プロテーゼ 症例。 あごプロテーゼ入れ替え・取り出し

隆鼻プロテーゼ

プロテーゼ 症例

日本人は骨格的にあごが引っ込んでいることが多く、顔全体が平べったい印象になってしまうのが現実です。 あごをぐっと前に出すと、若い方は可愛らしく知性的な印象に。 中年以上の方なら顔に締まりが出て、グンと美しく。 特に横顔のバランスが美しくなり、どこから見ても整っている顔立ちになります。 理想的なあごのラインを作るのに、最も適しているのが『シリコンプロテーゼ』。 半永久的な効果を望む方にご検討いただきたい方法です。 この手術では、下唇の裏側2~3cm程を切開して、フェイスラインに合わせて最も理想的なあごの形にカットしたプロテーゼを骨の上に挿入。 その間、わずか 30分程度と短時間で終了するのも特徴です。 口の中の粘膜は傷の治りが早いので、術後の経過もよく、傷跡も気になりません。 一直線になるのが、理想のフェイスラインだといわれています。 Before After(6ヶ月後)• あご形成(シリコンプロテーゼ) 40代女性40代後半女性の引っ込んでいる顎にシリコンプロテーゼを入れた症例写真 高須幹弥医師からのコメント 40代後半の女性患者様で、顎がないのがお悩みで来院されました。 診察させていただいたところ、下顎の縦の長さはあるほうなのですが、後ろに後退している状態であり、相対的に口元が前方に出ているのが強調されていました。 年齢相応に顔全体が老化してたるんでおり、頬もたるんでフェイスラインが乱れていました。 口元が出ていることにより、口が閉まりにくく、無理して口を閉じようとしていることによって、顎に梅干しジワができていました。 顎が後退していることにより、梅干しジワが余計に深くなっていました。 患者様は、「顎を出したい。 永久的に効果のある治療がいい。 」というご要望だったので、顎にシリコンプロテーゼを入れることになりました。 約10mmの厚みのシリコンプロテーゼで、顎が下に伸びないように、前方にのみ出すデザインで手術を行いました。 手術後は、顎が下に伸びて顔が縦に長くなることはなく、前方にだけ出て、バランスが良くなりました。 また、顎の梅干しジワも目立たなくなりました。 Before After(6ヶ月後)• あご形成(シリコンプロテーゼ) 20代女性シリコンプロテーゼで顎を下方向に出さずに前方にのみ出した症例写真 高須幹弥医師からのコメント 20代女性の患者様で、顎を出したいというご要望で来院されました。 診察させていただいたところ、やや口元がボコッと出ているタイプの骨格でした。 下顎は、縦の長さは十分あるのですが、後退しているタイプの顎で、口元が出ていることにより、余計に顎が引っ込んで見えている状態でした。 顎を出す方法は、ヒアルロン酸注射とシリコンプロテーゼがありますが、患者様は永久的な効果のある治療を希望されていたので、シリコンプロテーゼを行うことになりました。 プロテーゼを入れるデザインは、顎先を下方向には出さずに、前方にのみ出すようにしました。 約7mmの厚みのプロテーゼを作成し、顎先の前面の骨膜と下顎骨の間に挿入、留置しました。 術後は程よく顎先が尖るように前方に出て、正面から見た顔も横から見た顔もバランスがよくなりました。 顔が縦に長くなることがなく、綺麗なフェイスラインになりました。 Before After(6ヶ月後)• あご形成(シリコンプロテーゼ) 20代女性顎にシリコンプロテーゼを入れ、Eラインを整えた20代女性の症例写真 高須幹弥医師からのコメント 20代女性の患者様で、顎がないのが悩みということで来院されました。 診察させていただいたところ、下顎の骨が小さいため、縦に短く、後ろにも引っ込んでいました。 口元はそれほど出ていませんでした。 顎が小さく引っ込んでいるため、正面から見たときの輪郭、フェイスラインのバランスが悪く、横から見たときのEラインのバランスも悪い状態でした。 シリコンプロテーゼか、顎専用の硬さのある長期持続型ヒアルロン酸注射のどちらかで顎を出すことをご提案したところ、患者様は永久的な効果のある治療をご希望されたため、シリコンプロテーゼで行うことになりました。 顎先がやや尖り気味にシャープに出るように、約6mmの厚みのシリコンプロテーゼを顎先が斜め下方向に出るように入れました。 手術後は、正面から見たときに程よく顎先が尖ったシャープなフェイスラインになりました。 また、横から見たときに、鼻先と唇と顎先を結んだ線がほぼ一直線になって、Eラインが整いました。 シリコンプロテーゼ 施術時間 10分 10分 30分 術後の腫れ ほとんどなし ほとんどなし 強い腫れは約1週間 (個人差あり) 持続性 1年間は十分な効果が持続し、2~3年で吸収されてなくなる。 通常のヒアルロン酸の約3倍の持続効果 半永久 あごの出る量 1本1cc 1本で、あご先を少し出すことが可能。 大きくあごを出したい場合は2~3本注射することもある 1本1cc 1本で、あご先を少し出すことが可能。 大きくあごを出したい場合は2~3本注射することもある 小さなプロテーゼを入れれば少しあごを出すことができ、大きなプロテーゼを入れれば大きくあごを出すことが可能。 プロテーゼは自分で選べる。

次の

エンドプロテーゼ・アクアミドによる他院トラブル症例

プロテーゼ 症例

笑気麻酔 … リラックス効果のあるガスを吸い、鎮静と鎮痛を促す麻酔。 静脈麻酔 … うとうと眠くなり、鎮静の深さを調節できる麻酔。 点滴を使って行う。 局所麻酔 … 患部とその周辺に注射で薬剤を注入し、鎮痛を行う麻酔 ちなみに笑気麻酔はふつう鼻から吸いますが、今回は鼻の施術のため、口から吸っていました! 鼻毛の除去や患部の消毒を丁寧に行い、鼻の部分が空いた清潔な布を顔にかぶせ、先生が来るのを待ちます。 ちなみにこの時すでに患者さんは夢の中。 静脈麻酔がしっかり効いているのを確認してから、執刀スタートです。 まずは両頬にブロック麻酔という、神経をブロックする麻酔を注入。 その後鼻に直接局所麻酔を打ちました。 絵面はかなり痛そうですが患者さんは何も記憶にございません。 鼻プロテーゼをミリ単位で削り、長さを調節。 こちらが今回使うプロテーゼです。 局所麻酔が効いたところで、右の鼻穴の中を数ミリ切開しました。 シリコンの通り道をしっかり確保。 ピンセットを用いて、プロテーゼをグググっと挿入しました。 するとシリコン挿入の様子が見られますが、 血が写っているので閲覧注意画像です。 鼻プロテーゼ挿入の動画はこちら。 もちろん 閲覧注意です。 しっかり触診で確認しながら、大胆かつ丁寧にプロテーゼを挿入している様子が見てとれます。 プロテーゼ挿入後、傷口を溶ける糸で縫合し、施術は終了。 なんとものの 20分程度で全行程終了しました。 鼻プロテーゼの劇的ビフォーアフター 施術終了後じょじょに麻酔を弱め、眠りから冷めた患者さん。 「まだふわふわする〜」と言いながらも、鏡でさっそく鼻の確認。 ビフォーアフターを前から比較すると、鼻筋が通り、顔が大人っぽくなった印象をうけますね。 鼻の真ん中あたりにすでに内出血が始まっています。 横顔を比較すると、さらに差が分かりやすいようです。 前は見えていた向こう側の目が見えない! 鼻プロテーゼの術後注意事項 鼻プロテーゼは、施術直後は麻酔と腫れのせいで希望より鼻筋が太く見えたり、眉間からつながって見えたりします。 少しずつ 腫れが引いていくと最終的には理想どおりの鼻筋になるため、心配する必要はないそう。 術後はこんな感じで 鼻を3日間固定します。 固定している間は、 洗顔と化粧は禁止。 傷口から血がたれてくる可能性があるため、翌日まで右の鼻穴に鼻栓を詰めます。 体が温まると内出血や腫れの程度がひどくなる可能性があるため、 入浴は1週間控えるのが望ましいそうです。 今回いただいたお薬は2種類。 オラセフ … 細菌による感染症を予防する。 ロキソプロフェンNa … 炎症による腫れや痛みを和らげ、熱を下げる。 腫れが落ち着き、理想通りの鼻になるのが待ち遠しいです! 鼻プロテーゼの術後1週間の経過 術後1週間ほどは鼻が腫れるといわれている鼻プロテーゼの経過を、日毎に追いました。 術後3日目までは、圧迫固定! 3日後検診までは、この固定を外せません。 痛みなどはなかったものの、固定用のテープがかゆかったとのこと。 術後3日目、検診を終え固定を外すと…… 鼻プロテーゼから3日後、固定を外した鼻の状態がこちら。 中心に内出血がうっすらあり、腫れているのが分かります。 術後4日目、腫れと内出血は健在 鼻プロテーゼから4日後、内出血はうすくなってきました。 けれど本人いわくまだ腫れている感覚はある、とのこと。 術後5日目、腫れがひいてきた 5日も経つと、徐々に腫れがひいてきていますね。 術後6日目、腫れも内出血ももうわからない! 鼻プロテーゼから6日経ち、腫れも内出血もかなり引いてきた様子! 横顔もとても自然です。 手術から1か月が経ったモニターさんの鼻の写真を、術前と比較してみましょう! 大人っぽい!鼻筋がすごい!!! 横顔にもかなり変化が。 もとから高い鼻筋だったかのように自然になっています。 鼻プロテーゼが入っているなんて、はたから見たら誰にも分からないですね。 鼻プロテーゼはいくらかかる? 今回行ったのは SBCプレミアムソフトプロテーゼと呼ばれる施術。 かかった金額は 166,860円(税込)でした! 湘南美容外科では分割払いにも応じています。 もし「いきなりプロテーゼはちょっと……」と思うのなら、まずはヒアルロン酸を注入し、鼻が高くなった状態をイメージしてみるのもありかも。 半年から1年程度もつヒアルロン酸注射なら、1cc 53,960円(税込)で施術可能です。 鼻を高くしたい!と願うのなら、美容整形を検討してみるのもありかもしれません。

次の

品川美容外科 症例サイト|鼻のプロテーゼ(ハイパー)

プロテーゼ 症例

日本人は骨格的にあごが引っ込んでいることが多く、顔全体が平べったい印象になってしまうのが現実です。 あごをぐっと前に出すと、若い方は可愛らしく知性的な印象に。 中年以上の方なら顔に締まりが出て、グンと美しく。 特に横顔のバランスが美しくなり、どこから見ても整っている顔立ちになります。 理想的なあごのラインを作るのに、最も適しているのが『シリコンプロテーゼ』。 半永久的な効果を望む方にご検討いただきたい方法です。 この手術では、下唇の裏側2~3cm程を切開して、フェイスラインに合わせて最も理想的なあごの形にカットしたプロテーゼを骨の上に挿入。 その間、わずか 30分程度と短時間で終了するのも特徴です。 口の中の粘膜は傷の治りが早いので、術後の経過もよく、傷跡も気になりません。 一直線になるのが、理想のフェイスラインだといわれています。 Before After(6ヶ月後)• あご形成(シリコンプロテーゼ) 40代女性40代後半女性の引っ込んでいる顎にシリコンプロテーゼを入れた症例写真 高須幹弥医師からのコメント 40代後半の女性患者様で、顎がないのがお悩みで来院されました。 診察させていただいたところ、下顎の縦の長さはあるほうなのですが、後ろに後退している状態であり、相対的に口元が前方に出ているのが強調されていました。 年齢相応に顔全体が老化してたるんでおり、頬もたるんでフェイスラインが乱れていました。 口元が出ていることにより、口が閉まりにくく、無理して口を閉じようとしていることによって、顎に梅干しジワができていました。 顎が後退していることにより、梅干しジワが余計に深くなっていました。 患者様は、「顎を出したい。 永久的に効果のある治療がいい。 」というご要望だったので、顎にシリコンプロテーゼを入れることになりました。 約10mmの厚みのシリコンプロテーゼで、顎が下に伸びないように、前方にのみ出すデザインで手術を行いました。 手術後は、顎が下に伸びて顔が縦に長くなることはなく、前方にだけ出て、バランスが良くなりました。 また、顎の梅干しジワも目立たなくなりました。 Before After(6ヶ月後)• あご形成(シリコンプロテーゼ) 20代女性シリコンプロテーゼで顎を下方向に出さずに前方にのみ出した症例写真 高須幹弥医師からのコメント 20代女性の患者様で、顎を出したいというご要望で来院されました。 診察させていただいたところ、やや口元がボコッと出ているタイプの骨格でした。 下顎は、縦の長さは十分あるのですが、後退しているタイプの顎で、口元が出ていることにより、余計に顎が引っ込んで見えている状態でした。 顎を出す方法は、ヒアルロン酸注射とシリコンプロテーゼがありますが、患者様は永久的な効果のある治療を希望されていたので、シリコンプロテーゼを行うことになりました。 プロテーゼを入れるデザインは、顎先を下方向には出さずに、前方にのみ出すようにしました。 約7mmの厚みのプロテーゼを作成し、顎先の前面の骨膜と下顎骨の間に挿入、留置しました。 術後は程よく顎先が尖るように前方に出て、正面から見た顔も横から見た顔もバランスがよくなりました。 顔が縦に長くなることがなく、綺麗なフェイスラインになりました。 Before After(6ヶ月後)• あご形成(シリコンプロテーゼ) 20代女性顎にシリコンプロテーゼを入れ、Eラインを整えた20代女性の症例写真 高須幹弥医師からのコメント 20代女性の患者様で、顎がないのが悩みということで来院されました。 診察させていただいたところ、下顎の骨が小さいため、縦に短く、後ろにも引っ込んでいました。 口元はそれほど出ていませんでした。 顎が小さく引っ込んでいるため、正面から見たときの輪郭、フェイスラインのバランスが悪く、横から見たときのEラインのバランスも悪い状態でした。 シリコンプロテーゼか、顎専用の硬さのある長期持続型ヒアルロン酸注射のどちらかで顎を出すことをご提案したところ、患者様は永久的な効果のある治療をご希望されたため、シリコンプロテーゼで行うことになりました。 顎先がやや尖り気味にシャープに出るように、約6mmの厚みのシリコンプロテーゼを顎先が斜め下方向に出るように入れました。 手術後は、正面から見たときに程よく顎先が尖ったシャープなフェイスラインになりました。 また、横から見たときに、鼻先と唇と顎先を結んだ線がほぼ一直線になって、Eラインが整いました。 シリコンプロテーゼ 施術時間 10分 10分 30分 術後の腫れ ほとんどなし ほとんどなし 強い腫れは約1週間 (個人差あり) 持続性 1年間は十分な効果が持続し、2~3年で吸収されてなくなる。 通常のヒアルロン酸の約3倍の持続効果 半永久 あごの出る量 1本1cc 1本で、あご先を少し出すことが可能。 大きくあごを出したい場合は2~3本注射することもある 1本1cc 1本で、あご先を少し出すことが可能。 大きくあごを出したい場合は2~3本注射することもある 小さなプロテーゼを入れれば少しあごを出すことができ、大きなプロテーゼを入れれば大きくあごを出すことが可能。 プロテーゼは自分で選べる。

次の