冴え ない 彼女 の 育て か た fine 特典。 劇場版冴えない彼女の育てかたFine 来場者特典小説コンプしました。【感想まとめ】

blog.grandprixlegends.com

冴え ない 彼女 の 育て か た fine 特典

ようやく、ようやく 来場者特典小説を全て手に入れました。 長い戦いでした。 劇場にこんなに足を運んだのは初めてなので新鮮な経験でした。 札幌は上映館がひとつしかなくて、しかも 4週目から1日1回、日によっては 17時スタートと社会人には中々ハードルが高かったですが土日を費やしてなんとかなりました。 途中に頼ろうかと思いましたが 転売屋を儲けさせるくらいならと思って頑張りました。 この先にもこんなに頑張る作品は出てこないような気がします。 なんか別の作品にハマってたら許して下さい。 さて、全部揃ったので改めて1冊目から振り返っていきます。 劇場版、特典小説のネタバレありなのでご注意を。 After[One Year Later] まずは1年後、倫也が浪人して大学に合格して、そこから倫也が恵に改めて一緒にゲーム作りをしていこうという話をしたら恵にもっと主人公らしく格好良く口説けと求められる話。 恵がどんどん欲を出していってメインヒロインとしてのアピールがすごい。 いや、もう彼氏彼女だからいいんだけどね。 とにかく倫也と恵がイチャイチャする回でした。 初回から匂わせがすごいですね。 エロ展開の。 After[Two Years Later] 2年後です。 成人式ネタ。 1年目が単なるイチャイチャ回だったので、正直この回でも普通のイチャイチャ回だったら特典コンプは辞めようと思ってました。 成人式で英梨々が恵の振り袖姿をスケッチするお話で、 恵と英梨々がもうで最高でした。 爆ぜろ。 英梨々がちょっとずつ恵に探りを入れてジャブを打ってるのに一歩も引かない恵。 正妻強い。 全体を通して相変わらず英梨々や詩羽先輩のことを 追いかけている倫也と、それを 隣で応援するしかない恵、そして追われるんじゃなく本当は隣で 一緒に夢を追いかけたかった英梨々。 この関係性が見える台詞回しが絶妙でした。 オチは 結局エロだったけど。 After[Three Years Later] 3年後は英梨々と詩羽先輩しか出てこない回。 メインヒロインが出てこない回があるのが冴えカノらしくていいですね。 前半は実写映画化を腐してる話。 いつもの業界ネタでした。 後半では英梨々が前に進むために詩羽先輩の元を離れていく過程を描いていました。 3~4年続くプロジェクト、ということはblessing softwareで合流する前にやってた仕事がこれに当たるんでしょうかね。 オチは エロじゃありませんでした。 そういえばちゃんと毎回オチがついている。 After[Four Years Later] 4年後は22歳ですね。 ストレートなら大学4年です。 倫也は3年だけど。 楽しかったなぁ大学4年。 あの頃に戻りたい。 詩羽先輩が書いた ガールズバンド小説の実写映画に美智留が出演するっていうお話。 原作のガールズサイドでもありましたが詩羽先輩と美智留の会話も結構好きです。 で、最後に美智留がバシッと本音をぶつけるっていう展開。 詩羽先輩には目標でいてもらわないといけないんですよね。 そうじゃないとblessing softwareは前に進めない。 ガールズバンドの話はほとんど無かったようなもんでした。 オチに使われただけって感じ。 After[Five Years Later] 5年後はゴリゴリの業界ネタ。 マルズの仕事で 他の開発会社が投げた企画のサルベージ。 無事に会社になったblessing softwareの最初のお仕事。 仕事なんて実際はこんなもんなのかもしれませんね。 でも 炎上プロジェクトの救助はもうしたくない。 倫也が英梨々と詩羽先輩に追いつくための最短距離だ、というのをぼやきながらも支える恵。 というのを 風呂でイチャつきながら話す回でした。 エロじゃないオチが続いてたから油断していました。 After[Six Years Later Part. 1] まさかの6年後は前後編。 普通に1年ずつだと思ってたので裏切られました。 Part. 1は加藤家と氷堂家のお話がクロスオーバーする感じ。 恵のお姉さんは強いです。 読者からはフラットな彼女が段々とフラットでなくなっていく、という見え方だけど家族からすれば 元々そうでしたよ、というアピール。 なるほどなぁ。 ラストの 恵はあと2年、 倫也は今年こそ、っていう気持ちのズレが後半に引っ張られるわけですね。 After[Six Years Later Part. 2] いよいよ最後の週、どんなラストになるのか、と思ったら 7週目特典の表紙が公開された段階で「 あぁ、プロポーズか。 そうだよな。 」と納得しました。 倫也が引っ張って引っ張って指輪を取り出す。 ここまで先手を打ってきた恵が最後の最後で不意を突かれて躱しきれない。 良かった。 英梨々派のみんなごめん。 恵はやっぱり強かったよ。 ラストは映画でワンカットだけ恵の指に指輪があるから見れなかった人は円盤を買えというネタでした。 流石に7週見てる人は気付くでしょうよ。 劇場版エピローグの 最初が無茶苦茶やってたんで、小説もラストは裏切ってくるんだろうな、と思ってたところで めっちゃストレートにプロポーズを入れてくるっていう。 いい意味で裏切ってきますよね。 劇場版はこの出来事の数日後とのことなので、プロポーズして結婚前だからまだ表札の苗字は変わってなかった、ってことなんですかね。 どっちの苗字にするんだろう。 苗字決めるのも 散々いちゃついてから結局安芸にするんだろうなぁ。 最後に 備忘録も兼ねて全部の感想書きました。 特典小説 エロばっかだったな!と勝手に思ってましたが7週のうち3週でした。 この特典小説、まとめた文庫版出るんですかね。 まぁ多分出るかBD特典になると思うんですけど劇場版の熱が残ってるうちに読めたので後悔はしてないです。 オマケも含めて本当にいい作品でした。 良かったら劇場版の感想も読んでみて下さいね。 最後まで読んで頂いてありがとうございました。 usui2121.

次の

劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』bdの店舗特典情報を調べてみました。

冴え ない 彼女 の 育て か た fine 特典

第7週特典 それでは、早速特典を見ていきましょう。 第7週の特典はこちらです。 特典小説• ミニ色紙 いつもどおりの 特典小説と、 ミニ色紙になります。 今回小説の 表紙は鍵が2つ。 パッと見これが何を表しているのかはわかる方とわからない方がいるかもしれません。 映画のエピローグを思い返すと当たりがつくかもしれませんが、まぁ内容を読めば納得なので早速触れていきましょう。 今回の内容は倫也と恵がマンションを契約するお話です。 以上! と言いたいところですが、もう少しお話しますと、映画の最後に出てきた 倫也と恵の部屋と、blessing softwareのオフィスとなる部屋の契約をするというお話です。 ちなみに、 この契約のために商業化してから稼いできたblessing softwareの利益は空っぽにしてしまったようです。 そして、肝心の 倫也と恵の部屋については、完全に倫也から恵へのドッキリイベントとして実行されました。 倫也は学生時代に貯めた 貯金の9割を消費して部屋の契約を決めます。 そんな倫也に対して、恵は言います。 「や、やっぱり駄目だよそれ……一割しか残らなかったら、漫画やアニメの円盤、買えなくなっちゃうよ?」 しかし、そのセリフに対して 倫也は以外な対応返します。 「いや、それどころか……、これで、全部消えた」 そう言って 倫也が取り出したのは小さな箱。 そう、もちろん 指輪です。 この日は恵の誕生日ということもあり、恵自身、倫也が何かを仕込んでいることは察していました。 しかし、流石にプロポーズされるとは思っておらず、また、第6週の特典で姉にひやかされたこともあり、いつものフラットさを忘れ、あたふたします。 しかし、 最終的に恵は言います。 「あ、あなたは、あなたはね…… あなたは、わたしにとって、勿体ないひとだなんて、思わないけれど。 わたしは、あなたにとって、ふつつかものだなんて、思わないけれど。 …………………………………………でも、よろしく、お願い、します」 こうして、 倫也と恵の二人は、同棲を始めるのでした。 リア充爆発しろーーーーーーーーーーーー!!!!!!!! って思いませんか? なんだコレ? 幸せそうすぎて目も当てられないよ! ちなみに、この記事の冒頭セリフが恵から出てきて、もうね、 羨ましーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!! って思うわけですよ。 なにこれ。 冴えカノにここまで心えぐられると思いませんでした! ちなみに、 映画のエピローグはこのお話の数日後らしいです。 ってか、数日後には会社のメンバーとはいえ、美智留と出海が勝手に出入りできてしまうのは問題では?と思います 笑 まぁ、 面白かったから良いんですけどね! ちなみに、今回の特典では 挿絵が一枚入っています。 それがこちら。 挿絵 爆ぜろリア充!弾けろシナプス!バニッシュメント・ディス・ワールド!!!! っと、心乱れました。 まぁ特典小説のことはもういいです。 もう一つの特典のお話をしましょう。 そう、 ミニ色紙です。 前回、詩羽がほしいと意気込んで言ったものの、二分の一の確率に負け、見事に美智留を引いた私ですが、 今回はできれば恵が欲しいなーと思い中身を確認しました。 前回の記事でも触れてきましたが、今の所ランダムで当たる傾向があるのは 英梨々、美智留、出海です。 もうね、そのうち2名が今回の特典対象って聞いただけでね、「あー、これフラグだ」って思ったわけですよ。 だからね、期待はしなかったんですよ。 いや、ある意味、ここでフラグ回収した方が、ブログ的に面白くね?とか思ってしまう程度には、やけくそだったんですよ。 そう思って開けた結果…… ステッカー 映画内で英梨々が最後の一枚を仕上げたときのシーンですね。 詩羽が写っているのがこれ一枚しかなかったので、これを選びました。 クリーナークロス• つままれキーホルダー• 危うく、冴えカノと関係ないグッズを買わなければならないところでした 笑 冴えカノグッズは、私が行った時点ではだいぶ少なくなっていました。 冴えカノグッズを購入したい方はお急ぎください。 さて、長かったようであっという間だった特典小説マラソンが終わりました。 冴えカノ映画自体は非常に面白いので、毎週見ても飽きはしなかったですが、映画館に行って見るという行為は、それだけで結構時間が取られるので、それがきつかったですねー。 2ヶ月近く経つと上映回数も減ってきて、時間調整しづらいですし。

次の

劇場版冴えない彼女の育てかたFine 来場者特典小説コンプしました。【感想まとめ】

冴え ない 彼女 の 育て か た fine 特典

ようやく、ようやく 来場者特典小説を全て手に入れました。 長い戦いでした。 劇場にこんなに足を運んだのは初めてなので新鮮な経験でした。 札幌は上映館がひとつしかなくて、しかも 4週目から1日1回、日によっては 17時スタートと社会人には中々ハードルが高かったですが土日を費やしてなんとかなりました。 途中に頼ろうかと思いましたが 転売屋を儲けさせるくらいならと思って頑張りました。 この先にもこんなに頑張る作品は出てこないような気がします。 なんか別の作品にハマってたら許して下さい。 さて、全部揃ったので改めて1冊目から振り返っていきます。 劇場版、特典小説のネタバレありなのでご注意を。 After[One Year Later] まずは1年後、倫也が浪人して大学に合格して、そこから倫也が恵に改めて一緒にゲーム作りをしていこうという話をしたら恵にもっと主人公らしく格好良く口説けと求められる話。 恵がどんどん欲を出していってメインヒロインとしてのアピールがすごい。 いや、もう彼氏彼女だからいいんだけどね。 とにかく倫也と恵がイチャイチャする回でした。 初回から匂わせがすごいですね。 エロ展開の。 After[Two Years Later] 2年後です。 成人式ネタ。 1年目が単なるイチャイチャ回だったので、正直この回でも普通のイチャイチャ回だったら特典コンプは辞めようと思ってました。 成人式で英梨々が恵の振り袖姿をスケッチするお話で、 恵と英梨々がもうで最高でした。 爆ぜろ。 英梨々がちょっとずつ恵に探りを入れてジャブを打ってるのに一歩も引かない恵。 正妻強い。 全体を通して相変わらず英梨々や詩羽先輩のことを 追いかけている倫也と、それを 隣で応援するしかない恵、そして追われるんじゃなく本当は隣で 一緒に夢を追いかけたかった英梨々。 この関係性が見える台詞回しが絶妙でした。 オチは 結局エロだったけど。 After[Three Years Later] 3年後は英梨々と詩羽先輩しか出てこない回。 メインヒロインが出てこない回があるのが冴えカノらしくていいですね。 前半は実写映画化を腐してる話。 いつもの業界ネタでした。 後半では英梨々が前に進むために詩羽先輩の元を離れていく過程を描いていました。 3~4年続くプロジェクト、ということはblessing softwareで合流する前にやってた仕事がこれに当たるんでしょうかね。 オチは エロじゃありませんでした。 そういえばちゃんと毎回オチがついている。 After[Four Years Later] 4年後は22歳ですね。 ストレートなら大学4年です。 倫也は3年だけど。 楽しかったなぁ大学4年。 あの頃に戻りたい。 詩羽先輩が書いた ガールズバンド小説の実写映画に美智留が出演するっていうお話。 原作のガールズサイドでもありましたが詩羽先輩と美智留の会話も結構好きです。 で、最後に美智留がバシッと本音をぶつけるっていう展開。 詩羽先輩には目標でいてもらわないといけないんですよね。 そうじゃないとblessing softwareは前に進めない。 ガールズバンドの話はほとんど無かったようなもんでした。 オチに使われただけって感じ。 After[Five Years Later] 5年後はゴリゴリの業界ネタ。 マルズの仕事で 他の開発会社が投げた企画のサルベージ。 無事に会社になったblessing softwareの最初のお仕事。 仕事なんて実際はこんなもんなのかもしれませんね。 でも 炎上プロジェクトの救助はもうしたくない。 倫也が英梨々と詩羽先輩に追いつくための最短距離だ、というのをぼやきながらも支える恵。 というのを 風呂でイチャつきながら話す回でした。 エロじゃないオチが続いてたから油断していました。 After[Six Years Later Part. 1] まさかの6年後は前後編。 普通に1年ずつだと思ってたので裏切られました。 Part. 1は加藤家と氷堂家のお話がクロスオーバーする感じ。 恵のお姉さんは強いです。 読者からはフラットな彼女が段々とフラットでなくなっていく、という見え方だけど家族からすれば 元々そうでしたよ、というアピール。 なるほどなぁ。 ラストの 恵はあと2年、 倫也は今年こそ、っていう気持ちのズレが後半に引っ張られるわけですね。 After[Six Years Later Part. 2] いよいよ最後の週、どんなラストになるのか、と思ったら 7週目特典の表紙が公開された段階で「 あぁ、プロポーズか。 そうだよな。 」と納得しました。 倫也が引っ張って引っ張って指輪を取り出す。 ここまで先手を打ってきた恵が最後の最後で不意を突かれて躱しきれない。 良かった。 英梨々派のみんなごめん。 恵はやっぱり強かったよ。 ラストは映画でワンカットだけ恵の指に指輪があるから見れなかった人は円盤を買えというネタでした。 流石に7週見てる人は気付くでしょうよ。 劇場版エピローグの 最初が無茶苦茶やってたんで、小説もラストは裏切ってくるんだろうな、と思ってたところで めっちゃストレートにプロポーズを入れてくるっていう。 いい意味で裏切ってきますよね。 劇場版はこの出来事の数日後とのことなので、プロポーズして結婚前だからまだ表札の苗字は変わってなかった、ってことなんですかね。 どっちの苗字にするんだろう。 苗字決めるのも 散々いちゃついてから結局安芸にするんだろうなぁ。 最後に 備忘録も兼ねて全部の感想書きました。 特典小説 エロばっかだったな!と勝手に思ってましたが7週のうち3週でした。 この特典小説、まとめた文庫版出るんですかね。 まぁ多分出るかBD特典になると思うんですけど劇場版の熱が残ってるうちに読めたので後悔はしてないです。 オマケも含めて本当にいい作品でした。 良かったら劇場版の感想も読んでみて下さいね。 最後まで読んで頂いてありがとうございました。 usui2121.

次の