いしだあゆみブログ。 「アワー・コネクション」 〜 いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリー

いしだあゆみの現在は?病気で激ヤセ?奇行?断捨離で夜も電気つけない?

いしだあゆみブログ

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• by かなめ... 0 29. 虹 1970 南田洋子 37. 9 30. 信子とおばあちゃん 1969 大谷直子 37. 8 青春家族 1988 いしだ あゆみ 清水美砂... 武蔵野舟木組... というコーナーがあって、その写真を撮っているスタジオの副調整室に入って、興味津々で覗いたものだった。 笑 ラブラブショーでの思い出は、黒沢年男さんと いしだ あゆみさんの時で... html 2. シネマ係長の秘密基地... とともに逞しく戦中、戦後を生き抜いていく・・・。 監督:近藤明男 原作:西村滋 【キャスト】 吉井一肇、早織、遠藤憲一、高橋惠子、 林隆三、 いしだ あゆみ、山田吾一... html 3. エニアックのブログ... Alexandrosの「ワタリドリ」Mr. Childrenの「HANABI」井上陽水奥田民生の「ありがとう」井上陽水安全地帯の「夏の終わりのハーモニー」 かかりすぎていたのにかからなくなった。 いしだ あゆみの「ブルーライト... html 4. 「余所 ヨソ 事でない」ブログ日記... OVakc 元歌は歌 謡曲。 それは次のユーチューブ曲である。 youtube. hatenablog. キネマ画報... のシリーズ第29作目です。 マドンナは いしだ あゆみさん。 葵祭でにぎわう京都で寅次郎が鼻緒を直してあげた老人はなんと人間国宝の陶芸家加納作次郎だった。 作次郎の家には夫に先立た... html 6. ~宇野昌磨選手とフィギュアスケート~... 女子フィギュア界の草分け的存在は、その後はインストラクターとしても活躍し、多くの五輪選手を指導。 福原美和、上野 現姓平松 純子、石田 現姓岡本 治子 女優 いしだ あゆみの実姉 の... html 7. 青空のメモ帳... 中で寅さんが女性といい仲になる チャンスの回が「寅次郎あじさいの恋」です。 そこの女性の部屋に寅さんが泊まることになり 夜寝てたら、 いしだ あゆみが求めて迫っ... goo. シネマ係長の秘密基地... 佐藤英明 脚本 :君塚良一、佐藤英明 協力 :フジオプロ 主題歌 :ユニコーン「ぶたぶた」 【キャスト】 浅野忠信 堀北真希 阿部力 木村多江 いしだ あゆみ 佐藤浩市... html 9. シネマ係長の秘密基地... html 10. いやー映画ニュースって本当にいいものですね... 司郎 【特技監督】中野昭慶 【原作】小松左京 【脚本】橋本忍 【撮影】村井博、木村大作 【音楽】佐藤勝 【出演】藤岡弘、、 いしだ あゆみ、小林桂樹、... livedoor. html.

次の

いしだあゆみ、ショーケン(萩原健一)

いしだあゆみブログ

いしだあゆみさんのプロフィール いしださんは4人姉妹の次女。 いしださんのお母さんは、石田久子さんという方。 戦後の復興期に、銀行員をやめてパン職人になったご主人を支えつつ、商売を広げながら、4人の娘を育てた、素晴らしいお母さんである、ということで、その生涯が、NHKのドラマ、『てるてる家族』(2003年)で描かれました。 お姉さんは、元フィギュアスケーターの石田治子さん。 1968年のグルノーブルオリンピックに日本代表として出場した方です。 下の妹は、一般人。 末の妹は、作詞家のなかにし礼さんと結婚した、元歌手の石田ゆりさん。 『てるてる家族』の原作を書いたのはなかにし礼さんです。 あゆみさん自身もフィギアスケートをやっていて、中学生のとき、アイスショーでスケートをしているところをスカウトされたそうです。 16歳のときにデビューして、歌手として活躍、30代始めぐらいから、女優に転身しました。 16歳のときから、ずっと芸能界にいる、芸人中の芸人と言えるでしょうか。 60歳直前に断捨離を決行 いしださんは、60歳になる直前に一軒家から東京の1LDKのマンションに引っ越しました。 それに合わせ、物を大幅に断捨離。 5年前、2011年5月20日放送の『徹子の部屋』に出演し、断捨離や自分の暮らしぶりを披露しました。 私は、たまたまこの番組の動画を動画共有サイトで見ました。 この番組でのいしださんは、やせてはいるものの、相変わらずきれいな着物姿でした。 番組で語られていた内容は、そのたおやかな姿からは想像できないかなり極端なシンプルライフ。 今もこんな生活を続けているのかどうかは知りませんが、当時の彼女はまぎれもなく ミニマリストでした。 ややエキセントリックではあるものの、 60歳になって、シンプルライフに行き着き、今は快適な一人暮らしを送っている、という話には、とても共感できたし、参考になりました。 いしだあゆみさん=奇行、ではなく、自分らしさを大切にするシンプルライフを送っている人、という言葉とともに、みなさんにイメージしてもらいたいです。 今回は、『徹子の部屋』で話していた内容に加えて、私が調べたことを合わせて、お伝えしますね。 2階建ての一軒家から1LDKのマンションに引っ越し いしださんは、もともと鎌倉の七里ヶ浜というところにあった一軒家にお住まいでした。 59歳のとき、東京のマンションに引っ越しをしました。 引っ越した理由はいろいろあると思います。 番組では還暦を前にして、もっとシンプルライフにしたかったから、とのことでした。 以前、記事に書いたように、人は、50歳をすぎたら、ライフスタイルを変えざるを得なくなると思います。 なぜシンプルライフなのか? 年をとって、体力がなくなり、もういろいろな物事の面倒をみられなくなるからです。 人生の残り時間も少なくなり、よけいなことにかかずりあっているよりは、自分のしたいことに集中したいと思うのもこの年頃です。 それまではずっと無理をしていた いしださんは、50代半ばごろから、鎌倉から東京に仕事に行くのがつらくなったとのこと。 以前、いしださんは、愛車のバンデン・プラ・プリンセスというイギリス車を自分で運転して東京に通っていたそうです。 1960年代産の車です。 この車、1992年のトレンディドラマで中山美穂さん扮するヒロインが乗っていた、おしゃれでかわいい車だそうです。 また同じ時期に放映された『刑事貴族』というドラマでも、水谷豊さんが運転していました。 ちなみに、トレンディドラマというのは、都会に暮らす若者(たいてい美男美女)のトレンディでおしゃれな恋愛や生態を描いた、リアリティに欠けるドラマのことです。 バンデン・プラのメーカー、とっくに倒産しています。 この英国車は、見かけはよくても、運転しづらいし上にトラブルが多く、すごく維持費がかかるはずです。 「人と違う車」なので、いかにも芸能人が選びそうな車ですね。 バブル期を体験して、ほかの人と差をつけたい、というメンタリティがある人は、こういう車を選ぶかもしれません。 実用的か、といったら、全然そんなことはないのですから。 往復4時間くらいかけてバンデン・プラを運転し(渋滞があるため)東京に通っていたいしださんは、車ともども疲れを感じていました。 「自分は無理をしている」と悟ったようです。 大は無駄をかねる いしださんは、2階建ての家に14年住んでいました。 たぶん一人暮らしだったと思います。 34歳ぐらいから4年ほど、ショーケンと暮していましたが、その後は独身ですから。 収納場所がたくさんあったので、物をたくさん買って、しまいこんでいたそうです。 まあ、経済力もありましたからね。 断捨離をしてみたら、「大は無駄をかねる」と痛感されたそうです。 断捨離した人や、ミニマリストは、 収納する場所があると、物が増える、と口を揃えて言います。 私もそう思います。 物の数はミニマム いしださんの所持品の数はとても少ないです。 お皿は1枚、コーヒーカップは1個だけ所持。 飲み物はすべてそのカップで飲みます。 グラス、コップ、湯のみはありません。 電子レンジはありますが、ポットや炊飯器はありません。 自分の衣類やバッグは引っ越しのときにすべて処分。 例外として、2010年(番組をとった前の年)に亡くなったお母さんの遺品である、衣類とバッグは持っているそうです。 また、仕事上、必要になりそうな古い服で、衣装さんが用意できそうにない戦時中の木綿のブラウスやシミーズなども取ってあるそうです。 きっと前の家には、こういう古い衣裳に加えて新しい服もいっぱいあったのでしょうね。 食器棚を持っているものの、食器をろくに持っていないので、草履をしまってあるそうです。 いしださんは、昔から、自分の作品(レコード、出演したドラマのビデオなど)はとっておかないそうで、そういうものは何もありません。 超早寝早起き いしださんは、夜7時に寝て、夜中の2時に起床。 起きたらすぐに、掃除、洗濯などの家事を、運動を兼ねてします。 運動ですから、窓ふきなどはできるだけ大きな動作を心がけます。 拭き掃除やお風呂の掃除もこの時間帯。 起きてすぐに掃除をするのは、なんかもったいない気がしますが、きっと体力的に一番充実している時間なのでしょうね。 掃除が終わったら、カフェオレとお菓子という軽い朝食をとり、血糖値をあげます。 個人的には、この朝食はどうかと思うのですが、朝からチョコレートを食べる人はけっこういるようです。 その後、日課の1時間の散歩に出ます。 近所の公園では午前3時半から1時間ほど放水があるので、その時間に当たらないスケジュールで散歩します。 散歩の時間帯はよくわかりませんでしたが、早朝であることは間違いありません。 映画のロケ先でも午前2時半に散歩をしていたとか。 季節によっては、寒いし、危ないですよね。 実は私も以前、毎朝午前5時ぐらいにジョギングに出ていたことがあります。 真っ暗で、月がきれいなのはうれしかったのですが、すごく寒かったです。 朝早いのもびっくりなのですが、もっとすごいのは、夜、電気を使わないこと。 電気はつけずに、テレビと冷蔵庫の灯りで用をすませてしまうそうです。 夜、何をするかにもよりますが、目の健康にはよくないですね。 ただ、7時に寝てしまうので、夜、灯りが必要な時間帯は少ないでしょう。 一人暮らしだからできることだと思いました。 家族がいたら、こんな不思議なスケジュールを守ることはなかなか難しいです。 この頃、いしださんはたくさん取材を受けていたようで、同じ内容の話をべつの番組や、雑誌でも話していました。 番組が放映された2011年の5月に、いしださんが出演した『エクレール・お菓子放浪記』という映画が封切られました。 映画のプロモーションを兼ね、精力的に取材を受けていたのだと思います。 2011年と言えば、東日本大震災のあった年です。 この映画のロケ先のほとんどが宮城県だったそうで、番組ではその話も出ていました。 最近のいしださんは何をしているのか? 所属事務所のいざわオフィスのサイトを見ると、いしださんの最後の仕事が2015年の1月なので、もしかしたら本当に体調が悪いのかもしれません。 68歳なら、まだ十分女優業をやれる年齢です。 2012年に、『愛、アムール』(Amour)というフランス映画が公開されました。 この映画の主人公は老夫婦。 年老いた夫が、一人で、病気で半身麻痺し、認知症の症状も出てきた妻を介護する話です。 奥さんの役をやった人は、エマニュエル・リヴァというフランスの女優。 映画に出演していたときは84歳か85歳。 この映画での名演が認められて85歳のときセザール賞を受賞しています。 リヴァさんのインタビューを聞きましたが、いたってふつうにお元気でした。 リヴァさんに比べると、いしだあゆみさんはまだまだ若いですから、また元気に活躍してほしいですね。 黒柳徹子さんもお元気でした。 まだ『徹子の部屋』、放映が続いていますが。 若い人は、自分が年をとるなんて想像していないから、芸能人が年をとっていくと、劣化だの何だのと、好き放題にけなします。 若いころの功績などは、まるで無視していますね。 みんな順番に年をとるのに、もう少し、やさしい言葉をかけることはできないのか、と思います。 病気のせいで奇行が生まれているなら、それはしょうがないです。 好きで病気になる人などいないのですから。 今の若い人が年をとる頃は、周り中、高齢者だらけの世の中です。 ますますシンプルな生き方が求められると思います。

次の

いしだあゆみ激やせは病気?可愛かった若い頃に何故二重整形?

いしだあゆみブログ

いしだあゆみの激やせ問題が止まらない!顔の老化は薬?それとも病気!? いしだあゆみが背負う、美人女優の老化問題 いしだあゆみが、まだ20歳だったころです。 ミニスカートがよく似合う、清楚で都会的ないしだあゆみが歌う「ブルーライトヨコハマ」は、大ヒットしました。 しかし年を経るに従って、美人ゆえ、余計にその痩せ方が目立つようになったいしだあゆみ。 しだいに、病気ではないかという噂が立つようになりました。 確かに最近では出演作品も少ないいしだあゆみは、出演するたびに、逆にそのやつれ様が心配されています。 しかし1948年生まれで、もう67歳になるいしだあゆみ。 年相応といえなくもありません。 女優という仕事は残酷なもので、老いを迎えてからの生き方もなかなか大変なようです。 横浜市が開港150周年を記念したアンケートでは、横浜のイメージソングとして、「ブルーライトヨコハマ」が、2位の童謡「赤い靴」を大きく引き離して第1位になっています。 1968年、世は空前のGSブーム。 従来の演歌から和製POPSへと歌謡曲の世界も大きな変革期に入り、本格的なアイドル時代を迎えようとしていました。 いしだあゆみは、1960年にスカウトされ、1962年には森繁久彌が主演したホームドラマ「七人の孫」ですでに人気があり、女性アイドルの走りといった存在でした。 いしだあゆみは70年代後半まで歌手として活躍。 以後は女優として活動の幅を広げ、1979年にNHK「阿修羅のごとく」や、1983年にはTBS「金曜日の妻たちへ」で、本格女優としての地位を確立します。 いしだあゆみの姉妹は?元祖事実婚、萩原健一との関係は? いしだ四姉妹伝説が、NHK朝のテレビ小説「てるてる家族」に いしだあゆみの一家は四姉妹で、大阪に育ち。 姉は、フィギュアスケートのグルノーブルオリンピック代表となり、次女のいしだあゆみも、フィギアスケートをしているところをスカウトされて歌手デビューしました。 三女のいしだゆりも、いしだあゆみに遅れて歌手デビューしますが、すぐに作詞家のなかにし礼と結婚します。 夫であるなかにし礼が書いたのが、石田家の母と四姉妹をモデルにした小説「てるてる坊主の照子さん」。 2003年には、NHK朝のテレビ小説「てるてる家族」としてドラマ化され、いしだあゆみ自身も、いしだあゆみがモデルの主人公と出会う、売れない中年歌手の役を演じ、ドラマを盛り上げていました。 いしだあゆみを育み汚した男、萩原健一の功罪 いしだあゆみが、本格的に女優をめざしていた1980年から4年間、俳優の萩原健一と結婚していたことは当時あまり知られていませんでした。 後に、籍を入れていた、入れていないで話題になりましたが、事実婚としては確かなようです。 いしだあゆみが痩せてやつれていったのは、萩原健一と暮らしていたこの時期に符合します。 しかし、同時期いしだあゆみが、女優としての演技に磨きがかかっていったのも事実です。 いしだあゆみが痩せ衰えたのは、萩原健一に禁止薬物を教えられたのではないかという、酷い記事が書かれたりしていますが、萩原健一もとんだ罪作りな男といえます。 いしだあゆみは薬物疑惑を跳ねのけ、女優として越えなければいけない道 いしだあゆみには、最近また追い打ちをかけるように、疑惑の目が向けられています。 昨年来の歌手ASKAの薬物中毒事件だけに限らず、芸能界では、これまでに何度も薬物中毒疑惑が持ち上がってきました。 次に警察がマークしているのは大物女優Iなどという記事が芸能誌に踊ったりすれば、事実無根であっても、本人にとっては大変ショックなことでしょう。 いしだあゆみは今、世間の目にさらされるのがひどく億劫となり、恐怖となっているのではないでしょうか。 また女優である以上、容姿の衰えは自分自身が一番よく知っているはずです。 美人女優は、年齢とともに越えなくてはいけない3つのステップがあります。 清楚な新人女優から、悪女もこなせる本格女優へ、そして脇役も厭わない大女優へというプロセスです。 いしだあゆみは、アイドルのはしりから、本格女優へと見事に脱皮しました。 しかし、美人女優としてのイメージが強かった分、まだ上手に老けることができないでいるのではないでしょうか。 かつて、元日活の大女優浅丘ルリ子が60歳の時、石坂浩二との熟年離婚で、酷くやつれた姿をさらして話題になりました。 しかし、浅丘ルリ子はその危機を乗り越え、75歳の今も女優として活躍しています。 いしだあゆみにも、今を乗り越え、女優としての道を全うしてほしいものです。 <こちらもおすすめ!>.

次の