ブラウザー 意見 アンケート。 iPhoneが当たる?Safariブラウザーでアンケートに答えると大変な事になりますよ!

【実録】ブラウザのユーザー調査を装った「2019年間ビジターアンケート」は詐欺なので要注意 / クレジットカード情報を入力したらこうなった

ブラウザー 意見 アンケート

来た! またこの季節がやってきた!! ちなみにこちら、PCでもスマホでも出てくるので要注意。 いったい何が起きるのかというと、ネットサーフィンをしてたら突然…… 「ラッキービジター」の私に「Apple iPhone X」が当たるチャンスを差し上げるとのポップアップウインドウが表示される。 チャンスじゃなくて本体そのものを差し出してくれよ……と思ったりもするが、とにかくこの画面が出たら、すみやかにウインドウ(タブ)を閉じること。 それがムリならアプリを閉じよう。 そしたら終わる。 対策法は以上だ。 しかし、そこに「OKボタン」があったら、ついつい押したくなるのが人間の性(さが)。 うっすら後ろに何かが見えているが、もしも仮に「OK」を押したら…… 「 おめでとうございます!」と、謎のアンケートが始まる。 ちなみにこの「おめでとうございます画面」だが、当サイトでは2016年から「20XX年間ビジターアンケート」を報じているので、 ざっと4年分の「おめござ画面」を比較することができる。 せっかくなので比較してみると…… ビミョーにバージョンアップし続けている。 しかし、この「20XX年間ビジターアンケート」が狙っているのは今も昔も何も変わらず、 個人情報とクレカ情報。 絶対に絶対に入力してはならない……が、もしも入力したらどうなるのか? と疑問に思う人も多いだろう。 あらかじめ知っていたら、もう騙されない! へGO!! Report:迷惑メール評論家・ Photo:RocketNews24.

次の

年間ビジターアンケート・ブラウザー意見アンケートに答えてしまったらどうなるのか?

ブラウザー 意見 アンケート

昨夜、スマホでネット検索していたら、突然現れたこの画面。 「ラッキービジター」と書かれているこちら、ラッキーどころか 「当選詐欺サイト」と呼ばれるもので、実は私、1年ほど前に同じようなサイトにまんまと引っかかってしまったのです。 今思えば怪しさ満載・ツッコミどころもたくさんあるサイトなのですが、当時は全く疑いもしませんでした。 それは、自分から不審なサイトにアクセスしたわけではなく、いつもと同じようにサイトを見ていた時の出来事だったからです。 疑う余地もなく信じ込んでしまいました。 さらに、どこかで「私は絶対に大丈夫!」と思っていたことも大きかったです。 オレオレ詐欺や投資詐欺など、日々報道されているニュースを見ては「まだこんなのに引っかかる人がいるんだ〜」と不思議で仕方ありませんでした。 まさか自分が詐欺サイトに引っかかるとは思いもせず・・・ 冒頭の写真にあったOKをクリックすると、「おめでとうございます!」の文字とともに「2019 年間ビジターアンケート」「ブラウザー意見アンケート」と称し、質問画面が次々と出てきます。 まずURLが変。 4つのアンケートに答えると、「お礼」の賞品在庫を確認する画面が出てきます。 「のみ」??不自然な日本語です。 そして、メールアドレスの入力画面へ。 ここも日本語がおかしいです。 さらに、規約条件に同意するチェック欄があるのですが、肝心の「規約条件」が見当たりません。 今回は適当にメールアドレスを入力して、規約に同意するにチェックを入れて次に進んでみました。 クレジットカードの入力画面になります。 そしてここでようやく「規約」らしき文章が出てきます。 ここをしっかり読んでいればすぐにおかしいと気づけたと思うのですが、私は読まずにスルーしてしまいました。 黒い背景にグレーの文字で、非常に見にくいので転記します。 「これはなんですか? これはありふれたゲームではありません。 ゲームのエキスパートがデザインしたこのゲームは、楽しみながら頭をきたえることができます。 これまで思いもつかなかった方法で脳の働きを改善します。 お値段は? メンバーシップのキャンセルは簡単です。 とメンバーシップは3日間の試用期間があります。 試用期間の終了前にキャンセルされない場合、30日ごとにリラ(製品により異なります)が請求されます。 当選するにはどうすれば良いですか? すべての参加者は自動的に抽選に登録されます。 参加者数が15,000人に達するたびに毎回新しい受賞者が抽選されます。 受賞者には、後日、賞品のお届けなどについてご連絡いたします。 製品が在庫切れの場合、賞品に類似する製品をご用意いたします。 質問がありますか? ご質問やお困りの場合は、月曜日から金曜日の午前10時から午後4時(中央ヨーロッパ標準時)までにnfo creditsupport. info(英語サポート)までご連絡ください。 」 英語を翻訳サイトで訳したような不自然な日本語です。 iPhone XSを100円で買えるはずが、ゲームの試用期間が3日間で、3日以内にキャンセルしなければお金の請求がくると書かれています。 つまり、有料サービスのお試し期間に登録したことになってしまうのです。 それも、おそらく海外サイトの・・・ そして1年前、私はクレジットカード情報を入力してしまいました。 次に進むと、名前や住所・電話番号などの個人情報を入力する画面が出てきたのですが、そこには「100円でiPhoneが買える」はずが、「100円で買えるかもしれない抽選に応募できる」なぜか「毎月自動的に課金される(5000円くらいだったと思います)」といった記述があり、そこで初めて「あれ??」「おかしいな・・・」と気づいたのです。 住所と電話番号は大丈夫だったものの、クレジットカードは登録してしまったので、すぐにカード会社に連絡して事情を説明し、カード利用停止と再発行の手続きをしました。 登録してしまったメールアドレスには、海外のゲームサイトからURLが届きましたが、すぐに削除してアドレスも変えました。 しばらく不安な日々を過ごしましたが、特に問題がなかったので本当に良かったです。 私の場合、1年前も今回も「iPhoneに当選」というものでしたが、調べてみると「Amazonギフト券」や「iPad」だったり、その他なるものもあったりと、手口が巧妙です。 広告の自動表示機能を悪用したものらしく、このような怪しい表示が出たらすぐにページを閉じるのが一番だそうです。 みなさん、本当にお気をつけください!! 【2020. 9追記】.

次の

2020年間ビジターアンケート!ブラウザー意見アンケート「おめでとうございます」詐欺の詳細と対処法を徹底解説

ブラウザー 意見 アンケート

クリックして修正やダウンロードまたは更新を促し、 悪質なソフトをインストールさせます。 また、大切な 個人情報を入力させ情報を盗み取ろうとします。 これが、フィッシング詐欺です。 クリックせず閉じてしまえば、問題ありませんが、閲覧の途中で閉じることになります。 判別方法は、 よくWEBを閲覧する人はすぐに分かりますが、 画面が変わった時の アドレスを見ると明らかに通常とは違ったアドレスになっています。 gTLDを見るとあきらかに一般の企業ではないドメイン名になっています。 MSNウェブサイトは、 WEB広告が多く厳格な審査および対応が出来ていないことが原因だと思われ、他のWEBサイトと違うところだと思います。 Microsoftは気づいているはずですが、放置しているのか気づかないふりをしているのか…かなり経過しています。 最近の業務において、Microsoftの対応を考えるとなんとなく納得できるところが、憎らしいところです… -- MSNページ詐欺画面に関して 個人的な提案です。 パソコンでMSN記事を長時間閲覧すると、詐欺の画面が出現する可能性が高くなります。 MSNウェブサイトをWindowsのパソコンで閲覧する場合、出来る限り 閲覧時間を短くすることをおススメします。 もし、 詐欺の画面が出現したらすぐに画面を閉じる。 WEBブラウザは、 Internet Explorerや Microsoft Edgeではなく Google Chromeを使用する。 個人的な感想: 詐欺画面対策をしているか、否かではなく、 MSN=Microsoftの観点から Microsoftは、どうなの?と疑問を持ちます。 Microsoftは、最近のWindows 10でセキュリティーを強化するために、 かなりの便利な機能を犠牲にしています。 これには、ある程度理解ができます。 その反面、 MSNウェブサイトでは、詐欺画面の連発です。 かなりの日数が経っていますが、一向に改善しません。

次の