ビットコイン 採掘。 ビットコイン採掘の覇者、AIチップに虎視眈々

ビットコイン(BTC)採掘難易度が過去最大規模の15%上方調整

ビットコイン 採掘

ビットコインマイナー間の競争を示す重要な指標は、15. 採掘難易度の低下が意味すること 採掘難易度の低下は、一部のマイナーがビットコインの獲得レースから撤退していることを示している。 ビットコイン価格の下落によって、マイニングの収益性が低下しているためだ。 一方で、採掘難易度の低下は、レースに残ることを選んだ事業者に有利に働く可能性がある。 競争環境の軟化は、マイナーにとってマイニングにかかるコストの削減を意味するためだ。 ビットコインは、協定世界時(UTC)3月26日3時頃に採掘難易度を調整し、3月9日に記録した前サイクルの16. 55兆から、13. 91兆にとなった。 2週間前、ビットコインは過去7年間で最悪の下落となり、まだ部分的にしか回復していない。 マイニングは、大量の電力を消費する強力で特殊なコンピューターを必要とし、マイニング企業は通常、ビットコインを売却したり、ビットコインを担保にして借り入れを行い、高額な設備を購入している。 2016ブロックごとに調整 価格下落は、過去3カ月間の採掘難易度の上昇分をすべて消し去り、12月20日頃の水準に押し戻した。 採掘難易度の上昇は、特にビットメイン(Bitmain)のアントマイナー(AntMiner)S9のような古いマシンを運用しているマイナーには厳しい状況だった。 ビットコインの採掘難易度の過去第3位の下落は15. 13%、2018年12月に記録された。 ビットコイン史上最大の下落は2011年10月に遡る。 ネットワーク上のかなりの量のマイニングマシンが14日間のサイクルの間、運用をストップした場合、残ったマイナーが2016ブロックを生成するための時間は延びる。 すると、ビットコインネットワークは次のサイクルで難易度を下げる。 逆に、かなりの量の処理能力がネットワークに加えられ、ブロック生産間隔が短くなった場合、ネットワークは次のサイクルの採掘難易度を上げる。 その結果、競争は厳しさを増し、個々のマイナーのビットコイン生成量は低下する。 悪いタイミング 採掘難易度が3月9日に過去最高水準に達していたことは、この17日間、マイニング事業者の状況を悪化させた。 つまり3月12日の価格下落のわずか数日前だったため、次の調整まで2週間以上の時間があった。 直近の価格下落とその際、記録的な採掘難易度となっていたことにより、マイニングプールf2poolのデータによると、電力料金を平均0. 中国のマイニングプールPoolInの共同創業者兼COO、クリス・ズー(Chris Zhu)氏は3月12日の価格下落の後、その時点の複数の主要マイニングプールでのハッシュレート低下を踏まえ、今後数週間でネットワークのハッシュレートは20~30%低下すると予想していると語っていた。 これにより、ブロック生産間隔は12分近くまで延び、その後、調整サイクルが17日間に延長されたため、マイニング事業者は、より効率的にビットコインをマイニングできるようになるまで、通常よりも3日多く待たなければならなくなった。 とはいえ、現在のサイクルでの大幅な採掘難易度の低下とビットコイン価格が6600ドル超まで回復していることで、PoolInのデータによると、アントマイナーS9のような古いマイニングマシンは、再び日々の利益をわずかに生み出すことができるようになった。 一方、ビットメイン、マイクロBT(MicroBT)、カナン(Canaan)が2019年後半以降に発表した最新かつ強力なマイニングマシンは、より高いマイニング効率を誇り、利益を生み出し続けている。 また3大マイニングマシンメーカーはいずれも、ビットコインの半減期が近づくなか、今後数カ月間にさらなる最上位機種の納入を競い合っている。 翻訳:CoinDesk Japan編集部 編集:増田隆幸 写真:Coin Metrics 原文:.

次の

半減期とは?ビットコインマイニング(採掘)量の規制ルール

ビットコイン 採掘

ビットコインマイナー間の競争を示す重要な指標は、15. 採掘難易度の低下が意味すること 採掘難易度の低下は、一部のマイナーがビットコインの獲得レースから撤退していることを示している。 ビットコイン価格の下落によって、マイニングの収益性が低下しているためだ。 一方で、採掘難易度の低下は、レースに残ることを選んだ事業者に有利に働く可能性がある。 競争環境の軟化は、マイナーにとってマイニングにかかるコストの削減を意味するためだ。 ビットコインは、協定世界時(UTC)3月26日3時頃に採掘難易度を調整し、3月9日に記録した前サイクルの16. 55兆から、13. 91兆にとなった。 2週間前、ビットコインは過去7年間で最悪の下落となり、まだ部分的にしか回復していない。 マイニングは、大量の電力を消費する強力で特殊なコンピューターを必要とし、マイニング企業は通常、ビットコインを売却したり、ビットコインを担保にして借り入れを行い、高額な設備を購入している。 2016ブロックごとに調整 価格下落は、過去3カ月間の採掘難易度の上昇分をすべて消し去り、12月20日頃の水準に押し戻した。 採掘難易度の上昇は、特にビットメイン(Bitmain)のアントマイナー(AntMiner)S9のような古いマシンを運用しているマイナーには厳しい状況だった。 ビットコインの採掘難易度の過去第3位の下落は15. 13%、2018年12月に記録された。 ビットコイン史上最大の下落は2011年10月に遡る。 ネットワーク上のかなりの量のマイニングマシンが14日間のサイクルの間、運用をストップした場合、残ったマイナーが2016ブロックを生成するための時間は延びる。 すると、ビットコインネットワークは次のサイクルで難易度を下げる。 逆に、かなりの量の処理能力がネットワークに加えられ、ブロック生産間隔が短くなった場合、ネットワークは次のサイクルの採掘難易度を上げる。 その結果、競争は厳しさを増し、個々のマイナーのビットコイン生成量は低下する。 悪いタイミング 採掘難易度が3月9日に過去最高水準に達していたことは、この17日間、マイニング事業者の状況を悪化させた。 つまり3月12日の価格下落のわずか数日前だったため、次の調整まで2週間以上の時間があった。 直近の価格下落とその際、記録的な採掘難易度となっていたことにより、マイニングプールf2poolのデータによると、電力料金を平均0. 中国のマイニングプールPoolInの共同創業者兼COO、クリス・ズー(Chris Zhu)氏は3月12日の価格下落の後、その時点の複数の主要マイニングプールでのハッシュレート低下を踏まえ、今後数週間でネットワークのハッシュレートは20~30%低下すると予想していると語っていた。 これにより、ブロック生産間隔は12分近くまで延び、その後、調整サイクルが17日間に延長されたため、マイニング事業者は、より効率的にビットコインをマイニングできるようになるまで、通常よりも3日多く待たなければならなくなった。 とはいえ、現在のサイクルでの大幅な採掘難易度の低下とビットコイン価格が6600ドル超まで回復していることで、PoolInのデータによると、アントマイナーS9のような古いマイニングマシンは、再び日々の利益をわずかに生み出すことができるようになった。 一方、ビットメイン、マイクロBT(MicroBT)、カナン(Canaan)が2019年後半以降に発表した最新かつ強力なマイニングマシンは、より高いマイニング効率を誇り、利益を生み出し続けている。 また3大マイニングマシンメーカーはいずれも、ビットコインの半減期が近づくなか、今後数カ月間にさらなる最上位機種の納入を競い合っている。 翻訳:CoinDesk Japan編集部 編集:増田隆幸 写真:Coin Metrics 原文:.

次の

ビットコインの採掘難易度調整が行われる理由、いつ行われるの?

ビットコイン 採掘

10分ごとに採掘で新規にビットコインが発行されますが、その追加発行量は徐々に減少していき、最終的には2140年ごろに2,100万BTC(BTCはビットコインの単位)を発行して終了します。 その後は1BTCも発行されません。 ビットコインのシステムを作ったSatoshi Nakamoto(本名なのかどうかも不明の謎の人物)氏は、通貨発行量が多くなることで生じるインフレーションが大嫌いなのだろうと推測できます。 通貨発行量の上限があらかじめ決まっていて、かつ、これからもビットコインに関心を持つ人々が増え続ける場合、ビットコインの価値は今よりもずっと高くなる可能性があります。 しかし、はたしてそうなるでしょうか。 ここでは、採掘ができなくなった後にビットコインの信頼性を維持できるかどうかを考察します。 新規発行量(採掘報酬)の推移 ビットコインの新規発行終了後の世界を考える前に、そこに至るまでの様子を確認しましょう。 当初の報酬:50 BTC 2012年:25 BTCに半減 2016年:12. 5 BTC 2020年:6. 25 BTC 2024年:3. 125 BTC 2028年:1. 5625 BTC 2032年:0. 78125 BTC ・ ・ ・ 4年間というのは、長いようで短いです。 こうして表にしてみると、みるみるうちにブロック報酬が減っていく様子が分かります。 ただし、ビットコイン価格が高値で推移する場合は、マイナー(採掘者)のダメージは小さいと予想できます。 2017年末、1BTC=200万円をこえていた時期、マイニングに1回成功すると2,500万円以上の利益でした。 その報酬額を期待するのは難しいかもしれません。 しかし、ビットコインにある程度の価格が付いていれば、マイニング報酬が減っても、マイナーは何とか運営できそうです。 新規発行終了後のビットコインの世界 採掘が果たしている役割については別記事「」で確認していただくとしましょう。 ここでは、採掘がビットコインの信頼性維持に役立っているとして話を進めます。 そして、採掘の目的は、新規発行のビットコインを得ることです。 新規発行のビットコインを得られないならば、多額の資金を投入して高性能コンピューターを多数稼動させる意味がありません。 すると、採掘完了後(あるいは採掘完了が視野に入ってくると)、誰も採掘をしなくなってビットコインのシステムは崩壊するのでしょうか。 ビットコインは永遠に生き続ける システムが崩壊する、すなわちビットコインが存在しなくなるかどうかという視点でいえば、 「半ば永続的に存在する」と言えるでしょう。 ビットコインはP2Pシステムで動いています。 すなわち、インターネットに接続されたパソコンなどにインストールされて活動しています。 中央でシステムを管理する機関はありませんし、不要です。 このため、複数台のパソコンにビットコインのソフトウェアが存在する限り、ビットコインはずっと存在し続けるといえるでしょう。 ただし、誰にも見向きされないような状況になると、円や米ドルなどで評価した価値がガタ落ちになり、換金もできなくなるだろうことが予想できます。 実際にこのようになる場合には、P2Pを用いた仮想通貨そのものが衰退するのではなく、 ビットコインのシステムを改良した他の仮想通貨がビットコインに代わって人気を集める可能性があります。 というのは、 仮想通貨のシステムは極めて優れているためです。 ビットコインは衰退するか? では、ビットコインはこのような衰退の運命になるのでしょうか。 そうならない可能性もあります。 というのは、 採掘によって得られるビットコインは、新規発行分だけではないからです。 採掘によってビットコインを得る方法• 1.採掘で勝利を収めてビットコインの新規発行額を手に入れる• 2.送金依頼者が支払う送金手数料を手に入れる 送金希望者は送金するときに、少額ではありますが送金手数料を支払います。 この額は送金者が自由に設定できます。 現在は新規発行額に比べてとても小さい額なので注目度は低いかもしれませんが、新規発行がなくなると、送金手数料が重要となります。 というのは、採掘によって得られるのは送金手数料だけになるからです。 新規発行終了後のビットコイン 現在は、採掘のために、少数の人々が多額の資金を投じて高性能コンピューターを多数投入しています。 新規発行がなくなれば、この種の人々はビットコインには存在しなくなるでしょう。 ・・・そして、おそらくは本来の姿になるかもしれません。 すなわち、「P2Pに参加しているパソコンなどのコンピューターの余力を使って採掘がおこなわれる」です。 この場合、いわゆるに対して脆弱になるかもしれませんが、ビットコインがもっと多くの人に認知され、今よりも桁違いに大きな人数に使われるようになれば、一人一人の計算能力は小さくても、その合計計算力は極めて大きくなるかもしれません。 そうすれば、51%攻撃は容易でないということになります。

次の