黒い砂漠 労働者 おすすめ。 私の個人的な全拠点の接続と労働者の派遣先【黒い砂漠Part580】

黒い砂漠 攻略 Wiki

黒い砂漠 労働者 おすすめ

労働者とは、プレイヤーの代わりにアイテムの採集や加工を行うNPCです。 給料は必要なく、代わりに雇用するための宿泊施設と行動後の労働者行動力を回復する料理が必要です。 行動力の回復は主にビールです。 労働者はゴブリン・人間・ジャイアントがいてそれぞれ 一般・ 熟練・ 専門・ 職人クラスがあります。 一般のみ初期ステータスに差があるようです。 労働者 移動速度 作業速度 幸運 行動力 ゴブリン 早 早 並 少 人間 並 並 高 並 ジャイアント 遅 遅 並 多 最大行動力は各種族とクラスで決まっていますが、そのほかはレベルアップ時の成長で変動します。 労働者ガチャでの オススメは、ちょうどいい作業速度且つ、 熟練人間労働者です。 もちろん 専門・ 職人が出たらそっちのがいいです。 工房で幸運のつく生活道具は、幸運の高い人間が制作できる確率が高いです。 採集等でレベルを上げ昇級していきましょう。 あとは移動距離・労働者行動力などで労働者を選んでいきましょう。 あえて早めに書きます。 昇級試験とは各クラスの労働者がより上位のクラスになるための試験です。 煮詰まってきたら職人労働者で固めたいですね。 同時に1人しかできません。 10レベルで受けても、30レベルで受けてもこれは変わりません。 レベルが高いほうが昇級しやすい様です。 一度も試験を受けずに30レベルになった場合、30レベルで最大3回受けられます。 昇級試験は時間がかかるので、とにかく試験を受けちゃって大丈夫です。 20レベル台で2回失敗したら見切りをつけます。 熟練労働者はガチャで十分雇用できます。 レベルUPが最初のうちは早いので試験受けるころには最低レベルが20以上とかになってます。 試験待ちが多すぎでパール使わなくちゃ!という気分になってしまいます。 作業速度は当然高いほど作業の速度が速くなります。 ですが、意外とそうでもない場合が多いです。 というのも、作業速度は1単位10分間にできる作業量を示しているからです。 必要な作業量が少しでも残っている場合、必ず追加で10分必要になります。 移動速度は速いほど時間短縮になります。 作業時間でいえば実際は1. 25倍に下がります。 人間はキッチリ終わりやすくて、ゴブリンは持て余す作業速度が多いです。 差は移動速度の違いのみになります。 作業速度100ちょっとはすごくちょうどいいのです。 その上、人間は幸運により副産物を得られる確率が高いです。 結局のところ職人人間が最も好まれます。 幸運の差で痕跡収集で作業量が1200ある拠点も人間が結構好まれます。 例外で、行動量が多い一般の人間・ジャイは家庭菜園用に需要があります。 スキルを厳選し、作業速度100を超えたジャイは副産物がなく距離が近い小麦等に需要は高いと思います。 ベリアにもメディアにも派遣できるハイデルの オススメの宿泊施設は8-1-4号室です 一番北あたり) 必要な貢献度は合計8で8-1-3も2貢献度に対し3レベルの倉庫があったりします。 肝心の8-1-4は貢献度3で8人も雇用できます。 ハイデルから伸ばしても可。 距離はハイデルからのが近いかも? MAPミスりましたが、オマル溶岩洞窟は貢献度4で届きます。 3段階改良石目的 必要貢献度が多いので、オススメ度も控えめ。 材料としてはすごく有用だと思います。

次の

私の個人的な全拠点の接続と労働者の派遣先【黒い砂漠Part580】

黒い砂漠 労働者 おすすめ

労働者を雇用する方法 労働者は特定の拠点にいる作業監督に話しかけると雇用できます。 監督に話しかけて「労働者契約」を選択 2. 行動力を消費して労働者を確認する 3. シルバーを消費して労働者を雇用する 労働者の基本的な使い方については別記事でまとめています。 労働者を生産拠点に派遣する方法 労働者は主にプレイヤーの代理として特定の行動をしてくれるNPCです。 使い方はいくつかあるのですが、初見で悩みそうなのは生産拠点への派遣ですね。 労働者を雇用する 2. 生産拠点と労働者を雇用している拠点のルートを繋ぐ方法は探索拠点を順番に活性化していくことですが、これに関しては別記事でまとめています。 ワールドマップの探索拠点を選択して「タスク管理」を選択 ルートが繋がっていればルート上にある全ての拠点で雇用した労働者が表示されるので、R1で生産したい物品を選んで労働者に作業をさせればOKです。 作業を開始してから 作業時間が経過後すると労働者を雇用している拠点の倉庫に生産したアイテムが収納されます。 生産拠点は主に以下の種類があります。 関連記事はコチラ 以上、PS4版『黒い砂漠(ブラックデザート)』の労働者の派遣や採集についてでした。

次の

【黒い砂漠】ソロ向けのおすすめクラス(職業)【2020年版】

黒い砂漠 労働者 おすすめ

@労働者とは? 拠点に派遣して素材アイテムを取ってこさせたり、 村や首都でアイテムを作らせたりと冒険の手助けをしてくれます。 @労働者の種類・レベル・等級 〇労働者の種類 労働者には、ゴブリン・人間・ジャイアントの3種類が存在します。 説明が面倒になるので、カーマスリビア地方は除きます ・ゴブリン この3種類の中で1番素早く行動させることが出来ます。 1回当たり作業が長いものをやらせるときに便利です。 ただし行動力が少ないので小まめに行動力の回復が必須です。 ・人間 この3種類の中で1番幸運が高いです。 労働者派遣の副産物を狙って派遣させる時に活躍します。 可もなく不可もなくな労働者。 ・ジャイアント この3種類の中で1番行動力が多い。 行動力が多いので作業時間が短いものをやらせても安心して放置出来ます。 ただし1番作業時間が遅い。 〇労働者のレベル 労働者の最大レベルは30レベルです。 5レベルごとにランダムでスキルを覚え、計7つのスキルを覚えます。 スキルを変更させたい場合は、 30レベル以降の経験値を50%消費することで替えることが出来ます。 〇労働者の等級 オレンジ > 黄色 > 青 > 緑 > 白 等級が上がるごとに行動力が増え・素早く作業させることが出来ます。 また10レベルごとに昇級機会が与えられ、 合格すると1つ上の等級に上げることが出来ます。 @労働者が雇える場所『作業監督』 労働者の雇える村や首都には 『作業監督』というNPCがいます。 マップだとツルハシのアイコンですね。 どこに作業監督がいるか分からない場合は、 ミニマップ横のNPC検索から探すことで現在地から1番近い作業監督への道案内が出ます。 @労働者の雇い方 労働者の雇い方は2種類あります。 ・労働者取引所で他のプレイヤーが販売している労働者を買う ・労働者契約で行動力5で1回ランダムで出る労働者を雇う どちらもメリット・デメリットがあります。 〇労働者取引所で労働者を買う 労働者取引を開くと販売されている労働者が出てきます。 メリット ・レベルの高い労働者をすぐに雇うことが出来る。 デメリット ・プレイヤーが販売してる労働者なため、欲しい労働者がいないことも多い。 ・等級の高い労働者だと10m前後の費用が必要。 個人的には~ 自分のプレイスタイルに合った職人の労働者を見つけた時は即買いです。 労働者を育てるのはかなり手間がかかるため、 小まめに労働者取引所を覗き売っているようなら即買いましょう! 貢献度に余裕のある人は、雇える労働者を1マス開けとくといいかと思います。 〇労働者契約で労働者を雇う 労働者契約を選択すると通知が出ます。 これをYESを選択。 すると労働者がランダムで出てきます。 労働者を買うよりは安く済ませることが出来ますが、 等級の高い労働者は出づらいので青等級くらいが現実的です。 白・緑は作業時間が凄まじく作業が遅いので 最低でも青が出るまでひたすら回しましょう! *注意* 初めての村や首都だと倉庫にお金を入れてないため、 『いい労働者が出てきても雇えない!』 なんてことはよくあることです。 労働者を雇う時は、倉庫にお金が入っているか確認してから雇いましょう! 〇プレイスタイルに合った労働者の選び方 労働者は、自分のゲームスタイルに合った選び方が必要です。 『ゲームにインしたまま長時間の放置が出来るか・出来ないか』 のどちらかになると思います。 ・長時間の放置が出来る人 ジャイアント・人間がオススメ! 長時間の放置が出来るので行動力の多い労働者の方がいいかと思います。 ゴブリンだと行動力をすぐに使い切ってしますのでオススメしません。 ・長時間の放置が出来ない人 人間・ゴブリンがオススメ! 労働者はログアウト中も作業をしてくれますが圧倒的に作業が遅いです。 ログイン中にどれだけ作業できるかが重要となってくるため、 作業速度の速い労働者がいいかと思います。 @労働者の人数を増やす 労働者が雇える村・首都では、1人の労働者を雇うことが出来ます。 1人では足りない! という人には 『宿泊施設』を貢献度で借りることで追加で雇うことが出来ます。 宿泊施設の借り方は倉庫と同じです。 貢献度を使うのと場所によって宿泊施設の数が違うので、 よく考えながら労働者を雇いましょう! @最後に 初めて労働者を雇うならベリア村・ハイデルがオススメです。 この2か所は少ない貢献度でも労働者を働かせることが出来ますしね。 初めての労働者派遣先として、 ジャガイモ・小麦といった穀物に労働者派遣させると 今後の冒険に役に立つかと思います。 カテゴリー• 228• 106•

次の