その 節 は 未来。 「その節は」の意味は?過去・未来?正しい使い方・類語・英語表現を解説!

「その節は」の意味は?過去・未来?正しい使い方・類語・英語表現を解説!

その 節 は 未来

もくじ• まず一般的な未来形について・・・ 未来の状態や予定を表すのが未来形です。 その場合、willをつかって表現します。 例) I will play tennis next Sunday. (来週の日曜日、テニスをします) It will rain tomorrow. 明日雨が降るでしょう I will finish my homework. 主語がなんであろうと willは助動詞なので動詞はいつでも原形を使いましょう。 例) He plays tennis. 例) He will not play tennis next Sunday. 発音問題で頻出です。 未来形willの疑問文・・・ willを主語の前に出すだけ! 例) Will he play tennis next Sunday? (彼は来週の日曜日テニスをしますか?) Yes he will. (はい、します。 /いいえ、しません。 /いいえ、しません。 ) 応用!!未来形なのにwillを使わず、現在形で未来形を作る・・・ そうなんです!未来のことなのに未来形ではなく、現在形を用いて表現する場合があるんです。 「時や条件を表す副詞節では、未来のことを現在形で表す」 この呪文の様なフレーズ聞いたことあるませんか? 見落としがちな文法事項ですが、これが意外とよく出題されるんです!! 時や条件を表すには?・・・・時や条件を表す「接続詞」を使います。 未来形は使いません。 例えば・・・・before while as soon as by the time unless…. etc 未来形を使わない未来形のいろいろな例文• If it rains tomorrowI will stay at home all day long. If it is fine tomorrow we will go on a picnic. I will go to bed after I finish my homework. Please call me as soon as you get there. よって未来形不要! (そこに着いたらすぐに電話して下さい) If「もし〜なら」に要注意!! Ifが付いているからといって、いつも条件節というわけではありません。 例えば、「もし私があなたなら」とか「もし空をとべたら」は仮定法ですよね? 現実的ではない「たとえ話」は仮定法であって条件節ではないことを覚えておいて下さいね。 まとめ 以上の例文でもわかる様に、かなり普段使いできるフレーズで多様されるので、押さえておきたいですね。 (もちろん頻出問題ですしね!) 最後に、センター試験の過去問に挑戦してみましょう。 未来形の文章なのに未来形を使わない、 「時や条件を表す副詞節では、未来のことを現在形で表す」 を呪文の様に唱えながら解いてみて下さいね。 《問》Ms. Bell is stuck in a traffic jam. The important meeting will have finished by the time she ( ).

次の

「その節」「その折」「その際」、どう違うのか?

その 節 は 未来

時制の一致とは 一つの英文が主節と従節からなる、いわゆる複文において、その主節と従節の時制を整える(同じにする)ことを 時制の一致と一般的には呼んでいます。 しかしながら、英語を母国語とする人たちにとっては、時制の一致といった事など頭の中にはなく、いちいちそれを考えながら話しているわけではありません。 ただ、英語の時の表現は、日本語とは往々にして異なる部分があるので、日本語で考えてしまうと複雑で分かり難くなる場合が多々あります。 何にしても、まずはその基本や違いを学ぶ必要があると思います。 時制の一致の原則 主節の時制が現在の場合・・・従節は未来・現在(完了)・過去(完了)・進行形などあらゆる時制が使われます。 I think that she will be scared. 「彼女は怖がると思う」 I think that she is scared. 「彼女は怖がっていると思う。 」 I think that she was scared. 「彼女は怖かったと思う。 」 We know that he will come here tomorrow. We know that he came here yesterday. We know that he has come here before. We know that he had come here the day before yesterday. 主節の時制が過去の場合・・・従節は過去・過去進行形・過去完了などになります。 I thought that she would be scared. (助動詞が過去形になります) I thought that she was scared. I thought that she had been scared. We knew that he would come here. We knew that he came here. We knew that he had come here before. I knew that he is moving to New York. 「私は彼がニューヨークに引っ越す予定であることを知っていました。 」 これを言っている時点では、まだ彼は引越しをしていないということ知っているというような事実が推測できます。 これを疑問文にするとなお分かり易いと思います。 Did you know he is moving to New York? 「彼がニューヨークに引っ越す予定であることを知っていましたか。 」 次の文では、普通に時制の一致が起こっていますが、彼がすでに引っ越したかどうかは分かりません。 I knew that he was moving to New York. 一般的真理の場合 自然における絶対的事実などを表す事柄であれば、主節と従節では時制の修正は行われません。 絶対的事実は過去も現在も、そしてこれからも変わらないと考えられるからです。 Do you know that the moon is a satellite of the earth? 「月は地球の衛星であることを知っていますか。 「月が地球の衛星であることを知っていましたか。 」 Few people know that the sun loses weight around 4 million tons every second. 「太陽の重量が毎秒約4百万トンずつ減っていることを知っている人はほとんどいません。 「太陽の重量が毎秒約4百万トンずつ減っていることを知っている人はほとんどいませんでした。 歴史的事実の場合 普遍のことである、過去に起こった歴史的事実を述べる場合、主節と従節では時制の修正は行われません。 したがって 歴史的事実は全て過去形で表されると覚えておきましょう。 Do you know that a telephone was inevented by Alexander Graham Bell in 1876? 「電話は1867年にアレクサンダー・グラハム・ベルによって発明されたことを知っていますか。 「電話は1867年にアレクサンダー・グラハム・ベルによって発明されたことを知っていましかた。 」 現在の習慣的動作を表す場合 日常の習慣などを表す場合、主節と従節では時制の修正は行われません。 これは、ある時点で述べられた習慣は、その以前から行われており、また、未来においても行われると考えられるからです。 Some of us know that a woman cleans around the unmanned station every morning. 「私たちの何人かは、どこかのおばさんがその無人駅の周りを毎朝掃除しているのを知っています。 」 Some of us knew that a woman cleans around the unmanned station every morning. 「私たちの何人かは、どこかのおばさんがその無人駅の周りを毎朝掃除しているのを知っていました。 」 clean を現在形にしておくことで、仮に every morning がなくても、いつもやっていることだと思えることにもなるでしょう。 逆に cleaned と過去形にすれば、今は掃除はしていないと取られる可能性もあるでしょう。 仮定法の場合 仮定法で使われた表現を伝達する場合、仮定法は実際の時間とは関係ないので、主節と従節では時制の修正は行われません。 John says he would climb Mt. Fuji every day if he were Japanese. 「ジョンは、もし彼(自分)が日本人だったら、毎日富士山に登るだろうと言うのです。 Fuji every day if he were Japanese. 「ジョンは、もし彼(自分)が日本人だったら、毎日富士山に登るだろうと言いました。 」 これは仮定法過去におけるものなので、says が said と過去形になっても、それ以降の動詞部の時制は変化していません。 「その医者は、もしそのウィルスがあまりにも凶暴なら、国民は3か月の間、24時間ずっと家に居なければならないと思っている。 「その医者は、もしそのウィルスがあまりにも凶暴なら、国民は3か月の間、24時間ずっと家に居なければならないと思った。

次の

「その節は」の意味と使い方・例文・読み方・目上の人への使い方

その 節 は 未来

もくじ• 時を表す副詞節の before 接続詞の before について、まずは 時を表す副詞節というものについて説明していきます。 時を表す副詞節というのは参考書でもよく見かける言葉です。 まずは例文です。 I will finish my homework before you come home. (あなたが帰ってくる前に宿題を終わらせておきます。 ) この文では、接続詞の before の節である、 before you come home. という節が 副詞節です。 この部分は、「 あなたが帰ってくる前に」という意味の節です。 この節は、例文の「終わらせます」という 動詞を修飾している副詞節です。 副詞というのは名詞以外を修飾しますが、この場合では、 動詞を修飾する働きがあるということで、接続詞 before 以下の節は副詞節となります。 「あなたが帰ってくる前に」何をするか?というのは、 「宿題を終わらせます」の「終わらせる」という 動詞につながります。 before you come home(あなたが帰ってくる前に)、 will finish my homework(宿題を終わらせます)といっています。 つまり before 以下の節は「終わらせる」という 動詞を修飾しています。 ですので、この before 以下の節は 副詞節です。 さて、この接続詞 before の節は副詞節ですが、これは 時を表します。 宿題を終わらせる時がいつなのかを示しています。 このような 時を表す副詞節は、 その節の中が未来を示すときでも、 未来形や未来完了形を使用することができません。 これはとっても大事な知識です! 上記の例文に戻ってみましょう。 I will finish my homework before you come home. (あなたが帰ってくる前に宿題を終わらせておきます。 ) 接続詞 before の節は 副詞節で、「あなたが帰ってくる前に」の意味ですが、これはもちろん 未来のことを指します。 「これから」あなたが帰ってくるということですから、 未来の話です。 にもかかわらず、come という現在形を使用しています! これが、 時を表す副詞節の特徴です。 この文では、主節( I will finish my homework の部分。 この文の主語動詞がある部分になる。 )には will が使われていますが、接続詞 before の節が 時を表す副詞節になっているため、 この節の中に未来形がありません。 come という 現在形が使われているのみです。 このように、 時を表す副詞節内では、未来の話でも未来形や未来完了形を使うことができません! 大過去でも単純過去形が使える 接続詞の before について、もう一つ大事な点があります。 以下の例文を見てみましょう。 I finished my homework before my mother came home. (私は母が帰宅する前に宿題を終わらせた。 ) この文の、接続詞 before の節を見てみましょう。 before my mother came home. これは、「私は宿題を終わらせた」という意味のこの文の主節の I finished my homework よりも前の話です。 ( 大過去) ですので、本来なら過去完了を使うべきところです。 しかし、 before の場合は、 時の前後関係が明白です。 上記の例なら、主節の I finished my homework(私は宿題を終わらせた)の部分と、接続詞 before の節(従属節)の before my mother came home(母が帰宅する前に)の部分の 前後関係が明らかにわかっていますね。 接続詞 before は「~する前に」という意味のため、主節と従属節の前後関係が明白です。 このようなときは、 わざわざ過去完了を使用しなくてもかまいません。 もう一度上記の例文を見てみましょう。 I finished my homework before my mother came home. 接続詞 before の節内は came という単純な過去形が登場しています。 このように、 大過去を示すときも過去形で表すことができます! 接続詞 before は主節と従属節( before の節のこと)の 前後関係がはっきりわかることをおさえておきましょう! まとめ 接続詞 before は、「~する前に」という意味で有名ですが、その節の中ではいくつかの注意点があります。 上記で見たような注意点をしっかりとおさえておいてください。 時を表す副詞節、 大過去でも単純過去形が使える場合など、きちんと整理しておきましょう。 以下、接続詞 before の例文を出題しておきます。 以下の文を訳してみましょう。 (1) I will do my homework before I forget it. (2) Mary finished her homework before her father came home. <訳> (1) 忘れないうちに宿題をするつもりです。 (2) メアリーは父親が帰宅する前に宿題を終わらせた。 <補足説明> (1) について 接続詞 before 以下は時を表す副詞節ですので、未来のことでも現在形を使用しています。 この文は、直訳すると、「私は忘れる前に宿題をするつもりです。 」となりますが、日本語としてはやや違和感がありますよね。 そんなときは、「~する前に」という訳を「 ~しないうちに」と訳してみると意味は同じでも違和感がありません。 「忘れないうちに宿題をする」とした方が自然です。 before は、このような訳し方も覚えておきましょう。 この際に注意点があります。 「~しないうちに」という訳につられて before の節内に not を使用して否定文にしないようにしましょう。 上記の例なら、 before I forget it で、「それ(宿題のこと)を忘れる前に」という意味から「忘れないうちに」となります。 この before の節内に not はありませんよね。 (2) について 時の前後関係が明白なので、 before 以下の節では、大過去の意味でも通常の過去形が使えます。

次の