ドコモ 光 プロバイダ 確認。 ドコモ光のインターネット設定は簡単!機器の接続や設定方法を確認

ドコモ光のプロバイダ変更でGMOにしてみた時の詳細【電話~手続き~完了まで】

ドコモ 光 プロバイダ 確認

契約者IDアクセスキーに関するよくある質問 契約者IDとアクセスキーはドコモ光のサービスを利用するために必要なもので、インターネットの接続には利用しないで初期設定を行う事ができます。 しかし、やはり ないと不便なことになりますし人に知られてしまったら大変です。 また、 契約者IDとアクセスキーは郵送で届くものですが届かない事もあります。 このようなトラブルに関するよくある質問とその対処方法をご紹介します。 契約者IDとアクセスキーが届かない!対処方法は? ドコモ光の契約者IDとアクセスキーは送付される「開通のご案内」に記載されています。 これがなかなか来なくて困ってる方も少なくありません。 まずは待つ必要がありますが、 いつまたっても届かないようなら契約時に登録した住所に問題がある可能性があります。 ドコモの携帯電話から:151(通話無料) それ以外の一般電話などから:0120-800-000 まとめ ドコモ光の契約IDとアクセスキーはドコモ光の各種サービスを利用するために重要な情報です。 ドコモ光開通後に送付される「 開通のご案内」に記載されています。 フレッツ光のセットアップツールを利用してインターネットの初期設定を行う場合は契約IDとアクセスキーが必要になります。 また、 契約IDとアクセスキーはプロバイダの認証IDとパスワードとは別物です。 プロバイダの認証IDとパスワードはインターネットにの接続に必要なもので、ドコモ光の契約IDとアクセスキーは初期設定から契約変更まで使います。 どちらも共通して言えることは重要なものということです。 インターネットに接続には契約IDとパスワードを使わないで設定する事もできます。 契約IDはMy docomoで確認する事ができます。 アクセスキーは「 開通のご案内」をもう一度送付してもらう形になります。 もしも紛失や他人に知られてしまった場合はドコモインフォメーションセンターに早急に連絡しましょう。

次の

プロバイダ変更

ドコモ 光 プロバイダ 確認

そのため、So-netを契約していた人はぷららに変更されていると思いますので、確認しておくようにしましょう。 ここで紹介している24種の中に契約しているプロバイダがない場合は、 ドコモ光の単独タイプもしくはタイプCのいずれかを契約していることになります。 タイプCの場合、契約しているケーブルテレビ会社がプロバイダになりますので、ケーブルテレビの会社をチェックすると良いでしょう。 それでは、具体的なプロバイダの確認方法を見ていきます。 【1分で確認】ドコモ光で契約しているプロバイダを確認する6つの方法 ドコモ光で契約しているプロバイダを確認する方法は6つあります。 上のURLにアクセスした時に左上に表示される 『あなたのプロバイダーは…』と記載された部分にかかれたプロバイダが現在契約しているプロバイダになります。 インターネットが利用できる環境であれば、この方法が一番簡単です。 自分が利用しているプロバイダメールから確認する 続いての方法は、自分が利用しているプロバイダメールから確認する方法です。 プロバイダからレンタルして利用しているプロバイダメール メールアドレス は、 に続く文字列が特徴的になっており、そこからプロバイダを判断することができます。 例えば、大手のプロバイダで言うと以下のような感じです。 jp ドコモnet plala. jp ぷらら gmobb. jp GMOとくとくBB so-net. jp So-net biglobe. jp Biglobe nifty. com nifty ocn. jp OCN このように、 メールアドレスの中にプロバイダの名前もしくは名前の一部が含まれているがほとんどですので、メールアドレスからプロバイダを確認することができます。 普段からプロバイダメールを利用している人でないと判断するのが難しいかもしれませんが、メールを利用している人はチェックしてみて下さい。 プロバイダの契約書類から確認する 続いては、契約時に送付された書類から確認する方法です。 ドコモ光を契約してから数年以上経っている人の中には書類が行方不明になっている方もいるかもしれませんが、ドコモ光を契約した際にプロバイダから契約書類が送付されます。 その書類の送付元を確認することでプロバイダを確認することが可能です。 とはいえ、書類を探すのにも手間がかかるかもしれませんのでインターネットが利用できる人は最初に紹介した『確認くん』で確認することをオススメします。 インターネットが使えない人はこの方法を試すと良いでしょう。 ドコモインフォメーションセンターに問い合わせをして確認する 「ネットが使えないし、今すぐ書類も探せない」という人は電話を利用しましょう。 ドコモに関する総合窓口である 『ドコモインフォメーションセンター』に問い合わせをすることで、契約しているプロバイダを簡単に確認することができます。 ドコモインフォメーションセンターの連絡先は以下の通りです。 【ドコモインフォメーションセンター】 受付時間:9:00~20:00 年中無休 ドコモの携帯電話から繋げる場合:151 固定電話orその他の携帯電話から繋げる場合:0120-800-000 なお、ドコモインフォメーションセンターは自動音声ガイダンス式の電話です。 説明を全て聞いているとかなり長くなってしまいますので、サクッと終わらせたい人は『7-1-4』の順番でプッシュして、すぐにサービス案内に進みましょう。 電話さえ繋がればすぐに確認できますので、便利な方法の1つです。 My docomoから確認する ドコモユーザー専用サイト・アプリの 『Mydocomo』でも確認が可能です。 まずは『Mydocomo』にログインします。 ログインするために『dアカウント』が必要になりますので、dアカウントを持っていない人は先にdアカウントを作っておくと流れがスムーズです。 Mydocomoにログインした後は、『オンライン手続き』から『ドコモ光』の項目を選択します。 ドコモ光項目の中にプロバイダの情報が記載されていますのでそこで確認が可能です。 便利度は少し低いですが、方法だけは覚えておくと良いかもしれません。 ドコモショップで確認する 最後は言うまでもないかもしれませんが、ドコモショップでもプロバイダの確認はできます。 しかし、店舗に行く手間や行ってからも待ち時間が発生する可能性を考えると、プロバイダの確認方法として選択肢に入ることはほとんどないでしょう。 偶然家電量販店に居てプロバイダが知りたくなった時などは利用してみると良いかもしれません。 ドコモ光はプロバイダの変更もスムーズに行える• 電話もしくは店頭 ドコモショップ でプロバイダの変更を申し込む• 1週間前後で新しいプロバイダから届く書類を受け取る• パソコン なければスマホ でプロバイダの設定をして完了 最初のステップである『プロバイダの変更申し込み』さえ完了すれば、1週間前後待つだけでドコモ光のプロバイダを変更することができます。 プロバイダの変更にかかる費用は基本的に3,000円のみです。 プロバイダによって 通信速度や無料サービス内容 無線LANルーターのレンタルやウイルスソフトなど も変わってきますので、気になる方はプロバイダの変更を検討してみても良いかもしれません。 なお、変更時の注意点やオススメの変更先については、別記事「」でまとめていますので合わせてチェックしてみて下さい。 まとめ:ドコモ光のプロバイダ確認方法について このページでは、ドコモ光のプロバイダ確認方法について解説しました。 ドコモ光で契約しているプロバイダを確認する方法は6つあり、それぞれ便利度が高い順に並べると以下のようになります。 ネット上のプロバイダ確認サイトを利用して確認する• ドコモインフォメーションセンターに問い合わせをして確認する• 自分が利用しているプロバイダメールから確認する• プロバイダの契約書類から確認する• My docomoから確認する• ドコモショップで確認する 基本的にはどんな状況でも最初の2つ『ネット上で確認する方法』と『電話で確認する方法』のいずれかでプロバイダを確認することができると思われます。 どうしてもできない場合は、ドコモショップで確認する方法などを取ると良いでしょう。 「プロバイダが分からない…」と困っている人は参考にしてみて下さい。

次の

ドコモ光のプロバイダ変更でGMOにしてみた時の詳細【電話~手続き~完了まで】

ドコモ 光 プロバイダ 確認

皆さん、こんにちは!最近Android TVにハマって寝不足の2700です!Androi TVでインターネットTVを流していると作業が捗るのでお勧めですよ! 皆さんの中で自宅のインターネットを解約したり、契約しているインターネット会社の乗り換えをするときに困ったことに出くわしたという人は少なからずいるのではないでしょうか? はたまた「これからインターネット解約したい」とか「インターネット会社を乗り換えたい」という人でも「手続きのときに困ったと聞いたことがあって、不安になっている」といった人もいるかと思います。 そこで今回は「解約」や「乗り換え」のときに最も困った状況に陥りやすい項目の「プロバイダ」についてお話をしたいと思います。 プロバイダは意外と存在が忘れ去られがちでありながら大事な立ち位置にいるものですので、この記事を読んでプロバイダの大切さも見直して頂けると幸いです。 おさらい!「プロバイダ」とは? ここでは最初にインターネットサービスを契約するときに店員さんが説明されることが多いんですが、おさらいとして「プロバイダ」について解説します。 当然のことなのですが例えばNTTの「フレッツ光」を契約して、導入工事が完了してもインターネットは利用できません。 「フレッツ光」の光回線はあくまでもインターネット通信を提供するものであって、 「インターネットを利用できる権利」を与えてくれるわけではありません。 「フレッツ光」は電車に例えて表すと線路の立ち位置にいます。 線路に乗って行き来するには電車に乗る駅が必要ですよね? そこで駅と電車の役目をしてくれるのが今回のテーマになっている「プロバイダ」になるわけです。 「プロバイダ」という駅で切符を買って電車乗って、初めて「フレッツ光」という線路を行き来できることになります。 皆さんにイメージは伝わったでしょうか?更に「プロバイダ」は多くのサービス会社が展開をしており、インターネットサービスを利用の方では「フレッツ光を使っているのはわかっているんだけど、プロバイダはどこか忘れちゃった」という人が意外と多いです。 では契約している「プロバイダ」がどこのサービスかわからない場合、どのような問題があるのでしょうか?次の項目で、このあたりも含めて解説していきましょう。 「解約」や「乗り換え」でもっとも起こりやすい「プロバイダ」の問題 主に発生する問題はこの2点です。 ・「どこのプロバイダと契約をしているのかわからない」 まず先ほどにもあった状況だとどうなるのか?既に予想がついてる人もいるかと思いますが、プロバイダの解約ができないという問題が発生します。 プロバイダの解約は契約しているサービス会社に電話して解約申請を行うのが基本になっているので、まず契約プロバイダがわからないと 解約するにもどこに電話したらいいのか全くわからないですよね?このパターン、実は意外と多いのです。 他には解約後や他社サービスに乗り換えた後にこういったトラブルも起こっています。 ・「プロバイダを契約していることを忘れていて、解約後(もしくは乗り換え後)も毎月基本料金が引き落とされていた」 こちらもインターネットのトラブルでは非常によく見る事案です。 例えばフレッツ光から他社サービスに乗り換えをすると、他社サービス開通後に フレッツ光の解約と、プロバイダの解約が別々で必要になります。 実はこの 「別々」というのが見落とされがちで「フレッツ光を解約すればそれで大丈夫」とご認識される人が多々見受けられるのです。 特にオンライン申込みで他社サービスに乗り換えた人にはよくあるこのトラブル。 店頭で他社サービスに契約手続きを行うと、必ずと言っていいほど店員さんが「今はプロバイダはどちらご利用ですか?」と聞いてきます。 店頭での乗り換え申込みでは比較的少なめですが、たまに店員さんの説明漏れがあるので油断をしてはいけませんね。 そうですね。 十分な注意が必要です。 プロバイダ問題の解決方法 ・契約プロバイダがどこかわからなかった場合 自宅に来ている請求書を探してみる、NTTの請求書を見てみると意外とすぐに契約プロバイダが判明するものです。 しかし請求書送付にも毎月手数料が発生するこの時代。 オンラインで明細確認ができると案内され、そのまま請求書送付が無しという人もいることでしょう。 そんな方でもご安心ください!こんな状況でも簡単に確認ができる方法があるのです! 実はオンラインで契約プロバイダを簡単に確かめることができます。 試しに下記のURLをクリックしてみましょう。 そうすると左上に 「プロバイダー(ISP)」と書いてある項目がありますよね。 その項目に書いてある会社名が、あなたが契約しているプロバイダになります。 あとはインターネット検索で 「契約しているプロバイダ名 解約」と入力して検索ボタンを押せば解約方法が簡単に調べることができますよね。 これは自宅のパソコンだけではなく、自宅のWi-Fiに接続したスマートフォンでも確認できるので片手だけで問題が解消される優れものです。 ・契約プロバイダはわかったけど、IDやパスワードがわからない! 「解約」や「乗り換え」をするのであればそこまで必要にはなりません。 しかし今後継続する可能性もある人には必要になることもあるでしょう。 プロバイダのIDとパスワードは基本的に契約した当時に封書で送れてきます。 その封書には 「重要な内容なので大切に保管してください」と記載されているので、ご自宅のどこかに眠っている可能性は高いです。 もし無かった場合はどうすればいいのか?そのときは契約プロバイダの カスタマーセンターに電話をすれば再発行の手続き等をしてくれるので安心してください。 このIDとパスワード、「接続の調子が悪いな?」と感じたときの再設定に必要なものなので今後は紛失しないように注意しましょう。 そうです。 しかしIDやパスワードなど大事なものなのでしっかり保管しておくのが前提です。 この点もお忘れなく。 トラブルがあったときは? プロバイダの契約の存在を忘れてしまい、「解約」や「乗り換え」のあとも月額が口座から引き落としされていたというトラブルが最も多いことは前述にあった通りなのですが、この場合の解決策はあるのでしょうか? 結論から言うと 「解決策はありません」というのが実情です。 何故かというと、乗り換えた先での説明漏れ等の過失がない限りこのケースは「顧客過失」となり無駄に引き落としされていた月額料金は返ってこないのです。 しかし店頭で他社サービスへの乗り換えをした際に、店員さんから「プロバイダの解約も忘れずにしてくださいね」等の説明がなかった場合はそこを強く言えば他社サービス側で何かしらの対応はしてくれる可能性はあります。 断言はできませんが…でも、乗り換え先の過失ではありますからね…。 やるべきことが1つならいいのですがフレッツ光の場合は、フレッツ光の解約とプロバイダの解約が必要です。 ちょっと面倒ですがしっかり手続きを行うことが大事です。 今後、乗り換え先でトラブルを避ける対策 一番早い方法は 「解約時に回線もプロバイダも一括で解約可能」なサービスを選択することです。 このような形態は意外と少ないですが、「SoftBank 光」がこれにあたります。 全てを一括でまとめてくれる光コラボでも解約時はプロバイダに連絡が必要なものがあるので、契約するに 「解約するときはプロバイダにも申告が必要か?」と聞いておいたほうがいいでしょう。 もしくは解約時に「ここに電話するだけで大丈夫なの?」と聞いておくことです。 用心にこしたことはありませんからね…。 フレッツ光ならプロバイダの解約をくれぐれもお忘れなく。 うっかり忘れてしまった利用プロバイダ インターネット契約で断然人気が高かったサービスと言えばフレッツ光です。 光回線を利用している多くの人がフレッツ光に加入していたといっても過言ではありません。 NTT手掛けるサービスで信頼性も高いものとなっています。 最近はNTTの光回線を貸し出す形で光コラボレーションという商品が出回っています。 こちらも光回線ですがNTTの光回線を利用しているのでフレッツ光と同じ回線を利用している状況になります。 フレッツ光よりも光コラボレーションは料金を安く提供していることが多く月額料金の負担をダウンさせる上でも人気の商品となっています。 どういったものか試しに使ってみたいといった人もいることでしょう。 そうなると光回線の解約と転用をする必要があります。 解約ですがフレッツ光の場合、 光回線とプロバイダの解約が必要となります。 光回線のみ解約したというユーザーもいますが、プロバイダも自分で解約しないと継続利用のままで料金もそのまま引き落とされてしまいます。 インターネットを利用しているもののプロバイダはどこを利用しているかわからないといった人もいることでしょう。 実はこれは珍しい話ではなく、けっこうある話です。 何となく契約してしまった人は特にそうした傾向が強いです。 プロバイダの利用ですがIPアドレスやDNSサーバーアドレスから探しだすことができないか?と気になっている方もいることでしょう。 インターネット接続をしてオンラインから探し出せればベストですね。 またプロバイダのアドレスを使っている方もいることでしょう。 そうした方は @の後にプロバイダのヒントなるメールアドレスになっていると思うのでそちらで確認するといいでしょう。 プロバイダの情報ですがサーバーのIPアドレスなどで確認できます。 サーバーの管理者であればこうした手順を熟知していることでしょう。 プロバイダについては新規登録の際に契約内容を結んでいるはずです。 また自宅にプロバイダに関する書類がないか確認してみるといいでしょう。 専門家でもない限り回線会社の詳細はわからないと思います。 プロバイダについても何らかの形で確認をとれば問題なく利用できます。 無線LANについては自分で設定している人もいることでしょう。 あるいは最初に業者に設定してもらっている人もいるかと思います。 設定なども契約書類をみて行うのが通例なので書類を探してみましょう。 接続先ですが WAN側IPアドレスなど接続情報を確認するといいでしょう。 インターネット接続サービスですがDNSサーバーもだいじな存在です。 メールについてもプロバイダのものでないか?確認してみましょう。 グローバルIPアドレスなどルーターの設定も大事です。 これらもメモで残しておくなり、なんらかの工夫をした方が良いでしょう。 ドコモnetなども人気の商品です。 接続パスワードなども含めてしっかり管理しましょう。 説明のページでルーターの設定の仕方が書いていることもあります。 IPアドレスなど接続についてもポイントを押さえてチェックしましょう。 設定ですがサイトでも紹介しているケースがあるので参考にしてみるといいでしょう。 パソコンの利用で役立つ情報がインターネット上には多数あります。 光回線についてよくわからない人は 説明を読むなり接続方法を探すなりするのがベストかと思います。 ネットの契約は手軽にできますが管理は自己責任です。 業者任せにするのではなく最低限の知識はもっておきましょう。 インターネットに関する書類やID、パスワードなどはしっかり管理するようにしましょう。 書類は1つのところにまとめておいたり、IDパスワードはわかりやすいところに別途保管しておくというのはどうでしょうか。 プロバイダ確認くんを使って調べるのが一番簡単 書類はかさばるし邪魔なものも多いです。 中には誤ってインターネットに関する書類を処分してしまったという人もいることでしょう。 光回線やプロバイダなど書類はややこしいですし、うっかり捨ててしまうケースもあります。 IDやパスワードは覚えやすいものにしていたり、あるいは最初に設定済みなので特段問題なく利用できるケースもあるかと思います。 最初に設定をしておけばそのまま継続利用できるのが一般的です。 問題はトラブルがあったときや解約時です。 解約時には光回線とプロバイダの両方を契約している場合、 光回線とプロバイダと各々に解約手続きを進める必要があります。 フレッツ光を利用している人はNTTに光回線の解約を申し出ればいいわけですが、問題はプロバイダです。 プロバイダはあまり意識しないで契約する人も多く、自分がどこのプロバイダを利用しているかわからない人もいます。 自分がどこのプロバイダと契約しているかわからず、さらに書類もない場合、まずはどこと契約になっているか探す必要があります。 そうした人におすすめなのが プロバイダ確認くんです。 プロバイダ確認くんがインターネットの接続状況をみてプロバイダを確認することが可能です。 プロバイダ確認の上でももっとも役立つ方法の1つです。 どういう形で確認になるか?というとまずはプロバイダ確認にアクセスします。 アクセスはスマホやパソコン、タブレットなどどの端末からでも問題ありません。 そうすると現在利用しているIPアドレスが表示されます。 プロバイダの割り出しですがゲートウェイの名前から大体のプロバイダ先を見当することが可能です。 きちんと割り出すにはIPアドレスから表示されるドメイン調査ツールでプロバイダを確定することが可能です。 この方法はインターネットを接続していることが前提なのでインターネット接続がなされている状態でないとプロバイダの確定ができないので注意が必要です。 IPアドレスはとても便利なものです。 逆いうと自分の履歴もIPアドレスなどから判明することが少なくありません。 プロバイダについてはこうした形でリサーチできます。 契約書などは邪魔にしがちですが しっかり保管しておくこと前提です。 プロバイダに限らずあらゆる契約書は大事な書類となっています。 書類についてはひとまとめにしてしっかり保管するよう心掛けがけましょう。 保管が苦手な人ほど先に保管をしっかりしておけば後々悩むことはないでしょう。 プロバイダー料金がどの請求かわからないケースも多い プロバイダーがどこかは請求書を見ればわかるはずと思った人もいることでしょう。 プロバイダ関係の書類を紛失してしまったり、処分してしまった人という人も少なくありません。 プロバイダの解約をしなければならないのにプロバイダの手がかりとなるものがないといった話も耳にします。 実はこれは珍しいケースではなく、けっこうあるパターンなのです。 プロバイダの請求書ですがクレジットカードや口座振替、コンビニ支払いなど人によってそれぞれです。 大抵請求書をみればどこのプロバイダを利用しているかわかるのですが、中にはわからないような請求書もあります。 例えば電話料金合算サービスというタイプの請求書です。 固定電話を利用している人はnttの固定電話を利用しているかと思います。 さらに光回線となるとフレッツ光を使っている人もいることでしょう。 このようにntt系のサービスを利用している人は プロバイダも含めて請求書が一緒になっておりわかりづらいかもしれません。 請求書の連絡先に電話して詳細を確認してみるといいでしょう。 またプロバイダは年払いのシステムがあるところもあります。 利用料金もそんなに高くないと年払いで支払っている人もいることでしょう。 過去に支払ったときの請求書を持っていれば問題ありませんが、請求書についても処分してしまう人が大半かと思います。 プロバイダがわからないときはまずはインターネット接続で確認するのが1番です。 インターネット接続でプロバイダを確認してみるのがベストでしょう。

次の