大阪 梅雨 明け は いつ。 梅雨明けはいつ?2020年大阪の予想日!

関西・近畿地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

大阪 梅雨 明け は いつ

その地域の梅雨前線が南下していった、戻らなくなった時• 晴れが1週間以上続くと予想された時• 晴れが1週間以上実際に続いた時 などが、一応の目安とされています。 または、夏型のからっとした晴天が続くようになってから、梅雨開けと判断されることもあります。 更に、ぐずついた天候のまま、7月を超えてしまった場合は、 梅雨明け宣言が出ない事もあります。 最近では、2017年の東北地方(北部・南部とも)において、梅雨明けの日が速報値として出されたものの、その後天気が長くぐずついたため、最終的に梅雨明けが特定されませんでした。 こうしたケースもあるんですね。 梅雨のない場所もある 日本ではほとんどの地域で梅雨となりますが、例外的に梅雨のない地域もあります。 有名な所では 北海道ですね。 この時期はあまり雨が降らず快適な季節なんです。 というのも、梅雨前線は北上するほど力が弱まり、北海道に到着するころには、威力を発揮出来ないからです。 とは言っても、全く梅雨がないわけではありません。 少しジメジメした 「蝦夷梅雨」が続く時期もあります。 それでも5日前後と短く、梅雨のある地域からしたら羨ましい限りですね。 関連記事: 北海道以外では、梅雨前線の範囲から外れる 小笠原諸島にも梅雨はありません。 その代わり亜熱帯の気候のため、夏になるとスコールが降るので、これもまた大変ですね。 例年の梅雨入りの平均時期は? 気象庁の過去の梅雨時期のデータによれば、 梅雨入りと梅雨明けの平均(平年値)はこのような時期となっています。 地区 梅雨入り時期 梅雨明け時期 沖縄 5月 9日頃 6月23日頃 奄美 5月11日頃 6月29日頃 九州南部 5月31日頃 7月14日頃 九州北部 6月5日頃 7月19日頃 四国 6月 5日頃 7月18日頃 中国 6月 7日頃 7月21日頃 近畿 6月 7日頃 7月21日頃 東海 6月 8日頃 7月21日頃 関東甲信 6月 8日頃 7月21日頃 北陸 6月12日頃 7月24日頃 東北南部 6月12日頃 7月25日頃 東北北部 6月14日頃 7月28日頃 *ここでは、山口県は九州北部に入ります。 より 2019年の梅雨入り・梅雨明けの予想 2019年はやや雨が少なめ? 気象庁が発表している長期予報の6月予報を見る限りでは、• 北日本、沖縄・奄美…曇りや雨の日が、概ね平年並み、あるいは多め• 西日本・東日本…曇りや雨の日が、概ね平年よりも少なめ と出ています。 また気温は、全国的に平年よりやや高い日が多い傾向ですね。 今後の気象の変化によって、予報は変わっていくとは思いますが、最近の傾向や現段階の予報から見た、 2019年(令和元年)の梅雨入り・梅雨明けの予想は次の通りです。 また 気象庁で発表された予報の結果も随時更新していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。 ですが、雨が降らないと夏に水不足が発生しますし、作物の育成にも影響がありますよね。 そうなると、秋には米や野菜が凶作となって、懐にも大きな打撃が・・・ 梅雨の時期は確かに不快かもしれませんが、作物にとっては必要ですし、自然のサイクルなので、無ければ困ってしまいます。 梅雨の時期に雨が良く降るのは仕方がありません。 そういうものだと割りきって、なるべく快適に過ごせるように、気持ちを切り替えていきましょう。 普段の心がけ次第で、 梅雨の季節も楽しんで過ごせるようにしたいものですね。

次の

梅雨明けはいつ?2020の予測は?梅雨を決める方法や目安を解説☆

大阪 梅雨 明け は いつ

梅雨入りや梅雨明けの定義って? まず、 梅雨というのは、 世界的に存在しうる気象現象ではありません。 日本の美しい四季折々の 風景が楽しめるのは、 気象変化が年に4回変わるためですよね。 南北に長い日本列島は 数種の気候型を有する、 世界でも珍しい国の一つです。 そして 梅雨もこの現象の中に組されますが、 これも日本を始めとする 東~東南アジアのみの気象現象です。 太平洋高気圧の影響により 晴れと雨が繰り返される、 春夏特有の天気型が梅雨。 そして 雨天がその土地で 10日以上続くと予想されたら、 気象庁により梅雨入りと判断されます。 梅雨明けはというとその逆で、 晴天の見込みが10日以上、 そして梅雨前線が消滅したり 北上してその土地から抜けて行ったら、 ということになります。 photo-ac. ざっと見てみると梅雨入りでは 6月上旬が多いことに気が付かれるでしょう。 昔から 入梅 にゅうばい 、 つまり梅雨入りは6月10日頃と 言われてきていましたが、 実質的に言い伝えと大差がないことが よくわかりますね。

次の

梅雨明けはいつ?2020年大阪の予想日!

大阪 梅雨 明け は いつ

今年も、あのジトジトした梅雨の時期がやってくる! 雨の日ばかりが続いて、通勤通学は大変だし、洗濯物もなかなか乾かない。 そんな 今年の梅雨入りっていつからなのか、そしていつ梅雨が明けるのか、気になりませんか? 実は、 気象庁は梅雨入り・梅雨明けの予想を公式発表してくれません。 えっ、そうなの!?って思いますよね~。 気象庁が唯一発表している予想に「平年」があり、それによると梅雨入りは6月7日ごろ、明けが7月21日ごろとなっています。 ですが、これは過去30年間の平均日付なので、去年も今年も来年も ほぼ同じ日付です。 あまり参考になりません 笑 ということで今回は、 平年値じゃない2020年関西の梅雨入り時期の予想について! 私なりにあれこれデータを集計して、より精度の高い、 関西の梅雨入り・梅雨明けの予想を叩き出しました。 今年の梅雨はいつかな~?と気になったら、ぜひ参考にして下さいね。 スポンサードリンク <今回参考にした気象庁データ>• 近畿地方の梅雨入りと梅雨明け(確定値)• 3月の平均気温(大阪)• 桜の開花日(大阪) これらのデータを全て併せて、表にしたのがこちら! こうして比較してみると、 桜の開花日と3月の平均気温が近しい年ほど、梅雨入りの時期が似ている傾向も見られます。 (例:2014年と2015年、2008年と2013年は気温が近似値) この傾向で、 2020年の関西地方の梅雨入り時期を予想すると、 5月27日~6月3日ごろに梅雨入り、という可能性が高そうです。 平年(過去30年の平均日付)は6月7日ごろが梅雨入りなので、少し早まる可能性が高そうですね。 ちなみに、昨年の2019年は遅めの梅雨入りでした。 6月26日に梅雨入りが発表され、過去の梅雨入り時期と比べると、近畿地方では平年に比べて19日遅く、昨年と比べても21日遅い梅雨入りだったんです。 この後で解説しますが、今年の梅雨入りは 過去最も遅い梅雨入りとして記録されることになります。 令和元年にこうなるなんて、誰が予想したでしょうね…。 関西の梅雨入りで最も早かった日、遅かった日は? ここで梅雨入り時期に関する、ちょっとした豆知識を。 関西地方の梅雨入り時期で、最速だったのは 1956年と2011年の5月22日ごろでした。 反対に、最も遅かったのが1958年6月25日ごろとなっていましたが…。 令和になってこの記録が更新され、関西地方の梅雨入り時期で 最も遅いのは令和元年(2019年)の6月26日ごろとなりました。 また、最も遅く梅雨入りした1958年の梅雨明けは7月12日ごろでした。 なぜか平年より少し早い梅雨明けとなっており、2019年と同じく2020年の梅雨明けについても同じ現象が起こる可能性があります。 梅雨入りが遅いからといって、そのまま梅雨明けも遅くなるとは限らないんですね。 不思議だなあ…。 スポンサードリンク 今年はいつ?2020関西の梅雨明け時期 それでは次に、 関西地方の梅雨明け時期について。 先ほどの表を見てもらうと、梅雨入りの時期と同じくかなりばらつきがあります。 この10年での傾向を見ると、梅雨の期間は 約一ヶ月半ほど。 平年(過去30年の平均日付)の梅雨明けは7月21日ごろですので、そこから予想を立てると、 2020年の関西地方の梅雨明け時期は 7月18日~7月30日ごろとするのがよさそうです。 関西の梅雨明けで最も早かったのはいつ? それでは梅雨明けに関しても、話のネタにもなる豆知識をお話しておきますね。 近畿地方で 過去最も早い梅雨明けを記録したのは、1978年の7月3日ごろです。 1978年の梅雨入りは6月11日ごろでした。 反対に、 過去最も遅い梅雨明けの日を迎えたのは2009年。 なんと8月3日ごろという観測に! この2009年の梅雨入りは6月3日ごろで、平年の梅雨入りよりも4日早かったのに、まさかのワーストでした 笑 8月まで梅雨が続く!? 梅雨明けが平年より遅くなることもよくありますが、ここまで遅くなるのは珍しいことなんです。 近畿地方で 梅雨明け時期が8月になったのは、気象庁の1951年からの統計の中でも、この2009年と2003年(6月10日~8月1日ごろ)だけでした。 特に2009年の梅雨期間は 過去最長で、その日数はなんと61日間にも! 今年は一体どうなるのか、気になるところですね~。 また梅雨の時期は、梅雨前線や低気圧の影響から 頭痛を訴える人がグンと増える傾向があります。 頭の痛みを感じたら、頭痛薬を飲む以外にもこんな方法を試して痛みを和らげるのもよさそうです。 気象庁が梅雨入り・明け時期をはっきり言えないワケ ここまで読んで頂いたなら、もうお気付きかも知れませんが、今回紹介した気象庁発表の日付は、すべてが 「〇日ごろ」と曖昧になっています。 明らかに、断言せずフワっとぼかした言い回しですよね… なぜ気象庁が、わざわざこんな言い回しをしているのでしょうか。 それについては、気象庁のホームページでこう回答されています。 気象庁では梅雨を「晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる期間」と定義しており、季節が移り変わる中で現れる季節現象の一つとして捉えております。 「今日から梅雨」、「今日から梅雨明け」などとある1日を特定することは難しく、平均5日間程度の移り変わりの期間があることから、梅雨入り・梅雨明け日の末尾に「・・ごろ」と付けています。 そもそも「梅雨入り」の定義は割と曖昧で、これくらいの雨量なら梅雨入り、といった明確な基準はありません。 更に梅雨の時期は天候がコロコロ変わり、低気圧や梅雨前線の影響で、 天気予報そのものの的中率もガクっと低くなってしまうんです。 過去には梅雨入り・梅雨明けをはっきりと発表していましたが、予想を大きく外れてしまう年もありました。 それに対する クレームが増えたこともあって、平成9年からは、現在のような発表の仕方に変わったのだそうです。

次の