ハリー ポッター サブスク。 【世界遺産】『ハリー・ポッター』の世界観のモデルになったと噂される書店へ行ってみたら → 真相はどうあれ「寄せてくれてる」のは確かなもよう!

ハリーポッターが見れる動画配信は?Netflix・hulu・Amazonプライムを比較

ハリー ポッター サブスク

最終的にハイマンが友人と一緒にの劇場に芝居を観に行ったとき、その友人の息子で演技の世界で活動を始めたばかりのに目が止まった。 役にはデイム()の称号を持つ、役には、役には、役には、役にはと英国の名優を揃えた。 撮影地には多くの観光名所から是非にという申し出が殺到したが、最終的にはが本シリーズのおもな舞台となるの主要な撮影地に選ばれた。 ほかにものラコック大修道院、、ホイットビー大修道院などで撮影が行われた。 ロンドンのオーストラリア高等弁務官事務所はホグワーツとグリンゴッツ両方の舞台となった。 にあるゴウスランド駅は駅になった。 子役たちは撮影中は休学していたが、学業を続けることが法律で義務付けられているので、個人教師も一緒に撮影地を回ることになった。 イギリスは冬の天気が悪いため撮影はたびたび延期され、2001年3月終了というスケジュール通りにはいかず、子供たちの休学期間を7月まで延長することになった。 リーブスデン・スタジオ「ザ・メイキング・オブ・ハリー・ポッター」入口 撮影が行われたでは「 () 」という見学ツアーを行なっている。 155 billion ランキング [ ] タイトル ランク Ref s 全期間 アメリカ 全期間 イギリス 全期間インフレ調整 北アメリカ 年間 アメリカ 年間 世界 初日 全期間 第1週 全期間 賢者の石 27 47 9 72 1 1 59 50 秘密の部屋 43 84 17 129 4 2 73 54 アズカバンの囚人 57 100 33 170 6 2 42 44 炎のゴブレット 39 72 28 127 3 1 37 35 '不死鳥の騎士団 34 68 25 148 5 2 20 70 謎のプリンス 36 60 24 168 3 2 21 68 死の秘宝 PART 1 31 63 18 190 5 3 19 21 死の秘宝 PART 2 8 24 7 112 1 1 2 7 キャスト [ ] 詳細は「」を参照 2013年9月12日、ワーナー・ブラザースは『』「1巻P102九行目」 Fantastic Beasts and Where to Find Them)を元にした映画を制作することを発表。 第1作は『』。 『ハリー・ポッター』シリーズから約70年前のニューヨークが舞台となる。 脚本はJ・K・ローリング。 全5部作予定。 テレビ放送 [ ] 日本 [ ] 2010年7月にが当時公開されていなかった第7作と第8作を含む全シリーズの地上波放映権を獲得。 にて放送した。 アメリカ [ ] 2016年にが2018年から2025年までのテレビ放送とデジタル配信の独占放映権を獲得。 やなどの系列テレビ局にて、全シリーズと「ファンタスティック・ビースト」シリーズを放送している。 なお、2020年5月27日からワーナー・ブラザーズの親会社であるが「」を開始するのに伴い、アメリカ国内でのデジタル配信権をNBCユニバーサルから買い戻している。 映像ソフト化 [ ] 発売・販売元は。 ディスク1:『賢者の石』本編Blu-ray• 「オリジナル劇場版本編」と未公開シーンを追加した「ロングバージョン本編」の2種類を収録• 映像特典• インムービー・エクスペリエンス ガイド役:クリス・コロンバス(オリジナル劇場版本編のみ)• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク2:『賢者の石』本編DVD• オリジナル劇場版本編を収録• 映像特典• ギャラリー• オリジナル版劇場予告編• オリジナル版特報• ホグワーツ入学許可証(隠しコマンド)• ディスク3:『賢者の石』特典DVD• ダイアゴン横丁• グリンゴッツ魔法銀行• 百味ビーンズ• オリバンダーの店• イーロップのふくろう百貨店• ホグワーツツアー• グリフィンドール談話室• グリフィンドール寝室• 大広間• 組分け帽子• 図書館• ホグワーツのゴーストたち• ホグワーツ・アルバム• ハリー・ポッター• ロン・ウィーズリー• ハーマイオニー・グレンジャー• ドラコ・マルフォイ• オリバー・ウッド• ネビル・ロングボトム• シェーマス・フィネガン• パーシー・ウィーズリー• マダム・フーチ• アーガス・フィルチ• 「賢者の石ゲーム」ヒント• ホグワーツの建築と美術• 叫ぶ本• クィディッチのルール• 金のスニッチ• ハグリッドの小屋ツアー• ドラゴンの育て方• ホグワーツ・アルバム(ルビウス・ハグリッド)• 百味ビーンズ• 魔法の授業• 闇の魔術に対する防衛術• 「賢者の石ゲーム」ヒント• ホグワーツ・アルバム(クィリナス・クィレル)• 妖精の魔法• 1シーンを世界の言語で見る• 日本語• スペイン語• ドイツ語• ヘブライ語• ギリシャ語• スロバキア語• 中国語• ホグワーツ・アルバム(フィリウス・フリットウィック)• 百味ビーンズ• 変身術• ダンブルドアプロフィール• ホグワーツ・アルバム(ミネルバ・マクゴナガル)• 魔法薬学• ホグワーツ・アルバム(セブルス・スネイプ)• 魔法薬調合ゲーム(クリアすると「賢者の石ゲーム」に到達可能)• 三階の廊下(賢者の石ゲーム)• 未公開シーン集(「三階の廊下」をクリアすると鑑賞可能・ディスク1「ロングバージョン本編」収録のものと同内容)• ダドリーの新しい制服• 卵から手紙が!! ハグリッドと地下鉄に乗る• 「友達だよね」• 大広間のハリー• ニコラス・フラメルを見つける• 魔法薬学の授業• ディスク4:『賢者の石』特典Blu-ray• ダニエル・ラドクリフによるイントロダクション• CREATING THE WORLD OF HARRY POTTER PART1:THE MAGIC BEGINS「小説から映画へ 〜ハリー・ポッター物語の始まり〜」• 未公開シーン集(ディスク1・ロングバージョン本編、ディスク3に収録のものと同内容)• 予告編1:オリジナル版特報• 予告編2:オリジナル版劇場予告編 PART1• 予告編3:オリジナル版劇場予告編 PART2• オリジナル版TVスポット集• DEAR MR. POTTER• FLUFFY• PHENOMENON• STUDENTS• SCHOOL• DARK IMAGES• LESSONS• UNLEASHED• TRIUMPH REVIEW• 12 DAYS• HOLIDAYS• RECORDS• WIZARD• FILM CLASSIC 『』• ディスク9:『アズカバンの囚人』本編Blu-ray• 映像特典• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク10:『アズカバンの囚人』本編DVD• 映像特典• ギャラリー• オリジナル版劇場予告編集• ホグワーツ1年目(『賢者の石』オリジナル版劇場予告編)• ホグワーツ2年目(『秘密の部屋』オリジナル版劇場予告編)• ホグワーツ3年目(『アズカバンの囚人』オリジナル版特報)• ディスク11:『アズカバンの囚人』特典DVD• 占い学• トレローニー先生の水晶玉(未公開シーン集)• ナイト・バス• ロンとハーマイオニーのお土産• 立ちはだかるカドガン卿• マクゴナガル先生の警告• 映画のできるまで• シュランケン・ヘッドの頭(インタビュー集)• イントロダクション• ヒーローたち• グリフィンドール生• スリザリン生• ルーピン先生とシリウス・ブラック• ダンブルドア先生とルビウス・ハグリッド• ダーズリー家• 映画製作者たち• 大広間• スキャバーズを捕まえよう! (ゲーム)• 聖歌隊の練習• カドガン卿の冒険(ゲーム)• ホグワーツの肖像画ギャラリー(「カドガン卿の冒険」をクリアし、騎士の称号を得ると鑑賞可能)• 闇の魔術に対する防衛術• 見逃したかもしれない魔法(クイズ)• ルーピン先生の教室ツアー• ハニーデュークスツアー• ホグワーツの校庭• ハグリッドの小屋• 魔法生物飼育学• 場面を作る• ゲームプレビュー• ディスク12:『アズカバンの囚人』特典Blu-ray• サイド・ストーリー• CREATING THE WORLD OF HARRY POTTER PART3:CREATURES「魔法界の不思議な生きものたち」• ニック・ダドマンの工房ツアー• メイキング 〜いざ魔法の世界へ〜• アルフォンソ・キュアロン監督のインタビュー(スペイン語)• 未公開シーン集:トレローニー先生の水晶玉(ディスク11に収録のものと同内容)• 予告編集• オリジナル版特報• オリジナル版劇場予告編 PART1• オリジナル版劇場予告編 PART2• 予告編:SPELLS• 予告編:A POP-UP BOOK• 予告編:FILM WIZARDRY 『』• ディスク17:『不死鳥の騎士団』本編Blu-ray• 映像特典• インムービー・エクスペリエンス(フォーカ:ス・ポイント付き)• フォーカス・ポイント• ディメンターの奇襲• グリモールド・プレイス• トンクスの七変化• 魔法省• ネビルのサボテン• ロンのジョーク• 省内連絡メモ• アンブリッジ先生• アンブリッジのスパイ• アンブリッジ先生の教室• セストラル• ホッグズ・ヘッド• 必要の部屋のドア• 必要の部屋• 尋問官親衛隊• ヤドリギの下のハリーとチョウ• クリーチャー• アズカバン• 鏡が割れる• グロウプ• ウィーズリーの花火• 規則を破る• 禁じられた森のケンタウルス• アンブリッジを捕らえる• セストラルと空中飛行• 予言の間• 魔法の指導• ヴォルデモート VS. ダンブルドア• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク18:『不死鳥の騎士団』本編DVD• ディスク19:『不死鳥の騎士団』特典Blu-ray• サイド・ストーリー• トンクスと行く不思議ツアー• 編集にチャレンジ• 未公開シーン集• トレローニー先生 ただ今 食事中• ネビル 日刊予言者新聞に物申す• 談話室にて• アンブリッジ先生 トレローニー先生を査定する• 3悪トリオ• フィルチとアンブリッジ• 禁じられた森にて• ダンブルドア校長の部屋で• 荷造りするハリー• 予告編集• オリジナル版特報• オリジナル版劇場予告編 『』• ディスク23:『死の秘宝 PART1』本編Blu-ray• 2D版本編を収録• 映像特典• フォーカス・ポイント• プリベット通りとの別れ• ハグリッドのバイク• 魔法のテント• 死喰い人のカフェテリア襲撃• ドビーとクリーチャー• グリップフック• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク24:『死の秘宝 PART1』本編DVD• 2D版本編を収録• ディスク25:『死の秘宝 PART1』特典Blu-ray• サイド・ストーリー• CREATING THE WORLD OF HARRY POTTER PART7:STORY「原作を脚本へ」• ロケの現場から• 不死鳥の騎士団、再び• スカビオールとグレイバック• さようなら ドビー• ビル・ウィーズリー登場• ウィーズリー家• 闇の勢力• ニューフェイス• 1冊の本、2作の映画• マジカル・パワー:小道具の不思議• 7人のハリー• 愉快なゴルフ会談• かけっこ大勝負! ナギニ• フォーカス・ポイント:凍った池• 特報:ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2• 未公開シーン集• 隠れ穴• ダーズリー家• ハリーとダドリー• グレンジャー家• 魔法省のエレベーター• テント• 水面石飛ばし• エクストラ• ハリー・ポッターのテーマパーク• メイキング・オブ・サウンドトラック• オリジナル版特報• オリジナル版劇場予告編• ディスク26:『死の秘宝 PART1』本編Blu-ray 3D• 3D版本編を収録 『ウィザード・コレクション』限定映像特典• ディスク31:ボーナスディスク(Blu-ray)• Xデー:秘密が明かされるとき(ロングバージョン)• 魔法の世界を創造する• 徹底解剖! :クィディッチ• 徹底解剖! :ハグリッド• DIGITAL COPY シリーズ全8作品(2D・オリジナル劇場版本編のみ) 『』• ディスク5:『秘密の部屋』本編Blu-ray• 「オリジナル劇場版本編」と未公開シーンを追加した「ロングバージョン本編」の2種類を収録• 映像特典• インムービー・エクスペリエンス ガイド役:クリス・コロンバス(オリジナル劇場版本編のみ)• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク6:『秘密の部屋』本編DVD• オリジナル劇場版本編を収録• 映像特典• ギャラリー• ホグワーツ1年目• 『秘密の部屋』オリジナル版劇場予告編• ディスク7:『秘密の部屋』特典DVD• 未公開シーン集(ディスク5「ロングバージョン本編」収録のものと同内容)• ドビーのいたずら• マルフォイの質売り• 「迷い込んだだけ」• ホグワーツ特急を追って• フィルチ先生の手紙• コリンの自己紹介• ロックハート先生の小テスト• クィディッチ• ジャスティンの自己紹介• ハリーは何者• 疑いの目• ハリーとハグリッド• スリザリンの継承者• ポリジュース薬• クラッブとゴイル• トム・リドルの謎• 秘密の部屋を開けた人• マントに隠れた二人• ハリーとロンの車• ゲーム・プレビュー• ロックハート先生の教室• スチール・ギャラリー• 証明書• 課題図書• ホグワーツの裏側• インタビュー J・K・ローリングと脚本スティーブ・クローブス• ダンブルドア先生の校長室• メイキング• 校長室ツアー• インタビュー集• 生徒たち• 映画の中の役柄について教えて。 役柄はどんな風に変わった? 俳優として何か変わったことは? 一番好きなシーンは? 友達の反応は? 映画は楽しい? みんなは仲良し? 先生とその他の人たち• ギルデロイ・ロックハート先生• ルシウス・マルフォイ• スプラウト先生• ウィーズリー夫人• アーサー・ウィーズリー• アルバス・ダンブルドア校長• ルビウス・ハグリッド• セブルス・スネイプ先生• バーノンおじさん• ペチュニアおばさん• アーガス・フィルチ• ミネルバ・マクゴナガル先生• プロダクションスケッチ・ギャラリー• 課外活動• 秘密の部屋ゲーム• 禁じられた森ゲーム• コリンの暗室• ダイアゴン横丁ツアー• 呪文テスト(クイズ)• ディスク8:『秘密の部屋』特典Blu-ray• CREATING THE WORLD OF HARRY POTTER PART2:CHARACTERS「小説から映画へ 〜命を吹き込まれたキャラクターたち〜」• スクリーンテスト集• ダニエル・ラドクリフ• 未公開シーン集(ディスク5・ロングバージョン本編、ディスク7に収録のものと同内容)• オリジナル版特報• オリジナル版劇場予告編• オリジナル版TVスポット集• EDGE OF ADVENTURE• FRIENDS• NEXT CHAPTER• DON'T MISS• PRIME SUSPECT• FOUR STAR REVIEW• TIME REVIEW• LEGEND• DARKNESS 『』• ディスク13:『炎のゴブレット』本編Blu-ray• 映像特典• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク14:『炎のゴブレット』本編DVD• ディスク15:『炎のゴブレット』特典DVD• ドラゴンの競技場• ゲーム 三大魔法学校対抗試合 第一の課題• メイキング ハリー vs. ホーンテール• 代表者たちの一日• ゲーム 三大魔法学校対抗試合 第二の課題• メイキング 水の中へ• ゲーム 三大魔法学校対抗試合 第三の課題• ゲーム 墓場へ• メイキング 恐ろしい迷路• 名前を言ってはいけないあの人• ホグワーツ城• 未公開シーン集• 歓迎会の大合唱• パートナー探し• 恋のためらい• ライブ演奏 IN ホグワーツ• カルカロフとスネイプ• ムーディとハリー• クラウチ氏の死の謎• カルカロフの秘密• ダンスパーティーの準備• キャストたちとの出会い• 4作目のこと• オリジナル版特報• ディスク16:『炎のゴブレット』特典Blu-ray• サイド・ストーリー• キャストたちとの出会い(ディスク15に収録のものと同内容)• メイキング 〜第4章のすべて〜• メイキング 〜さらなる冒険の旅へ〜• 未公開シーン集(ディスク15に収録のものと同内容)• 予告編集• オリジナル版特報• オリジナル版劇場予告編• 予告編:SPELLS• 予告編:A POP-UP BOOK• 予告編:FILM WIZARDRY 『』• ディスク20:『謎のプリンス』本編Blu-ray• 映像特典• フォーカス・ポイント• ミレニアム橋• ロケ撮影• スラグホーン教授• カップルたち• デイビッド・イェーツ監督、再び• ウール孤児院• ロンとラベンダーのキス• ウィーズリー家• ハリーとジニーのキス• アラゴグ• 洞窟を作る• 洞窟内のデザイン• 水中での戦い• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク21:『謎のプリンス』本編DVD• ディスク22:『謎のプリンス』特典Blu-ray• サイド・ストーリー• CREATING THE WORLD OF HARRY POTTER PART6:MAGICAL EFFECTS「ハリー・ポッターのマジカル・ワールド」• J・K・ローリング:第7巻執筆の1年• キャストたちによる現場レポート• 制限時間1分! みんなでキャラクターを語ろう• 質問タイム! あなたのことを教えて• ハリー・ポッターのテーマパーク• ひと足先に! 次回作予告• 未公開シーン集• ハリーとハーマイオニー、ホグワーツの廊下を歩く• ハリーとハーマイオニー、忍びの地図を見て話す• ハリーとロンとハーマイオニー、姿をくらますキャビネットについて話す• ハリーとダンブルドア、洞窟に着く• ハリーとダンブルドア、洞窟を去る• ホグワーツ上空に暗雲が立ち込める• ハリー、談話室でロンとハーマイオニーとジニーに会う• ハリーとハーマイオニー、天文塔でロンについて話す• TVスポット集• 予告編集• オリジナル版特報• オリジナル版劇場予告編 PART1• オリジナル版劇場予告編 PART2• オリジナル版劇場予告編 PART3 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』• ディスク27:『死の秘宝 PART2』本編Blu-ray• 2D版本編を収録• 映像特典• フォーカス・ポイント• アバーフォース・ダンブルドア登場• 変わりゆく衣装• ハリーの帰還• ホグワーツを守れ• 「必要の部屋」• 決死の脱出• がんばれ ネビル• 母は強し モリーの勝利• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク28:『死の秘宝 PART2』本編DVD• 2D版本編を収録• ディスク29:『死の秘宝 PART2』特典Blu-ray• サイド・ストーリー• CREATING THE WORLD OF HARRY POTTER PART8:GROWING UP「魔法の世界を構築する 〜進化する舞台セット〜」• 特別会談:ハリー、原作者と語る(ロングバージョン)• Xデー:秘密が明かされるとき• ホグワーツの戦い• ゴブリンに変身!! ホグワーツの大広間• ロンとハーマイオニーのキス• フィナーレを迎えて• ネビル、出陣! 真似ることは学ぶこと? 校庭での死闘• キャストの秘密を暴露! :エマ・ワトソン• キャストの秘密を暴露! :ダニエル・ラドクリフ• 映像の秘密を暴露! キャストの秘密を暴露! :レイフ・ファインズ• キャストの秘密を暴露! :アラン・リックマン• ロン・ウィーズリーの恋の遍歴• 拝見 ウィーズリー家• ダンブルドア校長とハリー・ポッター• お気に入りを教えて! セリフ編• お気に入りを教えて! 思い出とともに• ルーナを探せ! 我らがドビーに捧ぐ• ファンへのメッセージ• お別れの言葉• 未公開シーン集• 貝殻の家• ドビーのお墓の前で• ホッグズ・ヘッド• ハリーとジニー、階段にて• 橋を爆破せよ• 最終決戦を前に• 閉じ込められたスリザリン生• ロンとハーマイオニー、階段にて• 予告編集• オリジナル版特報• オリジナル版劇場予告編• ディスク30:『死の秘宝 PART2』本編Blu-ray 3D• 3D版本編を収録 封入特典• ホグワーツ見取り図ポスター• 布製ホグワーツマップ• ラベルコレクション(32P)• プロダクション・デザイナー スチュアート・クレイグによるコンセプトスケッチ(5枚)• アートプリント(8枚)• アイテムカタログ(48P)• サラザール・スリザリンのロケット• 全世界共通シリアルナンバー証明書• シリーズ全8作品のDIGITAL COPY・シリアルナンバーコード その他特典• 8枚組特製デジパック付き• 全アイテムを収納する豪華特製BOX仕様• ディスク1:『賢者の石』本編ディスク• ディスク2:『秘密の部屋』本編ディスク• ディスク3:『アズカバンの囚人』本編ディスク• ディスク4:『炎のゴブレット』本編ディスク• ディスク5:『不死鳥の騎士団』本編ディスク• ディスク6:『謎のプリンス』本編ディスク• ディスク7:『死の秘宝 PART1』本編ディスク• ディスク8:『死の秘宝 PART2』本編ディスク• 【初回限定生産】ハリー・ポッター Blu-ray コンプリートセット 特典ディスク付(11枚組、2014年12月17日発売)• ディスク1:『賢者の石』本編Blu-ray• ディスク2:『秘密の部屋』本編Blu-ray• ディスク3:『アズカバンの囚人』本編Blu-ray• ディスク4:『炎のゴブレット』本編Blu-ray• ディスク5:『不死鳥の騎士団』本編Blu-ray• ディスク6:『謎のプリンス』本編Blu-ray• ディスク7:『謎のプリンス』特典Blu-ray• ディスク8:『死の秘宝 PART1』本編Blu-ray• ディスク9:『死の秘宝 PART1』特典Blu-ray• ディスク10:『死の秘宝 PART2』本編Blu-ray• ディスク11:『死の秘宝 PART2』特典Blu-ray• 【初回限定生産】ハリー・ポッター DVD コンプリートセット 特典ディスク付(16枚組、2014年12月17日発売)• ディスク1:『賢者の石』本編DVD• ディスク2:『賢者の石』特典DVD• ディスク3:『秘密の部屋』本編DVD• ディスク4:『秘密の部屋』特典DVD• ディスク5:『アズカバンの囚人』本編DVD• ディスク6:『アズカバンの囚人』特典DVD• ディスク7:『炎のゴブレット』本編DVD• ディスク8:『炎のゴブレット』特典DVD• ディスク9:『不死鳥の騎士団』本編DVD• ディスク10:『不死鳥の騎士団』特典DVD• ディスク11:『謎のプリンス』本編DVD• ディスク12:『謎のプリンス』特典DVD• ディスク13:『死の秘宝 PART1』本編DVD• ディスク14:『死の秘宝 PART1』特典DVD• ディスク15:『死の秘宝 PART2』本編DVD• ディスク16:『死の秘宝 PART2』特典DVD• ディスク1:『賢者の石』本編ディスク• ディスク2:『秘密の部屋』本編ディスク• ディスク3:『アズカバンの囚人』本編ディスク• ディスク4:『炎のゴブレット』本編ディスク• ディスク5:『不死鳥の騎士団』本編ディスク• ディスク6:『謎のプリンス』本編ディスク• ディスク7:『死の秘宝 PART1』本編ディスク• ディスク8:『死の秘宝 PART2』本編ディスク• ディスク1:『賢者の石』本編Blu-ray• 「オリジナル劇場版本編」と未公開シーンを追加した「ロングバージョン本編」の2種類を収録• 映像特典• インムービー・エクスペリエンス ガイド役:クリス・コロンバス(オリジナル劇場版本編のみ)• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク2:『賢者の石』特典DVD• ダイアゴン横丁• グリンゴッツ魔法銀行• 百味ビーンズ• オリバンダーの店• イーロップのふくろう百貨店• ホグワーツツアー• グリフィンドール談話室• グリフィンドール寝室• 大広間• 組分け帽子• 図書館• ホグワーツのゴーストたち• ホグワーツ・アルバム• ハリー・ポッター• ロン・ウィーズリー• ハーマイオニー・グレンジャー• ドラコ・マルフォイ• オリバー・ウッド• ネビル・ロングボトム• シェーマス・フィネガン• パーシー・ウィーズリー• マダム・フーチ• アーガス・フィルチ• 「賢者の石ゲーム」ヒント• ホグワーツの建築と美術• 叫ぶ本• クィディッチのルール• 金のスニッチ• ハグリッドの小屋ツアー• ドラゴンの育て方• ホグワーツ・アルバム(ルビウス・ハグリッド)• 百味ビーンズ• 魔法の授業• 闇の魔術に対する防衛術• 「賢者の石ゲーム」ヒント• ホグワーツ・アルバム(クィリナス・クィレル)• 妖精の魔法• 1シーンを世界の言語で見る• 日本語• スペイン語• ドイツ語• ヘブライ語• ギリシャ語• スロバキア語• 中国語• ホグワーツ・アルバム(フィリウス・フリットウィック)• 百味ビーンズ• 変身術• ダンブルドアプロフィール• ホグワーツ・アルバム(ミネルバ・マクゴナガル)• 魔法薬学• ホグワーツ・アルバム(セブルス・スネイプ)• 魔法薬調合ゲーム(クリアすると「賢者の石ゲーム」に到達可能)• 三階の廊下(賢者の石ゲーム)• 未公開シーン集(「三階の廊下」をクリアすると鑑賞可能・ディスク1「ロングバージョン本編」収録のものと同内容)• ダドリーの新しい制服• 卵から手紙が!! ハグリッドと地下鉄に乗る• 「友達だよね」• 大広間のハリー• ニコラス・フラメルを見つける• 魔法薬学の授業• ディスク3:『賢者の石』特典Blu-ray• ダニエル・ラドクリフによるイントロダクション• CREATING THE WORLD OF HARRY POTTER PART1:THE MAGIC BEGINS「小説から映画へ 〜ハリー・ポッター物語の始まり〜」• 未公開シーン集(ディスク1・ロングバージョン本編、ディスク2に収録のものと同内容)• 予告編1:オリジナル版特報• 予告編2:オリジナル版劇場予告編 PART1• 予告編3:オリジナル版劇場予告編 PART2• オリジナル版TVスポット集• DEAR MR. POTTER• FLUFFY• PHENOMENON• STUDENTS• SCHOOL• DARK IMAGES• LESSONS• UNLEASHED• TRIUMPH REVIEW• 12 DAYS• HOLIDAYS• RECORDS• WIZARD• FILM CLASSIC 『』• ディスク7:『アズカバンの囚人』本編Blu-ray• 映像特典• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク8:『アズカバンの囚人』特典DVD• 占い学• トレローニー先生の水晶玉(未公開シーン集)• ナイト・バス• ロンとハーマイオニーのお土産• 立ちはだかるカドガン卿• マクゴナガル先生の警告• 映画のできるまで• シュランケン・ヘッドの頭(インタビュー集)• イントロダクション• ヒーローたち• グリフィンドール生• スリザリン生• ルーピン先生とシリウス・ブラック• ダンブルドア先生とルビウス・ハグリッド• ダーズリー家• 映画製作者たち• 大広間• スキャバーズを捕まえよう! (ゲーム)• 聖歌隊の練習• カドガン卿の冒険(ゲーム)• ホグワーツの肖像画ギャラリー(「カドガン卿の冒険」をクリアし、騎士の称号を得ると鑑賞可能)• 闇の魔術に対する防衛術• 見逃したかもしれない魔法(クイズ)• ルーピン先生の教室ツアー• ハニーデュークスツアー• ホグワーツの校庭• ハグリッドの小屋• 魔法生物飼育学• 場面を作る• ゲームプレビュー• ディスク9:『アズカバンの囚人』特典Blu-ray• サイド・ストーリー• CREATING THE WORLD OF HARRY POTTER PART3:CREATURES「魔法界の不思議な生きものたち」• ニック・ダドマンの工房ツアー• メイキング 〜いざ魔法の世界へ〜• アルフォンソ・キュアロン監督のインタビュー(スペイン語)• 未公開シーン集:トレローニー先生の水晶玉(ディスク8に収録のものと同内容)• 予告編集• オリジナル版特報• オリジナル版劇場予告編 PART1• オリジナル版劇場予告編 PART2• 予告編:SPELLS• 予告編:A POP-UP BOOK• 予告編:FILM WIZARDRY 『』• ディスク13:『不死鳥の騎士団』本編Blu-ray• 映像特典• インムービー・エクスペリエンス(フォーカス・ポイント付き)• フォーカス・ポイント• ディメンターの奇襲• グリモールド・プレイス• トンクスの七変化• 魔法省• ネビルのサボテン• ロンのジョーク• 省内連絡メモ• アンブリッジ先生• アンブリッジのスパイ• アンブリッジ先生の教室• セストラル• ホッグズ・ヘッド• 必要の部屋のドア• 必要の部屋• 尋問官親衛隊• ヤドリギの下のハリーとチョウ• クリーチャー• アズカバン• 鏡が割れる• グロウプ• ウィーズリーの花火• 規則を破る• 禁じられた森のケンタウルス• アンブリッジを捕らえる• セストラルと空中飛行• 予言の間• 魔法の指導• ヴォルデモート VS. ダンブルドア• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク14:『不死鳥の騎士団』特典Blu-ray• サイド・ストーリー• トンクスと行く不思議ツアー• 編集にチャレンジ• 未公開シーン集• トレローニー先生 ただ今 食事中• ネビル 日刊予言者新聞に物申す• 談話室にて• アンブリッジ先生 トレローニー先生を査定する• 3悪トリオ• フィルチとアンブリッジ• 禁じられた森にて• ダンブルドア校長の部屋で• 荷造りするハリー• 予告編集• オリジナル版特報• オリジナル版劇場予告編 『』• ディスク17:『死の秘宝 PART1』本編Blu-ray• 2D版本編を収録• 映像特典• フォーカス・ポイント• プリベット通りとの別れ• ハグリッドのバイク• 魔法のテント• 死喰い人のカフェテリア襲撃• ドビーとクリーチャー• グリップフック• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク18:『死の秘宝 PART1』特典Blu-ray• サイド・ストーリー• CREATING THE WORLD OF HARRY POTTER PART7:STORY「原作を脚本へ」• ロケの現場から• 不死鳥の騎士団、再び• スカビオールとグレイバック• さようなら ドビー• ビル・ウィーズリー登場• ウィーズリー家• 闇の勢力• ニューフェイス• 1冊の本、2作の映画• マジカル・パワー:小道具の不思議• 7人のハリー• 愉快なゴルフ会談• かけっこ大勝負! ナギニ• フォーカス・ポイント:凍った池• 特報:ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2• 未公開シーン集• 隠れ穴• ダーズリー家• ハリーとダドリー• グレンジャー家• 魔法省のエレベーター• テント• 水面石飛ばし• エクストラ• ハリー・ポッターのテーマパーク• メイキング・オブ・サウンドトラック• オリジナル版特報• オリジナル版劇場予告編• ディスク19:『死の秘宝 PART1』本編Blu-ray 3D• 3D版本編を収録 『コンプリート 8-Film BOX』映像特典• ディスク23:特典Blu-ray• Xデー:秘密が明かされるとき(ロングバージョン)• 魔法の世界を創造する• 徹底解剖! :クィディッチ• 徹底解剖! :ハグリッド• ディスク24:日本オリジナル映像特典Blu-ray(第1章〜第7章PART2 コンプリートBOXと共通)• ハリー・ポッターと来日ツアー:10年間の軌跡 『』• ディスク4:『秘密の部屋』本編Blu-ray• 「オリジナル劇場版本編」と未公開シーンを追加した「ロングバージョン本編」の2種類を収録• 映像特典• インムービー・エクスペリエンス ガイド役:クリス・コロンバス(オリジナル劇場版本編のみ)• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク5:『秘密の部屋』特典DVD• 未公開シーン集(ディスク4「ロングバージョン本編」収録のものと同内容)• ドビーのいたずら• マルフォイの質売り• 「迷い込んだだけ」• ホグワーツ特急を追って• フィルチ先生の手紙• コリンの自己紹介• ロックハート先生の小テスト• クィディッチ• ジャスティンの自己紹介• ハリーは何者• 疑いの目• ハリーとハグリッド• スリザリンの継承者• ポリジュース薬• クラッブとゴイル• トム・リドルの謎• 秘密の部屋を開けた人• マントに隠れた二人• ハリーとロンの車• ゲーム・プレビュー• ロックハート先生の教室• スチール・ギャラリー• 証明書• 課題図書• ホグワーツの裏側• インタビュー J・K・ローリングと脚本スティーブ・クローブス• ダンブルドア先生の校長室• メイキング• 校長室ツアー• インタビュー集• 生徒たち• 映画の中の役柄について教えて。 役柄はどんな風に変わった? 俳優として何か変わったことは? 一番好きなシーンは? 友達の反応は? 映画は楽しい? みんなは仲良し? 先生とその他の人たち• ギルデロイ・ロックハート先生• ルシウス・マルフォイ• スプラウト先生• ウィーズリー夫人• アーサー・ウィーズリー• アルバス・ダンブルドア校長• ルビウス・ハグリッド• セブルス・スネイプ先生• バーノンおじさん• ペチュニアおばさん• アーガス・フィルチ• ミネルバ・マクゴナガル先生• プロダクションスケッチ・ギャラリー• 課外活動• 秘密の部屋ゲーム• 禁じられた森ゲーム• コリンの暗室• ダイアゴン横丁ツアー• 呪文テスト(クイズ)• ディスク6:『秘密の部屋』特典Blu-ray• CREATING THE WORLD OF HARRY POTTER PART2:CHARACTERS「小説から映画へ 〜命を吹き込まれたキャラクターたち〜」• スクリーンテスト集• ダニエル・ラドクリフ• 未公開シーン集(ディスク4・ロングバージョン本編、ディスク5に収録のものと同内容)• オリジナル版特報• オリジナル版劇場予告編• オリジナル版TVスポット集• EDGE OF ADVENTURE• FRIENDS• NEXT CHAPTER• DON'T MISS• PRIME SUSPECT• FOUR STAR REVIEW• TIME REVIEW• LEGEND• DARKNESS 『』• ディスク10:『炎のゴブレット』本編Blu-ray• 映像特典• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク11:『炎のゴブレット』特典DVD• ドラゴンの競技場• ゲーム 三大魔法学校対抗試合 第一の課題• メイキング ハリー vs. ホーンテール• 代表者たちの一日• ゲーム 三大魔法学校対抗試合 第二の課題• メイキング 水の中へ• ゲーム 三大魔法学校対抗試合 第三の課題• ゲーム 墓場へ• メイキング 恐ろしい迷路• 名前を言ってはいけないあの人• ホグワーツ城• 未公開シーン集• 歓迎会の大合唱• パートナー探し• 恋のためらい• ライブ演奏 IN ホグワーツ• カルカロフとスネイプ• ムーディとハリー• クラウチ氏の死の謎• カルカロフの秘密• ダンスパーティーの準備• キャストたちとの出会い• 4作目のこと• オリジナル版特報• ディスク12:『炎のゴブレット』特典Blu-ray• サイド・ストーリー• キャストたちとの出会い(ディスク11に収録のものと同内容)• メイキング 〜第4章のすべて〜• メイキング 〜さらなる冒険の旅へ〜• 未公開シーン集(ディスク11に収録のものと同内容)• 予告編集• オリジナル版特報• オリジナル版劇場予告編• 予告編:SPELLS• 予告編:A POP-UP BOOK• 予告編:FILM WIZARDRY 『』• ディスク15:『謎のプリンス』本編Blu-ray• 映像特典• フォーカス・ポイント• ミレニアム橋• ロケ撮影• スラグホーン教授• カップルたち• デイビッド・イェーツ監督、再び• ウール孤児院• ロンとラベンダーのキス• ウィーズリー家• ハリーとジニーのキス• アラゴグ• 洞窟を作る• 洞窟内のデザイン• 水中での戦い• ワーナー・ブラザースBD-LIVE• ディスク16:『謎のプリンス』特典Blu-ray• サイド・ストーリー• CREATING THE WORLD OF HARRY POTTER PART6:MAGICAL EFFECTS「ハリー・ポッターのマジカル・ワールド」• J・K・ローリング:第7巻執筆の1年• キャストたちによる現場レポート• 制限時間1分! みんなでキャラクターを語ろう• 質問タイム! あなたのことを教えて• ハリー・ポッターのテーマパーク• ひと足先に! 次回作予告• 未公開シーン集• ハリーとハーマイオニー、ホグワーツの廊下を歩く• ハリーとハーマイオニー、忍びの地図を見て話す• ハリーとロンとハーマイオニー、姿をくらますキャビネットについて話す• ハリーとダンブルドア、洞窟に着く• ハリーとダンブルドア、洞窟を去る• ホグワーツ上空に暗雲が立ち込める• ハリー、談話室でロンとハーマイオニーとジニーに会う• ハリーとハーマイオニー、天文塔でロンについて話す• TVスポット集• 予告編集• オリジナル版特報• オリジナル版劇場予告編 PART1• オリジナル版劇場予告編 PART2• オリジナル版劇場予告編 PART3 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』• ディスク20:『死の秘宝 PART2』本編Blu-ray• 2D版本編を収録• 映像特典• フォーカス・ポイント• アバーフォース・ダンブルドア登場• 変わりゆく衣装• ハリーの帰還• ホグワーツを守れ• 「必要の部屋」• 決死の脱出• がんばれ ネビル• 母は強し モリーの勝利• ワーナー・ブラザースBD-LIVE•

次の

サブスク動画検索: 映画、サブスクが見つかる!

ハリー ポッター サブスク

『レロ・イ・イルマオン』通称 『レロ書店』だ。 原作者のJ・K・ローリングが以前この書店の近くに住んでいたという背景があり、世界観の着想を得たのではないか? と噂されているのである。 しかしまぁハリー・ポッターの件はおそらく、書店側からすれば「どっちゃでもええわ」ってなもんであろう。 なぜなら…… レロ書店は 「世界一美しい書店」とも言われており、おまけに 世界遺産に登録されているのだ。 日本人には想像しづらいが世界遺産はスゲェ。 よってハリー・ポッターのモデルだろうが違おうが「レロ書店がスゴイ」ことは確定事項なのである。 ・入場料がいる書店 さっそく入店しようとすると「あっちでチケットを買ってきて」と言われた。 50メートルほど離れたチケットセンターには長蛇の列ができている。 チケット代は5ユーロ(約604円)。 世界遺産だと思えば安い。 しかし現役の書店へ入るのにお金がいるってのも妙な話だ。 パッと見はケーキ屋っぽいレロ書店の前にも行列である。 平日の昼間でこれだから、休日は大変なことになっているのだろう。 おとなしく並ぶこと10分。 中へ入ると…… キャッ! なんかスゲェェェェェェェ!!!! あと人混みもスゲェ……! ・創業150年 建物の真ん中にはひときわ印象的な階段があり、確かに今にも魔法使いが降りてきそうである。 隣のご婦人が「ビューティフォッ……!」と絶句しておられた。 実用性とコストを考えたら絶対にやらないであろう、複雑な建築様式と豪華な装飾。 吹き抜けから天井のステンドグラスが覗けるさまは圧巻である。 よく見ると隅っこや見えないところにも様々な細工が施してあり、これはJ・K・ローリングでなくとも創作意欲をかき立てられるのがよく分かる。 ・果てしない美意識 レロ書店がどういったコンセプトで作られたのかは不明だが、もしかすると創業者は商売をする気がそんなになかったのではあるまいか? だって……本を置くスペースより装飾部分のほうが多いんだもん……! 店頭に大量陳列されているのは『星の王子さま』や『不思議の国のアリス』など。 しかし私はこの書店に、ビジネスや芸能ゴシップ本を置いてほしくない。 そして、あえて今『星の王子さま』を購入したいと思う。 ここを訪れる誰もが、きっと似たような気持ちになるはずだ。 そういう意味でこのラインナップは妥当であると言える。 それにしてもただでさえ高い天井ギリギリまで本棚が続いており、一番上の本は4メートルくらいの高さにある。 これ売る気ないだろ? と思ったら…… 本当に売る気はないようで、よく見たら本には人面の石膏像がくっついていました。 魔法でしゃべり出しそうだ! ・ハリポタ兄さん 書店の一番奥にひどく混み合っている小部屋がある。 そこは 『ハリー・ポッタールーム』となっていた。 中は壁一面にハリー・ポッター関連の本。 それからホウキにトンガリ帽子、ロウソクなどが置かれ、ハリー・ポッターの世界観を演出している。 もちろん店内のどこを見てもそういった表記はない。 しかしレロ書店がハリー・ポッターを激推しすることや、スタッフの服装がどこかハリー・ポッターの登場人物っぽいことは、書店側の自由だ。 中でも ひときわハリー・ポッター風のスタッフが、たいして乱れてもいないハリー・ポッターコーナーの本を、いつまでもいつまでも整頓し続けている。 他のコーナーは忙しそうだけど、いいのだろうか? ……ハロー? ワッ! よく見ると顔もハリー・ポッター、あるいはダニエル・ラドクリフ君にどことなく似ている! 髪型や丸メガネまでそっくり…… ……ってオオオォォォイ!!!! 額の傷跡までソックリじゃねぇか! とんでもない逸材がここのスタッフに応募してきたのも、魔法の力のなせる技なのかもしれないなァ。 ・入場料は妥当 「実用性より美しさ」に重きを置く、古き良きヨーロッパスタイルは見ていて清々しいものがある。 ここは書店でありながら、見せたいものは本より「書店自体」。 5ユーロ取ってもこの大混雑なのだから、考えてみれば普通の書店営業などできるわけがない。 まったく、美しすぎるってのも困りものだワ。 「黙っていたって世界遺産」のレロ書店が、ハリー・ポッターの世界に若干「寄せて」くれていることは、サービス精神以外の何ものでもない。 das Carmelitas 144, 4050-161 Porto, ポルトガル Report: Photo:RocketNews24.

次の

尻尾爆発スクリュート|ハリーポッター(ハリポタ) | ポッターポータル PotterPortal

ハリー ポッター サブスク

漫画村など違法で漫画を読み放題できるようなサイトが問題になりましたが、正規で漫画を読み放題できるサービスはいくつか存在しています。 漫画のみしか読み放題できなかったり、雑誌読み放題サービスに付帯して漫画も読めるようになっていたり、サービスの特色がそれぞれにあります。 このページでは漫画を読み放題することができる10種類のサブスクリプションサービス(サブスク)を比較していきます。 雑誌の読み放題サービスとして提供されていて、配信書籍ラインナップに漫画も存在しているというサービスも多いため、以下リンク先の雑誌が読み放題できるサブスクの比較ページも是非参考にしてください。 月額課金制のサブスクリプション(サブスク)の仕組みを採用した、様々な音楽聴き放題サービス、動画見放題サービスが現在では一般的となっていますが、雑誌というジャンルでも同様に広く利用されるサービスとなっています。 以前より携帯キャリア各社から雑誌読み放題サービスは提供されていましたが、現在では楽天やAmazonからも提供されています。 このページでは10種類の雑誌読み放題サービスを徹底比較します。 sabusuku. net 漫画読み放題のサブスクとは? このページでは、月額料金を支払うことで漫画(コミック)を読み放題することができるサービスを、漫画を読み放題できるサブスクとして取り上げています。 「まんが王国」や「めちゃコミック」のように、サービスに加入すると毎月ポイントが貰えて、このポイントを利用して漫画を購入する仕組みのサブスクも多く存在します。 しかし、読み放題とは少し異なる形態としているため、このページでは取り上げていません。 サービスの比較ポイント 様々な漫画読み放題サービスがありますが、共通しているポイントとして最新作品や人気作品を取り扱っているサービスが無いというところでしょう。 ほとんどのサービスが旧作を中心にラインナップしています。 また、料金についても月額500円〜1,000円程度としているサービスが多いです。 その他にも、以下のような比較ポイントがあるので、各サービスの説明の項目も確認しながら比較してみてください。 無料期間について 多くのサービスが、お試しで利用できるトライアル期間として約1ヶ月の無料期間を設けています。 注意したいポイントとして、この無料期間中に解約をしなければ通常の料金が発生してしまうため、サービスを続ける必要が無い場合は無料期間中の間に解約の手続きを済ませる必要があります。 また、Kindle Unlimitedのように期間限定で、よりお得に利用することができるキャンペーンを開催している場合もあるので、この時を狙ってサービスに加入するのも一つの手かもしれません。 漫画のラインナップについて 漫画のラインナップについてですが、上述したようにほとんどのサービスが旧作を中心としたラインナップとしています。 ただし、コミックシーモアのように期間限定で普段は読み放題できない作品もラインナップに加えられることもあります。 また、U-NEXTやFODマガジンについては、読み放題できる漫画も用意されていますが、サービスに加入すると毎月貰えるポイントで電子書籍の漫画を購入することが可能です。 こちらであれば、読み放題ではないものの話題の人気作品や最新作も読むことができます。 また、コミックDAYSやBOOK WALKERのように出版社が提供している漫画の読み放題サービスは、単行本の漫画も読むことができますが、さらに漫画雑誌も読み放題することができるサービスとなっています。 付帯サービスについて コミックシーモアの漫画読み放題のように、漫画のみを取り扱うサービスもありますが、多くのサービスが雑誌読み放題サービスの書籍のラインナップに漫画も加えられたものとなっています。 また、U-NEXTやFODマガジンのように、雑誌が読み放題することが可能なことに加え、動画の配信も楽しむことができるサービスが付帯されているものもあります。 エンタメを余すこと無く楽しみたいという方には動画配信も付帯されているサービスがおすすめです。 基本情報• 月額料金:500円(税抜)• 無料期間:1ヶ月間• 読み放題配信書籍数:漫画30,000冊以上、雑誌300誌以上• 取り扱いコミック数:30,000冊以上• 支払い方法: LINE、facebook、Twitterで登録:クレジットカード ソフトバンクで登録:My SoftBank Yahoo! JAPAN IDで登録:Yahoo! ウォレット• ダウンロードの有無:あり ブック放題とは、ソフトバンク傘下の株式会社ビューンが2015年より提供している雑誌読み放題サービスです。 月額500円(税別)で、350誌以上の雑誌のほか30,000冊以上の漫画を読み放題することができます。 元々は、ソフトバンクユーザーに限定した読み放題サービスでしたが、2017年よりすべての人が利用できるようになりました。 漫画のラインナップは、多くの読み放題サービスと同様に旧作が多く最新の人気作品は多くありません。 ブック放題の特徴 ブック放題の漫画のラインナップは旧作が多い印象ですが、雑誌の種類がかなり豊富に取り揃えられているところに特徴があります。 「週刊文春」「女性自身」といった週刊誌から「CanCam」「BAILA」といった女性ファッション誌、「週刊東洋経済」「プレジデント」といったビジネス・IT雑誌まで様々なジャンルの雑誌が用意されています。 なかでもブック放題では旅行雑誌「るるぶ」を読み放題できる点が優れています。 国内外の「るるぶ」が合わせて100冊以上用意されており、追加料金無しで楽しむことができます。 提携誌については発売日当日に最新号が更新される部分もポイントです。 基本情報• 月額料金:1,990円(税抜)• 無料期間:31日間• 読み放題配信書籍数:雑誌80誌以上(動画180,000本以上)、毎月チャージされる1,200円分のポイントで取り扱い作品を購入可• 取り扱い書籍数:漫画300,000冊、書籍230,000冊、ライトノベル40,000冊• 支払い方法:クレジットカード、キャリア決済(ドコモ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払い)、Apple ID、Amazon. jp、U-NEXTカード(U-NEXT専用プリペイドカード)• ダウンロードの有無:あり U-NEXTは、動画配信をメインのコンテンツとしたサブスクリプションサービスというイメージが強いですが、漫画を読むこともできるようになっています。 U-NEXTに加入して読み放題することができる作品は1700冊程度と、他のサービスと比較すると少ないと感じるかもしれません。 ただし、毎月貰うことができるポイントを利用すれば、他の多くの漫画読み放題サービスでは取り扱っていない、ONE PIECEのような人気作品も読むことができるようになります。 トータルで取り扱っているマンガや書籍のラインナップは、52万冊以上となっています。 U-NEXTの特徴 U-NEXTは、他社サービスと比較すると動画や漫画を区別なく1つのエンタメサービスとして提供している点がユニークです。 会員になると毎月自動チャージされるポイントを利用することで、公開して間もない映画を観ることもできますし、人気漫画の最新作を読むこともできます。 ただし、U-NEXTは月額利用料が1,990円と他社サービスと比較するとかなり割高となっているので、契約前には31日間の無料体験などを利用してよく検討する必要があるでしょう。 ちなみに、U-NEXTにはポイントバックプログラムというものが用意されており、ポイント利用での購入額から最大で40%のポイントが戻るしくみが存在するため、U-NEXTの会員となる場合には、普通に書籍を購入するより断然お得に漫画や映画を楽しむことができます。 また、ポイントは追加で購入することも可能となっています。 U-NEXTで読むことができる人気書籍のラインナップは以下の通りとなっています。 (読み放題ではないので注意が必要です。 ) 基本情報• 月額料金: 読み放題ライト 780円(税込) 読み放題フル 1,480円(税込)• 無料期間:7日間• 読み放題配信書籍数: 読み放題ライト 25,000冊(BL、TL、オトナ、ライトノベルは含まれない) 読み放題フル 65,000冊• 取り扱い書籍数:660,000冊の漫画、ライトノベル、小説・実用書、雑誌、写真集• 支払い方法:クレジットカード、キャリア決済(ドコモspモード決済・auかんたん決済/au WALLET・ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払い)• ダウンロードの有無:あり コミックシーモアとは、NTTグループの西日本電信電話株式会社の子会社であるエヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社(NTTソルマーレ)が提供している電子書籍サービスです。 買い切りとレンタルと読み放題の3種類のプランが用意されていて、読み放題では最大で6. 5万冊以上の漫画を読み放題することが可能です。 読むことができる漫画は旧作が多く、最新の人気作品は多くありませんが、映画化などのプロモーションで期間限定で配信されることもあります。 コミックシーモアの特徴 コミックシーモアの特徴は、なんといっても読み放題できる書籍数にあります。 コミックシーモアでは、月額780円(税込)のライトプランと月額1,480円(税込)のフルプランの2つの読み放題コースが用意されていますが、フルプランでは3万タイトル、6. 5万冊以上の書籍が読み放題となっています。 提供されているジャンルが少年・青年漫画から少女・女性漫画、BL、TL、オトナコミック、ライトノベル、小説、実用書、雑誌、写真集と幅広く用意されているところもポイントです。 また、コミックシーモアは買い切りと読み放題以外にレンタルができることも特徴です。 レンタルでは買い切りよりも最大で80%程度お得に漫画を楽しむことができます。 レンタル期間は2泊3日の最大72時間ですが、もしも気に入った作品があれば差額を支払って購入することも可能です。 コミックシーモア読み放題で読むことができる人気漫画のラインナップは以下の通りとなっています。 基本情報• 月額料金:980円(税抜)• 無料期間:30日間• 読み放題配信書籍数:書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊、洋書120万冊以上• 支払い方法:クレジットカード、キャリア決済、デビットカード、プリペイドカード、LINE Pay• ダウンロードの有無:あり Kindle Unlimited キンドル アンリミテッド は、Amazon. com アマゾン が提供している電子書籍の読み放題サービスで、現在では和書12万冊以上、洋書120万冊以上を配信しています。 配信している和書の内訳は、8万冊以上をベストセラーを含む書籍、3万冊以上の漫画、240誌以上の人気雑誌の最新号とバックナンバーとなっています。 漫画のラインナップは、他の読み放題サービスと同様に旧作が多く最新の人気作品は多くありません。 Kindle Unlimitedの特徴 Kindle Unlimitedの特徴は、読み放題できる書籍数が圧倒的に多いところにあるかと思います。 取り扱いジャンルも漫画から雑誌・レシピ本・小説・ビジネス書籍と多岐に渡ります。 月額980円と書籍1冊程度の価格で100万冊以上が読み放題となるのはかなり良いポイントですが、注意しなければならないのは、Kindle Unlimitedでは幅広いジャンルの書籍が用意されている一方で、コミック単体でみた時の取り扱い数は約4. 5万冊とそれほど多くはない点です。 新刊もほとんどありません。 洋書に関しては、120万冊以上の品揃えとなっておりハリー・ポッター、ハンガー・ゲームなどの人気作も読み放題できるので洋書好きにとってはかなりお得なサービスとなっています。 基本情報• FODプレミアム:888円(税抜) 競馬予想TV! 無料期間:登録するサービスにより異なる• 読み放題配信書籍数:120誌以上の雑誌、漫画• 支払い方法:Amazon Pay、フジテレビID、YAHOO! ウォレット、Rakuten Pay、キャリア決済• ダウンロードの有無:あり FODマガジンとは、フジテレビが提供しているFODプレミアム、NEXTsmartコースなどに加入すると利用することができる120誌以上の雑誌が読み放題となるサービスです。 加入特典として提供されているサービスなので、FODマガジン自体に利用料金などはかかりません。 FODマガジンでは120誌以上の人気雑誌が読み放題できるほか、FODには、一部読み放題できる漫画も用意されています。 ほとんどの漫画は毎月貰えるポイントで購入する必要がありますが、新作や人気作品も取り扱っていてかなり充実しています。 また、少年サンデーのような漫画雑誌もポイントを利用して読むことができます。 ラインナップは4万冊以上としていています。 FODマガジンの特徴 FODマガジンは、FODが提供するコースに加入すると特典として「無料」で利用することができるサービスです。 「FRIDAY」「CanCam」「週刊朝日」などの人気誌を多く取り扱っているので、無料で利用できるのであればかなりお得感があります。 ただし、読み放題可能な漫画のラインナップはかなり少ないです。 FODマガジンの利用を検討する場合には、FODが提供するコンテンツにどれほど魅力があるかを統合的に判断する必要があります。 FODとは、フジテレビが運営するVOD(動画配信サービス)なので、テレビドラマや映画・漫画などエンタメ全般を楽しみたい人には魅力があるサービスかもしれませんが、漫画のみを楽しみたいようなケースにはおススメできないので注意が必要です。 FODマガジンで読み放題できる人気書籍のラインナップは以下の通りとなっています 基本情報• 月額料金: DAYSプレミアム:720円(税込) DAYSもっとプレミアム:960円(税込)• 無料期間:登録月の末日まで• 読み放題配信書籍数: DAYSプレミアム:6誌 DAYSもっとプレミアム:20誌• 支払い方法:クレジットカード、デビットカード• ダウンロードの有無:あり コミックDAYSは2018年に提供が開始された講談社が運営する漫画雑誌の読み放題サブスクリプションサービスです。 読むことができる漫画雑誌は「少年マガジン」「ヤングマガジン」「モーニング」「イブニング」「月刊少年マガジン」「月刊少年シリウス」「少年マガジンエッジ」「アフタヌーン」「なかよし」「別冊フレンド」「デザート」「KISS」「BE・LOVE」。 さらに2020年からは2周年を記念してこれらに「モーニング・ツー」「good! アフタヌーン」「少年マガジンR」「月刊ヤングマガジン」「ヤングマガジン サード」「ハツキス」「comic tint」を加えた計20誌が月額960円(税込)で読み放題となっています。 コミックDAYSでは、一部バックナンバーも読むことができるほか、月額プランに登録すると毎月もらえるポイントで読むことができるオリジナル作品なども用意されています。 コミックDAYSの特徴 コミックDAYSは、漫画雑誌のみの読み放題サービスです。 読み放題対象誌にファッション誌やビジネス誌などは含まれていないので、純粋に漫画雑誌のみを楽しみたい方向けのサービスとなっています。 特に講談社出版のマガジン系の漫画雑誌を読み放題できるのはコッミクDAYSの最大の魅力です。 週刊誌・月刊誌合わせた計20誌が毎日のように更新されるので、読み放題対象雑誌に自分の興味のある雑誌が2冊以上含まれているのであれば、かなりお得にサービスを楽しむことができます。 また、コミックDAYSは有名漫画のスピンオフが用意されていたり、漫画を1冊単位でなく1話単位で購入できる「バラ売り」サービスを提供しているところも嬉しいポイントです。 基本情報• 月額料金: マガジンコース: 380円(税抜) 総合コース: 526円(税抜)• 無料期間:31日間• 読み放題配信書籍数:300誌以上の雑誌、コミック、小説、実用書、ラノベなど• 取り扱いコミック数:30,000冊以上• 支払い方法:クレジットカード、auかんたん決済、auWALLETポイント• ダウンロードの有無:あり ブックパスとは、携帯キャリアのauを運営しているKDDI株式会社が提供している雑誌読み放題サービスで、漫画を読み放題することも可能となっています。 配信している雑誌のラインナップは、300誌以上としていているほか、漫画、小説、実用書、写真集なども読み放題することができます。 2018年7月までは、auを利用している人のみに限定したサービスでしたが、現在ではすべての人が利用可能です。 配信されている漫画は4万冊以上としていますが、旧作が多く最新の人気作品は多くありません。 ブックパスの特徴 ブックパスは基本的にクレジットカードでの決済になりますが、KDDIが提供しているため、auユーザーはよりお得に使えるauかんたん決済などの支払い方法が用意されています。 また、その他の読み放題サービスでは単一のプランしか用意されていないものが多いですが、二種類のプランが用意され自分の使い方に合うプランを選択できるのもブックパスの特徴と言えるでしょう。 ブックパスで読み放題できる人気漫画のラインナップが以下の通りとなっています。 期間限定で最新の人気作品が配信されたり、読み放題のラインナップには無くても電子書籍の購入という形で、自分の読みたい作品を個別に入手することも可能となっています。 基本情報• 月額料金: 漫画・雑誌読み放題:760円(税抜) 角川文庫・ラノベ読み放題:760円(税抜)• 無料期間:なし• 読み放題配信書籍数:漫画5,000冊以上、漫画誌60誌以上• ダウンロードの有無:あり BOOK WALKER(ブックウォーカー)とは、KADOKAWAグループのデジタル戦略子会社である株式会社ブックウォーカーが運営する電子書籍ストアです。 サービス開始当初はKADOKAWAクループが出版する書籍のみの取り扱いでしたが、2011年にソフトバンククリエイティブが参入して以降は他社作品も多く取り扱うようになり、現在では全体の70%以上が他社作品となっています。 BOOK WALKERでは、電子書籍の買い切りのほか、漫画・雑誌の読み放題プランや角川文庫・ラノベの読み放題プランなども用意されています。 漫画・雑誌読み放題プランでは、「月刊アクション」「月刊少年エース」「まんがタイムきらら」などを含む漫画誌60誌以上、単行本5,000冊以上が読み放題となっています。 BOOK WALKERの特徴 BOOK WALKERでは、月額760円(税抜)で60誌もの漫画雑誌が読み放題となる点に特徴があります。 読み放題対象誌には、KADOKAWA出版の「月刊少年エース」などだけではなく、芳文社出版の「まんがタイムきらら」、双葉社の「漫画アクション」といった他社出版の漫画雑誌も多く含まれています。 読み放題対象漫画は、5000冊程度と数はそれほど多くありませんが、定期的に作品は入れ替えられているので飽きることなく楽しむことができるでしょう。 ラインナップは旧作も多いですが、比較的新しい人気作も期間限定で更新されたりしています。 基本情報• 月額料金: Yahoo! プレミアム:462円(税抜)• 無料期間: なし• 読み放題配信書籍数:漫画13,000冊以上、雑誌110誌以上• ダウンロードの有無:あり 読み放題プレミアム by ブック放題とは、Yahoo! プレミアム会員が特典として無料で利用できる雑誌読み放題サービスです。 Yahoo! プレミアムとはYahoo! JAPANが提供する月額462円(税抜)でヤフーでのショッピング時にお得にポイント還元してくれるサービスです。 読み放題プレミアムでは、雑誌だけではなく、漫画を読み放題することもできるようになっています。 読み放題できる書籍数はそれほど多くはないですが、会員特典として無料で利用できるサービスなのでお得感があります。 読み放題プレミアム by ブック放題の特徴 読み放題プレミアムは、Yahoo! プレミアムの会員特典なのに漫画まで読み放題できるところが嬉しいポイントです。 Yahoo! プレミアムの利用料金は462円となっており、ヤフーショッピングを利用する人であれば、ポイント還元され、漫画も雑誌も読み放題となるのでお得感があります。 ただし、雑誌に関しては「週刊アサヒ芸能」「OZmagazin」「Oggi」などの定番誌も多く用意されていますが、漫画に関しては新作はなくほとんどが旧作となるので注意が必要です。 基本情報• 月額料金: ボーイズラブプラン:360円(税込) ライトプラン:480円(税込) スタンダードプラン:960円(税込) プレミアムプラン:1,600円(税込)• 無料期間:なし• 読み放題配信書籍数: ボーイズラブプラン:2誌 その他:5誌• 支払い方法: Web版 クレジットカード、キャリア決済 アプリ版 各アプリストアの定める決済手段• ダウンロードの有無:あり COMIC FUZ(コミックファズ)とは、株式会社 芳文社が運営している電子版の漫画雑誌を読むことができるサービスです。 月額プランは、4つの種類が提供されており、月額960円(税込)以上のプランでは、対象の漫画雑誌を読み放題できるサービスに加えて、COMIC FUZ内で電子書籍を購入できるメダルが毎月チャージされるしくみとなっています。 COMIC FUZの特徴 COMIC FUZは、芳文社の公式漫画サービスであるところに特徴があります。 取り扱う作品は芳文社のコンテンツのみとなるので注意が必要です。 ライトプラン以上で読み放題の対象となっている漫画雑誌は「週刊漫画TIMES」「まんがタイムきらら」「まんがタイムきららMAX」「まんがタイムきららキャラット」「まんがタイムきららフォワード」の5誌です。 1つでも定期購読しているものがあれば、読み放題サービスでは、ライトプランは月額480円~と比較的割安になっているのでお得にたくさんの種類の雑誌を楽しむことができます。 無料で読める作品がいくつか用意されていたり、過去のバックナンバーを読むことができる部分もポイントです。 カテゴリ一覧• 0 最新更新サービス.

次の