水あさと。 4.ペン入れ

水あさと(マンガ)の作品一覧

水あさと

水あさととは、のである。 概要 、刊フラッパーで「」を連載中。 画の柔らかで可らしい絵柄とは裏に、アクの強いなが特徴(あと、なか多い)。 時々しんみりするような話もあるが、基本的にを得意とする。 水あさとの頂は、なんと言っても泣き顔にある。 元々が泣きの場合も多いのだが、彼のの登場人物達は、だけでなくやがだらだら出るのもかまわず、わんわんと号泣する。 顔をくしゃくしゃにして泣く姿に魅を感じるも多く、ものでは悲しみなどの感情が胸に迫り、ものだとSな気分にそそられる人も少なくないとか。 活動も行っており、の「」では各のを担当した。 この他にもは、やなど幅広く中で、一部はでも開されている。 が、の内容も多いので、飲み物を口に含みるのは厳禁である。 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目• 外部リンク•

次の

水あさと

水あさと

【平安湯】施設の様子 さて、平安湯に到着しました~! 外観はコンクリートっぽいモダンな造り。 平安湯は一度建て直しをされているようで、以前の建物の様子をTwitterでアップしておられました。 外観を撮影していると、丁度お客さんの入れ替わりの時間のようで店から出て来る人、来店する人がちらほら。 入口入って正面に下駄箱。 下駄箱の鍵がウサギ、亀、足、模様などそれぞれ違った形に立体的に彫り物が施されています。 職人さんがひとつひとつ作っておられるそうでかわいいです。 最近亀を見る機会が多くてなんとなく亀に親近感を覚えてたので41番亀さんを使いました。 下駄箱を預けてあがるとフロント式になっていて、お金を払って女湯へ。 入ると脱衣所は明るく、常連さんのお風呂セットがたくさん保管されてありました。 右手は鏡とドライヤー(20円)。 左手ロッカーの前にはかごが置いてあって、まずこのかごを取って脱いだ衣服や荷物を入れます。 そして、そのかごをロッカーにしまって施錠するというシステム。 京都は割とこのシステム多いように思います。 準備して浴場へ。 お風呂椅子と風呂桶がまとめておいてあるので、取って洗い場へ。 洗い場は15か所程度。 シャワーはレバー式、赤と青のカラン。 京都にありがちなお風呂椅子要らずの洗い場ではなく、お風呂椅子があって丁度良い高さでした。 浴場は手前から、水風呂、サウナ、電気風呂、ジェットバス、深風呂、浅風呂、替り風呂。 洗体洗髪して、お風呂で少し体を温めます。 いい熱さです。 ご常連の会話に耳を傾けていると、今日はちょっとお湯が熱かったとのことだったので普段はもうちょっと温度低いのかもしれません。 では、サウナへ。 扉開けて中へ入ると、「うわあ... 」と声が漏れるほどの熱気に包まれます。 ストーブは遠赤外線でサウナ室の奥にある造りです。 ストーブの上に石が置いてあります。 「熱いので注意」「水をかけないで」という内容の注意書きが、遠赤外線ストーブを囲うレンガに直に書かれています。 座面は1段、定員5~6名。 サウナマットはありませんので、直に座るか持参のタオルなどを敷いても良い思います。 湿度かなり高め。 照明暗め、テレビあり。 檜の心地よい香りがサウナ室に充満しています。 こ、このサウナのコンディション、控えめに言っても無茶苦茶良い...... ! 奥寄りに座ろうと思ったらご常連が「そこ一番熱いよ」と教えてくださって、私としては熱いほうがむしろありがたいのですが、遠慮してちょっと手前に座ることにしました。 サウナ室は熱くて1セット目は5分入るのがやっとです。 さて、水風呂へ。 お水は地下水。 ライオンさんの口から落ちる水で表面に水流が起きる程度。 定員3名ほどの広さで深さ80㎝はあるでしょうか。 お水は掛水しただけで、水の柔らかさが分かります。 地下水に包まれる感触は体が水に溶け込むようです。 地下水かけ流しと書いてありますが、水位を見た所循環させている様子。 休憩 浴場内に休憩場所はないですが、水風呂もサウナも浴場入口付近なので脱衣所に出て休憩しやすい。 水風呂から休憩の動線も悪くありません。 【平安湯】利用してみた感想 こんなに湿度が高くて熱いサウナ室は久々で、入った瞬間テンション上がりました。 壁の上のほうに何かが入った布巾着袋がつるされていたので、きっとあれに檜の何かが入っているのかもと思いながら見ていました。 サウナ室に木の香りが充満していると本当に落ち着きます。 脳がリラックスして心のほぐれ方が違う気がします。 逆にサウナ室の匂いが気になる施設もたまにありますが、そうなるとちょっとリラックス度が減るように思います。 サウナは五感と向き合う空間なのでより心地いを求めてしまうのは仕方ありません。 水風呂も京都の他の銭湯に違わず柔らかくて優しい肌当たりなので、天に召されやすい仕様でした。 ライオンさんの口から勢いよく出て来る水で顔を冷やしたり、首を冷やしたりしましたが無事注意されることもなく水風呂を思う存分満喫できました。 貪るように4セット制限時間ギリギリまでサウナ浴を繰り返しました。 (煩悩の塊) 京都の中心部からアクセスするのに土地勘がなくて思いのほか時間がかかってしまいましたが、時間をかけて行って良かった。 周りは静かな住宅街で、京大の吉田寮に近い場所。 私達は平安神宮前から行ったのでちょっと歩きましたが、美術館や動物園もあるエリアなので周辺観光後に平安湯に寄って疲れを取るもの良いと思いました。 大きな鳥居。 銭湯後は木屋町に戻って明石焼きのお店で楽しい方々に出会っていい時間を過ごしました。 帰りは京都タワーを見て帰宅。 【平安湯】利用料金・アクセス 利用料金 入浴料450円サウナ代なし。 貸バスタオル60円、貸フェイスタオル10円 アクセス 今回あさとは行き当たりばったりで、平安神宮方面行けば何とかなると思ってバスに乗ってしまったのですが、平安神宮から平安湯結構遠かったので、地図は中心部の三条駅から公共交通機関を使った場合の経路を作っておきました。 バス降りて6分程度で到着できるので、この方法で中心からアクセスするのが良いと思います。 平安湯また行きたい! 次は動物園行って平安湯も良いかもと思っています。

次の

4.ペン入れ

水あさと

阿波連さんははかれない ジャンル 、、 漫画 作者 出版社 レーベル 発表期間 2017年1月29日 - 巻数 既刊9巻(2020年5月13日現在) - プロジェクト ポータル 『 阿波連さんははかれない』(あはれんさんははかれない)は、によるの。 水あさとにとって9作目の連載作品。 「低燃費系女子『阿波連さん』」を描く。 『』()2017年1月29日より隔週日曜更新で連載中。 作者がとして発表していたオリジナル漫画作品『 君との距離が測れない』を元としている。 アプリ上での主な読者層は10~30代の男女。 2020年1月時点の発行部数は60万部。 水あさとは、「自分も今まで他誌でやってきた中で、この連載が最も反響が大きい」と語っている。 あらすじ [ ] とある高校に通う 阿波連さん は、人との距離をはかるのが苦手。 入学して隣の席になった ライドウ は彼女と距離を感じていた。 ある日、阿波連が落とした消しゴムを拾ったことをきっかけに、ライドウは彼女の「他人との距離を加減できない」性格と、孤独な過去を知る。 再び「はかれない」行動を取ってしまったことを謝り彼女は再び孤独に戻ろうとするも、ライドウがそれを受け入れたことで2人は打ち解ける。 それ以降、阿波連とライドウはよく2人で過ごすようになる。 何かにハマった阿波連に付き合って自らもとりこになったり、不思議な仕草から良からぬ未来を妄想してやめさせようとしたりなど、彼女の予測不能な動きにライドウはいつも翻弄される。 しかしながら、クラスメイトや近所の小学生も巻き込んで日々を過ごすうちに、2人の距離は次第に縮んでいくのであった。 登場人物 [ ] 高校 [ ] 阿波連 れいな(あはれん れいな) 他人との距離をはかるのが物理的にも心理的にも苦手な女子生徒。 周囲からは主に「阿波連さん」、大城からは「れいなちゃん」、弟のれんからは「れいなねーねー」、妹のえるからは「れいな」と呼ばれる。 銀色のセミロングヘアーと小さな体が特徴。 クラスでは左後ろの角に座り、よく物憂げに外を見ている。 表情に乏しく、声も極めて小さい(ライドウは彼女と行動を共にして声を発していることに気づく)。 いつも大きな弁当を食べる大食いで、ライドウよりもよく食べる描写がなされる。 あっくんをはじめとする近所の小学生には 阿覇王さまと呼ばれ崇められているが、本人は困惑している。 落としたを拾ってくれたライドウに好感を抱くが、昔からの癖で馴れ馴れしくしてしまったことから距離を置こうとする。 そんなことは気にしないとライドウが応えた以降は心を開き、よく連れ添うようになる。 ライドウ ごく普通の男子生徒。 周囲からは主に「ライドウ」もしくは「ライドウ君」、妹からは「にいちゃん」、れんからは「ライドウにーにー」と呼ばれる。 があり、阿波連のちょっとした言動から突拍子もない極端な妄想してしまう。 本人にも悪い癖という自覚はあり、事実と異なると解ればあっさり引っ込めるなど切り替えは早い。 また妄想に繋がる知識の幅が妙に広く、その博識さが役に立つこともある。 表情に乏しく、表情を豊かにする訓練を阿波連と行うも紙面上では差があるようには描かれていない。 なお、を引くと「眼病み女と風邪引き男」よろしく、周囲の人間が男女問わずドギマギさせられる程の色気を放つ。 動物が苦手で、動物カフェの犬や阿波連が連れている犬を「猛獣」と心の中で呼び恐れおののく。 クラスでは阿波連の隣の席に座る。 入学してこのかた彼女と距離を感じており、彼女の落とした消しゴムを拾ったことで接点を持つ。 距離感の測れない彼女に度々困惑するも、特に嫌がることはなく、物腰も柔らかい。 大城 みつき(おおしろ みつき) いつも困り顔で赤面している女子生徒。 阿波連の幼馴染。 「大城さん」と呼ばれる。 1年生では阿波連達とは別の組に在籍し、2年生より同じクラスになる。 並の男子より高い身長がで、対照的に背の小さい阿波連をいつも気にかけていた。 小学生の時、阿波連に「かわいいと思う」と言われて以来、対面すると上がってしまうため中学高校と遠くから見守るようになった。 ライドウを阿波連をたらしこむ悪者と決めつけ付け回していたところを見つかり、以降は直接ライドウや阿波連と話せるようになる。 両親がで自身もができるほか、やまで多才にこなす。 日頃ボクササイズやをしているためか力が強く、居合いで巻藁を切ったり箸で蜂を掴むなど運動神経も高い。 また見守っていた癖で隠れることが得意で、教室内にも隠れるスペースをいくつも用意している。 石川(いしかわ) ライドウと阿波連のクラスメイト。 佐藤の幼馴染。 よくライドウと話す。 運動が得意であり元部。 佐藤 ハナコ(さとう ハナコ) ライドウと阿波連のクラスメイト。 石川の幼馴染。 ハナちゃんと呼ばれる。 普通であることを至上とする、本人曰く「普通の学校に普通に通って普通に部活して普通の生活を送ってる普通の高校一年生」。 石川と共に阿波連たちを笑顔で見ていることが多いが、彼女らのはかれない行動とそれに頓着しない石川に内心戸惑う。 しかし普通でありたいがために、普段はそれを表に出さないようにしている。 玉那覇 りく(たまなは りく) 2年生からの転校生。 第71話で初登場。 着崩した制服、シュシュでまとめた白い髪、褐色の肌といった風の容姿。 明朗な性格。 転校早々に阿波連を可愛がり、店に連れ回す。 実はかつて阿波連とは小学校時代の友達だったが、離れてしまった相手の一人。 阿波連は自分が距離感をはかれなかったせいだと思っていたが、実際には彼女の側が阿波連を振り回してしまったことを悔いて距離を取ったためであった。 昔の誤解が解けてからは、以前と同じように阿波連のことを「あはちゃん」と呼ぶようになった。 外見とは対照的に対人関係に常に怯え、相手の発言を悪く捉えて逃げ出したり、自ら会話の輪に入ることをためらったりする。 人間関係の充実した高校生活(いわゆる)とは無縁と思い込む。 昔から転校が多かったらしく、阿波連と同じく小学校時代の同級生であった大城のことは、そのせいで当初は誰だったか全く思い出せないでいた。 宮平先生(みやひらせんせい)。 阿波連達が1年生の時にクラスを担任。 桃原を「桃ちゃん」と呼び、で話す。 そのほか、桃原の家に足を運んでは体調を崩した彼女を手料理で看病したり、一緒にに行ったりするほど仲が良い。 桃原先生(とうばるせんせい) 教師。 2年生に進級した阿波連達のクラス担任。 宮平とはタメ口で話し仲が良い。 目が細く人相が悪い。 阿波連とライドウの仲睦まじい様を「」や「」と形容して鑑賞する。 二人が何かするごとに「あはれが致死量に達して」体に異常が起こり、そのせいで授業が中断することもある。 歴史好きで日本古来の遊びに精通し、ライドウらとで勝負し打ち負かす一幕もある。 家族 [ ] ライドウの妹 女子中学生。 外見や妄想癖などが兄に似ている。 彼女のほうが表情は豊か。 ぶっきらぼうでつっけんどんな喋り方だが、兄が阿波連と変な行動をしているのを見て心配し、杞憂とわかると安心するなど家族らしい一面も持つ。 兄の読唇術習得を嫌々ながらも手伝ったり、ハンドスピナーを手渡したりと度々エピソードに登場する。 阿波連れん(あはれんれん) 阿波連の弟。 小学生。 容姿がれいなに非常に似ており、同じ制服を着ると見分けがつかない。 ライドウが彼と初めて会った時は終始阿波連と勘違いする。 声が大きい、表情が豊か、やゲームが下手、小食、といったように容姿以外はれいなとは正反対である。 れいなやライドウをとても慕っている。 阿波連える(あはれんえる) 阿波連の妹。 中学二年生。 れんと同じく髪をはじめとして容姿が姉と似る一方、眼光が鋭く、背が高く、胸が大きい。 「ですし」が口癖。 は下手。 姉を誰よりも気遣うなかで、姉にとって一番大切なのはライドウと思い込むあまり、彼にきつく当たる。 難しい年頃故に素直になれず、日頃の気配りも姉に気付かれないようにわざとしている(当然ながら本人は気付いている)。 れいなが学校で使用している水着はえるの「お上がり」である。 ヌイ 阿波連家が飼っている大型犬。 を学校に持ってくる、上にれいなを(ときには寝たまま)乗せて家に連れて帰る、を見て止まるなど知能が非常に高い。 あっくん達からは「覇王号」と呼ばれている。 その他 [ ] あっくん 近所の男子小学生。 とが特徴。 でを回していた阿波連を慕い阿覇王さまと呼ぶ。 幼馴染のふたばから好意に全く気付かず、いつも邪険に扱う。 ふたば 近所の女子小学生。 の柄や形をあしらった服装をする。 幼馴染のあっくんに好意を寄せるが、いつも素直になれずツンツンしているせいか真意は伝わっていない。 阿波連を呼び捨てにしたり「悪女」と心の中で呼ぶなど、一方的に彼女を恋敵だと思っている。 が得意。 料理は苦手。 書誌情報 [ ]• 『阿波連さんははかれない』〈〉、既刊9巻(2020年5月13日現在)• 2017年8月9日発行(2017年8月4日発売 )、• 2017年12月9日発行(2017年12月4日発売 )、• 2018年4月9日発行(2018年4月4日発売 )、• 2018年7月9日発行(2018年7月4日発売 )、• 2018年11月7日発行(2018年11月2日発売 )、• 2019年4月9日発行(2019年4月4日発売 )、• 2019年8月7日発行(2019年8月2日発売 )、• 2020年1月9日発行(2020年1月4日発売 )、• 2020年5月18日発行(2020年5月13日発売 )、 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• コミックナタリー. ナターシャ 2017年1月29日. 2018年10月24日閲覧。 - (2020年5月24日閲覧)• 単行本8巻帯。 第60話より。 集英社. 2018年10月24日閲覧。 集英社. 2018年10月24日閲覧。 集英社. 2018年10月24日閲覧。 集英社. 2018年10月24日閲覧。 集英社. 2018年11月2日閲覧。 集英社. 2019年4月4日閲覧。 集英社. 2019年8月2日閲覧。 集英社. 2020年1月4日閲覧。 集英社. 2020年5月13日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の