エクセル 並べて 表示 できない。 [EXCEL] シートを並べて表示させたい(動画あり)|EXCEL屋(エクセルや)

エクセルのブック(ウィンドウ)を複数並べて表示させる

エクセル 並べて 表示 できない

Excelの複数のウィンドウを上下や左右に並べて表示させたい、そんな時に使うのがウィンドウの整列です。 まずは並べて表示させたいファイルを開いて、 ウィンドウを複数用意しておきます。 [表示]タブ、[ウィンドウ]グループの[整列]ボタンをクリックします。 左右に並べる [左右に並べて表示]を選択し、[OK]ボタンをクリックすると、 開いている複数のウィンドウが左右に並びます。 整列させる前に選択していた方のウィンドウが、 整列させると左側に来ます。 そして、各ウィンドウのタイトルバーにファイル名が表示されています。 また、現在選択しているウィンドウの方には、[最大化]や[閉じる]ボタン、スクロールバーが表示されますが、選択していない方には表示されません。 選択したいウィンドウのどこかをクリックすると、ウィンドウの選択が切り替わり、[最大化]や[閉じる]ボタン、スクロールバーが表示されます。 もうウィンドウを整列させての作業は終了しました〜という時は、これらのボタンを使ってウィンドウを最大化したり、閉じたりすればいいわけです。 スポンサーリンク 上下に並べる [上下に並べて表示]を選択した場合には、 開いている複数のウィンドウが上下に並びます。 整列させる前に選択していたウィンドウの方が、上に来ます。 並べて表示 [並べて表示]を選択した場合には、 こんな風にウィンドウが並びます。 あれ〜?[左右に並べて表示]を選択した場合と一緒じゃん!と思うはず(笑)。 じゃぁ、[左右に並べて表示]と[並べて表示]の違いは何なのか?という話になると思うのですが、その違いは3つ以上のウィンドウを整列させると見えてきます。 [左右に並べて表示]の場合は、当然左右に並びます。 でも、[並べて表示]の場合には、こんな感じにウィンドウが整列するわけです。 ウィンドウの移動 整列させたウィンドウは、通常のウィンドウ操作と同様、タイトルバーにマウスポインタを合わせてドラッグすると移動できます。 重ねて表示 [重ねて表示]を選択した場合には、 各ウィンドウが重なって表示されます。

次の

Excel2013で複数のシートやファイルを並べて表示する:エクセル2013基本講座

エクセル 並べて 表示 できない

Excel 2016で複数のシートを並べて表示する:エクセルの使い方• Excel 2016で複数のシートを並べて表示する スポンサードリンク• 一つのブック ファイル の複数のシートを同時に表示する方法です。 同じ画面に表示するので、シートの内容を比較したり、一つのシートを見ながら別のシートに効率よく入力することができます。 同時に表示するシートがあるファイルを開きます。 [表示]タブの[新しいウィンドウを開く]をクリックします。 同じファイル ブック が新しいウィンドウで開かれました。 ファイル名に :1 :2 と区別が付けられるように番号が付与されています。 この状態では ファイル名:2 の方が上に表示されていて、アクティブな状態です 操作対象になっています。 重なった状態では都合が悪いので、並べて表示したいと思います。 アクティブなウィンドウの [表示]タブの[整列]をクリックします。 ウィンドウの整列で「左右に並べて表示」にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。 2つのウィンドウが左右に並べられました。 片方のウィンドウのシートタブ「Sheet4」をクリックしてシートの表示を変更しました。 異なる複数のシートを同時に並べて表示することができました。 ちなみに、3つのシートを並べて表示することもできます。 [表示]タブの[新しいウィンドウを開く]をクリックして、3つ目のウィンドウを開いて「整列」を実行しています。 並べて表示• 「並べて表示」は3つ以上のウィンドウを並べるときに有効です。 2つまでは「左右に並べて表示」と同じです。 上下に並べて表示• 「上下に並べて表示」を選択すると、上下にウィンドウが並べられます。 重ねて並べて表示• 「重ねて表示」を選択すると、複数のウィンドウが重ねて表示されます。 作業中のブックのウィンドウを整列する• 「作業中のブックのウィンドウを整列する」にチェックを入れると、おなじファイル ブック だけを整列することができます。 下図は同じExcelで開いたファイルで2つのウィンドウで表示しているものとBook3というファイルが「整列」で左右に表示されています。 「作業中のブックのウィンドウを整列する」にチェックを入れると、同じファイルの2つのシートだけを整列することができます。 同じExcelで開いたBook3は異なるファイルなのでここでは表示されません。 別のインスタンス プロセス でExcelを起動する方法は をご覧ください。 [表示]タブの[並べて比較]をクリックします。 [同時にスクロール]ボタンがオンになり、両ウィンドウが同時にスクロールするようになります。 マウスのスクロールボタンを回して、両ウィンドウを同時に上にスクロールした状態です。 片方のウィンドウだけをスクロールしたいときは、[表示]タブの[同時にスクロール]ボタンをクリックして オフにします。 アクティブなウィンドウだけがスクロールするようになります。 どちらがアクティブなウィンドウかは、タイトルバーのファイル名などを見て明るい方がアクティブなウィンドウです。 ウィンドウ内をクリックすると、クリックした方をアクティブなウィンドウに切り替えることができます。 スポンサードリンク ||Excel 2016で複数のシートを並べて表示する.

次の

Excel2013ではウィンドウの表示が変りました:エクセル2013基本講座

エクセル 並べて 表示 できない

Excel2013で複数のシートを並べて表示する• 同じブック ファイル のシートを画面に並べて表示したいときがあります。 同じシートを並べて表示することもできますし、異なるシートを並べて表示することもできます。 [表示]タブの[新しいウィンドウを開く]を実行します。 新しいウィンドウが開き、2つのウィンドウが重なった状態になりました。 それぞれのウィンドウのタイトルバーには ファイル名:1 と ファイル名:2 と名前が表示されています。 並べて表示したいので、[表示]タブの[整列]を実行します。 ここでは「左右に並べて表示」にチェックを入れました。 2つのウィンドウが左右に並べて表示されました。 ここでは同じシート Sheet1 が表示されています。 一方のシート ウィンドウ をクリックしてアクティブにします。 Sheet2を表示します アクティブにします。 下図では左のウィンドウにSheet1が、右のウィンドウにSheet2が表示されています。 Excel2013ではSDI シングルドキュメントインターフェイス に変わっています。 Excel2010まではMDI マルチドキュメントインターフェイス でした。 つまり、Excel2010までは同じExcelのウィンドウ内に表示されていました。 リボンが1つだけ表示されていました。 Excel2013からはそれぞれが独立したウィンドウで表示されるようになっています。 2つのウィンドウを同時にスクロールする• 片方のウィンドウをアクティブにしてスクロールすると、下図のように異なる領域を表示することができます。 2つのウィンドウを同時にスクロールして表示したいときは、[表示]タブの[同時にスクロール]をクリックしてオンにします。 2つのウィンドウを同時にスクロールすることができるようになりました。 なお、スクロールする位置は[同時にスクロール]をオンにした位置から開始されます。 Excel2013では異なるファイルを並べて表示することもできます• Excel2013ではSDI シングルドキュメントインターフェイス に変わっています。 よって、同じExcelで異なったファイルが開かれた状態になります。 操作方法は、2つのファイルを開いた状態で、[表示]タブの[並べて比較]を実行します。 下図はファイル Book3とBook4を並べて表示した例です。 スポンサードリンク |||Excel2013で複数のシートやファイルを並べて表示する.

次の