ちなみに小林製薬からは、ふくらはぎの筋肉がつる「こむらがえり」による痛みを治す「コムレケア」も発売している。 もはや脱帽するしかない。 先日、大阪市内のドラッグストアをのぞいたときに、サカムケアの隣にひっそりと並んでいたのが「あかぎれ・さかむけ保護フィルム」(写真2)。 パッケージを見ると、製造元の「東洋化学」は滋賀県の会社だ。 東日本勢も黙ってはいない。 その名も「ささくれ・ひび割れ手肌ガード」(写真3)。 東京に本社があるポーラ・オルビスグループのpdcという会社の商品だ。 まさに東西の全面戦争と言いたいところだが、サカムケアの全国進出で「ささくれ」は分が悪いようだ。 (写真1) (写真2) (写真3).

次の

サカムケアの評判は?しみる?痛い?口コミをご紹介!

さか むけ ケア

SPONSORED LINK 私もさかむけには悩んでいたのですが、 最悪なのがさかむけからひょうそうを発症してしまうこと。 膿が入り込んでしまうと触れるだけで痛みを伴いますし、 本当にひどくなった場合は切開しなければいけません。 私の場合はストレスで爪をかむクセがあったため、 爪をかんでさかむけを発症し、そこからひょうそうへ… という悪循環を繰り返していました。 今でこそ爪をかむことはありませんが、 子供時代からの習慣を変えるのは結構大変でした。 さかむけの治し方 さかむけの原因については、 以下の記事で詳しくまとめています。 今回は「治し方」に注目してお伝えします。 まず絶対やってはいけない治し方は、 「手でさかむけをむしり取ること」です。 手で取ると皮膚深くまでむしってしまい、 気づけば出血しているかもしれません。 出血し、そこからバイ菌が入り、 化膿してしまうのが本当に最悪です。 とはいえ薬を買っていてはお金もかかります。 私が薬なしでさかむけを治す上でオススメしているのが、 まずは爪切りでさかむけをむしり取ることです。 爪切りであればむしり過ぎることもなく、 キレイにさかむけを取ることができます。 できる限り根元からむしり取るのがベストです。 爪切りであれば一家に1つはあるでしょう。 お金をかけずに対策できますね。 薬なしでさかむけを治す裏技 SPONSORED LINK そして爪切り以外にさかむけを治す裏技。 よく知られているのはハンドクリームです。 手肌の乾燥がさかむけの原因の1つ。 肌荒れに悩んでいるのであれば、 ハンドクリームを定期的に使うことをオススメします。 特に爪切りでさかむけを取った後、 ハンドクリームを塗ることでさかむけが再び生えにくくなります。 また意外と知られていないのが、 ワセリンを使ったさかむけ対策。 ハンドクリームのかわりにワセリンを塗ることでも、 同様の対策をとることができるのです。 ちなみにワセリンはさかむけ対策だけでなく、 やけどをした時の対策など、あらゆる場面で使えます。 肌の乾燥を防いでくれることもあり、 1つ持っておくと非常に重宝します。

次の

さかむけの原因は本当に栄養不足!?治し方は市販の薬で大丈夫!?

さか むけ ケア

もちろん、わたしもそのひとりです。 お手洗いへ行った後など、水に触れたら必ず手元を保湿するようにし、ハンドクリーム自体も高保湿なものを厳選してたっぷり使用。 しかし、それでも乾燥したりささくれたりしてしまうのは、 「爪と指の隙間」にきちんと保湿が行き届いていないからでした。 かかりつけの皮膚科医がこう話していました。 「爪と指の隙間には指と爪をくっつけている『ハイポキニウム(爪下皮)』があります。 ハイポキニウムは乾燥に弱いので、こまめな保湿ケアが重要。 ここをしっかり保湿しておけば、爪のフチ全体に油分が行き届いてささくれも防げるうえ、細菌などにも強い健康な指先になります」とのこと。 たしかに、爪の根本の「爪母(そうぼ)」のあたりは意識してよくクリームをすり込むようにしていましたが、指との隙間は完全に盲点でした。 後で詳しく調べてみると、ハイポキニウムは保湿を続けると育つことも発覚。 この部分の保湿は爪まわりを健康に保つだけでなく、爪を縦長に伸ばし、指を細長くすらりと見せてくれることがわかりました。

次の