猫 と ビター チョコレート。 猫とビターチョコレート

猫がチョコレートを食べると危険?ダメな理由と食べた時の対処法

猫 と ビター チョコレート

【獣医師監修】猫にチョコレートを与えてはダメ!食べたときの中毒症状とは? 2018年11月9日• 犬にチョコレートを食べさせてはいけないという話を聞いたことはありませんか?じつは、チョコレートは犬だけでなく猫にとっても食べさせてはいけない食べ物です。 なぜチョコレートはダメなのか、その理由と万が一食べてしまったときの対処法をご紹介します。 チョコレートを食べたらダメな理由とは? チョコレートの原料であるカカオには、カフェインやテオブロミンいう成分が含まれています。 カフェインはご存知のようにや緑茶、紅茶などにも含まれていて、人間にとっては覚醒作用や呼吸機能や運動能力を高める作用が期待できるものとされています。 しかし、犬や猫にとってカフェインは、中毒を起こし、過度の興奮や動悸、不整脈、ふらつき、ひきつけなどの症状を引き起こす可能性がある危険な物質です。 一方テオブロミンは、あまり聞きなじみのない言葉かもしれませんが、カフェインに似た作用をもつもので、人間にとっては気分を高め集中力を増したり、リラックスできたりする効果があるといわれていますが、カフェイン同様、犬や猫には中毒を引き起こす危険なものです。 人間でも小さな子どもがチョコレートをたくさん食べると、テオブロミンを過剰に摂取することになり、興奮状態になってしまうといいます。 犬や猫の場合は、テオブロミンを分解して体外に排出する能力が低いため、長く体内にとどまってしまうことになり、中毒を起こしやすいのです。 食べるとどんな症状が出るの?死に至ることはあるの? 猫がチョコレートを食べた場合、1~2時間後に落ち着きがなくなって、興奮状態になります。 そして、食べてから2~4時間すると、嘔吐や下痢といった症状が現れます。 神経や心臓に過度な負担をかけるので、呼吸が乱れたり、発熱したりする場合も。 重度の場合には、全身にけいれんが起きて、死に至ることもあるのです。 うっかりチョコレートを置いておかないよう注意しましょう。 なお、カフェインまたはテオブロミンによる中毒を発症する量は、体重1㎏あたり15〜20mg。 チョコレートに含まれるテオブロミンの量は、チョコレートの種類によって異なります。 以下にチョコレートの種類別に、症状が出る摂取量の目安を挙げますが、あくまで参考値としてください。 たとえばココアがそれにあたります。 カフェインやテオブロミンを含む食品は、猫には絶対に食べさせないでください。 チョコレートに含まれるテオブロミンは、カフェインに比べてゆっくりと長く作用するので、食べてから1~2時間たっても特に症状が見られないからといって安心するのは危険です。 また、「猫がチョコレートを食べたら、まず飼い主が吐かせましょう」と書いてある記事も見受けられますが、素人が吐かせようとする行為は非常に危険ですので、絶対にやってはいけません。 病院では人間のように指を喉の奥に入れて無理やり吐かせるのではなく、薬を使って嘔吐させます。 処置をしても嘔吐しなかった場合や、意識がもうろうとしていたり、処置に使う薬が持病などによって使えなかったりする場合などは、全身麻酔をかけて胃洗浄を行うこともあります。 ほかにも便と一緒に体外に排出させたり、点滴によって解毒を促したりといった治療もあり、獣医師が猫の具合を診て、的確な判断と技術のもとに行いますので、必ず獣医師の診察を受けてください。 いつまで元気だったか) クリスマスやバレンタインデーなど、チョコレートケーキやチョコレートが身近にある季節は、特に猫が誤食しないように注意が必要です。 特別な日だからといって、猫へのおすそわけは絶対にしないでください。

次の

猫がチョコレートを食べると危険?ダメな理由と食べた時の対処法

猫 と ビター チョコレート

チョコレート・ココアに関する用語には、いろいろな種類と使われ方があるようです。 用語の多くは、慣用語に使われているか、あるいは業界用語として使われているものです。 ひとつの種類で、いろいろな呼び方があります。 ここで取り上げているのは、その一例です。 ビターチョコレート(英:bitter chocolate ブラックチョコレート 英:black chocolate スイートチョコレート 英:sweet chocolate プレーンチョコレート 英:plain chocolate という呼び方があります。 これを カカオリカー 英:cocoa liquor チョコレートリカー 英:chocolate liquor ということがあります。 特に、わが国では、第二次世界大戦前後の一時期に、カカオマスのことをビターチョコと称したことがあります。 現在では、 カカオマス 英:cocoa mass と呼ばれています。 また最近では、カカオ分70〜90%という低糖のチョコレートのことをいう場合もあります。 現在は、カカオリカー、チョコレートリカー、ビターチョコレートなどもカカオマスと 呼びます。 ・カカオ豆からココアバターを搾油した後のもの チョコレート色の部分 を、 ココアバターと区別していう場合があります。 この場合もココアバターは含まれています。 カカオ豆には58〜53%のココアバターが含まれています。 ミルク(乳製品)としては、全脂粉乳、脱脂粉乳、クリーム粉乳が使われます。 チョコレートの細工や被覆加工に使用されるものをいいます。 ココアバターを31%以上含有することが基本で、通常は、35%以上の流動性の高いチョコレートをいいます。 また、フランス料理のデザートなどの彩りに使われています。 外国品:カレボー、ヴァローナ、スシャール、ヴェイスなどが著名です。 【チョコレート類】の表示に関する規格(「チョコレート公正競争規約」全国チョコレート業公正取引協議会制定・公正取引委員会認定)では、「純」、「ピュア」の文言を使用できる場合の基準が規定されております。 多くのチョコレートメーカーや洋菓子店などでは、これをもとにチョコレート製品を製造します。 特徴としては、テンパリング(温度調節)なしに使用できる簡便性です。 イタリアが本場のチョコレートです。 また、手作りチョコレートのお店をいうこともあります。 (国家最高職人)という称号が最も権威があるそうです。 わが国では、手作りチョコレートは洋菓子店で扱う事が多く、近年は、チョコレートを扱うお店を沢山見かけるようになりました。 手作りチョコレートを専門にするチョコレートショップが話題になるにつれ、おしゃれ感覚でショコラトリーということがあります。 代表的なものとして、明治ミルクチョコレート、森永ミルクチョコレート、ロッテガーナチョコレートなどが良く知られており、チョコレートの基本的なものです。 英語では、 チョコレートバー(a bar of chocolate といいます。 シェルチョコレート チョコレートを型に流し込み、殻(シェル)をつくり、この中にクリーム、ジャム、ナッツ類、フルーツ類などを入れ、さらにチョコレートで蓋をしたものです。 エンローバー(被覆)チョコレート ビスケットやウェハースなどの一部または全体を覆うチョコレートです。 中が空洞になっているのは、細かい部分が壊れない効果もあります。 チョコレートスナック(チョコスナック) スナックやビスケットなどにチョコレートを入れたり、掛けたり、吹き付けたり、組合わせたりしたチョコレートで、製法・製品は沢山あります。 ハンドメイドチョコレート 洋菓子店などで作る、「手作りチョコレート」のことをいうことがあります。 代表的な製品として、トリュフがあります。 ガトー ショコラ(仏:gateau au chocolat) フランス語で、チョコレートのお菓子の意味があります。 フランスの高級菓子店にはなくてはならないものです。 ケーク オ ショコラ(仏:cake au chocolat) 英国生まれのチョコレートのパウンドケーキをいいます。 フィレナワール(仏:foret noire) チョコレートを練り込んだスポンジケーキと、蒸留酒に漬け込んだチェリーを泡立てた生クリームに混ぜたものを交互に重ねたケーキをいいます。 センターにガナッシュを入れ、形をいびつにしたり、また掘り出したばかりを演出するために、ココアパウダーをまぶしたりします。 様々な形があります。 トリュフのセンターなどに使われます。 ドラジェ(仏・英:dragee) アーモンドをチョコレートと砂糖でコーティングした、フランスのお菓子です。 エクレア(仏:eclair) 細長く焼いたシューの生地にチョコレート風味のクリームをたっぷり入れ、表面にチョコレートフォンダントをぬったものです。 ザッハ トルテ(独:sachertorte) オーストリア・ウィーンを代表するチョコレートケーキです。 ウィーンの菓子職人 フランツ ザッハにより考案されました。 アンズジャムを塗り重ね、チョコレートをかぶせてあるスポンジケーキです。 チョコレートタルト (仏:tarte chocolat、英:chocolate tart) タルト生地のなかに、ガナッシュチョコレートをつめたものです。 小さ目のものは、タルトレットといいます。

次の

猫とビターチョコレート 参加テーマ

猫 と ビター チョコレート

猫モチーフの可愛くお洒落なチョコおすすめ15選 最近の猫ブームにより、猫のスイーツも沢山登場してきました。 そんな中でも、猫好きさんが絶対に喜ぶお洒落で可愛いチョコのおすすめ15選ご紹介します。 ゴンチャロフ• ビアンクール• モロゾフ• デメル• カファレル• メリーチョコレート• フェリシモ猫部• ブルーノデルフ• マールブランシュ• トーキョーチョコレート• テオブロマ• 和歌山電鐵• ナミュール• シャ・ノワール• オ・シャ・ブルー ゴンチャロフ ゴンチャロフは、兵庫県神戸市灘区に本社を置く日本の洋菓子メーカーです。 猫をモチーフとしたチョコレート「アンジュジュ」が販売されており、毎年人気で売り切れ必至の商品となっています。 2019年のバレンタインシリーズでは、イラストレーターの宮崎一人さんが描く、「音楽のある世界で、のびのびと自由に遊ぶ猫たち」がパッケージに描かれており、とっても可愛いですね。 チョコレート本体も、猫型や肉球型になっており、チョコレートは猫好きにはたまらない商品が販売されています。 ビアンクール ビアンクールは、1985年に生まれたゴンチャロフの姉妹系列のブランドです。 社名はパリ郊外のブローニュの森にある地名から名付けられました。 シンボルマークはパリの町並みに似合う「仔猫」がモチーフとなっており、子猫をテーマとしたチョコが販売されています。 毎年、バレンタインやホワイトデーシリーズは大人気ですぐ完売してしまうので、購入したい方はスタンバイする必要がありそうです。 モロゾフ モロゾフは、1931年、神戸トアロードのチョコレートショップからスタートしたチ洋菓子店です。 日本ではまだチョコレートそのものが珍しかった時代に、本物のおいしさにこだわった高級チョコレートを世に送り出し、日本で初めてのバレンタインデーを広めました。 芸術品のようなボックスに眠る美しいチョコレートは、当時の人々にとって、ドレスや宝石といった贅沢品と同じように、心ときめくあこがれの存在となりました。 そんなモロゾフが販売している猫モチーフのチョコレートは、毎年バレンタインでも人気が殺到しています。 日本のバレンタインの原点であるモロゾフで、是非猫ちゃんデザインのチョコを買ってみたい、もらってみたいですね。 デメル デメルは、ザッハトルテが有名なウィーンの洋菓子店です。 約230年の歴史を持つ洋菓子店で、ウィーンの王宮ご用達の由緒正しいチョコレートブランドです。 デメルの看板商品は、猫のパッケージの「リゾット チョコ 猫ラベル」で、猫の舌がモチーフとなった愛らしく遊び心のあるデザインになっています。 また、デメルからは、毎年バレンタインに、猫の形をしたチョコも販売されています。 王宮ご用達にふさわしい高級感あるパッケージも魅力で、描かれている猫ちゃんもお洒落でとっても可愛いですね。 お洒落な猫好きさんや、カフェ会にぴったりのチョコレートです。 数あるチョコレートショップのパッケージの中でもダントツに可愛いと言える、パッケージがポイントです。 画像にあるチョコラティーノ(ねこ)は、イタリアの街角を散歩する猫がモチーフの缶になっており、とってもお洒落ですね。 人気の7粒のチョコレートがアソートされており、食べ終わった後も小物入れなどに使えます。 メリーチョコレート メリーチョコレートは、外国の少女の名前がつけられた社名の「メリー」と、その少女の横顔を描いたロゴマークが親しみやすく覚えやすい、チョコレートショップです。 日本を代表する高級チョコレートメーカーで、チョコレートを始め、マロングラッセ、クッキー(焼き菓子)、ケーキ、 その他洋菓子など魅力あふれるスイーツがいっぱい揃っています。 そんな中でも、猫をモチーフとした「 マ プティット ミネット」は、キュートな子猫が並ぶパッケージの中に、さまざまな味わいと形のひと口サイズのチョコレートが詰まっています。 愛らしい子猫のプリントチョコレートが、とっても美しく目を引きますね。 フェリシモ猫部 フェリシモ猫部は、通販で有名なフェリシモが運営する猫好きコミュニティです。 このコミュニティでは動物の保護や支援金活動など、動物のための様々な活動が行われています。 オリジナルグッズ販売もしており、フェリシモ猫部のチョコレートもグッズ企画の一環として販売されています。 販売金額の一部は「フェリシモ猫基金」として運用されるので、チョコを購入するだけで猫ちゃんたちの援助にもなるのです。 デザインもとっても可愛いので、猫好きさんの間でも人気です。 ブルーノデルフ ブルーノデルフは、2007年にフランス国家最優秀職人章(MOF)の栄誉を獲得した、ブルーノ・ル・デルフ氏のショップです。 パンとチョコレート作りへの情熱を持ってヨーロッパと日本を旅したブルーノ・ル・デルフは、チョコレート菓子職人としてMOF (フランス国家最優秀職人賞)を受賞して注目を集めました。 好評のカクテルシリーズは、パイナップルのコンフィとラム酒を入れたキャラメルガナッシュの二層仕立ての新作「ピニャコラーダ」です。 レモンのコンフィチュールが効いている「モヒート」や「ラムレーズン」のビターとミルク、ウイスキーを加えた「アイリッシュコーヒー」が、その美味しさで酔わせます。 パッケージがとてもお洒落ですね。 マールブランシュ マールブランシュは、世界の食を見つめ、京都でモノづくりをするし、京都の流儀で、世界へおいしさを発信する、お菓子屋さんです。 京都には、さまざまなものを受け入れ、本質を見きわめ、新たな価値「ほんまもん」に変えていく文化がありますが、この文化に学びながら、思いを事業や商品に変えていくための確かな指針として「京都クオリティ」を掲げています。 素材、技、心から生まれてくる京ならではの商品が醸し出す品質となっており、それを生み出すために、永年培い洗練されてきた固有の技術が駆使された、繊細な匠の「技」を極めた商品が並んでいます。 人気の猫モチーフのチョコレートは、マスコットキャラクターの「加加阿ちゃん」をかたどった、遊び心たっぷりのスティックチョコレートです。 おちゃめな外見ですが、味は本格派で、カカオや果実の素材感あふれるインパクトある味わいを楽しめます。 トーキョーチョコレート トーキョーチョコレートは、伝統と新しさ、変わりゆくものと変わらないもの、いくつもの顔を持つ街トーキョーの魅力を、チョコレートを通じて発信する、チョコレートブランドです。 スイーツをメインのテーマに、トーキョーとパリのモチーフがちりばめまられており、おしゃれで可愛いチョコボックスになっています。 猫ちゃんモチーフのチョコは各アソートボックスに一個ずつ含まれています。 テオブロマ テオブロマは、当時はまだ数少ない手作りチョコレートの専門店として1999年、渋谷区富ヶ谷にオープンしたお店です。 味覚の魔術師と呼ばれるシェフ土屋公二のお店の商品が通販サイトで購入できます。 土屋公二シェフの日常の出会いから生まれた大人気商品の「じゃり」は、 エスプリが効いたチョコレートです。 ぱっと見、本物の小石に見える「じゃり」チョコレートは、土屋公二シェフがテオブロマ渋谷本店近くの代々木公園を散歩しているときに目にした「じゃり」を再現した、遊び心あふれるミルクチョコレートとなっています。 エスプリの効いたプレゼントとして大好評です。 和歌山電鐵 和歌山電鐵は、日本の民営鉄道初の猫駅長「たま」がご案内する心豊かなローカル線、和歌山電鐵のオフィシャルサイトです。 たまモチーフのグッズを販売しているいちご電車グッズショップでは、たくさんの猫グッズが並んでいます。 毎年恒例、大人気 の「たま&ニタマ駅長バレンタインチョコ 」は、両備グループ猫社員で、人気急上昇中の夢二郷土美術館本館お庭番、黑の助も加わりました。 箱を開けると、思わず笑みがこぼれる可愛らしさで、たべるのがもったいないですが、ぜひたま&ニタマ駅長チョコレートを楽んでください。 毎年大人気により完売も早いので購入はお早めに。 ナミュール ナミュールは、大公宮御用達のルクセンブルクのチョコレートショップです。 ルクセンブルク大公国の菓子店で最も古くに創業したナミュールは、ルクセンブルク大公宮御用達のパティスリとして、その職人流儀の哲学とともにルクセンブルク国内に留まらずヨーロッパ中にその名を馳せています。 150年の伝統と、革新を求める情熱から成るナミュールのチョコレートの味は、一度味わうとナミュールと聴くだけで思わずその口溶けを思い出す、という声も聞かれます。 人気商品のデリスドゥシャは、フランス語で「猫の悦楽」を意味しています。 ユーモラスな形状と猫の表情が珍しいチョコレートです。 舌の上でとろけるような、味わい深い上質のショコラの魅力を楽しめるチョコレートです。 シャ・ノワール シャ・ノワールは、各種記念日のデコレーションケーキに季節感あふれるショートケーキ、ご進物用のギフト商品、黒猫オリジナルグッズなど取り揃えているお菓子屋さんです。 フランス語で「シャ」は猫、「ノワール」は黒を意味します。 ヨーロッパでは幸福を呼ぶといわれる黒猫 が、シャノワールの目印となっており、手づくりの焼き菓子・ケーキを楽しむことができます。 猫モチーフのチョコレート、「Pチョコクランチ【2】」は、黒猫の丸缶がかわいらしい、チョコとストロベリーのクランチチョコです。 食べ終わった後は缶を小物入れにしても良いですね。 オ・シャ・ブルー オ・シャ・ブルーは、1912年、フランス北部パ・ド・カレ県のオパール海岸に位置する「ル・トゥケ・パリ・プラージュ」という街でレミー姉妹により開かれた、青い猫のチョコレートショップです。 100年以上もの歴史を持つ「オ・シャ・ブルー」は、今では、パリ、リール、カンペールにお店があり、ギャラリーラファイエットやル・プランタンに続く8区のオスマン通りに小さな店構えでパリ店があります。 商品には、36種類のタブレット、80種類のボンボン・ブシェがあり、このバラエティに富んだチョコレートは、すべてオリジナルで毎年新しいものを考案されています。 猫の肉球のような青いマークのある「ミニ・シャ・ブルー」は、キャラメルとアーモンドで作られるヌガティーヌとプラリネのボンボンショコラとなっており、 味もさることながら見た目にキュートさに、あなたも魅了されてしまうこと間違いありません。 最後に 可愛くお洒落な、猫モチーフのチョコおすすめ15選をご紹介しました。 どのチョコレートも、バレンタイン時期は人気なので、早めに購入するようにしましょう。 猫好きさんへのお家へのお手土産やプレゼントとして、またご自身で食べるのもOKですよ。 関連:.

次の