出会い 街コン。 街コン以外で出会いたい!異性と自然に出会う方法とは?

街コンで出会い求めた結果、街コンの恐るべき実態がわかった!

出会い 街コン

社会人になると出会いの機会が減ってしまう… 仕事に追われる社会人 学生時代の時には、社会人というのは出会いの機会が多いもの、と思っていた人も少なくないはずです。 学生が思う社会人の恋愛としては、テレビのイメージが強いのだと思いますが、週末には高収入のビジネスマンと合コン三昧、そして同僚には内緒のオフィスラブなど、大人の恋愛を楽しめる社会人像があります。 また、あくまで仕事が優先なのはいうまでもありませんが、社会に出ると人間関係が学生時代以上に広がるので、素敵な異性との出会いも巡ってくるはずだ、と幸せな幻想を抱いていたはずです。 しかし、いざ社会人として働いてみると、自分が抱いていた「恋も仕事も充実している社会人生活」というイメージは無残にも打ち砕かれます。 早朝に出勤して、連日連夜の残業のため帰ってくるのは毎日深夜ごろ。 そして、休日には仕事の疲れが溜まっているので、外出するエネルギーはありません。 そのため、一日中ゴロゴロして気がついたら夕方だった、ということも珍しくありません。 過去に抱いていた、仕事もプライベートもバリバリこなす生活というのは、実際にはなかなか難しいものです。 気をぬくと自宅と会社の往復ばかりの毎日となってしまうのが現実の社会人生活なのです。 恋愛もご無沙汰になってしまうことも 仕事に追われる社会人生活では、当然恋愛に回せるプライベートの時間の確保もままなりません。 目の前の仕事と格闘している毎日が続くうちに、次第に恋愛からも遠ざかり、「最後にデートをしたのっていつだっけ?」という状態に陥っている社会人は多いのです。 また、社会人は仕事に追われて恋愛をする時間がないだけではなく、出会いの機会も自分から積極的に作らなければ、ほとんどないのも事実です。 学生時代に抱いていた、出会いに溢れた社会人生活を実現するのはなかなか難しいのです。 学生時代では教室では男女半々で過ごすことが多く、クラブやサークルにも入ることで異性との出会いも作りやすかったのかもしれません。 しかし、会社の場合は、男女のバランスがいい会社に入れるとは限りません。 男性の場合は建築業会、女性の場合はアパレルや化粧品などの会社に入ると、周りは同性ばかりで異性と接する機会というのはほとんどないはずです。 そのため、もし職場に出会いがないという方は、会社外に自主的に足を運んで、出会いのチャンスを掴まないといけないのです。 出会いのきっかけとしては、合コンや社会人サークルなど様々ですが、都市部の場合だと、街コンに積極的に参加してみるのも1つの手です。 「〇〇の方限定」といったテーマごとに募集している街コンも多く、自分の希望の相手と出会いやすいのが街コンの特徴です。 しかし、一見、オススメの出会いの場所のように見える街コンですが、実際は賛否両論あるようです。 街コンは微妙?街コンで出会いを探さないほうがいい理由 街コンによって中身は様々 その地域の活性化と男女の出会いの場を提供してくれる街コンですが、主催者側がどのような会場や料理にセッティングを行うかどうかで、街コンの雰囲気や異性との出会いやすさが大きく変わってきます。 そのため、参加した街コンによっては全然楽しむことができず、お金だけ取られてしまったというハズレのケースもあるのです。 もちろん、質の高い街コンをセッティングしている主催者も大勢存在しています。 しかし、実際には参加してみないと、どういった街コンかどうかはわからないもの事実です。 ハズレの街コンだと、提供される料理が冷めている、場所が1店舗だけで他のお店への移動がない、そして男女比のバランスが悪く全然出会えなかったということも。 参加者の質はピンキリ 街コンというと、「恋愛市場で需要がなかった人が集まるところ」という厳しい意見があるかもしれません。 しかし、実際の街コンは恋愛市場からあぶれてしまった人が集まる空間かと思いきや、男女ともに高収入や高ルックスの参加者も少なくないのです。 働いている職場でたまたま出会いがなく参加した、という人が集まるため、街コン=モテない人というイメージは全くの偏見なのです。 しかし、質の高い参加者も多い一方で、参加者の質がピンキリというのも否めません。 モテなくて日常で出会いがなかったから参加したという人から、酷いものだと出会いのためではなく、商品の売りつけや宗教などの勧誘目的で参加している人もいるのです。 参加しても必ず異性と結ばれるとは限らない 街コンは第三者である主催者のサポートの元、男女の出会いのきっかけと提供してくれる場です。 しかし、当然かもしれませんが、主催者側ができるのは街コンを開催して出会いの空間を提供するだけで、実態に異性にアプローチして関係を構築していくのはその人次第なのです。 そのため、高い参加費を払ったのにも関わらず、それに見合った異性との出会いがあるかどうかは限らないのです。 自然な出会いをしたい方は街コンは不向き 街コンに不満を感じる人も少なくありませんが、理由としてはやはり参加する街コンによって、会場のセッティングやサポートの充実度、参加者の質、そして参加したからといって必ずしも出会えるとは限らないためです。 街コンの参加費だって決して安くはありませんので、せっかく料金を払ったのに思っていた街コンと違うと、「騙された…」と感じてしまうこともあるでしょう。 また、街コンが微妙と感じる人の中には、街コンという出会い方は自然でなく、違和感を感じてしまうという人もいるようです。 お金を払って参加し、主催者が企画した様々なイベントを楽しみながらお目当ての異性を探す、この街コンの一連の流れがどうしても「仕組まれた出会い」として不自然に感じてしまうのです。 もちろん、街コンをきっかけにして付き合うようになったカップルがダメだといっているのではありません。 街コンは確かに「与えられた出会いの場所」かもしれませんが、言うなれば数ある男女の出会いのきっかけの1つであり、参加している人の魅力とは関係はありません。 そのため、街コンをきっかけにして出会い、幸せな恋愛を楽しんでいる人たちも大勢いるのです。 ただ、どうしても街コンという「出会い方」が気になってしまうということがあります。 運命の人とは自然な出会いがしたい、という方は、良くも悪くも提供された出会いである街コンにはなじまないのかもしれません。 「街コン以外で異性と出会いたい」という人は、次に紹介する出会いの場所などはいかがでしょうか。 異性と自然に出会うことのできる場所とは? 社会人サークル 街コンに違和感を感じてしまうのは、その場所が「異性との出会いありき」となっていることが考えられます。 参加者が希望の異性を見つけようと目がギラついている、そのような光景がどうしても自然ではない出会いの場所に映ってしまうのです。 「異性との出会いもほしいけど、それありきの出会いは嫌だ」という方は、自然な出会いの場所として、社会人サークルに参加してみてはいかがですか。 都市部を中心にフットサルやテニス、ゴルフなど社会人用のサークルが作られていることも多く、仕事終わりや休日にはスポーツを楽しもうと男女ともに多くの人が参加しています。 そのため、スポーツという共通の趣味を通して、男女が恋愛関係に発展するということも珍しくないのです。 何より、社会人サークルはあくまでスポーツを楽しむことが目的であって、その過程で恋が生まれることは何も不自然ではないですよね。 そのため、街コンのような出会いありきではない、自然な出会いを楽しむことができますよ。 職場での出会い.

次の

必要なのは“戦略”と“武器”! 街コンとは出会いの宝庫であり、戦場でもある! ~「街コン」プロデューサーがモテテクニックを伝授! Vol.1~

出会い 街コン

マッチングアプリと街コンの決定的な違いは? まずは、マッチングアプリと街コンの違いから知っていきましょう。 出会いの場として有名なこの2つ。 でもどんな違いがあるのか理解できていない人も多いので、損をしないためにしっかり知っておくべきです。 ・マッチングアプリ ネットを利用した出会い系アプリ。 気になる相手に「いいね」をして、互いにマッチングすればメッセージのやり取りが可能。 メッセージをしながら、会う前に相手を知ることができる。 男女2~3名のグループトークとなり、友達と一緒に参加も可能。 基本的に連絡先交換は自由にできる。 仕組みはある程度理解しとくべきです。 マッチングアプリと街コンのメリット・デメリットは? 次に、マッチングアプリと街コンそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。 どっちに参加したほうがいいのかより分かっていきますので、しっかり見ていきましょう。 マッチングアプリのメリット・デメリット・向いている人の特徴とは? 【マッチングアプリのメリット】• 好みの条件で相手を検索ができる• 気になった人にだけアプローチできる• メッセージのやり取りをしてから会える• 会う前に相手を知って仲良くなれる• 空いた時間で気軽に利用できる 【マッチングアプリのデメリット】• 会ったら写真と実物が違う可能性もある• 誰ともマッチングしないこともある• 互いに色んな異性と同時進行でやり取り 【マッチングアプリが向いている人の特徴】• 恋愛に慣れてない人• 会う前に相手を知りたい人• 連絡をマメにできる人• 色んな女性と出会いたい人 街コンに比べて、マッチングアプリのほうが自分好みの人と自分のペースで出会えます。 おすすめのマッチングアプリは? 有名度知名度・女性会員登録数・仕組み・月額費用・マッチング率から厳選して、おすすめのマッチングアプリを紹介します。 僕も実際に試した2つのアプリです。 メンタリストDaiGo監修のアプリ• 無料いいねできる診断やイベントが多数• 20代~30代女性が多く登録• 月額費用が他に比べて安い (¥3400~) 参考までに僕の戦績を掲載します。 利用期間/有料会員1ヶ月• 自分からいいねを送った人:86人• その内マッチングした人:35人• 相手からいいねがきた人:30人• マッチング後ライン交換した人:24人• 実際に会った人:9人 Omiaiは、withに比べても女性会員数が多かったです。 マッチングアプリの中でも会員数の多さは上位です。 会員数が多いと、その分好みの女性を探しやすかったです。 実際に会って話して判断できる• 出会いの環境が最初から用意されてる• 相手の雰囲気や感じが分かる• 1回に最低10名程度と確実に出会える• 自由に連絡先交換がができる 【街コンのデメリット】• 初対面の人とのコミュ力が求められる• 限られた時間でのトーク力が試される• 当日まで参加者が分からない• 男性は参加費が高くつく 【街コンが向いている人の特徴】• コミュ力の高い人• ノリがよくて面白い人• 人見知りせずに話せる人• 連絡よりもまず会って話したい人 マッチングアプリに比べて、街コンのほうが確実に異性と出会える環境は用意されています。 おすすめの街コン開催業者は? 有名度知名度・開催数・開催頻度・イベントの豊富さから厳選して、おすすめの街コン業者を紹介します。 僕も実際に参加歴のある2つの業者です。 開催ジャンルが幅広い• 100種類以上のパーティーの開催• 20代~30代向けイベントが多い• 東証一部上場企業が運営の有名業者 【街コンALICE】• 開催年齢の幅が広い• 完全着席型に特化した街コン• 全国30都道府県で開催している• ゆっくり女性と話したい人にはおすすめ マッチングアプリ?街コン?こんな悩みにはどっちが向いてるの? みなさんが疑問に思うことやよくある質問をまとめてみました。 上記のメリット・デメリット・向いている人の特徴と照らし合わせながら、どちらがおすすめなのか見ていきましょう。 マッチングアプリ?街コンどっちが向いてる?【仕組み編】 Q.出会いの数が多いのは? 出会いの数だけ見ると、マッチングアプリのほうが登録者も多いのでおすすめです。 しかし、 「登録したけどマッチングできない可能性もある」ので、確実に女性と出会いたい方は街コンをおすすめします。 街コンは、平均1回あたり¥8000以上はかかります。 その代わり、確実に女性と出会える環境は用意されています。 自由に自分のペースで出会いたい方は、1ヶ月~使えるマッチングアプリのほうがコスパ良しです。 街コンならグループトークがメインなので、友達と一緒のグループで楽しく女性と会話することができます。 Q.1対1で出会いたいなら? 1対1での出会いを求める方は、マッチングアプリをおすすめします。 マッチングアプリなら、基本的に女性一人ひとりとやり取りするので、会う場合も 『2人で会う』がほとんどです。 マッチングアプリ?街コンどっちが向いてる?【出会い・性格編】 Q.人見知りする・自分に自信がない人は? 人見知りするタイプや自分に自信がない男性は、マッチングアプリをおすすめします。 マッチングアプリなら、会う前に必ず女性とやり取りができるので相手を知って安心できます。 一方で、街コンはいきなり初対面の女性と限られた時間をトークするしかないので、ハードルが高いです。 Q.ノリがいいムードメーカータイプは? ノリがいいムードメーカータイプの男性は、街コンをおすすめします。 街コンは、その場で話した印象で全てが決まります。 それなりの見た目と、相手を楽しませることができれば間違いなく女性ウケ抜群です。 マッチングできる自信がそれなりにあるなら、街コンよりもアプリのほうが多くの女性と絡むことができます。 街コンなら、 その日に確実に女性と出会えるので早く出会いたいなら街コンを推します。 Q.早く彼女が欲しいなら? 早く彼女が欲しい人は、会うまでのやりとりが省ける街コンをおすすめします。 マッチングアプリや街コンでも、色んな目的 (恋活・婚活・遊ぶ人探し・暇つぶし)の人がいます。 一概にどちらとは言い難いですが、 「お金をかけてでも将来を考えた真剣な出会いが欲しい」方は、婚活サイト【 】などのほうが確実です。

次の

街コン参加女子はどう映る?男の本音が炸裂!

出会い 街コン

携帯はあらかじめ充電しておく V BAR(ブイバー)は携帯のビデオチャットを使うため、かなり充電を消費します。 充電しながらだと、間に合わないという可能性もあるので、事前に充電しておきましょう。 上半身だけはオシャレに 家での参加ということもあり、参加者はすっぴんだったり、かなりラフな格好で参加している人もいます。 とはいえ、V BAR(ブイバー)で出会うのは初対面の相手です。 女性であればワンピースをきて軽くメイクする、 男性であればシャツを着て、ワックスで髪型を整えるなど 特に恋人探しの人は、最低限の身なりを整えるようにしましょう。 カメラはオンがおすすめ 顔出ししたくない人のために、カメラはオフにすることができます。 (チャットに入室すると最初の設定はカメラがオフになっています。 ) でも、顔の見えない相手と話しても、今後リアルで関係が発展する可能性は、少ないかも・・・ ということで、顔出しはすることをおすすめします。 まとめ いかがでしたでしょうか。 日々家から出られずストレスが溜まっている人も多いと思います。 ぜひ家で気軽に喋るV BAR(ブイバー)を利用してみてはいかがでしょうか!?.

次の