虎ノ門 ニュース 公式 サイト。 青山繁晴と『虎ノ門ニュース』の醜すぎるケンカ! フェイク垂れ流し番組がネトウヨ議員に嘘つき認定のトホホ、それでも青山信者は…|LITERA/リテラ

忘れてない?今日は「プレミアムフライデー」 公式サイトは1月末から更新ないけど...: J

虎ノ門 ニュース 公式 サイト

『虎ノ門ニュース』に出演する青山氏 新型コロナウイルスに関して、安倍首相が中国や韓国などからの入国規制を宣言したのが先週のこと。 6日の参院予算委員会では「中韓の入国規制」に賛辞を送るとともに、新型コロナウイルスによる感染症を「武漢熱」と呼んでいる青山センセイは「感染症に地域の名前をつけるべきだ」という趣旨を連発。 差別を招くとして病名に国名・地域名は避けるべきというWHOの指針を完全無視したうえ、あげく、国会で「(中国は)武漢には武漢病毒研究所があるという事実を薄れさせて、まるで日本が感染拡大の主犯であるような宣伝が始まっている」などと、例の「生物兵器説」なるトンデモを匂わせる始末だった。 そんな相変わらずの青山センセイだが、3月9日、隔週月曜レギュラーを務めているネトウヨ番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)に、その姿はなかった。 この日の番組では、産経新聞の田北真樹子氏と右派ジャーナリストの須田慎一郎氏が代打出演。 青山センセイについて「予算委員会にご出席のため生憎本日はご登場かないません」と説明された。 だが、コレ、本当は「予算委員会出席のため」とか、そういう話ではないらしい。 その顛末は、今月5日、DHCテレビが公式ホームページにアップした「青山繁晴さんの3月9日出演休止について」なる題の文書に記されている。 書いたのはDHCテレビジョンの社長で、番組のチーフプロデューサーである山田晃氏だ。 〈当時、放送2日前に青山さんの秘書さんから「議員が体調不良で月曜の出演をお休みしたい」旨のご連絡をいただきました。 これは大変ということで、青山さんには心配なくご静養頂くことをお願いし、急遽代打としてケント・ギルバートさんと門田隆将さんに事情を話した上で代打出演をご快諾いただきました。 しかしその夜に青山さんは自身のブログで、月曜の虎ノ門ニュースを休むのは仕事が多忙であるという旨の発表をなされました。 〉(DHCホームページより) たしかに、当時の青山センセイのブログをチェックすると、9月20日に〈あー、しんど。 けど、無事。 凡て、さしたることもなし〉と書いて、翌21日には〈9月23日月曜の虎ノ門ニュースには、参加しないことになりました。 ぼくの仕事の都合です。 ごめんなさい!〉と公表。 そして、番組出演予定日の前日にあたる22日には、日本チェコ友好議連の一員として大阪の堺商工会議所で開かれたオープニングセレモニーに参加し、挨拶している。 だが、山田社長によると、青山センセイ側は番組側におやすみの理由を「体調不良」と伝えていた。 山田社長は明らかに恨み節でこう続けている。 〈それならそうとはじめから正直にご相談くだされば良かったのですが、これでは「レギュラー出演者の体調不良」を理由にかなり急な出演オファーをした番組スタッフが嘘をついたことになります。 些細なことのように思われる方もいらっしゃると思いますが、代打でご出演いただいた出演者も暇ではありません。 みなさんお忙しくされている中、「レギュラー出演者の青山さんが体調不良で困っている」からお時間を作ってくれたのです。 それが、体調不良は嘘で本当は仕事がたてこんでいるから休む、ということになればどうでしょうか? 出演者にしてみれば、青山さんにとって虎ノ門ニュースは大切な仕事ではなく、他に忙しい仕事があれば平気で休むどうでもいい仕事で、その穴埋めをやらされていると思われても仕方なく、番組スタッフはその片棒を担いで嘘を言っているということになってしまいます。 これでは番組スタッフと出演者の信頼関係は瓦解してしまいます。 その告知や報告を嬉々としてブログに連ねていた。

次の

須田慎一郎公式サイト【須田慎一郎ジャーナル】

虎ノ門 ニュース 公式 サイト

「公式ホームページの更新も止まっていて涙が出てくる」 2017年2月に始まったプレミアムフライデー(以下プレ金)は、政府や日本経済団体連合会などが推奨する取り組みで、月末の金曜日の15時に仕事を切り上げることで、「働き方の改革」や、買い物やレジャーなどの「消費を促す」ことを狙いとしている。 プレ金推進協議会の事務局を、経済産業省の委託事業受託者である博報堂が設置し、特設サイトを設けてキャンペーンなどの告知を行ってきた。 しかし特設サイト上で、2018年1月以来「お知らせ」欄に更新されてきた当月のプレ金情報は、今年1月末で停止してしまった。 新型コロナウイルスの影響もあり、2月以降は(明確なアナウンスはないものの)実質的に停止状態、中には「自然消滅」と評する向きさえある(「もはや誰も覚えていない「プレミアムフライデー」はなぜ失敗したのか」現代ビジネス)。 ツイッター上では、サイトの更新停止を惜しむ声が上がっている。 「今日はプレミアムフライデーですよ! 公式ホームページが今年の1月から全然更新されていないのですが、これなくなっちゃったんですか??」 「プレミアムフライデー、公式ホームページの更新も止まっていて涙が出てくる」 ツイッターのトレンドに 一方で、「シャープさん」の愛称で知られるシャープ公式ツイッターは、きょうをプレ金だと言い張る。 「プレミアムフライデー公式ページの更新が止まろうとも、私は歩みを止めない。 ただ虚無に向かって『きょうはプレミアムフライデー』だとツイートし続けるのだ」 そのほかの企業アカウントも「プレミアムフライデー」に関連する広告などをツイート。 一般ユーザーも各々のプレ金の過ごし方を投稿し、「プレミアムフライデー」はツイッターのトレンドに浮上した。 経済産業省は7月末に「プレミアムフライデー(プレ金)」を「再開」する方針。 しかし、キャンペーンの開催などについては各事業者次第であるため、特設サイトの更新などについては、見通し不透明だ。

次の

DHC Television

虎ノ門 ニュース 公式 サイト

「虎ノ門ニュース」公式HPより いよいよ7日に告示日を迎える自民党総裁選。 安倍首相と石破茂元幹事長の一騎打ちとなるが、そんななか、安倍首相が驚くような行動に出た。 なんと、告示日前日の明日6日の朝、あの『真相深入り!虎ノ門ニュース』に出演するというのだ。 あの、といっても、ネット右翼以外にはあまり馴染みがないと思うので、念のため説明しておこう。 『虎ノ門ニュース』は、例の沖縄ヘイトデマで知られる安倍政権応援番組『ニュース女子』のDHCテレビが製作するネット番組。 平日朝8時から10時までYouTubeなどで生放送されている。 曜日ごとのMCは、これでもかというぐらい安倍応援団のネトウヨ文化人ばかりだ。 胸焼けがしてくるが、当然、その内容は、話題のニュースなどを思いっきり安倍政権の擁護や応援に角度をつけて取り上げるというものだ。 そんな番組に時の総理大臣が出演するというのだから、ほとほと呆れるではないか。 実際、DHCテレビの公式サイトでは、すでに木曜日の放送の予告として、有本氏とツーショットで安倍首相の画像を掲載。 百田尚樹も3日のツイートで、〈9月6日、木曜日の「虎ノ門ニュース」のゲストは…なんと、安倍晋三内閣総理大臣です!! 皆さん、是非、ご覧ください!〉と宣伝していた。 ただ、百田が「ゲスト」と言うから、生出演するのかと思ったら、実際にはVTR出演で、映像も収録済らしい。 実際、首相動静によれば、安倍首相は3日の午後4時11分から57分まで、公邸でDHCテレビのインタビューを受けている。 おそらくその模様がスタジオで流されるのだろう。 きっと、森友・加計問題や公文書改ざん問題など、安倍政権のスキャンダルが招いた国民の政治不信についてはまったく突っ込まれず、安倍首相を褒めちぎり、野党ディスやあるいは対立候補の石破ディスが延々と展開されると思うと、暗澹たる気持ちになってくるが、問題はそれだけではない。 多数の死傷者を出している非常に大型の台風21号だが、すでに3日午前の段階で沖縄県付近を北上しており、関西各地で翌4日の運休や施設休業が次々に発表されるなどしていた。 4日昼には四国・本州に上陸。 午前の段階ですでに、各地で約70万人の避難勧告が出されていた。 ところが、台風で予想される被害の対策の指揮をとらねばならない安倍首相は、4日午前11時33分から同40分までの7分と、4日午後5時2分から同11分までの9分、豪雨非常災害対策本部会議に出席。 合計わずか16分で切り上げてしまったのである。

次の