着る クーラー。 【楽天市場】携帯型 冷却装置 ゼロヒート モバイルクーラー:ラボ・デザインシステムズ

人生がエアコンなしの部屋を与えたならPart2自作クーラー・空調服・ペルチェ

着る クーラー

写真 ウェアラブル電子制御冷暖房装置を搭載したジャケットのイメージ Image by: クラレ クラレ(kuraray)が、デジタル機器の研究・開発を行うWINヒューマン・レコーダー(以下、WIN HR)と共同で、ウェアラブル電子制御冷暖房装置を搭載したジャケットを開発した。 2020年夏からの試験販売を目指す。 【あわせて読みたい】デサントがファンウェア市場に本格参入へ、充電式ファン搭載のベストをテスト販売 今回開発したジャケットは、身体をピンポイントで効率的に冷やしたり温めたりすることが可能。 従来の空間全体の温度を調整する冷暖房システムと比較して、エネルギー効率が高く、消費エネルギーが削減されるため、地球温暖化の抑制に貢献できるという。 搭載されるウェアラブル電子制御冷暖房装置は、富士通ゼネラルとWIN HRが共同で開発。 クラレとWIN HRが同装置をジャケット型に応用した。 ジャケットは、ベストのような形の身頃と、背面から首回りに繋がったネッククーラーのパーツで構成し、Tシャツなどの上からの着用を想定。 コントローラーやバッテリー、ラジエーターを搭載し、血液が集中した頸部周辺をネッククーラーで冷暖することで体温をコントロールする。 適温範囲での調整が可能なため、過冷却および低温熱傷を防ぐことができる。 今後は手入れが容易なモデルにアップデートしていくという。 【こちらもチェック】インナーの温度をアプリで調整、ソニーがウェアラブルデバイス「レオンポケット」開発.

次の

ソニー、ペルチェ素子を使った“着られるエアコン”を開発 カメラの熱制御技術を活用

着る クーラー

クラレ(kuraray)が、デジタル機器の研究・開発を行うWINヒューマン・レコーダー(以下、WIN HR)と共同で、ウェアラブル電子制御冷暖房装置を搭載したジャケットを開発した。 2020年夏からの試験販売を目指す。 【あわせて読みたい】 今回開発したジャケットは、身体をピンポイントで効率的に冷やしたり温めたりすることが可能。 従来の空間全体の温度を調整する冷暖房システムと比較して、エネルギー効率が高く、消費エネルギーが削減されるため、地球温暖化の抑制に貢献できるという。 搭載されるウェアラブル電子制御冷暖房装置は、富士通ゼネラルとWIN HRが共同で開発。 クラレとWIN HRが同装置をジャケット型に応用した。 ジャケットは、ベストのような形の身頃と、背面から首回りに繋がったネッククーラーのパーツで構成し、Tシャツなどの上からの着用を想定。 コントローラーやバッテリー、ラジエーターを搭載し、血液が集中した頸部周辺をネッククーラーで冷暖することで体温をコントロールする。 環境温度に対して約-5度~-15度の冷却機能を有し、1回の充電で可動時間は約2~4時間。 適温範囲での調整が可能なため、過冷却および低温熱傷を防ぐことができる。 今後は手入れが容易なモデルにアップデートしていくという。 【こちらもチェック】.

次の

人生がエアコンなしの部屋を与えたならPart2自作クーラー・空調服・ペルチェ

着る クーラー

ペルチェ素子のモジュール。 電圧をかけると発熱/吸熱する ただし、吸熱すると部品の反対側が発熱するため、これを上手に排出する技術が求められる。 ハードウェアを設計した伊藤健二氏は、「ソニーではデジタルカメラやスマートフォンの商品開発を通じて、熱設計に対して多くのノウハウを培ってきました。 今回それをレオンポケットにも生かしています」と話していた。 そこにペルチェ素子の検証によって得たノウハウも含まれているのだろう。 肌に触れて局所冷温を行うウェアラブルデバイスのため、安全性も気になるところ。 「温めるときは低温やけどにならないよう、数百回のシミュレーションを重ねて検討してきました。 一方、冷やすウェアラブルデバイスには前例がないため、医師の方々からたくさんの知見をお借りして、同時に私たちも多くの論文を調べながら冷やし過ぎない温度を目指しました」。 本体には複数のセンサーを搭載し、常時デバイスの温度を感知。 冷温制御はソフトウェアで行っているが、「万が一、ソフトがダウンした場合でもハードウェア的に電源を強制シャットダウンして安全を確保します」(伊藤陽一氏)としている。

次の