委細 承知 いたし まし た。 承諾メールの例文と状況別フレーズ【了承いたしました】

「了解しました」は失礼?「承知しました」との正しい使い分け

委細 承知 いたし まし た

承知いたしましたは敬語になるのでしょうか? 上司や先輩など目上の人へ使ってもいい言葉なのでしょうか? ビジネスの場面で会話をするときに使用する承知いたしましたの正しい使い方について確認をしていきましょう。 人と付き合っていくうえで、またはビジネスの場面で会話をするときに必要不可欠なのが「敬語」ですよね。 敬語がきちんと使えないと、社会人としてなっていないというレッテルが貼られてしまいます。 しかし、敬語って意外と難しいもので、自分ではきちんと敬語を使っているつもりでも、実は間違っているという事も少なくないんですよね。 ここでは、ビジネスの場面でもよく使用される「承知いたしました」という言葉について見ていきたいと思います。 「承知いたしました」という言葉は敬語なの?• 「承知いたしました」は目上の人に使っていいの?• 承知いたしましたの正しい使い方とは?• まとめ スポンサードリンク 承知いたしましたは敬語なの? まず、承知いたしましたという言葉について。 このこの言葉の意味は簡単にいうと相手の依頼や要望について「引き受けました」という事になりますよね。 つまり、ただ相手に言われた言葉について理解をしたという単純なものではないのです。 では、この承知致しましたという言葉は敬語なのでしょうか? 承知いたしましたは敬語の中の謙譲語 学校でも習ったと思いますが、敬語というものには尊敬語・謙譲語・丁寧語の3つの種類に分けることが出来ます。 その中で、承知いたしましたという言葉ももちろん敬語の中に入りますが、3つのどの種類に入るかわかりますか? 承知いたしましたという言葉には「いたしました」という自分をへりくだっていうときに使う言葉になります。 敬語の中で自分をへりくだっていう言葉は、謙譲語になります。 その為、「承知いたしました」という言葉は、敬語となり、その中の謙譲語という事になるのです。 承知いたしましたは目上の人に使っていい? 承知いたしましたという言葉には似た言葉で「承知しました」という言葉がありますよね。 「承知いたしました」「承知しました」は目上の人に使っても大丈夫な言葉です。 先ほど言ったように承知いたしましたという言葉は謙譲語、つまり自分をへりくだって言う言い方ですよね。 それに対して承知しましたという言葉は丁寧語に当たります。 どちらかというと、謙譲語の方がより相手に対して丁寧に言う言葉なので、基本的にはどちらを使っても問題はありません。 ただ、承知しましたという言葉は、丁寧ではありますが、よほど目上の人に対して使用すると、軽く聞こえることもあります。 その為、気心の知れた目上の人には「承知しました」という言葉でも構いませんが、.

次の

「了解しました」は失礼?「承知しました」との正しい使い分け

委細 承知 いたし まし た

おかみさんは委細承知で、帯の間から用意したお金を出して渡してくれる。 取的十数人が、ラーメンを腹いっぱい食べれるくらいの額だった。 … もりたなるお『金星 相撲小説集』 より引用• ロウジーは眠りの神モルペウス〔「モルヒネ」という語はこの語から作られた〕の手にとらえられて何時間も昏睡する。 そして血に飢えた父親は銃をかまえ、 委細承知 いさいしょうちとばかりに待ちうけている。 これでおれの恋仇も正に敗北寸前というところだ、そうアイキーは思った。 … O・ヘンリー/大久保博訳『O・ヘンリー短編集(上)』 より引用• 腕っ節の強い供の者を出してやったあとで、源三郎を討ちとろうという計画だったのだ。 敵に内通している門之丞は、はじめから委細承知で、もっとも顔に動いているので。 … 林不忘『丹下左膳』 より引用• シャツの裾から忍び込んだ指先と掌が、妖しく濤羅の腹を胸板を這い上る。 そんな風に触ることによって雄の身体からどんな反応が返るのか、委細承知しているかのように。 … 虚淵玄『鬼哭街』 より引用• それが、井戸の底からでも揺れあがってくるように、怪しくこもったまま四隣の寂寞に吸われて消える。 源十郎は委細承知らしく、にが笑いの顔をおさよへ向けた。 が、口にしたのはやはりお艶のことだった。 … 林不忘『丹下左膳』 より引用• そのまま帳場へ降りて番頭に事情を説明して、いずれにしても今夜かぎり、明日をも知れぬ命なら何とかして欲しいと懇願した。 番頭もさあどうしたものかと戸惑うばかりだが、折よく六十がらみの女主人が現われて、委細承知と胸を叩いて引きうけてくれた。 次々に料理が運ばれ、酒がすすんだ。 … 青島幸男『人間万事塞翁が丙午』 より引用• それにしては気楽そうな足取りで、勝手知ったるといわんばかり、ためらう様子も見えない。 娘がおとないを入れて、現れた女中に挨拶をすると、女中のほうも委細承知というてきぱきとした態度で、すぐと娘の先にたって廊下を歩き始めた。 廊下の角をひとつ折れ、ふたつ折れ、娘のほうが少しうしろに下がって歩きながら、二人は、ごく気さくな口調で、今朝はまたずいぶんと蒸し暑い、などと話をした。 … 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』 より引用• 自分は委細承知して奥へ通ろうとした。 すると暗い縁側の所にお重がそっと立っていた。 … 夏目漱石『行人』 より引用• 「ここへ来たことはだれにもいわないでくれたまえ」とヴェンツェスラスは、門のところまで商人のあとを追ってきていった。 骨董商人は、委細承知したというしるしにうなずいて見せた。 … バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(上)』 より引用• 七月も半ばをすぎ、右京之介が姉妹屋に居ついて十日ほどたったころ、お初はとうとうそんなふうに思い始めた。 御前様から話を聞かされて、委細承知のおかたなのだから、よもやそんなことはあるまいと、ある意味ではたかをくくっていた。 だが、話で聞くのと、目で見るのとでは大きに違う。 … 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』 より引用• と万吉が、不審そうにきいたのには答えないで、弦之丞、番僧のほうへ向って、 「 委細 いさい承知いたしたと、使いの者へお伝え願いたい」という。 吉川英治『鳴門秘帖』 より引用• なぜって、旦那はおれを、おれの悪い癖と一緒に買いなすったんで、しかもそれは証人を前においてしたことだから、旦那はちゃんと委細承知の上で、おれを買ったということは、証人たちが証明してくれるでしょうよ。 つまりおれの悪い癖というのは、毎年一度嘘をつくことだっていうのは、先刻ご承知のはずだ。 … 佐藤正彰訳『千一夜物語 02』 より引用• わたくしはお照殿にお近づきになりたいと、先方へ申し込んで、先方からも委細承知したという返事があって参ったのでございます。 その席へ立派にお化粧をして茶を運んで出て、暫時わたくしの前にすわっていて、時候の挨拶をいたしたのは、兼て申し上げたとおりの美しい女でございました。 … 森鴎外『渋江抽斎』 より引用• 将軍は委細承知したとうなずいてみせ、うやうやしくお辞儀をしてから、まず混雑にまぎれこみ、それからまもなくして、誰にも気づかれないようにして大広間から出ていった。 皇帝はといえば、しばらくのあいだ物思いにふけっていたが、軍人や政治家の群れのなかにやってきたときには、その顔は先程しばらく失っていた落ち着きを、すっかり取りもどしていた。 … ヴェルヌ/江口清訳『皇帝の密使(上)』 より引用• 委細承知しましたと云って、勝次郎は早々に立ち去った。 「親分、どうです」と、善八はかれの姿を見送りながら小声で訊いた。 … 岡本綺堂『半七捕物帳』 より引用• そして私が馬に乗って市中を巡回すると、人々はお互い同士私を指さして、私に委細承知の 目配 めくばせをし、一方他の人々は 恭々 うやうやしい 挨拶 サラームを、両手でもって地上から拾うほどにして、私が通って行くのに敬意を表するのでした。 しかし私は彼らのしぐさなど、まるでわが陰茎を掠めて行く蠅ほども意に介しません。 … 佐藤正彰訳『千一夜物語 10』 より引用• 庄助の耳学問では、この地に数多くの特殊奉仕を兼ねたマッサージ師がいて、なにも言葉に出して注文する必要はない、ベッドの中に生れたままの姿となり待ち受ければ、委細承知で 痒 かゆいところにつと手がのびる。 野坂昭如『好色覚え帳』 より引用• 判官は切腹、その領地も没収との上意を申し渡される。 これには同席していたかほよはもとより、家中の者たちも驚き顔を見合わせるが、判官はかねてより覚悟していたのかその言葉に動ずる気色も無く、「委細承知仕る」と述べた。 そして着ているものを脱ぐと、その下からは白の着付けに水裃の死装束があらわれる。 汝は今後世嗣を生む事ならず一生楽しみを享け得ぬから、余は満足して死すべしと言いおわらざるに、盲人、城主の子を抱いて塔頭より飛び降り、形も分らぬまで砕け潰れ終った。 されば 悋気 りんき深い女房に 折檻 せっかんされたあげくの果てに、去勢を要求された場合には、委細承知は 仕 つかまつれど、鰻やスッポンと事異なり、婦人方の見るべき料理でない。 あちらを向いていなさいと彼方を向かせ、卒然変な音を立て高く号び、どこが一番疼いと聞かれたら、歯が最も疼むと答うるに限る。 … 南方熊楠『十二支考』 より引用• などと一声かけると、彼等はいずれも、女中等の告口を恐れている役人であり、また、折あらば内言によってとりなしに預ろうという下心から、委細承知仕りましたと答え、その者に用命する。 しかも用命を受けると、入用の漆は漆奉行から、金銀箔は箔座方から、要求するだけ渡されるのであるから、そのへんの利潤も少くはない。 … 海音寺潮五郎『江戸城大奥列伝』 より引用•

次の

委細承知の意味とは?いたしました等の敬語やビジネスメールでの使い方も

委細 承知 いたし まし た

「委細承知」とは? 「委細承知」の使い方• 「委細承知」を使った言葉と意味を解釈• 「委細」を使ったほかの言葉• 「委細承知」を使った例文や短文など 意味を解釈• 「委細承知」の類語や言い換え• 「委細承知」を使ったメールの例文をご紹介• 「委細承知」の英語や例文 解釈 など 「委細承知」とは? この言葉は、詳しい事情まできちんと理解している、という意味を持ちます。 指摘がなかったとしても十分に理解している、十分に把握している、という意味になるのです。 きちんと理解している、という気持ちを表しており、この場合は 「あなたの言っている事は充分よくわかりました」 「指示を受けなくても大丈夫です」といったニュアンスを含みます。 よく、お客さん等との対応で 「承知致しました」と表現しますよね。 これによく似た言い回しだといえます。 「委細承知」を使った例文2 「あの人は委細承知以外の表現も知るべきだと思う」 「委細承知」という表現は、ビジネスでは欠かせない言い回しだといえます。 物事をきちんと理解していると相手に示すための大切な表現です。 しかし、ビジネスなどにおいては相手によって様々な表現の使い分けをしなければいけませんから、 「委細承知」という表現だけ知っていれば良いというわけではありません。 毎回同じ表現ばかり使ってしまうと相手にワンパターンのイメージを与えてしまいますし、もしもいつも親しくしている人ならばこの表現は使わない方が良いでしょう。 このように、きちんとシチュエーション別に使い分けるためにも様々な言い回しを知っておかなければいけません。 「百も承知」 百も承知、という表現は言われるまでもなくわかっているという意味を指します。 わかっていることを繰り返し説明された場合に 「百も承知」という表現が使えます。 あるいは 「うまくいかない事は百も承知だけれど、やらないわけにはいかない」などと表現することもあるでしょう。 これは慣用句ですから、明確な対義語は存在しません。 江戸時代には存在していた慣用句だと考えられており、 「百も承知二百も合点」と言われていました 「了承」 了承という表現は目上の人に対するビジネスメールでも使える表現です。 最近は大学生などが教授に対し、 「了解しました」などという返事を解してしまうことがあり、非常に失礼であると指摘されることがあります。 了承しました、了承いたしました、という言い回しであれば、目上の人に対しても使うことが可能です。 「委細承知」を使ったメールの例文をご紹介 この表現は社会人での会話やビジネスメール等でもよく使いますのでぜひ覚えておきたいものです。 例えば、相手から会議や打ち合わせ等について連絡が入ったとしましょう。 向こうから場所や時間等の詳細が連絡されたため、こちらからは 「委細承知いたしました」と返信することで、先方に安心感を与えることが可能になります。 あるいは、相手から変更内容等の連絡が来た場合、それに対してもきちんと連絡を受けたという返信をしなければいけません。 ビジネスにおいてはメールの返信、そのメールをきちんと読んだということを示す返信がとても大切ですので、相手からの内容に対して 「委細承知致しました」と決心する事はマナーとしても大切です。 むしろそのようなマナーがなっていない場合、社会的に信頼を失う可能性があります。

次の