おうち ボルテ。 K

正直期待外れだった? 廉価版ボルテコントローラー「SOUND VOLTEX CONSOLE

おうち ボルテ

人物 [ ] 以来の姻族として知られた(オンギラト、フンギラト)部族の一氏族の首長の娘で、『』ではチンギス・カンより1歳年上だったとされる。 『』「特薛禅()伝」によると、父デイ・セチェンの姓はボスカウル(孛速忽)氏であったといい、コンギラトの本家から分岐した一族と思われる。 『集史』「コンギラト部族誌」によると、コンギラト部族は、モンゴル部族において族をはじめとする集団に隷属するドルルキン部族集団を代表する部族である。 伝承によるとコンギラト部族は「黄金の壷(Altan Quduq)」から派生した3人の始祖を起源とするが、デイ・セチェンの一族はこのコンギラト部族本家となる三始祖の長ジュルク・メルゲンの後裔とされる。 ボルテはまだ子供の頃に父とチンギスの父との間で婚約が結ばれ、成人した後にチンギスと結婚した。 結婚してあまり経たない頃、高原北部の有力部族の首長が傘下のウアス、カアトの各氏族の首長たちと軍を引連れてテムジン(後のチンギス・カン)の幕営を襲い、ボルテは逃げ遅れてメルキトに抑留された。 まだ勢力の弱小だったチンギスの保護者であったイェスゲイの盟友で部の王であるはメルキトに圧力をかけ、ボルテの身柄はメルキトからケレイトに移され、ケレイトからチンギスのもとに無事送り返された。 この旅路の最中にボルテはチンギス・カンの長男を生み、「旅客」を意味するという名前を授けられる。 また、『元朝秘史』では, チンギス・カンはオン・カンおよびと同盟してメルキトを破り、武力でボルテを救い出したという話になっている。 また、『元朝秘史』によれば、ボルテはメルキト部族の男と強制的に結婚させられていたため、ボルテがジョチを妊娠したのはによるものではないかと疑われたとされる。 一方、『』ジョチ・ハン紀によると、ボルテがメルキトの手勢に連行された時、既に彼女は妊娠した状態だったという。 やはりここでもケレイトのオン・カンがメルキト側と交渉してボルテを取り戻し、オン・カンはテムジンを自らの「息子」と称して尊重していたため、彼女を鄭重に保護してテムジンのもとへ送り戻した。 その旅中でボルテはにわかに産気づいて男児を出産した。 そのため、この男児は旅中で生まれたため「ジョチ」と名付けられた、と述べる。 『元朝秘史』によると、テムジンが部族のジャムカと同盟していた時、彼らの一統とテムジンの一門が同じ宿営地に滞在しようとしたところ、ボルテはテムジンに語ったジャムカの発言に彼の変心と背離を読み取り、ジャムカを危険視して彼を避けるよう説得し、テムジンの一門は宿営地を引き払ったという。 その後、ジョチの3人の弟、、と5人の女子を生み、男子はチンギス・カンの後継者候補としてその征服事業を助けて活躍し、女子はいずれもチンギス・カンと同盟した有力な部族の長のもとに嫁いだ。 チンギス・カンが勢力を拡大するとやがて様々な部族から迎えられた数十人の女性が后妃とされてゆくが、ボルテは正妻、第一后妃としての地位を保って尊重された。 チンギスの後継者候補として認められたのはボルテの生んだ4人の男子のみであったことからも、ボルテが他の后妃とは別格の扱いであったことがうかがえる。 チンギスが高原を統一してを興すと、チンギス直営の宮殿である四大のうちの第一オルド(別名大オルド)の管理権を委ねられ、大オルドに付随する領民を治めてチンギスの盛んな遠征の留守を守った。 彼女はチンギスの本営である大オルド Yeke Ordo の首長として『元史』によれば自らを含め7人の皇后()と1人の妃(エメ)を司った。 子女 [ ] 男子• 四男 女子• 長女 コアジン・ベキ - コンギラト部族の一派イキレス氏族の首長に嫁ぐ• 次女 チェチェゲン - 『元朝秘史』では駙馬家の首長クドカ・ベキの息子イナルチに与えられたというが、『元史』『集史』ではイナルチの弟トレルチに与えられたとされる• 三女 アラガイ・ベキ - 駙馬王家の首長の孫ボヤンカに嫁ぐ• 四女 トムルン - 同族であるオルクヌウト氏族でボルテの弟アルチ・ノヤンの長男チグウ・キュレゲンに嫁ぐ• 五女 アルタルン - の弟タイチュ・キュレゲンの息子チャウル・セチェンに嫁ぐ 演じた女優 [ ] 日本• (1943年、映画『』)• (1980年、テレビドラマ『』)• (2007年、映画『』) モンゴル• (2007年、映画『』) 中国• (1986年、映画『ジンギス・カン』)• (1987年、テレビドラマ『 ()』)• (1987年、テレビドラマ『成吉思汗』)• (2000年、テレビドラマ『チンギス・ハーン』) その他• (1956年、映画『征服者』 )• (1965年、映画『』 Genghis Khan) 関連項目 [ ]•

次の

おうちボルテ用のPCについて【SDVX CLOUD】

おうち ボルテ

コナミのアーケードゲームをPCやスマホなど家庭で楽しむことができるサービス「コナステ(旧称e-AMUSEMENTクラウド)」。 「SOUND VOLTEX III(サウンドボルテックス III)」もそんなコナステに対応した人気音楽ゲームの1つ (コナステ版は以前はボルテクラウドと呼ばれていたが最近ではおうちボルテと呼ばれることが多い)だが、その専用コントローラーとして発売されたのが本商品「SOUND VOLTEX CONSOLE -NEMSYS- Entry Model」だ。 4Kg前後)。 一方で ボタンやつまみの配置はアーケードと同じ間隔が維持されており、 この点は自宅とゲーセン両方でプレイするユーザーには嬉しい。 上部パネルはプレミアムモデルやその他社外品等ではアクリルパネルが使用されているが、 こちらのエントリーモデルでは厚めのシール(というかシート)が貼り付けられているようだ。 接地部分には衝撃吸収のためスポンジシート貼られているが、 本体がかなり軽量であるということもあり設置する台やプレイスタイルによっては位置ずれが起きてしまうので、 この点については下にゴムシートを敷くなど別途何らかの対策が必要そうだ。 本体外観で一番目立つのがアナログデバイス(つまみ)部分だろう。 軽量化とコストカットのためか、 素材がアルミではなくプラスチック製となっている。 この点はガッカリした人も多いのではないだろうか? アーケード版のようにオーディオ機材を操作しているような感じはなく、 なんだかカラカラコロコロしていてどうしてもおもちゃ感は拭いきれない。 ただ、実際のゲームプレイでは かなり軽めではあるが意外にもそれほど操作感は悪くない。 ろくろ回しや指1本でクルクル回すような回し方はできない(ベアリングがないため軸がそこまでスムーズに回転しないこととプラスチックが滑りやすいため)が、 指2本でちゃんとつまんで回す分には問題はないし、慣れれば違和感もなくなりそうだ。 好みの問題もあるがアルプス801や803エンコーダを使用したSVSE5よりは個人的にやりやすいと感じた。 また何と言ってもやはり 純正コントローラーなのでコナステ版ボルテに完全対応しているのが強みだ。 どういうことかと言うと、コナステ版ボルテは純正コントローラーの他にキーボードによるプレイにも対応しており、 社外品や自作コントローラーなどは基本的にキーボードとして認識させてプレイすることになるが、 その場合、ボタンの入力は問題ないのだが、 実はつまみに関しては キーボードとして認識されるコントローラーではアーケード版や公式コントローラーと完全に同じ動きにはならないのだ。 具体的には、キーボードの場合つまみを回した時の移動量が公式コントローラーに比べて少なくなってしまうのだ。 楽曲選択画面でもそうだし、もちろん楽曲プレイ時にもそうなる。 公式コントローラーだとつまみ持ち替え無し(半回転ほど)でレーンの右端から左端に移動できるのに対し、 キーボードとして認識されるコントローラーの場合はその半分程度しか移動できない。 実際のところ、ボルテのつまみは進行方法に少しでも動いてさえいればラインから外れることはないので 正確に操作してる限り問題はないのだが、一旦外れてしまうとリカバリはかなり厳しくなる。 適当にガチャガチャやって復旧、ということはまず無い。 そしてこの問題はキーボードとして認識させている限り、おそらくは回避は不可能だ (ただしこれは筆者所有の社外コントローラやマイコン、プログラムなどでの検証結果であって 既に解決されている可能性もあり)。 こうした社外コントローラーでのプレイは逆に正確につまみを操作する練習になると言えなくもないが、 やはり初心者向けには公式コントローラーでのプレイが爽快感もあってオススメかもしれない。 せっかくクリアできそうだったのにダブルレーザーを外してしまって復旧もできずに終了、……では悲しい。 それより、なんとなくガチャガチャやってたらクリアできた!の方が挑戦段階ではモチベ維持にもつながるからだ。 次にボタンを見ていこう。 まずはBTボタン。 アーケードと同じようなボタンだが、 廉価版ということで照光式ボタンではなくただのプラスチック製のボタンだ。 内部にマイクロスイッチではなくコンタクトラバーが採用されているため確かに静音性には優れている。 ただし、押した時の音は小さいが、押したボタンが戻ってくる時の跳ね返り音はそれなりにある。 実際にプレイしてみた感じとしては、 一言でいうと、重い。 98Nはありそうだ。 アーケード版のSDVXやIIDXもデフォルトでは100gらしい(?)のでコナミに「これがうちの標準なんだよ!」と言われてしまえばそれまでだが、 インフレが進んで高難易度譜面が大量に追加されている現環境のボルテをこれでプレイするのはかなりキツそうだ。 一方で、初~中級者がレベル15位までの譜面をプレイする分には問題はなさそうでもある。 付属するUSBケーブルの長さは約2mだ。 本体内部画像 分解はくれぐれも自己責任で では、ここからは本体を分解し内部構造を詳しく見ていくことにしよう。 ただその前に注意事項として「 当サイトでは本コントローラーの分解・改造等は推奨しない」と明記しておこう。 本体を分解すると万が一の故障の際にコナミからの修理等サポートを受けられなくなるばかりでなく、 本商品はBluetooth機能を内蔵し技適マーク(技術基準適合証明)が付与された機器のため、 許可なく分解・改造して使用すると電波法違反に問われる可能性もあるからだ。 当サイトでは内部構造まで含めた詳細なレビューを掲載するために本機を分解しているが、分解後は基本的に本機は使用せず、 万一使用する場合もBluetooth機能をOFFにして使用し、 それでも問題があるとされた場合は本機のBluetooth関連パーツを全て取り外した上で使用するものとする。 基板を取り外して、やっとボタンを確認することができた。 STARTボタンやFXボタンにはそれぞれコンタクトラバー(接点ゴム)が1つのみ使用されているが、 BTボタンだけ 1つのボタンにコンタクトラバーが4つ使用されている。 ボタンを軽量化する場合は基本的にはこのコンタクトラバーに手を加えることになるだろう。 4つあるゴムを2つに減らすか、あるいはゴムの一部をカット(肉抜き)して反発力を弱める等、 いずれにしても満足できる操作感になるまで何度か調整が必要になりそうだ。 ちなみにボタンの構造の違いと、そしてなにより本体内部にスペースがない関係で マイクロスイッチタイプのボタンに交換することはできない。 このロータリーエンコーダーに関しては光センサを使用しているため非接触で接点不良もないことだし基本的には長寿命 (SVSE5等で使用されているアルプス801や803は使用を重ねると接点不良が発生するので交換が必要)。 心配なのは回しすぎて(あとは下手に改造して)軸になっている金属部分が抜けてしまったり、樹脂が割れてしまうことだったり? このへんは正直専門家でもなんでも無いのでよくわからないけど、 ともかく無茶な使い方をしなければ長く使えそうな構造にはなっているようだ。 初心者向けエントリーモデルとしては問題ない仕上がり 中~上級者向け実用は改造次第か さて、ここまで詳しく各部を見てきたが、そろそろ結論に入ろう。 コナミが送り出した廉価版おうちボルテ用コントローラー「SOUND VOLTEX CONSOLE -NEMSYS- Entry Model」。 ネット上では「マジで期待外れだった」「流石コンマイクオリティだわ」といった声もみられたが、実際のところどうだったのか? 当サイトの結論としては、まず これを機にボルテを始めようといった初心者向けとしては問題ないクオリティと判断する。 そもそも本機は廉価版のエントリーモデル(つまり初心者向け)である。 価格もアルティメットモデルの半額以下で、購入特典として付与された2000円のチケット分を差し引けば実質14000円程度(しかもペーパークラフト付き!)である。 また、受注が予定していた数量に達していないにもかかわらず製品化された商品であり、 数が少なければ当然製造コストがかかるわけで、それを考えれば十分な出来とは言えないだろうか? 実際にBTボタンの硬さはあるが、レベル15位までの譜面ならこのコントローラーでも問題なくプレイできる。 またつまみに関しては軽さなど好みの問題もあるがさすが純正コントローラーだけあって、 キーボードとして認識される非純正のコントローラーよりは圧倒的にプレイしやすい。 ただ、本コントローラーには「個体差が大きい」という情報もあるので、 ここで書いたことは筆者が入手した個体による当サイト独自の結論として、参考程度にとどめて欲しい。 次に、 中~上級者向けの実用に堪えられるかどうか、という点についてだが、 これはやはりそのままで厳しいと言えそうだ。 レベル15以上の、特に鍵盤譜面になるとやはりBTボタンの硬さがネックになり、 プレイは可能ではあるが必要以上に体力を消費することになってしまうだろう(レベル19~の鍵盤譜面などはまさに地獄)。 ただ、 改造次第では十分実用可能な状態にすることは可能だし、 そもそもそれなりにやりこんでいるボルテプレイヤーが 純正品にしろ社外品にしろコントローラーを買って全くそのままの状態で使用するというのも考えにくい。 各自の自己責任にはなるが静音化・軽量化等の改造をして使用するということになるだろう。 今後はスマホやタブレット端末などでボルテをプレイできるULTIMATE MOBILE SERIESの配信も予定されており、 近日その詳細も発表されるだろう。 もちろん本コントローラーもモバイル版対応予定となっており、 その小型・軽量性を生かしていずれは自宅だけでなく外出先(学校で?w 会社で?ww)など、どこでもボルテができる未来が来るかもしれない……。 そして、それこそが本コントローラーの最大の利点となるのかもしれない。 というわけでボルテ先生の次回作にも期待しておこう!!(おわり) 次回は廉価版ボルテコントローラーの静音化&ボタンの軽量化等の改造方法(具体的な図解)について掲載予定。 また本記事の反響次第(需要次第)で、自宅SDVX環境構築、コントローラーの自作方法等、機会があれば掲載していく予定なので 興味がある人よければ今後もチェックしてみて欲しい。 コメントありがとうございます。 少しでも反響があれば続けようと思っていましたので 次もボルテクラウド関連の記事を書いていきます! クラウド用のコントローラーについてですが、 現状で一番使いやすいのはやはり最初に発売された純正プレミアムコンになるかと思います。 ですが、ネットオークション等にもあまり出回っておらず、出品されてもかなり高値で取引されるので入手が難しいのが現実ですね。 SVSE5とエントリーコンを比較した場合、どちらもメリット・デメリットがあり一概には言えないのですが、エントリーコンがオークション等で比較的高値で取引されていることを考えると、同じくらいの値段(もしくはSVSE5がほんの少し高い程度)であれば、個人的にはSVSE5を選ぶと思います。 エントリーコンの最大の利点は安価である(だった)ことで、プレミア価格で買うのはどうかと思いますし、逆に高く売れるなら手放して他社コントローラーを買うのもありだと思います。 ただ、SVSE5(及びその他の非純正コントローラー)は本文にも記載しましたが、つまみの入力が完璧ではないです。 またSVSE5のつまみはマウスとして認識されるのでクラウドで使用するにはマウス入力をキーボード入力に変換するツールが必要になります。 xrea. それとやはりSVSE5の場合でも快適に使用するにはある程度の改造や静音化等が必要になるかと思います(エントリーコンに比べてメンテナンスしやすい構造にはなってます)。 その他、注目しておきたいポイントとしては本文にも少し記載しましたがモバイル版の動向があります。 モバイル版の出来次第ではエントリーコンもかなり使える存在になるので様子を見たいところですが、ラブプラス等コナミの他アプリのグダグダな現状を見ると、延期に延期を重ねていざリリースされても遅延が酷くて使い物にならない……といった最悪のパターンもあり得るので過度な期待はしないほうが良いかもしれません(でも出来次第では本当に面白いものになると思います)。 エントリーコンも改造すればそれなりに快適になりますので、今更ですが次回はそのあたりを記事にしたいと思います。 長くてまとまりのない文章になってしまいましたが、参考にしていただければ幸いです。

次の

おうちボルテ環境が整った

おうち ボルテ

メリット 集中できる 周りに人がいない・待ちがいないというのは快適で、集中するための大きな条件です。 また、 打鍵音の聞こえやすさはゲーセンに比べて格段に良いです。 ゲームをプレーしてる時間のうち打鍵音が聞こえやすい練習時間の割合が多ければ、それだけ 地力向上の効率は良くなりますよね。 手軽にできるためゲーセンに行かなくていい 家に引きこもっていたい気分の時は ゲーセンに行かずにプレー出来るのはとても大きいです。 特に近場にゲーセンがなくて頻繁にプレーができない地域の方は、 おうちボルテの有り無しで成長速度に露骨に差が出てくるでしょう。 長期的に見るとアーケードでやるより安い 後述するデメリットに書いたように、おうちボルテは 初期導入費用が高いです。 ですが、 絶対に暴龍天になりたい!といった人や、暴龍天より先を目指し 後光暴龍天・インペリアルになりたい!といった人は 1000クレ単位でクレジットを積むことは前提となっています。 それを考えると、コントローラーは200~300クレ分相当なので、長いボルテライフのほんの一部と捉えることが出来るため安いです。 デメリット 環境構築が少し難しい おうちボルテは高いお金をかけてコントローラーやモニターを揃えるだけでは終わらず、 コントローラーやモニターの位置の調整・コントローラーのメンテナンスには気を配る必要があります。 筆者は SVSE5を持ってるけど、 定期的なメンテが必要だよ~…。 しかし、それ以外にも上記のような アナログな部分でも調整が必要です。 特に影響が大きいのは「モニターと顔の距離」「手に対するコントローラーの距離」「体の向きの動かしやすさ」だと思います。 実機とのズレが大きくて気持ちよくプレーできない…という人は、これらを意識的に調整してみて下さい。 おうちボルテが家に来た直後は「 実機と感覚に差があって思うようにスコアが出ない」と感じる人もわりかし多いと思います。 (筆者は実際そうで、購入直後で環境が整えられていない状態だと実機より平均して低いスコアしか出ませんでした。 ) ただそこで調整を放棄してしまわず、 微調整を重ねることで実機との差は埋めらます。 (そこを超えると、先に挙げたメリットの恩恵が目立ち、実機より集中できる環境でのプレーが出来ます) 逆に言うと、 面倒くさくて環境の微調整とか考えたくないし絶対やりたくない!という人は コントローラーが置物になる可能性が高いです。 (買ってすぐ実機と同じ感覚でプレー出来ることを期待するのはNG) タイトルにある 果たして練習になるのか?という問いの答えは、 「環境の微調整をして実機に近づければ十分練習になる」というのが答えです。 まぁでも、コントローラー買ったけど 結局あまり使わなかった…という人も最悪 メルカリとか ヤフオクで売ればいいから、お試しでとりあえず買うのはありかも。 結論 上記のメリット・デメリットを自分の環境に照らし合わせて、 メリットの方が上回ると思ったらおうちボルテの導入は推奨できます。 特に 長期的にボルテを上達する意思がある人に最も推奨できます。 筆者はこれより先にもボルテ上達意思があるため、購入して全然後悔はありません。 参考にDOLCE. プロのツイートを引用させていただくと、「 家で培われた技術が丸々反映されている」ということを言っています。 アケボルテ、家で培われた技術が丸々反映されてて最高過ぎる。 ボルテ界隈ではおうちボルテの配信をしている人も多かったり…nvspace. net2020. 10 おうちボルテ用のPCについて【SDVX CLOUD】今回は、目的に応じたおうちボルテ用の推奨PCに関しての記事です。 プレー自体は高スペックPCでなくてもできる …nvspace. net2020. 29 おうちボルテは果たして練習になるのか?【SDVX CLOUD】おうちボルテを導入… […].

次の